PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.94 最も大切なのは発想・動機から生まれる「意識」だ

News

[東京Petit-Cine協会]Vol.94 最も大切なのは発想・動機から生まれる「意識」だ

2018-06-26 掲載

txt:ふるいちやすし 構成:編集部

ワークショップでここだけは意識してほしい

前回まで、様々な角度からワークショップについて書いてきたが、区切りとして、私自身がワークショップを行う時に、どうしても伝えたい事をいくつか書いておこうと思う。

細かい技術をあれこれ言う前に最も大切だと考えているのは発想・動機から生まれる「意識」だ。映像のノウハウや演技の実践を学ぼうと意気込んでやって来る方々にここから話し始めると、大概拍子抜けといった表情に変わってしまうものだが、色々な事を学ぶにしても実践するにしても、「何の為に」という部分が明確であるべきだと考えている。ただ盲目的に作業を積み重ねたような作品は酷い物だ。

だが残念なことに学校教育の殆どがやり方を教えるところから始まり、後はそれの実践を積み重ねる方法を用いて、芸術教育でさえもそんなやり方で行われている。確かに発想とか動機というものは個人のプライベートなもので、作品ごとに違うものだ。“体系的に教える”ことはとても難しい。しかしあやふやなものだからこそ、作品にはそこから生まれる意識が技術を求める回路がはじめから必要なことは、明確にしておく必要があるのだ。

この対極にある考え方が「目的」に対する作品作りだ。例えば、日本のメジャーな映画賞が「劇場公開作品」と認めるのは、ある程度の規模の劇場で2週間以上の一般上映と言われている。つまりレイトショーではなく一日三回、席が100程度の小さな劇場であっても、100×3×14=4200人。集客率が平均50%だとしても(これを割り込むと打ち切りになる劇場も多い)2100人。この人数が一館で必要になる。全国で10館程度のロードショーだとしても最低21000人以上動員しなければならない。“そのための作品”となると、テレビで知名度のある役者を使い、原作は小説か漫画ですでにファンを獲得しているもので…ということになり、自ずと作り方は根本から変わってくる。何もそれがいけない事だとは言わない。エンターテインメントにとってはなくてはならないものだろう。

ただ、私がここで言っているプチ・シネという考え方とは別のものだという事だ。せっかくそういった制約のない映画で、有名人も出ていなければ脚本もオリジナルなのに、根元に特徴のある発想や強い動機がなければ、それこそ何の意味もない。映画学校という所は、エンターテインメント業界への就職を目指しているからか、どうしてもノウハウと技術しか教えない。同じ「映画」であっても、そこが根本的に違うものだということを伝えなくてはならないのだ。

DoではなくBe!技術の前に意識を叩き込む

役者に対するワークショップでも演技技術を教える前に徹底的に意識を叩き込むようにしている。発声練習をする前に、なぜそれが必要なのか、引いては映画作りにおいて役者のするべき仕事は何なのかということから始める。多数の役者志望の人が覚えたセリフを言い、監督の指示通りに動けば演技になると考えている。

自分以外の誰かに成る、その生き様を体現するということが台本に全て書かれているわけではない。むしろ台本はヒントでしかない。そこに書かれていない部分を解き明かし、自分の中に宿していくためには何が必要かを役者は知っていなくてはならない。監督の頭の中には登場人物全員のキャラクターが、シーンには現れない生い立ちやバックグラウンドも含めて全て入っているはずなので、まずは監督と、場合によっては相手役とも話し合うべきだ。

ただ、いくら監督と言えども、所詮一人の人間だ。全ての老若男女の役を完全には体現できない。あるレベルからは役者、つまり本物の老若男女が自分の身体の中で生きたものにしていかなければならない。私はこの時間を作る為に、撮影前に充分稽古や話し合いをするが、それ以前に役者たちにやっておいてほしいことがあるのだ。自分が今後、何人の人生を生きることになるのかをイメージすると、知っておかなきゃいけないことがたくさんあるはずだ。オーディション、そして役が決まる前から、日々をどう過ごし、本や映画をどう見るか、そしてより多くのことを実際に体験する。そういった意識が必要なのだ。

