PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 曽我浩太郎 > [Future of Storytelling]Vol.04 世界が求めるクロスボーダーカルチャーを作るコンテンツの3タイプ

News

[Future of Storytelling]Vol.04 世界が求めるクロスボーダーカルチャーを作るコンテンツの3タイプ

2018-08-17 掲載

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部

“Globally Connected:世界的なつながり”とは

各国のNetflixオリジナルコンテンツを見るのが日課になって随分と時間が経った。フィクション・ノンフィクションにかかわらず、国や地域、年齢や人種、性差や価値観を超えて楽しめる作品が多いのには驚く。リアルな学びが欲しいならば、今や本を読むより、旅に出るより、Netflixを見ながらハッシュタグを追いかけ世界各国の反応を見たりする時間を作ってみるのも良さそうだ…なんて、ふと思ったりすることさえある。

SXSWのレポートでも書いた通り、今世界の関心ごとは“Globally Connected:世界的なつながり”にある。そこで言う“世界”とはもちろん“国を超えて”という意味ではあるが、私はこれを“境界を超えて”と解釈している。もちろんそのつながりを担うのはテクノロジーだけではなくコンテンツだ。

ということで、今回は境界を超える“クロスボーダーカルチャー”を作りあげているコンテンツを3タイプの語りのフォーマットに分けて紹介していきたい。

Type01:“自分語り”で、フィクションとノンフィクションの境界をなくす

当事者達が強く自分語りをしてエンタメ化する

Netflixの中でも、私が特にここ数ヶ月間ハマっているのが、スタンドアップコメディだ。インド系移民二世のスタンドアップコメディアンであるアジズ・アンサリは、移民二世/ミレミアル世代である彼が体験した家族との衝突や恋愛のいざこざ、食生活などをネタに、人種差別や世代間のギャップを笑いに変え、社会に対してユニークな語りで投げかける大人気のコメディアン。彼らの作品が翻訳付きで見れるなんて、なんたる良い時代かと思う。

アジズが監督・主演を務めたNetflixドラマ「Master of None(邦題:マスターオブゼロ)」は、2017年にエミー賞も受賞し話題を呼んだのでご存知の方も多いだろう。多くのミレニアル世代が抱えているであろう“本当にこの人と結婚してもいいのだろうか?”という悩みや、出会い系サイトで出会った人との距離の縮め方など、アジズのコメディのネタにもなっているような実体験に基づいたかのように作られたエピソードを、日常シーンの中で描いていくほのぼのコメディ作品だ。

Netflixではシーズン2まで配信。主演のアジズがスキャンダルに巻き込まれたが、シーズン3の制作はNetflix的にはウェルカムとのことで期待が高まる

特に、エミー賞を受賞したシーズン2「THANKSGIVING(アメリカの感謝祭)」の回は傑作だ。脚本に助演のリナ・ウェイスが協力し、自らのセクシャリティがレズビアンであることを家族にカミングアウトするが最初はうまくいかず、それを毎年THANKSGIVINGのホームパーティで家族と分かち合っていく20年間のストーリーが、ゆったりとしたテンポで展開されていく。エミー賞の授賞式では“これは私自身の物語”とリナが話しているように、このエピソードは彼女の実体験に基づいて作られている。

エミー賞を受賞した「THANKSGIVING」でのカミングアウトシーン

従来からの固定化した価値観と葛藤するマイノリティの日常のワンシーンは、差別や偏見への理解を促し「世界をよりよくしている」ものだし、テクノロジーでは変えられない分野で、これからもっと伸びて欲しい分野だと私は考えている。

Type02:“その道のプロでも知らない世界”から、文化を丁寧に・深く描く

専門性を持つ者が知らない学びを共有する

次に、一風変わった料理番組をご紹介しよう。料理番組というと、ミシュランレストランのシェフの1日を追うようなドキュメンタリーや、旅をしながら各国の料理を楽しむ番組、シェフ同士の対決バラエティなど様々なあるが、Netflixオリジナルの「アグリー・デリシャス」は、食と文化をユニークに取り上げるドラマシリーズだ。

ニューヨークの人気ラーメン店Momofukuシェフ兼オーナーのデヴィット・チャンが自らプロデューサーを務めており、彼自身が世界各国の料理をとりまく価値観や文化を徹底的に探求していく。

例えば同じ“ピザ”でも、伝統的な薄生地ナポリピザと、ジャンクな厚みのある厚いシカゴピザでは考え方もスタイルも全く違う。また、その2つのカテゴリにも属さないピザを作るシェフに対してデヴィットがヒアリングをして、価値観の違いや、新しく生まれている文化について深く掘り下げていく。視聴後には、ただ単に「美味しそう~」と思うだけでなく、その食材や地域、文化に対した固定概念が崩されたり、今まで見えていなかった視点が得られるのが非常に面白いポイントだ。

SXSWでも愛されているやんちゃなデヴィッドがともかく食べまくって語りまくる

デヴィッドは自身も韓国二世の米国人。韓国二世だからこそできる、アジア料理でもなく西洋料理でもない、新たなジャンルを作ろうというヴィジョンを彼は持っている。そんな彼が、各国のシェフからインスパイアされる感覚が視聴者にも伝わってくる。同じ専門性を持つ者同士が、その専門性に留まらずに広い範囲で価値観を掘り下げることで、料理に興味がない人でも楽しめるコンテンツに仕上がっていると言えよう。それは、何に対しても貪欲なデヴィッド自身がプロデューサーであるからこそできる技なのだと私は考えている。

