PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 松本敦 > [OnGoing Re:View]Vol.42 DJI RONIN-Sレビュー~遊び心と繊細さを兼ね備えた「旅撮影アイテム」の決定版

News

[OnGoing Re:View]Vol.42 DJI RONIN-Sレビュー~遊び心と繊細さを兼ね備えた「旅撮影アイテム」の決定版

2018-07-13 掲載

txt:松本敦 構成:編集部

シングルハンドのエントリージンバルがDJIから登場!

ドローンでおなじみのDJI社からシングルハンドのブラシレスジンバル「Ronin-S」がついに登場しました。DJI社と言えばドローンが一番有名かと思われますが、「ジンバル」がコンシューマー向けに普及したきっかけは記憶にある限りでは2014年に発売されたDJI製の「Ronin」だったと思います。

当時はMoVIが一番メジャーだったものの、価格帯は確か100万円近くで、コンシューマー向けとしてはとても手が出るような価格ではありませんでした。その中で登場した「Ronin」は価格は約3分の1で同等の機能を備えたことで、一気に普及したように思われます。そこからさらにお求めやすい「Ronin-M」が登場し、アップグレード版の「Ronin-MX」「Ronin 2」とラインナップを拡大してきました。

筆者自身も「Ronin-M」を保有して活用していましたが、大勢のクルーの場合は良いのですが、プロジェクト内容によっては一人で動くこともあり、その中でスタンドなどが同梱されているRonin-Mでは撮影効率に支障がある場面もあり、もうちょっと手軽に扱える製品を求めていました。

Ronin-Sはどんな人に向いているのか

「動画制作」のハードルはここ数年で非常に下がってきています。YouTuberという言葉が一般的に定着したように、スマホが一台あれば動画が作れてしまうくらいに一人で出来ることは増えています。以前であれば全て分業だったものが「一人でどれだけ多くのパフォーマンスを発揮できるか」という領域が非常に増えているように感じます。筆者の友人でもバックパックに撮影機材を入れて旅の映像を発信している方がいます。

kei/旅するクリエイター

今回発売になった「Ronin-S」はまさにこのようなスタイルの方にぴったりなのではないでしょうか。DJIオフィシャルでもアップされているこちらの映像もまさに旅での活用方法を提案しています。

CMや映画のような場面ではもちろん専門の機材や分業が必要になりますが、このように旅の映像を一人で撮るような方に非常におすすめの撮影アイテムであると言えるでしょう。

旅映像に必要な機材選び「3つのポイント」

筆者自身もプライベートで旅映像を作ることはありますが、その中でアイテム選びにおいて3つのポイントがあるので紹介いたします。

1.コンパクトさ
旅映像を作る上で一番大事なポイントになります。旅を楽しむ上でも移動が苦痛になってはそもそもの楽しさも半減してしまうので、どれだけ軽く運搬できるのかということが重要です。

2.レスポンスの早さ
旅ではいつどこでいい場面に遭遇するか分かりません。撮りたいと思った場面に出会った時に撮影するまでに時間がかかってしまってはせっかくのシーンを取り逃がすことにもなるので、どれだけ早く撮影までいけるのかということが大事です。

3.撮影のバリエーション
例えばスライダーであれば横に移動するのみになりますが、それだけでは全体の映像としても単調になりがちなので、できれば多くのバリエーションに富んだシーンを撮れる機材を優先してしまいます。

上記3つのポイントが自分なりに選ぶ「旅映像アイテム」の優先順位になります。

江ノ島散策でRonin-Sのポテンシャルを試してみる

今回Ronin-Sを旅映像アイテムとして江ノ島にて半日ほど散策してそのポテンシャルを確かめてきました。

  • 使用カメラ:Panasonic GH5
  • レンズ:メインOlympus 12mm(一部30mm Macro)

外観ならびに大きな特長

■本体の下には3/8と1/4サイズの2種類の穴があり、同梱されているスタンドを装着することができる

このスタンドがあることで自立するこができるのがありがたいです。Ronin-Mの場合ですと、このスタンドが非常に大きく移動が面倒であったのがこれだけでも非常にサイズ的にもありがたいです。さらにスタンドは開閉可能なので、移動中は折りたたんで持つことができます。

