PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 林和哉 > [デジタルシネマの歩き方]Vol.13 速さこそすべて!快適なマシン環境を求めて

News

[デジタルシネマの歩き方]Vol.13 速さこそすべて!快適なマシン環境を求めて

2018-07-10 掲載

txt:林和哉 構成:編集部

マシンの比較アレコレ

ここ最近、ポスト処理のための機材刷新を図っていました。Macをメインに使っていますが、ProRes問題以外にMacに縛られる必要はないと感じていたこの頃。最高スペックの黒マックを軽く超える処理能力を持つPCが20万円以下で買えてしまう昨今、巨大データ処理にWindows機を手配するのは当然の結論です。

今から程一年前、IntelがAMDのCPU「RYZEN」の快進撃に焦りを覚えて慌ててリリースしてきた10コアのCPU「Core i9」でハイスペックPCを作ろうと考え実行にうつしました。筆者は、AdobeのツールとDaVinci Resolveの美味しい処をつまみ食いしながら制作をしています。特にDaVinci Resolveでの作業比率があがっているので、DaVinci Resolveの快適さを追求しました。

今回は、一年ほどアレコレと使ってきた上で、パフォーマンスはどうだったのか、これからマシンを組む、または買い換えを考えている方に向けて、私感たっぷりに使用感をお伝えすることをテーマにして参ります。

スペックは?

「Core i9」は以前のハイエンド「Core i7」と処理能力的には突出していないという話ですが、何せX299という新チップセットのマザーボードを使っておけば、スタンバイしている24コアのCPUが出てきたときに乗り換えが簡単。新規マシン作成にはちょうどいいタイミングでした。

CPU
●Core i9-7900X(3.3GHz/Turbo Boost 4.3GHz/Turbo Boost MAX 4.5GHz/10-core 20-thread/L3 13.75MB/TDP140W)
Intel

CPUクーラー(水冷)
●H100i V2(CW-9060025-WW)
CORSAIR

マザーボード
●PRIME X299-DELUXE
ASUSTeK

ケース
●Fractal Design Define R5 Titanium Grey(FD-CA-DEF-R5-TI)(チタニウム)
Fractal Design

電源
●RM1000x(CP-9020094-JP)
CORSAIR

追加ファン
●MasterFan Pro 140 Air Flow MFY-F4NN-08NMK-J1
Cooler Master

メモリ(64GB)
●W4U2400BMS-16G/W ★CFD Ballistix by Micron Sport DDR4
CFD販売

GPU
GeForce GTX 1080 Ti LIGHTNING X 7月14日発売
MSI

OS
●Windows 10 Pro 64bit 日本語 DSP版 + バルクメモリ
Microsoft

M.2 SSD 2TB分
●MZ-V6E1T0B/IT
SAMSUNG

OSブート用SSD
●ASU800SS-512GT-C
A-DATA

パーツ構成のチョイスについて

■マザーボード

将来の拡張も考えて、PCIバスは多めで、且つフルサイズのボードが入り、最近肥大化しているGPUも難なく複数枚詰めること(通常のPCIバスの厚みを超えて2バスハイトや3バスハイトの厚みを持つものもザラになっているので)を視野に検討しました。このボードは、3バスハイト、2バスハイトを楽々インストールでき、組み合わせ次第で3枚までGPUを積むことができます。ケースもそれに伴って大型のものにしました(笑)。

■CPU

DaVinci Resolveはグレーディングの作業はGPUがアシストしてくれますが、根本的な絵を紐解くデコードはCPU処理と聞いています。よくCPUのコア数も注目されますが、実際はクロックが速い方が快適さは増します。i9の10コアは3.3GHz/Turbo Boost 4.3GHz/ということで、かなり期待ができました。さらに、筆者が選んだボードはゲーム用途に強く、クロックアップが可能です。現状39%のクロックアップがほどこされ、実質的に常時4.0~4.5GHz以上のスピードが出ていることになります。

i9の10コアは、設計的に高温となりグリスバーガー状態になってしまう恐れがあります。グリスバーガーとは、CPUの世代がSandy BridgeからIvy Bridgeへ変わる際に話題になったPCスラングで、CPUダイとヒートスプレッダとの間にハンダを採用せずにグリスを採用したことによって、CPUクーラー、ヒートスプレッダ、CPUダイに挟まれたグリスが高温になることが予想され、マーケットにネガティブな反応が起こりました。このグリス方式を揶揄する形でハンバーガーに例えたアスキーアートが有名になり「グリスバーガー状態」がイディオムになりました。

