PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [OnGoing Re:View]Vol.41 性能、見た目、価格すべてよし!「Aston Microphones」

News

[OnGoing Re:View]Vol.41 性能、見た目、価格すべてよし!「Aston Microphones」

2018-06-22 掲載

txt:江夏正晃(FILTER KYODAI / marimoRECORDS) 構成:編集

Aston Microphones社からコンデンサーマイク「Spirit」「Origin」が登場

近年、制作を取り巻く環境は大きく変わり、デジタル化が当然のようにワークフローに取り込まれていき、効率化やハイクオリティー化の発展が目覚ましい。ところがマイクだけはいまだ、アナログが主流で、半世紀前のテクノロジーがゆっくりと進化し続けている。

そんな時代を象徴するような新製品コンデンサーマイクロホンがイギリスの新興メーカーAston Microphones社(以下:Aston社)から発売された。同社は2015年に創業したマイクブランド。社長のジェームス・ヤング氏は、同じくマイクブランドsE Electronics社の創業メンバーだったとのことだ。

Aston社のリフレクションフィルターHALO(写真はHALO SHADOW(黒))

同氏はsE Electronics社のマイクの企画・開発はもちろんのこと、宅録ユーザーの間では一気に広まったリフレクションフィルターの企画・開発に携わったとのこと。Aston社の主力製品にリフレクションフィルターHALOがラインナップされているのも頷ける。

今回はそんなAston社より満を持して発表になった、2つのコンデンサーマイク「Spirit」と「Origin」をレビューしたいと思う。

「Spirit」と「Origin」レビュー

まず、その双方ともカタチの面白さが一目を置く。一見すると、マイク?なのか?と思わせる外観はビンテージ感すら感じさせ、重厚感は見た目より重く、実際に手に取ると伝わるかもしれない。「Spirit」は625g、「Origin」は450gと持った感触は見た目よりもずっしりとしている。マイク胴体部はステンレススチールにタンブル加工が施され、まるで亜鉛メッキを施したような外観になっている。傷が付きにくい仕様だ。

※タンブル加工とは洗浄液と研磨剤が入った専用タンクに加工素材を投入し、微振動を加えながら加工する方法。Astonのマイクの胴体は4時間じっくりと研磨し、美しくも、耐摩耗性を残した仕上がりになっているとのこと

そしてヘビーデューティーな造りは、内部に簡易ショックマウント構造を持ち、多少の衝撃にも耐えられるように設計されているとのこと。2本のネジを六角レンチで簡単に分解することが出来るが、シンプルな構造ではあるもの、しっかりと組み上げられたパーツからこの強靭な本体が構成されていることがわかる。

本体にマイクスタンドに直接取り付けられるネジが切られている

簡易ショックマウントが内蔵されているので、直接マイクスタンドに取り付けても振動の影響は受けにくくなっている。ただし、ライコート社製のショックマウントInVisionUSMも対応しているので直接マイクスタンドに取り付けることに抵抗がある方はこちらを使っても良いだろう。

また、コンデンサーマイクを使う方なら驚くことと思うが、この2本のマイクはポップガードが不要とのこと。マイク上部に配置されているスチールメッシュがポップガードの役目を果たすのだ。スチールメッシュの内側はエクスバンドメタルでしっかり補強されているので衝撃で変形したりする心配も少ない。

堅牢な作りのグリル。ポップガードの役目も果たす。見た目もとても個性的だ

また、このスチールメッシュは規則性を持たないメッシュ構造なので、耐電磁波シールドの役目も果たすとのこと。とにかく、初めてコンデンサーマイクを手にする方も、取扱いについては従来のコンデンサーマイクよりもかなり扱いやすい。このポップガードの役目を果たすスチールウールメッシュが汚れれば、取り外して簡単に掃除も出来る。堅牢な作りで、対衝撃に強く、ポップガードが不要、まさにダイナミックマイクのような扱いが出来るコンデンサーマイクなのだ。

グリルは2本のネジで簡単に外せ、メンテナンスもしやすい

実際の音の印象

ここまでの印象だと、サウンドの印象はダイナミックマイク的な出音を想像するかもしれないが、驚くなかれ、外観とは反して、この2本のマイク、それぞれに個性はあれど、とても繊細で高解像度なキャプチャをしてくれる。まず、2種類のSpiritとOriginの違いについて比較する。

Spirit Origin
トランスの有無 ×
指向性パターンの変更 ◯(単一指向性、双指向性、全指向性) ×(単一指向性)
PAD(-10dB)
PAD(-20dB) ×
ローカット(80Hz)
最大入力SPL 138dB 127dB
Spiritは3つの指向性パターンが選べる SpiritはPADは-20、-10dBと2種類のPADが選べる OriginはPADは-10dBのみ ローカットは両者ともについている。ともに80Hz

細かい差異はあるが、大きく音質に差をもたらすのが、トランスの有無。Spiritはトランス回路を持ちナチュラルな印象ではあるものの。高域に明るさとのびやかさを持たせている。反対にOriginはトランスを持たないが、周波数特性はとてもフラットで芯のある中低域サウンドを特徴としたマイクだ。

Spiritは言うまでもなく、細かいニュアンスや伸びやかさを重視するボーカル録音などにとても向いている。逆にOriginはトランス回路を持たない。素材に対してのレスポンスが良いので、打楽器やアタック成分の強い素材の収録に向いているだろう。

