PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 石多未知行 > [Point of View]Vol.79 リヨン光の祭典2017レポート

News

[Point of View]Vol.79 リヨン光の祭典2017レポート

2018-02-06 掲載

txt:石多未知行 構成:編集部

世界最大級の光の祭典

毎年12月8日を中心にフランスのリヨンで3~4日間にわたって開催される、世界最大級の光の祭典へ、二度目の訪問をしてきた。

リヨンはフランスの東部やや南に位置し、ローヌ川とソーヌ川という2つの大きな川が流れる美しい世界遺産の街である。以外に知られていないが、フランス第二の規模の都市で、スマートシティにも力を入れ経済活動も盛んだ。そして名だたるシェフたちのレストランが出店される、美食の街としても知られている。

そんなリヨンでは、2002年から現在の形で光の祭典が開かれ(光の祈りとしては17世紀からとも)、開催期間中に世界中から400万人もの人が訪れると言われている。この光の祭典の前身は、フルヴィエール丘の上に佇むマリア像に由来している。古くからマリアへの祈りで疫病の流行を退けた逸話があるなど、ここではマリア信仰が強い。そんなリヨンの人々の信仰の象徴として1852年にマリア像を設置することとなったのだが、建立公開時に川の氾濫などで二度の延期が余儀なくされ、待ちきれない市民が12月8日のマリア像建立予定日に誰とはなく蝋燭を窓辺に置き始め、その光が町中へと広がり、毎年の光(祈り)の祭典が始まったと言われている。

そんなバックボーンがある光の祭典だが、日本のようなLEDを大量に使ういわゆる「イルミネーション」ではなく、ユニークでアート性もある多様な光のインスタレーション、そしてプロジェクションマッピングをはじめとした映像などの演出が、中心市街地のさまざまな所で約50余り設置されている。

展示、演出されている作品は実に多種多様で幅が広い。この幅の広さはこの規模の祭典では重要な要素と思われ、特にアート志向の強いヨーロッパの中心にあっては、そのバランスが問われてきてしまうのだろう。アート性や現代性が強すぎてはそこに興味のない世代や観光客を取り込むことは難しく、見た目に分かりやすく写真映えするモノ、スケール感のあるモノ、楽しい作品なども必ずなくてはならない。

そしてアートな方向性として、先進性や時代性といったモノが求められ、芸術や新しもの好きな人々を擽ることも必要になる。さらにこの場所ならではといった文脈があるかどうかもひとつのポイントとなる。

フェスティバルはリヨン中心部の広いゾーンを使い、夕方からあらゆる交通が乗り放題のフェスティバルチケットが割安または無料で発行され、行政も市民も全てが一体となってこの祭典と訪れる人々を受け入れている。この数日にヨーロッパだけではなく世界中から何百万人もの人が訪れるため、市内中心部のホテルは早くから空きがなくなる状況となり、宿泊代も高騰する。祭典は夜20時から始まり24時に終了で、開催期間中は町中に人がごった返し、夜間の屋外にもかかわらず12月とは思えない熱気と賑わいを帯びる。

さて、今年の祭典の具体的な作品の一部を紹介するにあたり、光の作品と映像作品とを分けてお見せしたい。両者とも前述の様に一般の観光客向きの分かりやすいものと、アート志向なモノが混在している。

照明演出やインスタレーションについて

■PROMENONS-NOUS

光の作品ではベルクール広場での様々な花をデザインした大きな光のモニュメント群が挙げられる。この広場は人々が最も多く行き交う広場で、毎年注目度も高いのだが、今年はここに光の祭典らしいストレートな攻め方をしていた。


■LES PIKOOKS

巨大な凧の鳥が噴水広場の水上をゆったり漂う姿が強いインパクトを残す作品。池には巨大な卵、そして大きな羽がそこかしこに浮いているなど、街の交差点をファンタジーな空間にしていた。特に巨大な鳥は下で人が操作しながら、本当に生きているかの様な、不思議な光景を生み出していた。


■TIME FOR LIGHT

スケールの大きな光の作品として、毎年ソーヌ川に面した教会や大聖堂、裁判所などの巨大な建築、そしてフルヴィエールの丘全体を使った照明パフォーマンスがある。幾つもの建築と、丘の様々な場所に設置されたムービングライトなどが音楽と共に全てが連動して演出され、この規模での整った光の動きをみられるというのはなかなかできない体験である。