これを私のワークショップでは様々な方法で役者たちに気づかせ、行動に移させる。“Do(やる)”の芝居ではなく“Be(成る)”の芝居を教える。何かをやって表現するのではなく、すでにそう成っているからそういう表現に成るということだ。例えば現場に入ってから、あるセリフを「もっと力強く、大きな声で!」なんて指示をするのではなく、自然にそういうトーンでそういう大きさの声に“成る”ような人格形成をしなければならないし、その時になって初めてボイストレーニングの必要性とモチベーションを持つ人もいるだろう。それは撮影が始まってからでは手遅れなのだ。

だからこそワークショップで徹底的に役者の意識を植え付けておく。商業映画の監督の中には、それが面倒なので、または状況が許さないので、役者を人形のように扱い、ただ指示を出したり、役者に丸投げする人もいると聞いているが、それではまともな芝居は作れない。だからこういうワークショップは役者だけではなく、制作者も一堂に会して行いたいと思っている。役者たちがどうやって気づき、何を求め、あるいは何に悩み、それをどうやって助け、導くのかを目撃してほしいのだ。また同時に、そうして出てきた本物の演技をどう捉え、写すかというイマジネーションと対応力を撮影する側にも培ってほしい。

残念ながら日本の映画は演技という面でのレベルは高いとは言えない。メジャーな映画であっても、その出演者のネームバリューが無効になってしまう海外では、俳優が賞を取ることはほとんどない。だがこれは役者だけのせいではないのだ。出演者も制作者も一緒に映画を作る仲間として、根本的なレベルアップを図らなければならない。それができるのは撮影現場でも映画学校でもない。だとすれば、何らかの形でワークショップをやらなくてはならないのだ。

もちろん今回紹介したのは私個人のやり方だ。だが、私の映画に出演してくれた俳優が海外で次々賞を獲得してくれているという事実は私自身の誇りでもある。やり方は人それぞれであるだろうが、いずれにしてもそれぞれ自由な考え方で根本的なレベルアップを図ってもらいたいものだ。

「千年の糸姫」では、出演の二宮芽生と山口快士がロンドン・フィルムメーカー国際映画祭で共に最優秀主演俳優賞にノミネートされ、アジア国際映画祭(台湾)では二宮芽生が最優秀新人女優賞を獲得。また、「彩〜aja」ではモナコ国際映画祭で主演の笠原千尋が最優秀新人俳優賞を獲得している。


WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


[ Writer : ふるいちやすし ]
[ DATE : 2018-06-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[東京Petit-Cine協会]Vol.95 作品性をしっかりと見極め、既成概念に捉われずチームを作ること

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 必要な人数を足していくという考え方 この夏は撮影監督/カメラマンという立場でとある映画プロジェクトに参加している。私の他に... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.93 思いを伝えるということ

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 文系から理系へ伝えることとは 某カメラメーカーの社内勉強会に講師として招かれ行ってきた。メンバーは商品企画、設計からマーケティ... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.92 今行うべきワークショップのありかた

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 いい機材、被写体は使い方が要 これを書いている現在、アメリカ・ラスベガスではNAB2018が行われている。今年も魅力的な新... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.91 ワークショップの意義を考える

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 伝統ではなく時代に合わせた作品作りを 今回はワークショップについて考えてみたい。こうも日進月歩が続くと、我々プロフェッショ... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.90 世界に映像を発信するためにすべきこと

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 伊勢崎映画祭で「千年の糸姫」を上映 まずはニュースから。私の作品「千年の糸姫」が群馬県の伊勢崎市にあるプレビ劇場と... 続きを読む

WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.94 最も大切なのは発想・動機から生まれる「意識」だ