PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 猿田守一 > [OnGoing Re:View]Vol.35 最新オートフォーカスと4K HDR記録に対応「Sony HXR-NX80」

News

[OnGoing Re:View]Vol.35 最新オートフォーカスと4K HDR記録に対応「Sony HXR-NX80」

2018-01-23 掲載

txt:猿田守一 構成:編集

4K HDR記録に対応した「HXR-NX80」が登場!

2017年の年の瀬にSonyから新たに4K収録に対応した小型ハンドヘルドカメラPXW-Z90とHXR-NX80が発売される事となった。既にInterBEE2017で実機をご覧になられた方もいらっしゃると思うが、今回登場の2機種は既に発売されているPXW-X70の上位機種にあたる。

会場でこの2機種をご覧になられておやっ?と思われた方がいらっしゃると思うが、今回発売された2機種はPXW系とHXR系という2つ。この2台の大きな違いは扱えるファイル形式の差とSDI端子と言ったところだろう。外観はほぼ同じでPXW-Z90にはSDI端子が搭載されているくらいだ。この形はほぼ既に発売されているX70と同じである。

既に発売されているカメラのラインナップではZが付く型番は4K対応カメラだったので、HXR-NX80というNXシリーズの型番も4K対応となるという、型番からはどんなカメラか推察できなくなってきており、なんとも奇怪な状況になりつつある現状である。今回編集部よりHXR-NX80を預かったのでレポートしてみたいと思う。

SonyによればPXW-X70はディスコンとならず、今後も併売される予定。この事を踏まえ主な違いをまとめてみる。新旧の主な違いは下記のとおりである。

PXW-X70 HXR-NX80 PXW-Z90
センサー 1.0型Exmor R 1.0 型Exmor RS
ズーム 光学12倍/超解像ズーム18倍(HD時24倍)
4K対応 要オプション 対応
AF方式 コントラスト方式AF 像面位相差検出方式+コントラスト方式AF
HLG/S-Log2・3
HFR
収録フォーマット XAVC Long、AVCHD XAVC S、AVCHD XAVC Long、AVCHD
SDI
MCX-500タリー連携

新型センサーのアドバンテージ

Sony HPより引用

今回Exmor RSという新しいセンサーが搭載された。このセンサーは位相差センサーと積層センサーが一体化された1インチサイズのセンサーである。画像処理エンジンはαシリーズにも搭載されている高速処理エンジンBIONZ Xを搭載したため、273点の測距の像面位相差情報によるオートフォーカス制御機能により、従来機より速度、精度ともにかなり高速化し、よりクレバーなカメラへと進化した。

高速かつ賢いAF

進化したポイントをいくつか紹介してみたいと思う。中でもAFの制御方法を状況に合させて変更できるようになった点は大きな進歩だ。

設定メニューにより、フォーカスのトラッキング幅を奥から手前までの広い範囲にするか、または狭い範囲にするかなどの選択が出来るようになった。また動きのある被写体に対する追従速度の設定やピントが外れた後の粘り具合など、撮影する被写体の動きに合わせたピントの調整が可能となった。さらにフォーカスを送る速度の調整も可能。X70よりもおよそ3倍速くピントを合わせることが可能になった。

SD時代からHDに変わった当初、ピントの問題が業界内で話題となった。解像度の低いビューファインダー内でピントを合わせても、実際の収録画像は微妙にずれているというトラブルが良く起こった。そして4K時代に突入となると実際問題、人の目で小型カメラのHD解像度に満たないデバイスでのピント調整というのはかなり難度が高くなってしまった。こう言う部分では信頼できるカメラであればある程度カメラに任せてしまったほうが結果的には良かったという事は多々あるようだ。本機での動くものに対するマニュアルピント調整はとてもハードルが高い。そこで道路を走行する車をAFで撮影してみた。

fig1 右上がマーカー Fig2 グレーのマーカーが顔を追っている Fig3 指定した車を追い続けた
(AF TRACKING DEPTH:5[フォーカス範囲広] AF SUBJ SWITCH SENS:5[敏感])