■ABSTRACT

メディアアート性の高いものとして、最近流行りでもあるキネティック(物理的に物が動く)な作品が今回も取り入れられ、屋外に設置されていた。この作品は三角形のプレートが昇降する作品で、LEDが埋め込まれた無数の三角形がダイナミックに連動し、音、光、物理的な動きが三位一体になっている。とても洗練されており、シンプルで見飽きることがない。


■STRATUM

旧市街の狭い広場に長さ1mほどの無数のLEDバーが垂直に置かれ、人の手の動きと連動して、音と光を奏でる作品。白い点や線が人の動きで気持ち良くコントロールされ、時折混じる赤い点の連なりが広い面として感じさせる演出で、シンプルなこの作品に奥行きを与えていた。


■LES LUMIGNONS DU COEUR

蝋燭を使ったこちらの演出は、光の祭典の原点の流れを汲んだ企画。古代劇場内で顔や祭典のロゴをかたどったものと、扇型の階段に無数の蝋燭がレイアウトされている。蝋燭の火の光に、ゆっくりと色が移り変わる照明も加えられ、とても豊かな色彩を放っていた。


■RUGBY PASS PATH

今回10名程度のメンバーと訪問したのだが、そこで好評だったのがこちらの作品。人の動きをモーションキャプチャーで捉え、それをチューブライトの中のLEDが再現している。昨年はサッカーのシュートをキーパーがキャッチするものだったが、今年はラクビーのパスが使われていた。光の点が人の動きを室間に出現させ、目が慣れるとその動きにしか見えなくなってきて面白い。


■GOLDEN HOURS

噴水広場を直径20mは超えるであろう透明な巨大ドームが覆っている作品。クリストの作品を想起させたが、巨大なものが空間を覆ってしまう力強さと違和感はとても印象に残る。夜間には時報と共に光の演出も施されるようになっていて、多くの人を魅きつけていた。

プロジェクションマッピング、プロジェクション作品について

この祭典では多くのプロジェクション演出、プロジェクションマッピング作品が街の様々なところを彩り、多くの人を集める人気の企画になっている。

■UNISSON

光の祭典のプロジェクションマッピング企画で最もアート性や先進性が求められる会場のサンジャン大聖堂。前回最もインパクトを受けた作品が上映されていたので、期待値を高く持って鑑賞した。

今年の作品は色彩と光のパーツが巨大な教会のファサードを彩ったり、立体的に再構築したりするのだが、ムービングライトの光や音楽と合わさってとても生き生きとした表情を見せていた。プロジェクターの明るさや解像感の助けもあるが、照明に負けない色と光の発色で、本当に一つ一つの映像のピースが発光している様に感じられた。過剰なストーリーや演出はないのだが、光と色彩のデザインに絞り込み、シンプルでとても美しく強い作品だった。


■BALĀHA

フルヴィエールの丘の中腹にある古代ローマ劇場はフェスティバルの定番となっているマッピング会場のひとつ。

今回は「馬」をテーマにした作品で、ショーの中では、なんと様々な光をまとった本物の馬と、背中に炎の羽を生やした人が乗って登場するなど、とてもインパクトがあった。古代劇場の客席の石段に投影されている映像も、繊細で美しく、物語のファンタジー性をとても良く演出していた。


■INSERT COIN

ベルクール広場から見える位置の郵便局とベルタワーを用いたプロジェクションマッピングで、二人の子供がゲームの世界に入り込むといったもの。Mr.Beamという古くからマッピングに携わっているチームが手がけ、二つの建物をうまく連動させながら、解りやすいゲームと現実が混ざった世界を作っていた。


■GUIGNOL SUR LA COLLINE

古い建物(4階建)を使ったプロジェクションマッピングの作品で、子供達が製作に携わっているという異色の試み。リヨンの伝統的な人形劇の手法を用い、そこにやはり地域の童話を題材にした紙芝居の様な作品に仕上げている。祭典に地元の文化や子供達を取り込んだ試みがあるというのは、祭典の地域性と幅を広げる意味でもとても意義がある。


