PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 染瀬直人 > [染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.01 中国・深圳のShenzhen Arashi Visionで実機を最速体験レポート!

News

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.01 中国・深圳のShenzhen Arashi Visionで実機を最速体験レポート!

2018-08-21 掲載

txt:染瀬直人 構成:編集部

Insta360 Proの進化

中国・深圳のスタートアップArashi Visionが、2017年夏にプロ向けVRカメラInsta360 Proを発売してから、一年余り。

2018年8月21日の本日、早くも二世代目にあたる「Insta360 Pro 2」(以下:Pro 2)が、正式にアナウンスされた。私は発表を前に中国・深圳に飛び、宝安区にあるArashi Vision社を訪ねた。そこでは、CEOのJKことJingkang Liu氏自ら、独占デモを行なってくれた。

新製品Insta360 Pro 2とArashi Vision CEOのJKこと、Jingkang Liu氏(Arashi Vision 社長室にて)

新製品は、8月上旬よりティーザー広告がネット上で公開されて以来、ユーザーや業界の関係者の間で様々な憶測を呼んできた。広告上でははっきりと製品の情報は明示されておらず、カメラの外観の2眼の部分しか露出していなかったこともあり、視聴者からはVR180用の新VRカメラではないか?今年のCESで参考展示されていたマイクロフォーサーズのセンサーを搭載した同社の超ハイエンドVRカメラ「Titan」が遂に発売になったのではないか?といった反応が多く見られた。

ところが、いざ蓋を開けてみると、そこにはPro 2の姿があったというわけだ。昨年、「Insta360 Pro」が発売された際には、その性能と比較的購入しやすい価格帯が、業界の注目を浴びた。扱いやすいプロ向け一体型のVRカメラの登場は、高品質を求めるVR動画の撮影・制作環境を一躍大きく前進させたと言える。その後、Pro 1はアップデートを重ねていく。

V2.0では、専用ステッチングソフト「Insta360 Pro Stitcher」により、Pro 1で撮影された動画のフレームレートを本来の8K 30fpsの360°動画から8K 60fpsに変換する「Manual Framerate Adjustment」機能や、8K 360°の静止画を12K 360°に変換する「12K Super Resolution」機能などが実装された。

その他にも、8K 5fpsの動画撮影機能、Insta360 Proに内蔵されたプロセッサーにより、8K動画のオプティカルフローによるステッチングを可能にする「MobiStitch」機能や、トーンカーブの調整機能などが追加、ダイナミックレンジの向上や暗所でのノイズ除去などの画質の改善なども行われ、着実に進化を続けていった。同社はバレットタイムやフリーキャプチャーが話題となったコンシューマー向けの「Insta360 ONE」などのガジェットも出しているが、プロ向けVRカメラ開発も怠ってはいなかったのだ。

本当の“Pro”のためのVRカメラ

今回のPro 2のスペックを見たとき、新機能のすべてがプロの厳しい撮影環境に耐えうるために採用、導入されたことが、強く感じられた。今回のPro 2の目玉は、FlowStateによる手ブレ補正、8Kの3D撮影、HDR、「Farsight」による遠距離のモニタリング、7つのカード使用による高画質記録とプロキシ編集の対応、そして、クリスタルビューによる高解像度視聴の実現だ。

ひとつひとつ、見ていこう。基本的な動画撮影スペックは、リアルタイムステッチで4Kの3Dと2D(30fps)、後処理のステッチで、8K 3D(30fps)、8K 2D(60fps)、6K 3D(60FPS)、4K 3D(120fps)を実現する。フォーマットはmp4。コーデックはカメラ処理でH.264、後処理ステッチではH.265が可能だ。1つのレンズごとのビットレートは、120Mbpsに上げられる。

i-Logモード搭載なので、ポスプロ編集時のカラーグレーディングが行いやすい。8K 2D(30fps)では、HDRに対応する。ハイライトと、シャドウが極端に共存する360°撮影において、心強い仕様となっている。