Type03:あえて“さまざまな視点”からひとつの物事を描く

違う視点を入れ込みながら、その本質を考えさせる

最後はNetflix以外の作品にも目を向けたい。以前のSXSWレポートでもお伝えしたアート「Life Underground」。これは世界中の地下鉄に乗車している人々のライフストーリーをつなげる試みで、世界14都市以上の映像が地図上にプロットされていくインタラクティブドキュメンタリーだ。今もまだそれは広がり続けている。

世界各国の地下鉄に乗っている普通の人のライフストーリーをつなぐ

家族観や夢、愛や働き方、若者像などのテーマから、世界各国の人々のライフストーリーを見ることができる。共通するところも、全く違うところもあるユニークなストーリーが続くが、それを連続して見ていると気候や服装や電車の中の行動の違いにも気づくようになり、自分にとっての日常と非日常が入れ混じる不思議な感覚を味わえる、まさに「今っぽい」作品だ。

Life Undergroundは、撮影対象者に様々な視点を盛り込んだ作品だが、これと同じような傾向があるのがジャーナリズム界隈でキーワードとして上がっている「Cross-Border Journalism(国境を超えたジャーナリズム)/Collaborative Journalism(協働ジャーナリズム)」の流れだろう。これは1人のジャーナリストだけでなく、会社や国を超えたジャーナリストが連携をして、一つの事柄をともに描いていく手法を言うらしい。ジャーナリズムの権威・ピューリツァー賞でも「コラボレイティブ部門」が数年前に設けられたことでも、この分野への期待がわかるだろう。

2017年より始まったコラボレイティブ・ジャーナリズムサミットが出した解説動画(英語)

動画を見ると、会社を超えたコラボレーションが業界では話題になっているようだが、ここではもう少しオルタナティブな、インタラクティブな他の事例を見ていこう。

世界各国の大気汚染を知ることができるインタラクティブドキュメンタリー#DeepBreath

世界的に大気汚染は深刻な問題だ。世界中の人々の90%が悪質な空気を吸い込んでおり、2018年ではPM2.5をはじめとする大気汚染で700万人が死亡したとWHOは発表し、世界的な連携がより求められている時代へと突入した。この#DeepBreathは、さまざまな国のジャーナリスト達が連携し、アフガニスタン、中国、エジプト、インド、ネパール、ポーランド、アメリカ、メキシコ等の国境を超えて、大気汚染を伝える作品に仕上がっている。

“さまざまな視点”を支える新サービス

この#DeepBreathの制作の裏には「Hostwriter」という世界的なジャーナリストのコミュニティサービスの存在が大きく関わっている。

ベルリンを本拠地にするNPO法人が運営するHostwriterは、ジャーナリストを家に泊まらせてあげる/作品に対するアドバイスする/共同執筆者として立候補する…といった、ジャーナリスト同士のマッチングプラットフォームだ。現在では、136ヵ国・3662人のジャーナリストが登録をしているそうだ。

Hostwriterは、「ジャーナリストのためのカウチサーフィン(airbnbよりも古くからある旅行者達の民泊コミュニティサイト)」とも呼ばれている

Hostwriterは、本年Googleが開催する社会起業家への寄付プロジェクトGoogle Impact Challengeにおいて受賞し、50万ユーロ(約6400万円)の寄付を集め、活動を加速させていくと予想がされている。

自らの主張を深めるためには、今まで客観的な視点を掘り下げていく姿勢がとられていたことが多いように感じる。しかし、Type01や02のような【当事者性】はリアルなものを求める今の若い視聴者の心を捉えることにつながるだろう。

また、Type03のような【多様な視点】を入れ込むことで、制作者自身が持っている無意識のバイアスを気づき、その上で視聴者とともにどれだけ考察を深めていけるかも、今後の一つの流れではないかと感じた。

ぜひ日本からも、このような試みが増えることを期待したい。残りの夏、そういう作品をもっと探していこうと思う。

150525_JP-PLAY-PIXI-KT

10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない! 」からイノベーションの予兆をつかむ(できるビジネス)
未来予株式会社 曽我浩太郎・宮川麻衣子(インプレス)

「現在小学生の子どもたちのうち65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」-キャシー・デビッドソン

本書では、現在動き出している50の新ビジネスから、10年後に新しく誕生する仕事を予報し、世界を変えるイノベーションの予兆を見つけ出す。第4章では、映像・音楽とコミュニケーションということで映像業界の未来についても触れている。



WRITER PROFILE

曽我浩太郎 未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。


[ Writer : 曽我浩太郎 ]
[ DATE : 2018-08-17 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Future of Storytelling]Vol.03 SXSW2018開催直前!ポスト・トゥルース時代、A.I.で業界人はどう変わる?

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 SXSWで掴むべきはテクノロジートレンドではなく、人々の未来に関する興味関心の移り変わり 世界の流れは早い。ここ数年「人工... 続きを読む

[Future of Storytelling]Vol.02 現実世界に変化を起こすVRジャーナリズム

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 VRを活用したジャーナリズムやドキュメンタリー作品 VRやAR、スマートフォンやアプリなどのテクノロジーによって、映像(特... 続きを読む

[Future of Storytelling]Vol.01 問われる真実性とフィクションの可能性

txt:曽我浩太郎(未来予報) 構成:編集部 SXSWがもたらす未来とは 私は、企業の研究所や新規事業部、若いベンチャー企業に対して、まだ世の中に広まる前の分野の新ビジ... 続きを読む

WRITER PROFILE

曽我浩太郎 未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 曽我浩太郎 > [Future of Storytelling]Vol.04 世界が求めるクロスボーダーカルチャーを作るコンテンツの3タイプ