そして、PRONEWSの読者の方であれば気になるのが、ナレーション収録に向いているかどうかということだろう。試用してみた結果、この2本はナレーション収録にはとても向いている。Spiritはダイナミクスを大きく取った演出に重きを置くナレーション収録などに向いており、反対にOriginは聞き取りやすく、滑舌をはっきりさせたいナレーションものなどに向いていると言えるだろう。とはいえ、個性の差はあれど、両方ともナレ録りには向いているのでサウンドの好みで選んでみるもの良いだろう。

さて、実際に使用してみての印象は、Spiritのサウンドはとてもメリハリがあり現代的でありながらも決して派手な印象では無い。高域にSpiritならではの独特の伸びやかさを持つので、Neve系などの高域に特徴があるマイクプリなどを使うと、ミックス時にEQやコンプを使わなくてもしっかり前に出てくる印象だ。もちろんデジタル系のマイクプリでもその相性が良いことは言うまでもない。

Originの印象はトランスレスでレスポンスが良い分、固い出音を想像すると思うが、意外に中域に粒立ちの良さが前に出てくるために、サウンドは柔らかい印象になる。実際のMAの現場でナレーション収録に使用したところ、クライアントからはサウンドは柔らかいのにナレーションがしっかり前に出て聞きやすいと評判は良かった。この価格帯でこのクオリティーはまさに今までの低価格帯のコンデンサーマイクでは考えにくかったことだ。

MAスタジオ等を借りることなく、事務所や自宅でナレーション録りをする方にはこのOriginは価格、扱いやすさからも考えて、オススメだ。その際に併せて同社のリフレクションフィルターHALOを使うことでさらにOriginの良さは引き出されるだろう。

他のコンデンサーマイクと比較して

Spirit、Originともに「Art of Audio」と刻印されており、その両者の製品の仕上がりにAston社の自信が伺える

コンデンサーマイクロホンのスタンダード的存在のNeumann U87Aiと比較すると、その違いは明白だ。どちらが良い、悪いということではなく、U87Aiに対してSpiritのサウンドは明るめで現代的なサウンドだ。近年、テレビの薄型化やスマホやタブレット視聴など。視聴環境が悪くなってきていると言われる中、クライアントからはナレーションなどは出来るだけ前に出したい、目立たせたいといった要望が多い。収録後の後処理で、EQやコンプで明るさを出す処理をされていた方などには、後処理が少なくなるであろうSpiritは向いているだろう。

また、余談だが、ポップガードを必要としないので、かなりマイクに寄った収録が可能になる。ダイナミクスのあるナレーション収録をする際にはナレーターが声色に表情をつけやすくなるといったメリットもあった。

逆にOriginはクセが少ない分、U87Aiと比べると両者のサウンドの印象は近い。細かいニュアンスは違うものの、両者の価格差を考えると、そのパフォーマンスは高いと考えてよいだろう。同じくOriginもポップガードを必要としないため、ナレーターさんからは仕事がしやすいと評判も良かった。

U87Ai以外にも、audio-technicaのAT4040、SonyのC100との比較テストも行った。例えば、AT4040とOriginを比較すると、すっきり、はっきりとした印象のAT4040の重心を少し低くしたのがOriginといった印象だろうか。またハイレゾマイクのC100とSpiritを比較すると、両者ともハイはしっかりと伸びているもの、C100が滑らかでスムーズな印象に対して、Spiritはトランスらしさをしっかりと持った元気の良さを感じさせられた。

Spirit、Originともに見た目の印象とは逆に、とても現代的なサウンドに仕上がっており、最近の設計のマイクと比べても多少の個性の差はあれど、いろいろな現場で活躍しそうだ。とにかく、扱いやすさは他のコンデンサーマイクと比べてもかなり高いので、これから初めてのコンデンサーマイクの購入を考えておられる方ならば、Origin、少し個性のあるものをもう一本と言う方はSpiritを導入されてみてはどうだろうか。どちらもそのクオリティーとコストパフォーマンスには驚くはずだ。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2018-06-22 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.42 DJI RONIN-Sレビュー~遊び心と繊細さを兼ね備えた「旅撮影アイテム」の決定版

txt:松本敦 構成:編集部 シングルハンドのエントリージンバルがDJIから登場! ドローンでおなじみのDJI社からシングルハンドのブラシレスジンバル「Ronin-... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.40 4Kだけじゃない!より深く進化したATEM Television Studio Pro 4K

txt:井上晃 構成:編集部 気になるATEM Television Studio Pro 4Kの実力とは NAB Show 2018を目前にした米国時間の20... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.39 DJI Zenmuse X7シネマカメラレビュー

txt:吉田泰行(株式会社アルマダス) 構成:編集部 DJIから2017年10月にリリースされたデジタルシネマカメラ「Zenmuse X7」。空撮専用カメラとしては初めてSu... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.38 Angenieux MSU-1 EZシリーズレンズ用ユニバーサルシネサーボレビュー

txt:Matthew Allard(NEWSSHOOTER) 構成:編集部 EZ-1/EZ-2の運用をさらに効率化するために AngenieuxのMSU-... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.37 Blackmagic Design ATEM 4 M/E Broadcast Studio 4K+ATEM 1 M/E Advanced Panel

txt:井上晃 構成:編集部 次世代ATEMのフラッグシップ登場 Blackmagic Designは、次世代ATEM製品群というべき多数の新製品を発表し、一部... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [OnGoing Re:View]Vol.41 性能、見た目、価格すべてよし!「Aston Microphones」