PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]NHK技研公開2018~NHK技研3か年計画を策定

News

[Report Now!]NHK技研公開2018~NHK技研3か年計画を策定

2018-05-28 掲載

txt:稲田出 構成:編集部

毎年恒例のNHK技研公開が今年も開催!

5月24~27日の4日間、東京・世田谷区にあるNHK放送技術研究所において、毎年恒例のNHK技研公開が開催された。NHK技研では3年毎に研究テーマの大枠を発表しているが、今年はその節目に当たり今後の研究テーマが公表された。

今年は公共的価値の実現に向けて、最先端の放送技術およびサービスの研究開発において先導的な役割を果たすため、2020年はもとより、さらにその先の2030~2040年ごろを想定したNHK技研3か年計画(2018~2020年度)を策定し、新しい放送技術とサービスを「創造」するためのフェーズと位置づけ、「リアリティーイメージング」「コネクテッドメディア」「スマートプロダクション」の3つを大きな柱として、より豊かな放送サービスの実現をめざした研究開発に取り組むとしている。今回の展示もこうした3つのテーマを踏襲したものとなっており、昨年にはなかった研究発表が見受けられた。

とはいえ、現在進行形のスーパーハイビジョン(UHD)が佳境に入っており、より現実の運用に即したものや付加価値を高めるもの、実際の放送に際しての伝送方式のほか、8Kを応用した様々な試みや放送以外でも利用など、今まで蓄積してきた技術を元により実用に即した発表も行われた。

