PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.95 SIGGRAPH 2018の見どころ

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.95 SIGGRAPH 2018の見どころ

2018-08-03 掲載

今年はバンクーバーでの開催。写真はバンクーバーの観光名所として知られるガスタウンの蒸気時計
txt:鍋潤太郎 構成:編集部

はじめに

夏である。夏と言えばSIGGRAPHである。SIGGRAPH 2018は、カナダ・バンクーバーのダウンタウンにて、8月12日~8月16日の5日間開催予定である。

今回も恒例のSIGGRAPH 2018見どころを予習してみる事にしよう。渡航前、スケジュールを検討する際にご活用頂ければと思う。

※このコラムで紹介されている内容は7月後半の情報です。開催内容、時刻や会場のホール等が予告なく変更される事も予想されます。最新情報は、SIGGRAPH 2018公式サイト最新のアドバンス・プログラムをご参照ください

SIGGRAPHって何?

まずは「SIGGRAPH(シーグラフ)」をよくご存知ない方の為に、SIGGRAPHとは何か?を簡単にご紹介しておこう。SIGGRAPHは、毎年夏にアメリカで開催される、コンピュータ・グラフィックス分野の世界最大級の国際コンベンションである。正確には国際学会および展示会なのだが、連日映像作品の上映やVFXメイキング講演、ユーザー・イベント、パーティー等が開催される事もあり、その楽しさや華やかさから「祭典」的な存在としても知られている。

国際学会の性質にふさわしく、大学の研究者や、ハリウッドのVFX現場で開発された最新技術の論文発表も行われ、ここで公開された論文が、最新ハリウッド映画やゲームの技術に応用される事例も少なくない。アメリカのCG・VFX界では「情報共有」の考え方が浸透しており、こういった最新技術を惜しげもなく公開し、みんなでシェアしていこうという姿勢が見られる。その姿勢はオープンソース等に代表される業界標準化にも通じるものがある。

SIGGRAPHの歴史は古く、第1回は1974年にコロラド州の都市ボルダーで、参加者わずか600人で開催された。参加者数及び出展者数のピークは1997年のロサンゼルス開催で、参加者48,700人に出展者539。それからは徐々に規模が小さくなり、ここ数年は参加者14,000人前後、出展者数150前後を推移している。昨年のロサンゼルスは参加者16,500人とやや改善したものの、近年の開催規模は残念ながら最盛期の3分の1程度に縮小してしまっている。しかし、CGの最先端技術の論文発表や、VFX作品のメイキング講演、エレトリック・シアターに代表される映像作品の上映など、まだまだ魅力は満載である。

SIGGRAPHは、毎年開催地を変えて実施され、過去にはボストン、シカゴ、フロリダ、ダラス、そしてラスベガス等の全米各都市で開催された事もあった。しかし近年は規模縮小の影響もあってか、CG&VFXが盛んなロサンゼルス近郊やカナダのバンクーバー等で開催される事が多い。そんな中、来る2020年には初めてワシントンD.C.での開催が計画されているそうで、久しぶりの東海岸での開催が楽しみである。

SIGGRAPHでは「この場に来ないと見れない、門外不出の映像」が公開される事も少なくなく、著作権の関係でオンライン等では公開されていない極秘映像の数々を見る事が出来る。また、SIGGRAPHの場で憧れの著名人に出会えたり、実際にVFXを制作した著名VFXスタジオのスーパーバイザー等によるメイキング講演が生で聴講出来るのは、大変貴重な経験となるだろう。

バンクーバー国際空港から、ダウンタウンへの移動手段は

SIGGRAPH 2018の会場となる、バンクーバー・コンベンションセンター(SIGGRAPH2011にて筆者撮影)

会場のコンベンションセンターはバンクーバーのダウンタウンにあり、多くの方はダウンタウン近郊のホテルに宿泊される事と思われる。バンクーバー国際空港(YVR)からダウンタウンへの移動はいくつか方法があるが、信頼できる消息筋によれば、スカイトレイン(SkyTrain)と呼ばれる電車を利用するのが便利だという。ダウンタウンまで9ドルほど、25分程度で乗り換え無しで移動が出来る。

詳細はこちら。荷物が多い方、観光も含めいろいろ車で巡りたい方は、レンタカーを借りるのも楽しいだろう。

チケット&レジストレーション

SIGGRPAH2018のチケット&レジストレーション情報はコチラから見る事が出来る。最もリーズナブルに視察しようと思えば、機器展だけ(Exhibits Only)に入場出来るチケットは50ドルから。視察目的によって様々な種類のチケットがあり、最も高いBusiness Symposium & Full Conference Platinumのチケットは、非会員&7月20日のディスカウント期限以降だと2,500ドル(高い!)。

