PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [OnGoing Re:View]Vol.38 Angenieux MSU-1 EZシリーズレンズ用ユニバーサルシネサーボレビュー

News

[OnGoing Re:View]Vol.38 Angenieux MSU-1 EZシリーズレンズ用ユニバーサルシネサーボレビュー

2018-05-16 掲載

txt:Matthew Allard(NEWSSHOOTER) 構成:編集部

EZ-1/EZ-2の運用をさらに効率化するために

AngenieuxのMSU-1ユニバーサルシネサーボは、EZ-1/EZ-2ズームレンズ専用に作られた製品である。3つのモーターとワイヤレスモジュールにより、ENGスタイルの撮影を可能にする脱着型レンズ駆動ユニットで、Movcam社がAngenieux向けに供給している。

サーボ・ズームを使用するブロードキャスト・スタイルのENGカメラユーザーが、大判センサーのデジタルシネマカメラへと移行していくにつれ、親しみやすく利便性の高いレンズの需要が高まっている。

筆者はいつも脱着可能なハンドグリップサーボズームを良いアイデアだと思ってきた。今回の本題であるAngenieux MSU-1 Universal Cine Servo。一般的なENGスタイルのレンズコントロールグリップとしての全ての機能を提供する一方、いくつかの驚きがあった。MSU-1は一見、これまで見たことがあるENGサーボズームコントローラーと変わらない。このタイプの設計は非常に長い間行われているが、サーボズームコントローラーは今でも同じように構成されている。本製品を製造するMovcam社は、“If it ain’t broke don’t fix it(うまくいっているものには手を加えるな)”という哲学を守っている。

機能と製造品質

このシネサーボのハウジングは、テフロンコーティングを施したマグネシウム合金で構成され、ハンドストラップはナイロンとレザーでできている。ハウジングは比較的軽量であるにもかかわらず頑丈な造り。ボタンとズームロッカーは、B4 ENGズームレンズで見られるものと非常によく似ている。

従来のズームロッカーは可変スピードコントロールで増大されるのに対し、ハンドルのラン/ストップボタンはカメラをトリガーする。グリップ部はヒロセ電機およびLEMOコネクターを用いての拡張コントロールが可能。内蔵ワイヤレスモジュールにより、有線接続なしでサーボドライブを制御できるほか、標準的なENGレンズ用パンハンドルを使ったサーボコントロールにも対応する。

このシネサーボには3つの0.8 MODギヤと、Hirose12ピン端子、Hirose20ピン端子、6ピンLEMO端子、4ピンLEMO端子が備わっている。重量は720gで最大35W。摂氏-20~55℃の温度環境で動作する。

さらに高度な機能としてオートアイリススイッチと、ズームとフォーカスの両方のオート/マニュアルを切り替えるスイッチがある。また、ズームロッカー後方のグリップ上部に、リターンビデオスイッチがある。

押下時に焦点距離のメモリポイントが設定可能な「AIFボタン」があり、AIFボタンを押すと、ズームモーターが強制的にテレ端に移動し、ボタンが押されている限りテレ端に留まる。ボタンを離すとズームモーターは以前設定された位置に戻る。

LED画面でメニュー階層に入ると、以下のパラメータを変更できる。

  • システムモード:アナログ需要、デジタル需要、ワイヤレス、ローカル
  • アイリス制御モード:自動/リモート
  • ワイヤレス周波数選択
  • ファームウェアアップグレード
  • トリガ自動較正
  • レンズデータ選択

ワイヤレスコントロール

内蔵ワイヤレスモジュールにより、Movcamワイヤレスレンズコントローラーとのインターフェースが可能になり、レンズモーターを必要とせずにアイリス、ズーム、フォーカスを遠隔制御することができる。これは非常に便利な機能で、クレーンや車載、ジンバル等で使用する場合は、レンズを簡単にセットアップして遠隔操作が可能。

■ズーム/フォーカスデマンド(20ピンアダプタケーブル接続)

  • FUJINON
  • キヤノン
  • Microforce

■リモートコントローラ(20ピンインターフェイス経由)

  • Cmotion
  • Preston

■互換性

  • キヤノンとFUJINONの標準ENGレンズパンハンドルと互換性がある
  • Hirose20ピン端子-アナログおよびリモートコントロール
  • Hirose12ピン端子-カメラのレンズポートに直接接続
  • 4ピンLEMO端子-“I”プロトコル通信
  • 6ピンLEMO端子-MBUSポート
  • Cooke I System-リアルタイムデータ転送、ストレージなし

前述のように、このシネサーボはAngenieux EZ-1 30-90mm T2およびEZ-2 15-40mm T2レンズ専用に設計されている。これらのレンズの美点は、リア光学ブロックを交換してフルフレーム/VistaVisionセンサーをカバーできる点である。EZ-2 15-40mm T2の場合は22-60mm T3に、EZ-1 30-90mm T2は45-135mm T3に変化する。