Insta360 Pro 2のデモを自ら行ってくれたArashi VisionのCEO JK

VR動画の移動撮影に威力を発揮する「FlowState」

Pro 2の最大の特徴は、第一にInsta360独自の強力な「FlowState」(内臓手ブレ補正機能)を搭載していることだ。CEOのJK自ら、「VR動画の制作において、移動撮影はとても大事」と語っていたが、Pro 2はカメラ内の9軸ジャイロスコープで動きを検知し、Insta360のソフトウェアでそれを解析、ジンバルを使用せずとも、スムーズなスタビライザーの効果を得ることができる。最小の機材で、安定的かつ変化のあるカメラワークを実現することができると言うわけだ。

深圳、Arashi Visionにて、Insta360 Pro 2を試す筆者

「Farsight」による遠距離モニタリング

2番目の特徴に遠隔映像のモニタリングシステム「Farsight」が挙げられる。360°VR動画撮影の課題に、スタッフ等の映り込みの問題がある。映り込みを避けて、カメラの死角からモニタリングする場合、Wi-Fiだと接続距離は短く、不安定且つ遅延などの問題もあった。

Pro 2では新しい遠隔映像モニタリングシステムの「Farsight」を搭載しており、高画質で遅延の少ないプレビューや、リモートによるパラメーターの操作を可能にした。

発信機と受信機(スマートフォンなどを利用できる)のペアを通じて、5.18GHzの信号により、見通しの良い条件なら何と300メートルもの遠距離から、30fpsのノイズの少ない高画質でライブビューを確認、カメラ設定も行える。Pro 1でも「Farsight」の使用は可能だが、フレームレートが1fpsなので、Pro 2の方が断然滑らかにプレビューできる。この映像転送処理技術を使えば、ドローンなどの撮影でも効果を発揮するのではないだろうか。

Arashi Visionの社内でテストしたところ、壁などのいくつもの遮蔽物がありながら、カメラから40mほど離れた地点でも、安定したモニタリングを行うことが可能であった。

受信機側では、 IPhone、iPad、Androidが使用でき、プレビューと、フレームレート、シャッタースピード、ホワイトバランスなどの変更ができる。パソコンとも接続できる 「Farsight」のための送信機 「Farsight」のための受・発信機のセット

Adobe Premiere Proのプラグイン「No-Stitch」編集

Pro 2はAdobe Premiere Proとポスプロ編集の連携もスムーズに行えるうように設計されている。すでに、今年の6月からAdobe Premiere Pro用のプラグイン「No-Stitch」編集は利用でき、ステッチ前の素材をPremiere Proに読み込めば、ステッチされた状態で従来の動画同様、すぐに編集作業を始められるようになっていた。

Pro 2では、撮影の際に、高画質の動画以外に、低解像度のプロキシファイル(960×720)も自動的に生成、保存される仕様になっている。撮影後のファイルをPremiere Proにインポートすると、プロキシ・ファイルも同時に認識され、それを利用して素早くスティッチ後の映像を確認、編集ができる。編集作業後に書き出しを行う際には、高画質の素材を利用して、レンダリングが行われる。

Adobe Premiere Proの編集画面

「CrystalView」で8KのVRゴーグル視聴が可能に

これまでは、わざわざ8Kなどの高解像度でVR動画を撮影しても、Gear VRや、Oculus GoなどのVRゴーグルやスマートフォンでは、4K程度のサイズまでしか再生ができないという課題があった。Arashi Visionが開発した「CrystalView」という技術によれば、Pro 2で撮影したコンテンツを変換することにより、上記のデバイスを使用した場合でも、GearVR では8Kの3DがOculus Goでは8Kの2Dか6K3Dの状態で再生可能になる。これは視聴者が見ている部分だけを、高画質で再生しているためである。「CristalView」はFacebookのダイナミックストリームなどの似た画像の処理と再生の技術であり、Pro 2の発売と同時に、プレイヤーがリリースされる予定。

