PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.89 ハリウッドで活躍するマットぺインターに聞く

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.89 ハリウッドで活躍するマットぺインターに聞く

2018-02-16 掲載

取材:鍋 潤太郎

はじめに

ハリウッド映画のVFXに欠かせない技法の1つに、マットペイントがある。古くは、巨大なキャンバスやガラス板にマット画を描き、撮影の際に背景や俳優と一緒に撮影していたのが、その始まりである。90年代以降はデジタルへの移行が進み、近年はワークフローに3Dツールとの併用が組み込まれるなど、マットペイントを取り巻く環境も大きく変わりつつある。

そこで、今回は、ハリウッドで長年ご活躍されているマット・ぺインターの方にインタビューを行い、現場レベルでの興味深いお話を引き出してみた。

PTC59_02
ダビード・シュワルツ(Daveed Shwartz)
フリーランス・マットぺインター

プロフィール:
イスラエル出身。1980年にアメリカへ移住後、15年間ミニチュアのモデルメイカーとして「2010年宇宙の旅」「ゴーストバスターズ」「ブレードランナー」「トータル・リコール」「ポルターガイスト2」「エスケープ・フロム・L.A.」「フィフス・エレメント」等に数々のハリウッド映画に参加。その後、デジタル・マットぺインターへと転向し、現在に至る。マットぺインターとしての主な参加作には、「デイ・アフター・トゥモロー」「スパイダーマン2」「アイ・アム・レジェンド」「ワイルド・スピード ICE BREAK」「モアナと伝説の海」等がある。

――読者の中には「マットぺインター」という職種にお馴染みでない方もおられると思いますので、まず最初に「マットぺインター」がどのような作業分野を担当されているのか、お聞かせください。

シュワルツ氏:マットぺインターの仕事は、主にVFXショットの背景を担当します。それは背景にある空であったり、山であったり、街並みであったりします。

マットペイントの例。黒い部分はマスクで、実写や3D素材が合成される(シュワルツ氏提供)

シュワルツ氏:それ以外の主な仕事には、セット・エクステンションと呼ばれる作業があります。スタジオ内でのセット撮影には様々な制約が伴いますから、多くの場合、撮影されたプレートに写っているのは、俳優の演技に必要最低限なセットの一部分だけです。

それを、マットぺインターが手を加えて道路や建物を描き足す事によって、あたかも古代・近代的・未来的な大都市が背景に広がっているように見せる作業です。

スタジオ撮影の例。このように、撮影時に組まれたセットは極めて限定的な場合が多い
―どのような経緯で、マットぺインターになられたのですか?

シュワルツ氏:私は元々、ミニチュア・モデルのモデル・メイカー&アセット・ビルダーとして映画業界でのキャリアをスタートさせ、その後は約15年間に渡り、様々な映画作品に参加しました。90年代の前半、これらの伝統的なミニチュア・モデルの作業が、徐々にデジタルに移行していくのを、肌で感じていました。

モデル・メイカー時代に撮影した、チーム集合写真。前列右がシュワルツ氏(シュワルツ氏提供)

シュワルツ氏:私は伝統的なペインティング等のアートのトレーニングを積んできていましたから、Adobe Photoshopの習得も苦にはなりませんでしたし、その意味では、比較的スムーズにモデル・メイカーからデジタル・マットペイントの仕事に移行する事が出来ました。

―これまで沢山の作品に携わっておられた中で、印象に残るエピソードはありますか?

シュワルツ氏:マットぺインターには、テクニカルとクリエイティビティという両方のスキルが求められます。この仕事の面白い点は、要求される内容が、プロジェクトや作品によって、まったく異なるという点でしょう。あるプロジェクトでは、未来的な都市のパノラマ・ビューを作るよう求められ、また別の作品では、歩道の亀裂に取り組んだりするのです。

フリーランサーとして仕事をしていると、映画作品によっては、とてもエキサイティングな作業に出会う事もあります。私のお気に入りの1つに、荒廃したニューヨークにおけるタイムズ・スクエアのエンバイロメントを担当した、映画「アイ・アム・レジェンド」がありました。

その反面、忍耐を要求される作業もあります。映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」の時は、道路についた膨大なタイヤ痕を描かなければなりませんでした。タイヤ痕そのものは、それ程クリエイティブな作業ではありませんが、絵で描いたようなタイヤ痕ではなく、リアルに見えるように描くというのは、意外と難しい作業でした。