※学割も用意されているので、学生のみなさんは要チェックである 昨年から、レジストレーション・バッジにID写真が入るようになった。これは、他人のバッジで入場する事を防ぐ目的があるらしい。その関係で、友人のバッチを借りたり、職場の同僚とバッチを使い回したりする事が出来なくなったので、ご注意。オンライン・レジストレーションの際にはJPEG画像が必要なので、上記リンクをチェックしてほしい ※チケットの購入は事前にオンラインでも可能だが、現地に行ってから窓口で購入する事も出来る

アドバンス・プログラムとアプリを入手しよう

SIGGRAPH 2018のアドバンス・プログラムのPDFが公式サイトから閲覧&ダウンロード出来る。

アドバンス・プログラム

まずはこれをゲットして、全体像を把握しておくと、行動予定が立てやすくなる事だろう。アドバンス・プログラムは、スケジュールが時系列で掲載されているので大変判り易く、使い勝手も良い。内容は定期的に更新されているので、既にダウンロードした方も、ご出発前に最新のPDFファイルに更新しておくと良いだろう。また、スマホ用アプリも用意されているので、こちらも便利である。

チケットの種類によってアクセスに制限がある

SIGGRAPHにはさまざまなイベントや講演があるが、チケットのカテゴリーによっては入場出来ないものあるので、注意が必要である。

チケット(レジストレーションのカテゴリー)は下記の6種類がある。

フル・コンファレンス・プラチナ 売り切れ/SOLD OUT
フル・コンファレンス
セレクト・コンファレンス
エキシビット・プラス
エキシビット・オンリー
ビジネス・シンポジウム(新設。週末限定+オプション付)

アドバンス・プログラムを見ると、各イベントに入場可能なチケットが、上記のような色のドットで識別されている。例えば、ハリウッド映画のVFXメイキング講演等が見れるプロダクション・セッションは、

Production Sessions

のように記載されており、「セレクト・コンファレンス」以上のチケットでないと入場出来ないようになっている。事前にアドバンス・プログラムを確認した上で、購入するチケットを決めると良いだろう。

今年の見どころ

さて、今年で開催45周年を迎えるSIGGRAPH 2018だが、今年はどんな見どころがあるのだろうか?ひとくちに「見どころ」と言っても、参加される方の専門職種によって着目点が異なると思うが、ここではVFXアーティストの諸兄が興味を持ちそうな分野を、筆者の独断と偏見に基づき、ピックアップしてみた。


■基調講演

SIGGRPAH2018の基調講演は、ILM(インダストリアル・ライト&マジック/本社:サンフランシスコ)のシニア・バイス・プレジデントに5月に就任したばかりのロブ・ブレドー氏が予定されている。ILMxLABにおける最新VRテクノロジー、ILMにおけるVFXワークフロー、話題の映画作品にまつわる話など、興味深く幅広い内容のスピーチが行われる事が期待されている。基調講演を聴講するには、「ビジネス・シンポジウム」「セレクト・カンファレンス」「フル・カンファレンス・プラチナ」「フルカンファレンス」のカテゴリでのレジストレーションが必須となる。

Keynote Sessions
Monday, 13 August, 2-3:15 PM
会場:West Building, Ballroom AB


■機器展(Exhibition)
機器展を一回りするだけで、今年のトレンドが把握出来る(SIGGRAPH 2017にて筆者撮影)

Exhibition全カテゴリーのチケットが対象

会期中の火水木の3日間に渡って行われるのが、機器展。これにあわせて月曜に現地到着のスケジュールを組む方も多いようだ。

ここでは、さまざまCG/VFX関連のソフト&ハードの最新動向を見る事が出来る。会期中に一回りするだけで、今年のトレンド、各分野の勢い、そして大人の事情などが一通り把握出来る場でもある。2D&3Dアプリケーションの各ベンターが構えるブースでは、最新バージョンのデモや、ユーザー事例のプレゼンテーションなども行われる。人気アプリケーションのTシャツやバッジ、ノベルティ・グッズなどをゲットするのも楽しみの1つだ。今年は、昨年の出展社数150より多い、158社以上が出展予定という。ちょっと楽しみである。