広がる視聴スタイル。時間や場所に縛られることなく、様々な視聴機材により大画面やVR、ARなどを体験できる新しい放送・サービスの実現を目指した「ダイバースビジョン」の研究 テレビ視聴ロボットのほか触覚グローブやスマートグラス、立体ディスプレイなど現在開発が進んでいる 音声認識による書き起こし制作システム。取材映像中の発話内容を音声認識技術によりリアルタイムで文章に書き起こす。長時間におよぶ取材映像から確認したい部分にアクセスし、複数の制作者が同時に認識結果を参照・修正できるインターフェースを開発した 番組制作現場との連携により、これまでに書き起こされた取材映像を含む約4,500時間の音声とテキストを学習することで、さまざまな発話環境や収録条件、話し方に対応 書き起こし制作システムで実際に制作された実際の番組として、ニュース番組や地域密着番組、社会情報番組などが披露されていた 映像自動要約システム。番組映像を自動で要約しダイジェスト版制作を支援する テロップや顔認識による個人の特定、カメラワークなどから各カットのスコアを算定して、番組制作者が何を重視するか決定 同じ番組からテロップを重視した要約映像、顔を重視した要約映像、カメラワークを重視した要約映像により異なった要約映像が生成される 要約映像のパラメーター設定はソーシャルメディアでの盛り上がりやパターン、CGなどが設定できるほか、要約映像の尺の設定などが行える 白黒映像の自動カラー化技術。AIを活用して白黒画像をカラー化するもので、あらかじめAIにカラー化を学習させることで、処理速度と精度が向上。ニューラルネットワークにより1コマ毎にカラー化、カットごとにバラツキが出ることがあるが、代表フレームで修正をすることで一括変換に対応している 色推定、色修正、色伝播の3つのニューラルネットワークを使って白黒映像をカラー映像に自動変換 対象領域の数点の色を指定するだけで簡単に動画像中の色を修正することが可能 テキストビッグデーター解析技術。毎日大量にソーシャルメディアへ発信される投稿を分析し、関連する過去の番組情報も合わせて、AIが番組制作に有用な情報を提示。ニュース番組や情報番組などで生きた情報として活用できるほか、前取材や企画などに活用できる ニュース価値のあるソーシャルメディアへの投稿をニューラルネットワークで学習することで、取材に役立つ情報を自動でリアルタイムに取得することが可能。事件や事故などの発生場所を特定し地図上に表示する機能や火事や交通事故などに関する画像を表示する機能、事象ごとにソーシャルメディアへの投稿をまとめる機能も備えている ロボット実況・自動解説放送。スポーツの試合からリアルタイムに作成される競技データを用いて、音声による実況や解説を自動生成する技術。競技データからテンプレートを用いて実況内容を生成し、DNN2音声合成装置で音声に変換して、会場映像・音声とあわせて提供するもの スポーツ情報の手話CG制作システム。競技データを手話CGで表現する技術で競技中に配信されるデータから手話CGを自動生成する。競技後のスポーツニュースの手話CGも同様に効率的に制作可能 自動翻訳された結果をそのまま表示するだけでなく、制作者が意図する通りの手話表現に置き換えてお伝えることが可能 メディア統合プラットフォーム。放送・ネット同時配信・VOD(ビデオオンデマンド)・録画機など視聴するメディアや視聴機器が持つ機能に応じて適切な配信メディアや視聴機器を自動的に選択する技術により、視聴者がいつも同じ操作で簡単にコンテンツを視聴できる テレビ×ネット×ライフを創る行動連携技術。視聴行動と生活のさまざまな場面が結びつき、多様な事業者が視聴者に番組関連サービスを提供できる行動連携技術の研究。ハイブリッドキャスト端末との連携機能により、テレビ起点だけでなくスマホ起点でも利用できるようになった。スマホアプリやIoTデバイスにこのアーキテクチャーを採用することで新しいサービスの展開が可能 テレビ用動画視聴プレーヤーや端末連携アーキテクチャーといった研究成果をもとに、動画配信サービスハイブリッドキャストビデオに必要な技術やスマホとテレビ、IoTデバイスを連携させるHybridcast Connect(ハイコネ)に関わる技術の標準規格化。これにより放送により一斉配信した緊急情報をネット動画視聴中に表示したり、放送により同期情報を送り、ネット動画の再生タイミングを調節することが可能となる スマホのアプリやIoTデバイスとテレビが双方向につながる端末連携機能と、その機能が架け橋となることで生まれるサービス事例。テレビからの情報やネットの情報、スマホの位置情報などを関連付けることで、様々な情報サービスを提供できる テレビ視聴ロボット。家族や友人などと一緒にテレビを視聴すると、番組に関連した内容で会話がはずんだり、新たなことに気づくなどの楽しさがある。こうしたことをロボット実現するための技術 視聴中の番組に合わせてロボットにうれしさや楽しさなどの感情表現をさせるため、表情や身振りを交えて発話するロボット 字幕文に加え、番組の映像、音声から動作のきっかけとなるキーワードを検出することができ、字幕情報がない番組にも対応 キーワードを使ったロボットが話す文章生成結果 シート型8K有機ELディスプレイ。これまでは4Kパネル4枚が必要だったが、薄いガラス基板を用いることで1枚のガラスシートで8K映像表示を実現。バックライトが不要な有機ELを使うことでシート状の薄型化に対応した88インチの8Kディスプレイ 大気安定な逆構造有機ELディバイス。フレキシブルなプラスチック基板上で長寿命な表示機能を実現する逆構造有機ELデバイスにより。薄くて軽いフレキシブル有機ELディスプレイを実現するための研究 通常の有機ELデバイスは、酸素・水分に弱いため、それらを通しやすいプラスチック基板上にディスプレイを作製すると徐々に欠陥画素が増えてしまう。酸素・水分に強い材料を使用してた逆構造有機ELデバイスにより長寿命化を実現する フルスペック8K中継制作システム。最新のフルスペック8K対応機器を搭載した制作中継車。カメラ、レコーダー、スイッチャー、文字合成装置、フレームシンクロナイザー、映像モニター、波長多重伝送装置を搭載している 中継車の内部は省スペースながら放送に必要な機材がすべて搭載されている。すでに実用化されている中継車もあるが、信号系にフルスペック8K映像を光ファイバーを採用することで、コンバーターやルーターなどを大幅に削減している 非圧縮(144Gbps)で最大70kmまで伝送することができる、小型波長多重伝送装置により、離れた中継会場からの伝送やPV会場への伝送でも、画質劣化のないフルスペック8K信号伝送が可能 最大6系統のフルスペック8K素材を、効果をつけながら映像切り替えが可能なスイッチャーを搭載しており、ワイプなどの切り替え効果に加え、映像合成モジュールを追加することでピクチャーインピクチャー表示も可能 8K 4倍速スローモーションシステム。8K映像を毎秒240枚で撮影し記録することができるもので、同時にスロー再生(毎秒60枚)を行うことも可能 新たに開発した高速A/D変換器を備えた1.25インチ3,300万画素CMOSイメージセンサーを搭載した単板式カメラヘッド 1.25インチ3,300万画素CMOSイメージセンサーを3つ搭載した3板式カメラヘッド。カメラヘッドとカメラコントロールユニットの間はファイバーケーブル1本で接続することが可能 4倍速の8K映像をリアルタイムに記録しながら同時に60Hzでスローモーション再生ができる8K 4倍速スロー再生装置。スポーツ番組など長時間の試合でも、撮影しながら可変速スロー再生が可能 8K 120Hz映像符号化・復号装置。8K 120Hz映像をリアルタイムに伝送可能な符号化装置と復号装置。8K映像を圧縮・伸長する符号化技術により、様々な伝送路を利用した中継が可能になる