EZシリーズはコンパクトサイズで軽量な設計のため、多くのビデオグラファーにとって非常に魅力的な選択肢となっている。レンズマウントを変更したり、サーボズームを追加したりすることで、これらのAngenieuxズームは恐らく最も汎用性の高いシネズームレンズとなる。

取り付け

MSU-1はセルフアライニング方式で、3本のネジとガイドピンが取り付けられている。非常に簡単であり、数分で完了できる。レンズとの接合部にずれが起こる心配もなく、安全で好感が持てる。

価格

MSU-1は40万円前後で販売されている。ワイヤレスでのフォーカス、アイリス、ズーム制御が不要な場合は、ズーム制御のみ可能なMSU-1A(17万円前後)もある。

実際に使ってみる

筆者が最も興味を持ったのは、Angenieux MSU-1ユニバーサルシネサーボが簡単に使え、快適に操作できるかどうかである。セットアップが難解で、オペレーションが快適でなければ、購入する意義はなくなってしまう。

Super35mmサーボズームを現行世代のデジタルシネマカメラに取り付ける時の最大の問題は、カメラを肩に載せて適切にバランスを取るために必要な位置において、レンズが撮影者の頭部に近すぎるという事である。

これは、レンズグリップを握る右腕が快適なL字型にならず、腕が後方に曲がっていることを意味する。これは人間工学的に非常に不快であり、腕や手首の疲労を引き起こす。いまだに2/3″ B4タイプのENGカメラは、手持ちの使用には人間工学的に最もフレンドリーで、そのデザインが25年以上も変わっていない理由がわかる。

Angenieux MSU-1 Universal Cine Servo example footage

今回はEZ-1 30-90mmとEZ-2 15-40mmの二本で、ソニーFS7 IIを使ってMSU-1とのシステムを試すことにした。Angenieux純正のソニーEマウントリングを用いれば、アダプタを介さず装着できる。FS7 IIはロッキング機構付きのEマウントを採用しているため、ロッドとレンズサポートを用いる必要はなかった。

FS7 IIとEZレンズシリーズ+MSU-1の組み合わせで、合理的でコンパクトなENGスタイルは実現できるのだろうか?先述の通り、多くのSuper35mmサーボズームをデジタルシネマカメラに取り付けた際、カメラ位置がかなり後方になり、サーボグリップを握った位置が損なわれるのである。幸いなことに、EZ-1/EZ-2に純正Eマウントリングを取り付けると、レンズ部が実質的に数センチ長くなる。この延長分により、サーボグリップの位置が手持ち撮影にとって適切なポジションとなるので、実際に有益である。

Vocas社のユニバーサルスライドベースプレートとVマウントバッテリープレート、そしてLCDビューファインダー延長ブラケットを追加することで、FS7 IIとEZレンズシリーズ+MSU-1とのバランスをとることができた。過去に試した他社製品とは異なり、腕は理想的なL字型を保て、カメラを持つ手首に余計なストレスは感じなかった。

残念なことに、シネズームとサーボグリップとの理想的なバランスを取るためには、カメラのプラットフォームを長尺化し、重量も増す必要があり、アクセサリーをすべて手に入れるためにはある程度の予算を費やす必要があるということである。

MSU-1の筐体は造りが良く、握り心地も快適だ。B4 ENGレンズを使用した人なら誰でも、MSU-1の機能性と手慣れた操作感に親しみを覚えるであろう。また、Angenuiexのレンズフードもとても使いやすかった。これを使うと、レンズの前面に左手を添えながらピントを合わせることが可能だ。フードを左手で持ち、右手でサーボグリップを支えると、快適かつ実用的なシューティングが行える。

FS7 IIにおいてAngenuiexのシステムは非常にうまく機能するが、他のデジタルシネマカメラではどうなのか?取り分け、適切な重量配分を作り出すことに関して、筆者はまだ疑問を持っている。時には、実際にどうなるかを見極めるために、試行錯誤を行うこともある。

以上、カメラとレンズにまつわる人間工学について述べたが、実際のサーボズームの動作感はどうだろうか。ここにおいては、少し当たり外れを感じる。

3,500ドルで売られている製品ならば、完璧に動作するだろうと期待している。確かにスピーディーなズームの際はうまく動作するが、ゆっくりとズームしようとすると、動きが引っかかりがちで、滑らかではない。これはズームイン時よりもズームアウト時にはっきりと分かる。理由はわからないが、MSU-1の内部モーターが、低速動作時もレンズ鏡筒をスムーズに駆動させるほどには強くないのではないか。筆者がテストしていたユニット固有の問題だと思われる。

