PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.07 Blackmagic eGPUでラップトップはデスクトップの夢を見れるか?

News

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.07 Blackmagic eGPUでラップトップはデスクトップの夢を見れるか?

2018-07-17 掲載

txt:鈴木佑介 構成:編集部

ブラックマジックデザインからeGPUが登場!eGPUって何?

7月13日、突如発表されたBlackmagic Design社の「Blackmagic eGPU」。さらに同時にAppleからMacBook Proの新型が発表された。

何よりも驚いたのはBlackmagic eGPUが公式にMacBook Proのページに掲載されApple Store限定で販売が開始されたことだ。

MacOS Sierra10.13.4で正式に外部GPUのサポートを発表したのはこれの布石だったのか、と驚いた人も多いのではないだろうか。AppleとBlackmagic Designの正式コラボ。プロダクトデザイン的にもマッチする両者のタッグは筆者にとっても嬉しく、興奮している。

eGPUを聞きなれない人もいるかもしれないがexternal GPU。そのまま外付けのGPUである。知っている人も多いと思うが、GPUとは「Graphic Processing Unit」コンピューターにおいて画像処理を専門に担当するもので、CPUとは「Central Processing Unit」コンピューター全体を制御、処理するものである。

CPUが高ければ、PCを快適に動かすことができ、GPUの能力が高ければ3Dグラフィックスのような高度な映像の処理も含め高画質な映像・画像を速く、美しく動かすことができるわけだ。編集ソフトによって、CPU・GPUの能力の高さが影響するのは編集ソフトにもよるが言わずもがな、映像を処理する編集作業においてGPUは大切なものである。

アップデートされたMacBook Proはデザインは以前のものを踏襲し、カスタマイズすることでCPUは6コア。メモリは32GB。ストレージは最大4TBと中身の大幅パワーアップを選択できるモデルだ。やっとMacのラップトップでも32GBのメモリが搭載できるようになった。

さて、Macを使っている人ならご存知だと思うが、基本的にMacはWindowsのようにグラフィックボード・ビデオカードを自由に交換・強化することはできない仕様になっている。購入時に選択できるGPUを最大のもので構成するしかない。ラップトップはもちろんのこと、ひと昔前のタワー型のMacProから、ゴミ箱型のMacPro 2013モデルへモデルチェンジして以降、「Pro」を冠するMacで、ユーザーが自由にGPUを己でカスタマイズできるものは無くなってしまったのだ。

映像編集において大事なGPUをMacの買い替え時にしか強化できない事がだんだんとネックになり、誰が作ったのか、思いついたのは分からないが、「外付けハードディスクみたいに外付けGPU作っちゃえばいいじゃない」という事でそこで「eGPU」が登場したわけである。結構前からeGPUはいくつか出ており、使っている人も何人か周りにはいたが、話を聞くと「不安定」「さほど効果を感じない」など、使用状況にはよるだろうが、さほど良い効果を耳にしたことはなかった。

強力なGPUを選択できるWindowsマシンに比べ、やはりMacのGPUは貧弱なものが多いのは正直な所で、だったらWindowsにすれば良い、という意見が出るが、そこはやはりMacユーザー。「不便でも可愛いから使いたい」というのが必ず心の底にあるわけで、筆者を始め、なかなかWindowsへ移行できない人が多い。

そんな中、よもやAppleからオフィシャルでのeGPUの発表。特にDaVinci Resolveはとにかく「GPUが命」。実際どれくらい作業スピードに変化をもたらすのか、そしてはたまたMacBook Pro以外でも使えるのか、2時間ほどだが、テストする時間を頂いたのでいくつかの簡単な実験をしてみた。

Impression of Blackmagic eGPU

オフィシャルでも出ている情報だが、Blackmagic eGPUはRadeon Pro 580(8GBのビデオメモリ)というグラフィックプロセッサーを搭載している。現行のiMac 5Kで選べる最上位のGPUだ。iMac ProはRadeon Pro Vega64(16GBのビデオメモリ)よりは下位のものになるが、ラップトップがiMac 5Kと同じくらいの性能に変わるのであれば、それはとても魅力的だ。

まずはプロダクトの印象から。一言、美しい。さすがBlackmagic Designと言ったところか。なによりMacのスペースグレーとほぼ同じカラーリングでMacBook Proとの一体感が素晴らしい。横に並べていて違和感が無い。大きさは第一印象として「でかい」しかし「軽い」。Mac Pro(Late 2013)(通称ゴミ箱)と同じくらいのサイズ感とイメージしてもらえると良いだろう。接地面と本体は浮いており、下から吸気して、上部の排気口へ通し熱を逃がす。ちなみにファンはものすごく静かだ。そうか、この大きさは静音性を保つための冷却するデザインなのだ、と納得した。