■別売りカメラプレートで脱着を容易にするカスタマイズ

バッテリーの交換をするために今回の撮影ではマンフロットの長方形プレートを装着して使用しました。こういう些細な工夫も旅映像では重宝します。

■シンプルながら分かりやすい操作ボタン

操作ボタンは非常にシンプルで、ジョイスティックと録画ボタンそして割り当ての切り替えをするためのボタンのみ。カメラの向きをリセットしたりするためのトリガーは反対側に配置されています。

■ケーブル接続することでジンバルからカメラの操作が可能に

同梱のケーブルをつなぐことで、ジンバル側の録画ボタンでカメラの操作が可能になっている。さらにフォーカスリングとも連動しているので、マニュアルで直感的にフォーカスを合わせることができる。

■アプリでお気に入り設定を保存できる

あらかじめアプリ上でUSER1-3まで事前に設定を割り振ることができます。これは例えばレンズを変えた場合や、歩く時、走る時などに応じて事前に撮りかたを決めている時に設定しておけば現場ですばやく対応できる優れものです。

さらに、いままでなんとなくでバランスを取っていた方も乗せたバランスがあっているかどうかという機能も入っているので自分のセッティングを確認することもできるようになっています。

バランスがずれているとメッセージで出るので、どこのバランスが崩れているのか見ると調整の精度も上がります。

Ronin-Sで広がる撮影の幅

基本的には手ブレ補正のアイテムになるので、追い撮りなどがメインになるかと思いますが、他にも使い方次第では面白いカットが撮れるのでいくつか紹介いたします。

■ミニスタンドを使用しての「ローアングル撮影」

普段見慣れている景色もローアングルで狙うことでまた違う表情を見せてくれることもあります。

■スライダー的使用

通常のスライダーを使用する場合は地面に置くか、三脚に固定して行う場合がほとんどかと思いますが、このようにちょっと高めのところを撮影しようと思うとかなり大がかりになってしまいますが、Ronin-Sであればこのように簡易に撮影も出来るので効率面でも非常に楽です。

■ジョイスティックを活用した回転ショット

ジョイスティックが横、縦、回転と使えるのを活用してこのように回転させながらのカットも撮ることが可能です。これを手動で行うと同じ速度で動かすのが非常に難しいところ、ジョイスティックを使うことで一定の速度で回転させることができるので、ちょっと目を引くショットが撮ることが可能になります。

■一脚を装着して高いところの撮影が可能に

底面にネジ穴があることで、一脚等をつけることが可能なので、このように延長アイテムとして使用することができます。高いところをクレーン的に撮影することが可能になります。ただし、非常に重量が増すために周囲に人がいない時に使用することをおすすめいたします。

■手持ち歩き+タイムラプスの簡易ハイパーラプス

移動しながらのタイムラプスのハイパーラプスですが、本格的に撮影しようと思うと三脚を少しずつ動かしながら長時間かかる撮影になりますが、手持ち撮影で簡易的に撮ることも可能です。

今回はタイムラプスの設定を1秒間隔で少しゆっくりめで歩いて撮影しました。ただ、中心点をずらさらないように歩くことが気をつけるポイントです。

また一応撮影はできますが、撮影したままの素材では多少のガクつきがあるので、今回はAfter EffectsのWarpStabilizer VFXを適用してブレを軽減させる加工をしております。

■アプリと連携で広がる撮影の可能性

Ronin-Sの特長としてアプリとの連携が挙げられます。

このように5種類の撮影方法があって、今回は「Motionlapse」を試してみました。タイムラプス撮影に動きを加える撮影方法になります。

アプリ上で、移動させたい地点を設定します(今回の例ではシンプルに2箇所の移動にしました)。次に間隔を決めて、合計何秒間の素材にするかを設定したらあとは画面下のシャッターボタンを押すと自動で動き始めます。

この自動で動いていく感じはハイテク感があって見ているだけでも楽しいです。通常であればタイムラプス専用にこのような撮影アイテムが売られているくらいのところ、ジンバルにこの機能が搭載されているのは非常にお得感があります。