Oculus Goで「CrystalView」機能を視聴する筆者とJK。高品質な再生を確認できた

アンテナや7つのSDカードスロットを搭載。そしてその他の進化とは

Pro 2の重さは、Pro 1よりわずかに160g弱ほど増えて1386g。外観はほぼ変わらないものの、付属のアンテナが2本設置できるようになった。1つはGPS信号用で、GPSデータは自動的に画像に追加され、Googleストリートビューなどの360°の地図サービスに利用することができる。もう1本のアンテナはWi-Fi信号用である。

天頂部には空間音声対応のZOOM H2nなどのVRマイクを設置できるように、ネジ穴が備わっている。因みに空間音声については、Pro 1同様のアンビソニック対応の4つの内蔵マイクに加えて、USB端子やオーディオ用端子(3.5mm)も設置されている。

GPS信号とWiFi信号用のアンテナ。「Farsight」の電源が切れた時、WiFiを利用できる 頭頂部に設置されたネジ穴。空間音声対応用のVRマイクなどのアクセサリーを設置できる

その他の大きな変更点としては、Pro 2は7つのカードを使用することになっている。それぞれのカメラに応じる形で、6つのmicroSDカードのスロットがあり、これにより最大限のビットレート(Pro 1の単レンズ 40mbpsから、Pro 2は120mbpsに)で記録できるようになった。そして、もう1つの7番目のスロットは、SDカードを装填するためのもので、手ブレ補正用のデータと、Premiere Pro「No-Stitch」編集用のプロキシ素材のファイルがここに保存される。Pro 1は1枚のSDカードで収録できたのは便利であったが、より高画質の撮影を望むユーザーの声を反映して、このような仕様になったとJKは語った。

MicroSDカード用のスロット-1~3 MicroSDカード用のスロット-4~6 SDカード用のスロット

4Kライブ配信と同時にアーカイブも残せる

そして、もう1つの大きな特徴として、Pro 2は4Kの360°ライブ配信(3Dと2D)が可能であると同時に、8Kでライブ配信の内容を保存でき、後で編集したり、改めて利用することが可能になっている。

Insta360 Pro 2のインプレッション

実際に深圳で実機に触れてみて、Pro 2はプロが要求するリクエストに冷静に耳を傾けて、それらに応える形で機能強化や追加が行われた製品だということを実感した。ようやく本当の意味で、撮影現場に強い”Pro”のためのVRカメラが登場してきたと言えるかもしれない。

Insta360 Pro 2はハコスコにて予約販売受付開始。販売価格は込680,000円。これには、遠距離撮影用のFarsightシステムも含まる。Pro 1も併売されるという。

次回は、JKことArashi VisionのCEOのJingkang Liu氏に、これまでの歩んできた過程や、Arashi Visionのこれから今後について伺った独占インタビューをお送りする。


WRITER PROFILE

染瀬直人 写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。


[ Writer : 染瀬直人 ]
[ DATE : 2018-08-21 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

Shenzhen Arashi Vision Insta360 Pro 2 [SYSTEM5]
Shenzhen Arashi Vision Insta360 Pro 2 [SYSTEM5]
販売価格: ¥680,000(税込)

関連のコラム一覧

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.03 360°キャプチャとアクションカメラの境界を超える~ Insta360 ONE X最新アップデートレビュー

Insta360 ONE X 2018年10月、中国・深圳のArashi Visionから、コンシューマー向けVRカメラのフラグシップ機「Insta360 ONE X」(以下... 続きを読む

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.02 プロ用VRカメラInsta360 Pro 2を発表したJKが、今、考えていること

深圳の若き経営者JKこと、Jingkang Liu氏 txt:染瀬直人 構成:編集部 JKこと、Jingkang Liu氏に深圳で独占インタビュー 8K 3Dや遠距離... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.32 バレットタイム機能を新搭載!次世代360°自撮りカメラInsta360 ONE

©日本テレビ txt:駿河由知 構成:編集部 協力:日本テレビ放送網株式会社、株式会社オールアバウトナビ、Facebook navi 4K・2400万画素の36... 続きを読む

WRITER PROFILE

染瀬直人 写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 染瀬直人 > [染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.01 中国・深圳のShenzhen Arashi Visionで実機を最速体験レポート!