背面には2つのThunderbolt 3、4つのUSBハブ、4Kまでのモニタリングに対応したHDMI2.0があり、電源ケーブルを刺して使用する。優れている所としてはeGPUからMacBook Proへの給電、充電が可能なため、従来のMacBook Proの電源ケーブルは不要になる。電源ケーブルは出先用にカバンに入れ、外でMacBook Proを使って、デスクへ戻ってきたら、eGPUと外部ディスプレイへ接続。じっくりと作業ができるデスクトップへとラップトップが早変わりする。

そうしたワークステーションの提案が即座に感じられた(もちろんeGPUを出先へ持ち出すのも可能だが)。電源ケーブルとThunderbolt 3ケーブルは付属している。これでUSDで699、日本円で税別89.800円とのこと。

付属してくるThunderbolt 3のケーブルは30cmくらいで短めだ。なんでも、帯域の問題でこれ以上の長さになると速度が落ちてしまうようなので注意が必要とのこと。余談だがBlackmagic Designの製品で電源ケーブルが付属してくるのはとても珍しい気がする。なんにせよこれは嬉しい。

TEST:MacBook Pro 2016/2017 + Blackmagic eGPU

まずは素直にMacBook Proと接続テストをしてみる。使用したのはMacBook Pro 2016・2017モデル2種類だ。違いは前者が「Radeon 460」2017年モデルが「Radeon 560」というGPUを搭載している。ビデオメモリは同じく4GBなので純粋にグラフィックプロセッサーの差がわかるだろう。

ひとつ注意点として、Blackmagic eGPUはThunderbolt 3接続が条件となっている。Thunderbolt 2からの変換などでは動作はしないようだ。そうなってくるとThunderbolt 3を搭載した2016年以降のTouch bar付きMacBook ProやiMac類が動作対象となってくる。「これがあれば自分の古いMacBook Proがパワーアップできる!」と思っている人は注意が必要だ。

SonyのFS7で撮った4K60pのXAVC-Iの素材を4K30pのシーケンスで編集したデータでテストをしてみた。カラーページにて、アンミックスモード(ディゾルブなどを無視する)で普通に内蔵GPUで再生時のフレームレートが14fpsだったものをこれをeGPU(GPU:Radeon 580)に切り替えて再生してみる。

GPUの切り替えはDaVinci Resolveの「環境設定」の中の「ハードウェア構成」で設定を行う。GPU処理モードを「Metal」にGPUの選択モードを「手動」にし表示されているGPU名の左にあるチェックボックスで選択して「保存」する任意のGPUを選択後、DaVinciを再起動して適用される。

※ちなみにGPUの選択モードは「AUTO」だと高速を優先選択してくれるので基本AUTOでも大丈夫そうだ。

eGPUで再生すると22fpsの速度で再生ができた。他のカットも再生確認してみたが割合としては平均6割増しで速くなる印象だ。

 suzuki_05_X-H1_1024.jpg内蔵GPUが稼働(再生フレームレートは14fps)
※画像をクリックすると拡大します
 suzuki_05_X-H1_1015.jpgeGPUが稼働(再生フレームレートは22fps)
※画像をクリックすると拡大します

ちなみにRadeon 460を内蔵するMacBook Pro 2016だとeGPUを使った時の体感が1.5~2倍程度とRadeon 560のMacBook Pro 2017よりも、さらに速度の増強が感じられた。性能的にRadeon580よりも低いGPUを搭載しているMacこそこのeGPUの恩恵を受ける印象だ。

このほかにも、再生時に特に負荷がかかるノイズリダクションを使用しているカットでMacBook Pro2017(GPU:Radeon 560)で再生フレームレートが2fpsの箇所がある。それをeGPU(Radeon 580)に変更し、同じカットを再生した所、倍の4fpsで再生できた。ものすごく速くなった、とは感じないかもしれないが、間違いなく効果はあることがわかった。

またDaVinci Resolve Studio(有償版)は複数枚のグラフィックカードに対応しているので、使用するGPUを複数選択ができる。筆者も初めてのeGPU体験なので、シンプルにeGPUを足せば内蔵のGPU(ビデオメモリ4GB)とeGPU(ビデオメモリ8GB)を両方使えるものだと思ったのだが、複数枚使用した際は「弱い方に引っ張られる」とのことで内蔵のGPUを使う事になってしまう。