ちなみに風の強いところで撮影をすると途中でかなりがたついてしまったので、撮影をする際は三脚で固定するか、安定したところでの撮影をおすすめいたします。

■カメラの動きをシミュレーションできる「Track」機能

今回の作例では使用しなかったものの、上記「Motionlapse」と似ていますがこれは動画撮影で使います。

上記写真のように、最大10箇所までカメラの動きを事前に決めることができます。さらに何秒間でその動きを完了するか、というところまで決められるのであらかじめ動きが分かっているようなものを撮影する際には自動で動きをコントロールしてくれるという優れものです。

旅映像アイテムに重要な3つの条件を見事にカバー

「旅映像アイテムに必要な条件」
  1. コンパクトさ
  2. レスポンスの早さ
  3. 撮影のバリエーション

Ronin-Sはこの3つを十分に満たしていました。さらに言うと撮影は半日であったものの、バッテリー残量は3/4以上残っており持続性に関しても全く問題ありませんでした。まさに旅映像にはぴったりのアイテムと言えるでしょう。ただ強いて改善点をあげるとすると、やはりシングルハンド使用なので長時間持っていると腕がかなり疲れます。願わくば追加アイテムで両手持ちのハンドルなどが追加になると、本格撮影をしたい場合の幅も広がるのではないかというこが挙げられます。

また撮影当日は日差しが非常に強かったため、カメラ本体のモニターではかなり見づらい場面が多かったです。その際に別モニターを装着するアイテムなどあればいいのかなと思いましたが、そのような使い方をする人はRonin-Mの方を使えばよく、おそらくRonin-Sは極限までシンプルに削ぎ落としたからこそ、その魅力があるのかもしれません。

あくまでも軽量でシンプルに撮影をしたい人は「Ronin-S」を、もうちょっと本格的に撮影をしたい人は「Ronin-M」以上のスペックを選択すれば間違いはないでしょう。

遊び心と繊細さを兼ね備えた「旅撮影アイテム」の決定版

サイズ的にはシンプルでありながら、フォーカスコントロールやアプリでの撮影な非常に繊細な部分まで作り込まれており、あらゆるシチュエーションで活用することが可能になっています。カメラ一台とこのRonin-Sというシンプルなアイテムであれば旅自体を楽しみながら「よりクリエイティブな映像」が作れる可能性が広がっていくことでしょう。


WRITER PROFILE

松本敦 映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。


[ Writer : 松本敦 ]
[ DATE : 2018-07-13 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.43 Blackmagic Design Micro Converter BiDirectional SDI/HDMI

txt:井上晃 構成:編集部 小さいけれど機能は大きい ブラックマジックデザインは、NAB Show 2018開催前に、興味深い製品を多数発表した。筆者もその中... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.41 性能、見た目、価格すべてよし!「Aston Microphones」

txt:江夏正晃(FILTER KYODAI / marimoRECORDS) 構成:編集 Aston Microphones社からコンデンサーマイク「Spirit」「Ori... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.40 4Kだけじゃない!より深く進化したATEM Television Studio Pro 4K

txt:井上晃 構成:編集部 気になるATEM Television Studio Pro 4Kの実力とは NAB Show 2018を目前にした米国時間の20... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.39 DJI Zenmuse X7シネマカメラレビュー

txt:吉田泰行(株式会社アルマダス) 構成:編集部 DJIから2017年10月にリリースされたデジタルシネマカメラ「Zenmuse X7」。空撮専用カメラとしては初めてSu... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.38 Angenieux MSU-1 EZシリーズレンズ用ユニバーサルシネサーボレビュー

txt:Matthew Allard(NEWSSHOOTER) 構成:編集部 EZ-1/EZ-2の運用をさらに効率化するために AngenieuxのMSU-... 続きを読む

WRITER PROFILE

松本敦 映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 松本敦 > [OnGoing Re:View]Vol.42 DJI RONIN-Sレビュー~遊び心と繊細さを兼ね備えた「旅撮影アイテム」の決定版