■エレクトリック・シアター
SIGGRAPH2011(バンクーバー)のエレクトリック・シアター会場

SIGGRAPHの数あるイベントの中で、VFX屋にとって絶対に外せないのが、このエレクトリック・シアターである。著作権の関係でネット上では公開されないような映像も多数含まれ、まさに必見である。昨年までは夜の2回のみの開催だったが、今年はVFX関係者が多く参加する事を見込んでいるのか、月・火・水の夜3回が実施されるようだ。良い傾向である♪

セレクト・コンファレンス以下のカテゴリーのチケットは、別売りチケットを購入すれば鑑賞可能である。

Electronic Theater
Monday 13 August 6:00 PM-8:00 PM
Tuesday14 August 9:00 PM-11:00 PM
Wednesday 15 August 8:00 PM-10:00 PM
チケット:40ドル(但しフルコンファレンス以上には、このチケットが含まれている)
会場:West Building, Ballroom AB

※日によって開始時刻が異なるので、ご注意を
※火曜だけ遅い時間帯なので、この夜に呑み会やパーティー参加を予定されている方はご注意(重要)
※コンピューター・アニメーション・フェスティバルの一環として、VRシアターも連日開催予定である

■Virtual, Augmented and Mixed Reality – Immersive Pavilion
昨年も大好評だったVRビレッジ(SIGGRAPH2017にて筆者撮影)

2016年から始まったVRビレッジは昨年も好評だったが、SIGGRPH 2018では、これを更に発展させた展示を開催するという。これは、バーチャルリアリティ(VR)、拡張現実感(AR)と複合現実感(MR)の最先端情報を垣間見る為の「全く新しい、没入型パビリオン(Immersive Pavilion)」という形で、

(1)ゲームを体感出来るVrcade

(2)規模の大きな展示を行うVillage

(3)コンピュータ・アニメーション・フェスティバルの一環でもあるVRシアター

の3つで構成される予定だという。場所はEast Buildingの Exhibit Hall Aで、日曜から木曜まで、連日開催される。

入場可能なチケット:全てのカテゴリ

詳細はコチラ

Sunday, 12 August,1:30-5:30 PM
Monday, 13 August,10 am-5:30 PM
Tuesday, 14 August,10 am-5:30 PM
Wednesday, 15 August,10 am-5:30 PM
Thursday, 16 August,10 am-3:30 PM

会場:East Building, Exhibit Hall A


■トークス

各分野の舞台裏やアイデアを披露する「トークス」も、VFX関連の面白いプレゼンテーションが聴講出来る。下記はその一例だが、今年もかなり盛りだくさんである。

Talks

詳細はコチラ

Skinny & Flexible
Time:Tuesday, 14 August 201810:45am – 12:15PM
会場:West Building, Room 301-305

-Robust Skin Simulation in ‘Incredibles 2’
-Mobilizing Mocap, Motion Blending, and Mayhem: Rig Interoperability for Crowd Simulation on ‘Incredibles 2’
-Bringing Skeletons To Life for Coco
-Blow it Up Real Good

Time:Thursday, 16 August 20183:45PM – 5:15PM

Location:West Building, Room 211-214, Vancouver Convention Centre

-‘Star Wars: The Last Jedi’ − Effects Simulation
-A Collocated Spatially Adaptive Approach to Smoke Simulation in Bifrost
-‘Rampage’: A Pipelined Approach to Managing Large-Scale Character-Driven Effects
-SimpleBullet: Collaborating on a Modular Destruction Toolkit


■プロダクション・セッション
ハリウッド映画のVFXメイキング講演等が見れるProduction Sessionsは、オススメ(SIGGRAPH 2017でのProduction Sessionsにて筆者撮影)

ここでは、最先端技術をプロダクションに応用したプレゼンテーションが行われ、毎年かなり見応えのあるメイキング講演が聴講でき、まさにVFX屋必見である。下記はその中からおもしろそうなものを抜粋。

詳細はコチラ

プロダクション・セッションは、セレクト・コンファレンス以上のカテゴリーが対象だが、例外として12日の日曜日に、全カテゴリーのチケットを対象とした、「ジュラシック・パーク」25周年を記念し、元ILMで「アビス」「マスク」「ターミネーター2」等を担当したパイオニア、スティーブ・ウィリアムズ氏をゲストに迎えての特別試写が行われる。興味のある方は要チェック!である。

Production Sessions:“Jurassic Park”25th Anniversary Screening(with Steve “Spaz” Williams Introduction)
Sunday, 12 August, 8:45-11:15 PM
会場:West Building, Ballroom AB