結果は非常に良好であった。こちらに向かってくる車にピントを合わせるために液晶部分をタッチすると、その部分を追従し始める。(fig1)途中手前を自転車に乗った学生が通ったが、補助的に顔認識がかかり顔を追ったのだが(Fig2)、そちらにピントを合わせるという事もなく指定した車両を追い続けるという結果になった。(fig3)今回は何度か試してみたが、どれもなかなかいい結果で途中被写体を外す事無くうまく追い続けてくれた。

この機能をうまく使う事により、列車や自動車レースなどのピント合わせにシビアなシーンでもそこそこ合わせてくれるのではないだろうか。

風景などはフォーカス範囲狭SENS粘るにするといいだろう

被写体の手前に人がいる場合など、動きの少ない被写体に対して粘ってピントを追う場合はDEPTHを下げ(フォーカス範囲狭)SENSを下げる(粘る)事で手前の人の動きに影響されにくいピントワークが出来るようになる。これらの機能をカスタマイズできるので、撮影条件に合わせた設定をすることで、マニュアルでは難しいシーンでもそつなくこなせるだろう。

ローリングシャッター歪を前モデルより低減

今回のExmor RS CMOSは撮像素子のすぐ裏側に高速信号処理回路を設けたことにより、今まで 問題だったローリングシャッター現象(こんにゃく現象)を前モデルより抑えることが出来るようになった。今回高速で移動する電車をAX100と比較してみた。

 suzuki_EVA1_thinktank.jpgExmor R(AX100)
※画像をクリックすると拡大します
 suzuki_EVA1_00003-5547b.jpgExmor RS(NX80)
※画像をクリックすると拡大します

80km/h以上スピードが出ているであろう電車を近距離で真横からというかなり普通ではありえないフレーミングなのだが、これでおおよそのイメージは掴めるのではないだろうか。元々静止画で切り出す予定だったのでシャッタースピードを1/500に設定して撮影した。新開発のExmor RSの本機の方が以前のVerの撮像素子に比べ、ローリングシャッター現象が抑えられていることがお分かりいただけると思う。しかし、ストロボなどは今までと同じような映り方であった。読み出し方式がグローバルシャッター方式ではないのでこの現象はどうしても起きてしまうようだ。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/01/ong35_NX80_Still0105_00002.jpg XAVC S(HD)120fps
※画像をクリックすると拡大します

本機にはスロー&クイックモーション機能が装備されている。このクイックモーション機能ではローリングシャッター現象は起こらない。ハイスピード収録する場合はローリングシャッターを気にせず収録できる(ハイフレームレートモードとは違いバッファ―に記録される分だけしか撮影できない※HDのみ)。

4K HDR

今後発売される家庭用4Kテレビは、HDRに対応する機種の割合が確実に増えていくことが予想される。実際にHDRの映像をご覧になられた方なら解像度以上のインパクトのある映像に驚かれたのではないだろうか。そのようなトレンドの中で本機もHDR対応と進化しS-Log2・3、HLG BT.2020に対応した。

HLGとはHybrid Log-Gamma(ハイブリッド・ログ・ガンマ)といい簡単に言うと放送に特化し、ガンマ特性を持たせたハイダイナミックレンジな輝度に対応した規格である。またBT.2020は現在のRec.709より広い色域をカバーする規格となっている。Log収録はグレーディング作業が必要となる事から作業時間やコストの面でなかなかハードルが高いという声を聞く。もっと手軽にHDR制作を行うなら今後、今回搭載されたBT.2020 HLGでの収録を用いる事でグレーディング不要のシンプルなHDR制作が実現できるのではないだろうか。

X70まではピクチャープロファイルが6種類だったが本機から10種類に増えた。新たに追加された部分は

  • PP7 S-Log2ガンマとS-GAMUTカラーモード
  • PP8 S-Log3ガンマとS‐GAMUT3 CINEカラーモード
  • PP9 S-Log3ガンマとS-GAMUT3カラーモード
  • PP10 HLG2ガンマとBT.2020カラーモード

が追加された。これはあくまでもメーカー設定のおすすめPPなので、今までと同じように設定を自由にカスタマイズできる。特に今回のHDR関連の設定項目はGAMMA部分で4種類(HLG、HLG1、HLG2、HLG3)、カラーモードで2種類(BT.2020、709)用意されている。