そこで、筆者は何が何でも水冷として、強力かつ安定的にCPU温度を下げる水冷仕様にこだわりました。エンコード処理やレンダリング時に、初速は速くても熱が上がってくると処理速度が下がってきます。それを水冷にすることで安定したパフォーマンスを手に入れようという狙いでした。

■GPU

こちらも排熱問題考えて、SLI設定や複数GPUよりも、1GPUのハイスペックボードを確保することにしました。TITANはコストに対してパフォーマンスが今ひとつなので、Tiのクロックアップ対応モデルに。

こちらは結局クロックアップしないで使用しています。SLIで1枚のパフォーマンスを上げるのはコストに対してバランスが悪く、かといって2枚差し以上でも、放熱問題でクロックが下がってあまりパフォーマンスが上がらない、という見解をBMDジャパンの方からも伺い、安定に稼働する1枚運用としました。

■データポート

最低限、Thunderboltは欲しいと思います。ある程度の大容量RAIDを接続したいので、速度の安定性と信頼性も求めてThunderboltは必須と考えます。なので、PRIME X299-DELUXE ザーボード専用のThunderbolt3ボードを導入。Thunderbolt2の周辺機器は、AKITIOのTB3←→TB2コンバーターを使用しました。

■RAID

作業領域としてM.2 SSDのRAID 0で2TBは欲しい。DaVinci Resolveでは、最適化メディアやプレビューファイルを作成すれば、かなりの重たいデータでも作業スピードを落とさずに編集作業が出来、最後の最後で元データに戻ってレンダリング、という効率的な作業が行えます。

その最適化メディアやプレビューファイルをマザーボードに直結するM.2 SSDの1TBを2枚差して、それをRAID0にすれば爆速の作業領域が出来るはず。ノンストレスの4K/8K編集&グレーディングも楽々なのでは無いか!?と期待が膨らみます。

さて、パフォーマンスは?

筆者は仕事柄、4K以上のX–AVC、X–AVC S、GH5のALLーI、R3Dの素材を扱うことが多いのです。H.264系は、ファイルサイズは小さくなりますが、15フレーム毎に1フレームずつに展開して処理するので、CPUに負荷がかかります。1フレーム見るのに15回計算しているような感じですね。なので、本来は最適化メディアを作成するのが良いのですが、あえてネイティブファイルのままパフォーマンスをチェックしてみました。

試したのは下記。全てDaVinci Resolve 15β版のパフォーマンスと、

■リアルタイム性能

  • UHD XAVC S 24pマルチカメラに寄る、同時リアルタイム再生出来るストリーム数

■レンダリング性能

  • XAVC S 24Pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にブラー(ガウス)を掛けたタイムラインをYouTube 2160p書き出しプリセットで書き出す時間
  • XAVC S 24Pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にデノイズを最大効果で掛けたタイムラインをYouTube 2160p書き出しプリセットで書き出す時間
  • R3D 8K 30pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にブラー(ガウス)を掛けたタイムラインをYouTube 2160p書き出しプリセットで書き出す時
  • R3D 8K 30pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にデノイズを最大効果で掛けたタイムラインをYouTube 2160p書き出しプリセットで書き出す時間

■作業RAIDのスピード

  • 内臓SSDストレージのスピード

テスト結果

マルチカメラクリップを作って再生能力をチェックしました。

ネイティブフォーマット(4K XAVC S)
4ストリーム ○
5ストリーム ○
6ストリーム ×

最適化したメディア(4K DNxHR HQ)
09ストリーム ○
10ストリーム ○
11ストリーム ○
12ストリーム △(少しだけカクつく時がある)
13ストリーム ×

このテスト結果から、簡単なオフライン編集でしたらネイティブフォーマットのままでも充分使用可能だと分かります。筆者は、最適化メディアを作らないで編集してしまうことが多いです。もちろん、最適化したメディアを作成すれば、全く問題ない快適さですね。

さて、書き出しは、といいますと。

■ブラーテスト

負荷の掛かる代表的なエフェクトであるブラーを掛けて、ほんの少し色調整をした書き出しのテスト。

・XAVC S 24Pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にブラー(ガウス)を掛けたタイムラインをYouTube 2160p書き出しプリセットで書き出す時間
書き出し速度:45fps
結果:32秒