もう一つ、意識すべき点は、MSU-1の電源を入れるたびにレンズを再びキャリブレートする必要があることで、最大で約20秒を要する。ペースが速い環境で作業している場合は、これを勘案しておく必要がある。

筆者が最後に行った実践テストは、Movcamのワイヤレスレンズコントローラーで実際にどのように動作をするかの確認である。MSU-1にはワイヤレスモジュールが内蔵されているので、レンズモーターを必要とせずにアイリス、ズーム、フォーカスを遠隔操作できる。外部モーターやケーブル、インターフェースボックスが無いため、セットアップは非常に簡単だった。筆者は実際にジブ、クレーン、カーマウントショットでこのシステムを使用している自分の姿が浮かぶ。

限られた焦点範囲のレンズにサーボズームを用いるのはなぜ?

限られた焦点距離のレンズでサーボズームを使おうと思うか、実際にその価値があるかどうかは、ユーザーの仕事の種類によって決まる。もし、制約の多い撮影環境でテレビのリアリティ番組を撮影するなら、サーボズームを装着したEZ-2 15-40mmは理にかなっているだろう。19~90mmや17~120mm、20~120mmのように、焦点距離範囲が非常に広い場合を除き、個人的にはハンドヘルド構成のレンズではサーボを使用しないことがある。たとえばカメラをクレーンやジブ、またはカーマウントに搭載した場合、EZズームで使用する可能性が高くなる。

MSU-1の製造品質は良い。人間工学に基づいて、最新のデジタルシネマカメラでサーボズームを使えるようになっている。実際、多才なEZズームレンズをさらに魅力的なものにしている。欠点は、スローな動きにおいてスムーズなズームができないことである。

メーカー側が自社製レンズ向けオプションとしてサーボズームを作るのは良いことだ。Carl Zeiss社の例があるように、それは確かに簡単な仕事ではない。3,500ドルの価格は、全てのユーザーが魅力を感じるには厳しいし、購入して所有するというより、レンタル業者で目にする可能性の方が高くなる。多くの点で、17万円前後のズームのみのサーボMSU-1Aのほうが良い選択肢になるだろう。

もしあなたがEZズームレンズを所有または使用しているなら、MSU-1は確かに価値があるが、完璧な製品とは限らない。本来、この価格帯ならば本来完璧に動作するはずだが、今回に関してはそうではない。サーボ・ズームは正確でスムーズなズーミングが不可欠である。残念ながら使用したテスト機のMSU-1では、この重要なポイントが達成されていなかった。改修、改善を期待したい。

「EZ-1 S35&VistaVision Package + EZ-2 S35&VistaVision Package」セットキャンペーン実施中!
システムファイブでは、同レビューで取り上げた「EZ-1 S35&VistaVision Package + EZ-2 S35&VistaVision Package」のセットキャンペーンを実施中。同レンズ2本をセットで購入した方にデュアルレンズケースと、EFマウントまたはEマウントリングの計2点がプレゼントされる。検討中の読者の皆様は、是非この機会をお見逃しなく。

出典:Newsshooter
協力:タレスジャパン株式会社(Angenieux)

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2018-05-16 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.37 Blackmagic Design ATEM 4 M/E Broadcast Studio 4K+ATEM 1 M/E Advanced Panel

txt:井上晃 構成:編集部 次世代ATEMのフラッグシップ登場 Blackmagic Designは、次世代ATEM製品群というべき多数の新製品を発表し、一部... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.36 放送系からシネマまで幅広い現場での活躍に期待!「Blackmagic URSA Broadcast」

txt:井上晃 構成:編集部 ブラックマジックデザインがURSA Broadcastを発表 Blackmagic Designは日本時間の2月2日、ENG取材ス... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.35 最新オートフォーカスと4K HDR記録に対応「Sony HXR-NX80」

txt:猿田守一 構成:編集 4K HDR記録に対応した「HXR-NX80」が登場! 2017年の年の瀬にSonyから新たに4K収録に対応した小型ハンドヘルドカ... 続きを読む

[Get on the EDIUS]Vol.01 EDIUS Pro 9で4K HDR GoGo!〜来るべき未来を考える

txt:井上晃 構成:編集部 初めに 2017年10月、グラスバレー株式会社はノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUSの最新バージョン「EDIUS Pro 9... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.34 さらなる映像美へ。進化した4Kハンディカムフラッグシップモデル「Sony FDR-AX700」

txt:井上晃 構成:編集部 1.0型積層型CMOSイメージセンサー搭載「FDR-AX700」 2014年3月に登場した4KハンディカムSony FDR-AX100は、... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [OnGoing Re:View]Vol.38 Angenieux MSU-1 EZシリーズレンズ用ユニバーサルシネサーボレビュー