HDRについてはSonyのWebサイトで詳しく説明されているので一読いただければと思う。

スーパースローの強化

スロー&クイックモーション(以下:S&Q)は、1fpsから120fpsまで無制限で記録できるようになった(4K/HD)。また、スーパースローは240-960fpsまで記録可能に(HDのみ)。S&Qは任意のフレームレートでの撮影をそのままSDカードに記録していく。かたやスーパースローはカメラ内のバッファに高速で書き込みバッファが一杯になった時点でSDカードに記録するという違いがある。240fpsの場合およそ8秒間収録ができる(HD)。

低ノイズ

比較的暗い環境でのノイズの出方を比べてみた。

GAIN 0dB GAIN +33dB

極端に+33dBまで上げてみたが非常にノイズの乗り方が少ない。暗い環境での撮影なら+18dBでも問題ない範囲ではないだろうか。

その他の機能

MCX-500との連携によるタリー表示が可能となった。HXR-NX5Rが対応したことにより今後のSonyのハンドヘルドカメラはこの機能がスタンダードになるのではないかと思う。

細かい部分をはしょってのレポートだったが、気になった点が1点見つかった。それはマニュアルでのズームを行う時、レンズ部分に付いているリングを回すのだが、ゆっくり回すと引き尻から、ズーム最遠端まで360°以上回ってしまう。実際には450°程度まで回ってしまった。これは機械式ズームではないので回すスピードを速くすれば270°程度で回りきってしまう。それでも回転角が大きすぎる。試しに筆者所有のAX100で比較してみたがこちらの民生旧モデルはおよそ120°で回りきる。多分発売時には修正されているのではないかと思う。

総括

今回のラインナップでHXR-NX80とPXW-Z90は、本体・機能に関しては全く同じで、SDIが付くか、付かないかの違いだけで型番がだいぶ違うというユーザーにとっては??という感じがしてしまうが、もしかすると本機は今後のSonyの業務用カメラがどういった道に進んでいくかの分岐点になるカメラかもしれない。というのも使用している撮像素子はαシリーズと同じ技術で作られた2100万画素の1.0型CMOSであることが大きなポイント(FSシリーズではSuper35mmサイズでおよそ830万画素)。画像処理エンジンもαシリーズとの融合が図られ、より高度に進化した事を考えると今後のSonyの動きからは目が離せない。


WRITER PROFILE

猿田守一 企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。


[ Writer : 猿田守一 ]
[ DATE : 2018-01-23 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.41 性能、見た目、価格すべてよし!「Aston Microphones」

txt:江夏正晃(FILTER KYODAI / marimoRECORDS) 構成:編集 Aston Microphones社からコンデンサーマイク「Spirit」「Ori... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.40 4Kだけじゃない!より深く進化したATEM Television Studio Pro 4K

txt:井上晃 構成:編集部 気になるATEM Television Studio Pro 4Kの実力とは NAB Show 2018を目前にした米国時間の20... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.39 DJI Zenmuse X7シネマカメラレビュー

txt:吉田泰行(株式会社アルマダス) 構成:編集部 DJIから2017年10月にリリースされたデジタルシネマカメラ「Zenmuse X7」。空撮専用カメラとしては初めてSu... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.38 Angenieux MSU-1 EZシリーズレンズ用ユニバーサルシネサーボレビュー

txt:Matthew Allard(NEWSSHOOTER) 構成:編集部 EZ-1/EZ-2の運用をさらに効率化するために AngenieuxのMSU-... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.37 Blackmagic Design ATEM 4 M/E Broadcast Studio 4K+ATEM 1 M/E Advanced Panel

txt:井上晃 構成:編集部 次世代ATEMのフラッグシップ登場 Blackmagic Designは、次世代ATEM製品群というべき多数の新製品を発表し、一部... 続きを読む

WRITER PROFILE

猿田守一 企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 猿田守一 > [OnGoing Re:View]Vol.35 最新オートフォーカスと4K HDR記録に対応「Sony HXR-NX80」