・XAVC S 24Pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にブラー(ガウス)を掛けたタイムラインをDNxHR HQで書き出す時間
書き出し速度:62fps
結果:24秒

・R3D 8K 30pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にブラー(ガウス)を掛けたタイムラインをYouTube 2160p書き出しプリセットで書き出す時間
書き出し速度:13fps
結果:2分18秒

・R3D 8K 30pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にブラー(ガウス)を掛けたタイムラインをDNxHR HQXで書き出す時間
書き出し速度:16fps
結果:2分8秒

個人的には爆速な感覚。YouTubeのコーデックはH.264。H.264は展開して処理して圧縮するため、どうしても時間がかかります。それでも実時間の半分に近い時間で処理できているのは素晴らしい! フレーム内圧縮のDNxHRでは1/3の時間で処理できています。実用性は抜群ですね。

■デノイズテスト

時間軸とフレーム内の両方のデノイズを掛けてみました。実作業で良く求められる徹底したデノイズ処理ですね。

・XAVC S 24Pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にデノイズを最大効果で掛けたタイムラインをYouTube 2160p書き出しプリセットで書き出す時間
書き出し速度:2.5fps
結果:9分25秒

・R3D 8K 30pの素材をUHDサイズの1分尺で、全尺にデノイズを最大効果で掛けたタイムラインをYouTube 2160p書き出しプリセットで書き出す時間
書き出し速度:1fps
結果:22分4秒

これは流石に重いですが、ほかの機材ではもっともっと時間が掛かることを考えるとゾッとしますね。

■CPU使用率

高負荷時でも多少ファンの鳴りが大きくなりますが、ずーっと安定でガシガシとレンダリング。落ちることもなく、安心して放置できました。

ブラーはCPU使用率が100%、GPUは40%ほど。デノイズはCPU使用率が30%、GPUは10%ほど。

デノイズでCPUとGPU共にあまり力を発揮していないのが気になりますが、このことは改めて報告したいと思っています。

■作業域のスピード

・SSDストレージのスピード
R 2485.6MB/s
W 2866.1MB/s

これだけの速度が出れば、大概の作業は滞りなく出来ますね。

総括

実に快適な作業が出来るマシンに仕上がりました。

この一年、マシンパワーを理由にスケジュールが押したことはなく、逆に効率が上がって、よりクリエイティブに時間を掛けることが出来ました。まさに「創造力を加速する」マシンです。1年前で60万円そこそこで組み上がったマシンです。今はもっと安く組めるかもしれません。また、同じような構成のノートパソコンもDELLのAlienWareシリーズでオーダー出来るようです。

これからマシンを構築しようと考えている方の一助になれば幸いです。


WRITER PROFILE

林和哉 映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。


[ Writer : 林和哉 ]
[ DATE : 2018-07-10 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[デジタルシネマの歩き方]Vol.12 大きいことはいいことだ

txt:林和哉 構成:編集部 巨大なお相撲さん「SUMO」 ATOMOS社から巨大なお相撲さんが発売された。日本贔屓の社長さんのネーミングにはいつも楽しませても... 続きを読む

[デジタルシネマの歩き方]Vol.11 速報!GH5の真価を問う

txt:林和哉 構成:編集部 全部入りGH5の機能を試す 随分久しぶりの更新になってしまった。今回デジタルシネマの歩き方としては、いかにもなテーマ「Panasonic ... 続きを読む

[デジタルシネマの歩き方]Vol.10 東映大泉撮影所「MA NEXT」

txt:林和哉 構成:編集部 東映大泉撮影所に新しいコンセプトのMA室が誕生! 2016年初旬、「映画の創られる街・大泉学園」に居を構える東映大泉撮影所に新しい... 続きを読む

[デジタルシネマの歩き方]Vol.09 UltraStudio 4K Extremeについて考える

txt:林和哉 構成:編集部 4Kビューイングの問題 4Kコンテンツが勃興することがほぼ確定な2016年。4Kビューイングの問題は非常に気になる所です。仕上げに関して、筆者... 続きを読む

[デジタルシネマの歩き方]Vol.08 4KのビデオI/Oインターフェースの考察

txt:林和哉 構成:編集部 4K編集に必要なモノ 4K編集のニーズが明らかに高まっていて、対応を謳った機材の発売、それを取り入れた編集室がどんどん立ち上がっています。... 続きを読む

WRITER PROFILE

林和哉 映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 林和哉 > [デジタルシネマの歩き方]Vol.13 速さこそすべて!快適なマシン環境を求めて