ディズニーの長編アニメーション作品「モアナと伝説の海」に参加していた時は、美しい夕焼け空や、不気味な暗い嵐のシーンの雲を描く機会に恵まれ、素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。しかし、ショットによっては、星空、これはもう何百万もの小さな白い点を1つ1つ、黒い背景の上に描く必要があり、こういう時は大変な忍耐力が要求されます(笑)。

―マットペイントの世界も、ツールやワークフローがどんどん変化してきていると思いますが。

シュワルツ氏:私がデジタル・マットぺインターとして仕事を始めた頃、唯一存在していたツールと言えば、Adobe Photoshopでした。この頃、マット・ぺインターという仕事は、巨大なキャンバスやガラス板に絵の具でマット画を描くという伝統的な手法から、コンピューターの中で描くデジタル・マットペイントへと、大きな変革期を迎えていました。

VFXスタジオによっては、もはや「マット・ペイティング部門」を持たない会社も出始めていました。それに置き換わるような形で、「エンバイロメント部門」が好まれるようになってきたのです。その結果、エンバイロメント部門のアーティスト達は、[テクスチャー・アーティスト+マット・ぺインター+3Dジェネラリスト]のコンビネーション・スキルが求められるようになりました。

MayaやStudio Maxによってモデリングを行い、Zbrushによってスカラプト(彫刻)を施し、Mariを使って3Dペイントし、それプラス、Adobe Photoshopの優れた知識と技術が要求される等、より多様化されてきているのです。

ソニーピクチャーズ・イメージワークス、ディズニーやドリームワークス等の大手のように、Nukeを使ってカメラ・プロジェクションとコンポジットを組み合わせる手法で、マット・ペンティングの作業を行うスタイルを採っているスタジオもあります。

―今日は、大変興味深いお話をありがとうございました。最後に、将来マット・ぺインターを目指したいという方に、ぜひアドバイスをお願いします。

シュワルツ氏:近年はフォトグラメトリーや地形生成ソフトなどの便利なツールが登場したお蔭で、3Dエンバイロメントの作成がより安価に、より短い制作時間で実現するようになりました。

伝統的なマット・ペインティング部門が存在しなくなったスタジオの、新しいエンバイロメント部門で仕事をしていく為には、絵を描くスキルに加えて、3Dツールの習得と、コンポジットのスキルを学ぶ事が非常に重要になっています。

このように、マット・ぺインターを取り巻く環境は変化してきているので、前述のようにマットペインティング&エンバイロメントに関連した2D/3Dソフトウェアを出来るだけ多く習得した方が良いでしょう。そして、「その中で、自分が得意とする1つを、専門にする」と良いと思います。まず最初に1つのソフトウェアに特化し、それから少しずつ他のソフトウェアに拡張していくと良いでしょう。

みなさんが、もし将来、マット・ぺインターを目指したいのであれば、まず伝統的なペインティングや写真の基本知識および技術、そしてカラー・セオリーやパースペクティブ、これらを集中して学んでいくのが良いと思いますよ。

―今日は、どうもありがとうございました。

参考リンク:
ダビード・シュワルツ氏のIMDBリンク。ここでは膨大な参加作品のうち、ごく一部しか掲載されていないが、過去に参加された作品にどのようなものがあるか、ご覧頂けるだろう。

Daveed Shwartz IMDB


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2018-02-16 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.93 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」公開の3日前から並んだ人々

ハリウッドのTCLチャイニーズ・シアター(筆者撮影) txt:鍋潤太郎 構成:編集部 取材協力&Special Thanks:Ric Peralta - PR/Media Li... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.92 瀬尾篤氏に聞く、アメリカのゲーム業界最新動向

左から、瀬尾 篤氏、ギャレス・リチャーズ氏、ダニー・チャン氏(瀬尾篤氏 提供) txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 本欄でもレポートさせて頂いた第16回VESア... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.91 再び、ジョブタイトルについて語ってみる

サンタモニカ3丁目の夕陽txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 筆者は2008年に「日本の『CGデザイナー』という呼び名は時代遅れ?」という記事を随筆させて頂いた... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.90 第16回VESアワード受賞式 スペシャル・レポート

取材:鍋 潤太郎 画像提供:VES はじめに 2月13日(火)夜、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルにおいて、第16回VESアワード授賞式が華々しく開催された。エ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.88 ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ初のアフリカ系アメリカ人アニメーター フロイド・ノーマンによる講演

取材&写真:鍋 潤太郎 明けましておめでとうございます 新年である。ついこの間、アナハイムで夏のSIGGRAPHを満喫したかと思えば、もうお正月である。しかし実際のとこ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.89 ハリウッドで活躍するマットぺインターに聞く