■ENOHA FAIT SON CINÉMA

毎年この祭典で行われる最も大きなプロジェクションマッピング。会場エリアへは、決められた動線で初詣の様な行列に並ぶこと1時間弱でやっと入れる。数万人の人が常に集まっている場所で、プロジェクションマッピング企画として最も存在感がある。

作品の内容としては、毎年子供でもわかる様な内容になっているのだが、今回は一人の少女が様々な映画の主人公になり、いろんな映画の名シーンへ旅をするといったごっこ話となっていた。

カンファレンス、ネットワーキングパーティ

この祭典は市をあげて取り組みを行いながら、そこに世界中の光の祭典をネットワークしている組織の「LUCI(LIGHTING URBAN COMMUNITY INTERNATIONAL)」が大きく寄与している。海外の様々な祭典に参加していると、必ずその中でのコミュニティやネットワーク活性を睨んだカンファレンスやパーティが用意されている。今回の祭典でもそうした会に参加させてもらったが、欧米ではこうしたネットワーキングの場がとても重要な機会となっている。事実こうした場所から別の祭典へ繋がったり、ビジネス機会創出の場ともなっている。私自身もこの会を通じて多くのフェスティバル主催者やクリエイター、プロデューサーと交友させてもらったが、幾つかは今後の具体的なプロジェクトへと進み始めている。

まとめ

まだ2回しかこの祭典を体験していないのだが、2016年と比べると、若干アート性や先進性が弱くなっている様に感じたものの、フェスティバル全体の幅という意味では充実していた。世界中から人が集まる背景には、日本ではあまりお目にかからないような、都市部での大きなスケールの祭典であること、世界遺産の町で観光地としてのポテンシャルが高く宿泊施設も整っていること、老若男女が楽しめる幅広いコンテンツ、時代の先端アートを体験できること、ここで祭典を行う歴史的な文脈があり、そして世界中の光の祭典関係者や知見が集まる場所となっている点などがあるのだろう。

映像や光を扱う人は是非一度訪れてみてもらいたいと思うと同時に、日本のクリエイターや作品、そして技術が、こうした国際祭典のフィールドで活躍してもらいたいと切に希望したい。


WRITER PROFILE

石多未知行 クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。


[ Writer : 石多未知行 ]
[ DATE : 2018-02-06 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.92 4K編集のマスターピース「4K Prunus」登場

txt:小寺信良 構成:編集部 4K/8K制作に向けたポストプロダクションの課題 2018年12月の新4K8K衛星放送開始を目前に控え、放送業界も大きく動いている。5月... 続きを読む

[Point of View]Vol.91 3人制バスケのプロリーグ「3×3.EXE PREMIER」のライブ配信に採用されたStreamstarの魅力に迫る

2020東京オリンピックの正式種目に決定!!どんどんと拡大し続ける3人制バスケット「3x3」 3人制バスケットボールの「3×3(スリー・バイ・スリー)」をご存知だろうか。90... 続きを読む

[Point of View]Vol.90 RAID-5と同等速度のガロア演算型RAID-6をハードウェアで実現したバイオス社がビデオストレージの真価を問う

株式会社バイオス(以下:バイオス)は、2006年に他社に先駆けて高速なハードウェアRAID-6にこだわり、自ら設計・製造を手掛ける国産ストレージメーカーだ。 バイオスの代表取... 続きを読む

[Point of View]Vol.89 イベント現場でLEDビジョン用スイッチャーとして活躍するV-40HD~サガテレビグループ 株式会社ビープラスト

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 多くのイベントで活躍する大型LEDビジョン サガテレビ主催で開催された野外イベント「サガテレビ春フェス2018... 続きを読む

[Point of View]Vol.88 北陸朝日放送、バーチャル高校野球のライブ中継を実現~JVCのスコアボード機能搭載カメラレコーダー「GY-HM250BB」を使用したワークフローとは

txt:編集部 構成:編集部 三球場同時に行われるネットのライブ中継をどのように実現するか? 夏の甲子園、全国高校野球選手権大会がいよいよ開幕し、テレビやラジオの中継が... 続きを読む

WRITER PROFILE

石多未知行 クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 石多未知行 > [Point of View]Vol.79 リヨン光の祭典2017レポート