8K 120Hz映像をリアルタイムに圧縮するハードウェア符号化装置。映像符号化方式にはMPEG-H HEVC/H.265のMain10プロファイルを用い、ARIB標準規格STD-B32 3.9版に準拠した符号化ストリームを出力

8Kデバイスの高感度化技術。8Kカメラの高感度化に向けて、新たな固体撮像デバイスの研究。なだれ増倍を用いた結晶セレン光電変換膜による8K CMOS撮像デバイスの開発 結晶セレン膜で増倍した信号電荷の読み出しに適した8K CMOS回路を設計、試作した。薄くても光を十分吸収できる結晶セレンを光電変換膜に用いることで、低電圧でなだれ増倍が生じるため、耐圧の低いCMOS回路上への積層が可能になった 試作した結晶セレンを光電変換膜を採用した8K CMOS撮像ディバイスを搭載したカメラ 高感度な光電変換膜を積層したによる撮像例 電気光学ポリマーによる光フェーズアレイ。4次元テレビの高解像度化に向け、光ビームの方向を自在に制御できる光フェーズドアレイの研究。高速で光偏向動作可能な電気光学ポリマーを用いたデバイスを展示 時分割3D表示による広視野域・高解像度化を目指し光導波路の狭ピッチ化を進めている 光フェーズドアレイから出力される光の偏向範囲を拡大するためには、光導波路チャンネルの狭ピッチ化が欠かせないが、今回4μmピッチのデバイスにより、約20°の光偏向動作を実現した オブジェクトベース音響による次世代音声サービス。現在の放送で使われているチャンネルベース音響と比べて、より効率的に多様な音声サービスを実現する、音響メタデータを用いた番組制作技術 音の素材と音響メタデータを放送して、テレビ受信機で各家庭の音響システムに合わせて音声信号を生成。視聴者は、好きなチームへの歓声に背景音を切り替え、実況を小さくして、観客席にいるかのようにスポーツ中継を楽しむなど、自分の好みに合わせて番組音声をカスタマイズできる Sports 4D Motion。スポーツ中継において被写体の動きを分かりやすく表現する映像技術の研究。多視点カメラの映像から3次元空間と時間での被写体の動きを解析し、動きの軌跡をさまざまな視点から立体的に表現する映像システムを披露した 今年は4K解像度に対応させた多視点ロボットカメラを採用。16台のカメラが同期して被写体をフォローしている 16台のカメラは1つのコントローラーで制御される 16台からのカメラの表示 多視点映像から被写体の3次元位置をリアルタイムに解析し、動きの軌跡や速度などの解析データをCGでぐるっとビジョンに重畳することで、被写体の動きを分かりやすく表現 8K番組素材の移動伝送技術。マラソンや駅伝などの移動生中継を8Kスーパーハイビジョンで実現するFPU無線伝送装置。双方向通信機能を用いた大容量かつ高信頼性を実現する8K移動伝送技術と、FPUで受信した無線のIF信号をイーサネットで伝送する技術の開発 伝搬路に合わせて適応的に送受信ビームや変調方式を変更することで、移動環境での大容量伝送を実現。今回、最大145Mbpsの伝送レートで8K映像を伝送する2.3HGz帯FPUを開発した 良好な伝搬路では誤り訂正の冗長ビットを少なくして伝送レートを高め、劣悪な伝搬路では誤り訂正の冗長ビットを多くして伝送誤りの発生を防ぎ、伝送レートの変動に映像レートが追従するように8K映像符号化装置を制御 複数のアンテナを設置する場合、アンテナ数分のケーブルを敷線するか専用の機材でIF信号を多重する必要があったが、デジタル化しパケットで伝送することで、市販のイーサネットスイッチを用いて1本のケーブルにまとめて伝送できる IP制作のための8K伝送技術。大容量の8K信号を圧縮してIPネットワークで伝送する装置と、2K/4K/8K全ての制作に利用できる設備を実現する8K分割IP伝送技術 非圧縮8K映像を既存のIP伝送規格に準拠した16本の2KIPフローとして伝送。1本のIPフローを受信して2K映像として扱うことができるため、2K用と4K/8K用番組設備の共通化が可能 8K信号に軽圧縮技術を適用してIP化することで、番組制作に求められる高画質・低遅延を維持しながら、帯域を節約した8K番組素材の伝送が可能 21GHz帯衛星放送システム。3次元テレビなど大容量の情報を放送するための伝送基盤となる21GHz帯衛星放送についての研究。昨年打ち上げられたBSAT-4a衛星経由で伝送した、21GHz帯の電波を実際に受信。21GHz帯衛星放送は、BS衛星放送の約8倍となる300MHzの周波数帯域幅を使用して伝送できるため、大容量のコンテンツを放送することが可能 12GHz/21GHz帯周波数・偏波共用受信アンテナの新たに開発。このアンテナでは12GHz帯と21GHz帯の右旋波と左旋波をすべて同時に受信することができる 12GHz帯のBS放送と21GHz帯の次世代衛星放送をひとつのアンテナで受信するために、周波数と偏波を共用。写真はそれぞれの帯域での受信レベルを表示している 地上放送高度化技術。地上波によるスーパーハイビジョン放送の実現に向けての地上放送高度化技術。新しい誤り訂正符号の採用や信号構造の見直しなどにより、地上デジタル放送よりも大幅に性能が向上した暫定的な伝送方式を策定し、改良を進めている。今秋から東京・名古屋で大規模な実験を予定しており、これに向けての装置や設備の準備を進めている 符号化効率を向上するために、映像符号化の前段で雑音除去などを行う装置。符号化による画質劣化につながる不要な成分をリアルタイムに取り除くことで、特に高い圧縮率における画質を改善した 30万画素3次元画像システム。特別なめがねなしに自然で見やすい3次元テレビの実現を目指し、水平・垂直方向に動いても見ることができる光線再生型の3次元映像の研究。3次元映像の品質向上に向けて、複数カメラによる撮影技術と高密度な光線再生による表示技術を展示 複数のカメラを格子状に並べたカメラアレイにより撮影した多視点画像から、3次元映像に必要な光線情報を精度よく補間生成する技術を開発 4Kカメラを導入した多視点ロボットカメラの撮影映像から、3次元モデル生成手法を用いて高品質な立体像を生成 実際の表示の様子 ソードトレーサー。より分かりやすく魅力的なスポーツ中継を目指し、映像解析や各種センサを活用しすることで、高速で視認困難なフェンシングの剣先の動きを可視化するシステム 放送用のカメラ映像と赤外映像を同じ画角で撮影可能なカメラを開発。これにより、赤外映像を利用することで剣先の位置を安定的に検出・追跡し、その軌跡CGを放送用カメラ映像へ合成することが可能 剣先に巻いた特殊な反射テープからの光を赤外映像上で追跡し、軌跡CGの位置を計測。 剣先の画像を機械学習することで、赤外画像上の剣先領域を高精度かつリアルタイムに追跡することが可能 こうして作られた実際の映像。剣先の軌跡がグリーンとレッドで描写されている