要するに「4+8=12のビデオメモリとして使える」わけではない、と覚えておいた方がいいだろう。デュアルで使用するならば同じ容量のビデオメモリであれば使用できるようだ。MacBook Proで使用する場合、同じBlackmagic eGPUをもう一台増やせば単純にデュアルで使用できる。やる人は少ないだろうが、4台繋げばかなりの速度になることが予測できる。

現状Mac環境で内蔵GPUとのデュアルGPU環境を実現できそうなのが、iMac5Kの最上位モデルだ。eGPUと同じRadeon580(8GBのビデオメモリ)が搭載されているので、デュアルGPUが試せるだろうと推測。実際に試せてはいないので、所持している方は是非チェックしてみてほしい。

iMac ProでeGPUは効果あるの?

iMac Proと並べると最高にマッチするのだけども…

「iMac Pro にBlackmagic eGPUはどうなのか?」きっと筆者以外にも関心がある人が多いと思う。結論から言うと、筆者の所持しているiMac Pro(Radeon Pro Vega 64 16GBビデオメモリ)の場合、やはり内蔵の方が高速。iMac Proでは効果が無いことが分かった。

デュアルGPUについても前述ですが「性能が低い方のGPUに引っ張られる」ということで筆者のiMac Proではアウト。ひょっとしたらiMac ProでもRadeon Pro Vega 56 8GBビデオメモリを持っている方であればRadeon580と同じビデオメモリなので、同じGPUでなくてもひょっとしたら実現可能かもしれない。これは定かでは無いのでテストされた方、教えていただければ幸いだ。

Blackmagic eGPUは誰のもの?

結局eGPUを導入するのに最適なのは誰か?やはりMacBook Proユーザーであろう。

touch bar付きのMacBook Proを自宅やデスクでモニターに繋げ、デスクトップとして使用されている方に最適だ。MacBook ProがこのeGPUと接続することで、iMac Proには及ばないがiMac 5Kと同等のGPUを得ることができる上、Macの充電ができ、USBのHubにもなる。ラップトップをメインマシンにしている方にとっては最強の援軍なのではないか?特にThundebolt 3が搭載されてさえいれば、最下位構成のMacBook Pro 13inciなどは、約10万円弱の投資でかなりのパワーアップが図れるだろう。

惜しむらくは触れる時間に限りがあったので、FCPXや他の環境でのテストができなかった事だ。これはまた別の機会に。なんでも初期ロットは完売したようだ。そこからも世界中での注目度が高い事がわかる。

なんにせよ、GPU命のDaVinci ResolveがMac環境で使いやすくなるのは素晴らしい事だ。さらにわかった事があれば追記していきたいと思う。


WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


[ Writer : 鈴木佑介 ]
[ DATE : 2018-07-17 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.06 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KがもたらすRAW動画元年~収録メディアと編集ストレージ環境を考える~

txt:鈴木佑介 構成:編集部 映像制作はストレージ環境から整える 当たり前のように4K動画が撮影&編集できるようになった昨今、映像制作を行う上での根幹を支えるのが... 続きを読む

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.05 ヴェールを脱いだFUJIFILM X-H1〜最速レビュー

txt:鈴木佑介 構成:編集部 一眼動画にFUJIFILMというダークホース 一眼動画のマーケットにFUJIFILMという選択肢は全く無かった。大事なことだから... 続きを読む

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.04 MAどうする?どうしている?~「おまかせMA」という選択

txt:鈴木佑介 構成:編集部 「Back to Basics」 本コラムでも触れているが、一眼動画によってもたらされた映像制作者人口の増加と機材の進化と共に、求められ... 続きを読む

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.03 「メイク」する映像の必修科目~DaVinci Resolve 14とMicro&Mini Panel~

txt:鈴木佑介 構成:編集部 これからの潮流になるであろうDaVinci Resolveと直感的な操作ができるMicro Panel/Mini Panel ここ最近の... 続きを読む

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.02 Sony α9で実現する「古き良き”新しい”映像表現」

txt:鈴木佑介 構成:編集部 α9を動画軸で読み解く パっと見、α7シリーズと変わらない大きさ ソニーからα9が登場し、約1ヶ月が過ぎた。ハイエンドのフルサ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.07 Blackmagic eGPUでラップトップはデスクトップの夢を見れるか?