下記は、セレクト・コンファレンス以上が対象の通常プログラムから、面白ろそうなものを抜粋。

今年は、「ブレードランナー2049」「ゲーム・オブ・スローンズ」「インクレディブル・ファミリー」「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のメイキング講演に加え、「シュガー・ラッシュ2」、Laikaの新作「Missing Link」などの未公開作品の極秘映像なども公開される予定。

Production Sessions

LAIKA’s “Missing Link”: Raising the VFX Bar
Tuesday, 14 August, 3:45-5:15PM

Three Keys to Creating the World of“Ready Player One”
Wednesday, 15 August, 10:45AM-12:15PM

“The Incredibles 2”: Suit Up, It Might Get Weird!
Wednesday, 15 August, 2-3:30 PM

Generations of Houdini in Film
Wednesday, 15 August, 3:45-5:15 PM
Industrial Light & Magic
Double Negative
Walt Disney Animation Studios
Framestore

Making the Kessel Run in Less Than 12 Parsecs – The VFX of“Solo: A Star Wars Story”
Thursday, 16 August, 2-3:30 PM

The Making of Marvel Studios’“Avengers: Infinity War”
Thursday, 16 August, 3:45-5:15 PM

ジョブ・フェア

海外でのポジションを探すなら、ジョブ・フェア(SIGGRAPH 2017にて筆者撮影)

SIGGRAPHでの就活やジョブ・リサーチを予定しておられる方は、是非こちらへ。リクルーターやスーパーバイザーとコネクションを作れるチャンスの場でもある。ここでは、www.creativeHeads.netの求人板を通じて、SIGGRAPH開催前、そして終了後も求人中の各社とコネクションを築く事が可能となっている。事前に書籍「ハリウッドVFX業界就職の手引き」を読んで海外就活の予習しておく事をお忘れずに!

JOB FAIR(全カテゴリのチケットが対象)

会場:機器展会場内

Tuesday, 14 August, 9:30am-6:00PM
Wednesday, 15 August, 9:30am-6:00PM

おまけ

(1)シーグラフ以外の見どころ

過去の本欄で筆者がご紹介した「SIGGRAPH“以外”の意外な見どころ~バンクーバー編~」では、バンクーバーでのSIGGRAPH以外の楽しい情報を、そこはかとなく書き綴っている。4年前の記事ではあるが、ご参考になる事と思う。

(2)期間中、現地での個人セッションをご希望の方は、ご連絡を!

筆者はSIGGRAPH 2018期間中、現地にて視察&取材予定である。海外VFX就職のご質問やご相談、海外のVFX業界の最新動向等についてお話を聴いてみたい個人or企業の方を対象に、アポイントメント・ベースでのセッションを、空きスケジュールを利用してお受けする予定である。ご希望の方は、nabejuntaro@gmail.comまで。

おわりに

SIGGRAPH 2018の参加を予定している、そこアナタ。念の為に、今すぐパスポートの有効期限をチェック!←コレ、意外と落とし穴である。、筆者の周囲でもパスポートの有効期限切れに気づかず、海外旅行を断念されたケースをチラホラお見掛けしている。

皆さん、「家に帰って、玄関の鍵を開けるまでが、SIGGRAPH」です。どうか安全で快適な旅を。それでは、SIGGRAPHで!


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2018-08-03 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.97 芸術の秋 ジョン・ウィリアムズ:40th Anniversary Celebration!映画音楽コンサート

txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに カナダが実施するタックス・クレジット(補助金制度)の影響で、VFX関連のスタジオや人材はカナダへ流動してしまい、ロサンゼルス... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.96 SIGGRAPH2018 エレクトロニック・シアターレポート

SIGGRAPH2018はカナダのバンクーバーでの開催。街のお店で見つけた、カナダらしい光景から txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 我々VFX関係者がSIGG... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.94 ILM リードモデラー成田昌隆氏に聞く、ミレニアム・ファルコン号こだわりのモデリングとは

© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. txt:鍋潤太郎 取材協力:Lucasfilm Ltd. 構成:編集部 ▶E... 続きを読む

[Juntaro Nabe’s Hollywood VFX Report]Vol.94 How Masa Narita/ILM Lead Modeler modeled high detailed Millennium Falcon for Solo: A Star Wars Story

© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. By Juntaro Nabe ▶日本語版はこちら ――I believe... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.93 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」公開の3日前から並んだ人々

ハリウッドのTCLチャイニーズ・シアター(筆者撮影) txt:鍋潤太郎 構成:編集部 取材協力&Special Thanks:Ric Peralta - PR/Media Li... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.95 SIGGRAPH 2018の見どころ