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2018-05-28 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report NOW!]アストロデザインPRIVATE SHOW 2018~8K技術を応用した展示

txt:稲田出 構成:編集部 今年もプライベートショー開催!8K関連機器を軸とした展示 6月14~15日の2日間、東京・大田区にあるアストロデザイン本社ビルにて「PRI... 続きを読む

[Report Now!]スタッフゼロでライブ配信!「ヒマナイヌスタジオ」ができるまで

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 今注目の「ヒマナイヌスタジオ」とは セミナー講師を務めた株式会社ヒマナイヌ 川井拓也氏 日頃は、Li... 続きを読む

[Report Now!]Roland/BOSS 2018春 新製品発表会

txt:稲田出 構成:編集部 恒例のRoland/BOSS 2018春 新製品発表会開催 さる2月7日、東京・恵比寿にあるEBiS303イベントホールにおいて「Roland... 続きを読む

[Report Now!]札幌で開催されたLOGIC JAM放送機材展

txt:岡英史 構成:編集部 IBC直後の放送機材展「LOGIC JAM」 InterBEEを残し、今年の国内放送機器展の最後となる、北海道・札幌で開催中のLO... 続きを読む

[Report Now!]Roland/BOSS 2017秋 新製品発表会

さる9月14日、東京都港区のベルサール御成門において「Roland/BOSS 2017秋 新製品発表会」が開催された。デジタルピアノやキーボード、シンセサイザー、電子ドラム、DJ機... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Report Now!]NHK技研公開2018~NHK技研3か年計画を策定