PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 染瀬直人 > [染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.02 プロ用VRカメラInsta360 Pro 2を発表したJKが、今、考えていること

News

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.02 プロ用VRカメラInsta360 Pro 2を発表したJKが、今、考えていること

2018-09-04 掲載

深圳の若き経営者JKこと、Jingkang Liu氏
txt:染瀬直人 構成:編集部

JKこと、Jingkang Liu氏に深圳で独占インタビュー

8K 3Dや遠距離モニタリング“Farsight”などを実現し、プロのニーズに応えるVRカメラとして先日発表され注目を集めるInsta360 Pro 2。そして、これまでにも、スマホに直結して撮影し、気軽にコンテンツをシェアできるInsta360 NanoやAir。“フリーキャプチャー”や“バレットタイム”といった新機能を実装したInsta360 ONEなど、革新的なVRカメラを次々にリリースしてきたのが中国のスタートアップ企業Shenzhen Arashi Vision社だ。

そのCEOのJingkang Liu氏(リュウ・ジンキン:通称JK)は、広東省の中山出身。1991年生まれの若干27歳。筆者は彼が来日した際に行われたハコスコ社主催のイベントでも一緒に登壇したことがあり、2017年のGoogle Street View Summitほか、これまで何度も面識があった。今年の1月にもArashi Visionを訪れ、1時間半ほどインタビューをした経験がある。今回はInsta360 Pro 2の発表を目前にして、多忙な中、彼は再び面会のために時間を作ってくれた。

発表されたInsta360 Pro 2を、自らデモするJK(Arashi Vision社長室にて)

Arashi visionは深圳の宝安区にあり、深圳宝安国際空港からも程近いエリアにある。地下鉄5号線の宝华駅近くの立派なオフィスビルの2フロアに展開した社内では、2~30代の若い社員を中心に、ハードウェアやソフトウェアの開発や検証が、この夏も相変わらず熱心に行われていた。プロモーションビデオを製作する部門や、アフターサービスの修理部門も稼働しており、スタートアップとしては、しっかりした体制に感心させられる。

インタビュー場所の社長室には、中国国旗、Arashi Visionの製品に対して送られた国内外の賞状やトロフィーとともに、沢山のハローキティのぬいぐるみが飾られていた。

Arashi Visionのオフィスが入る宝安区のLogan Centuryビル オフィスで働いているのは、2~30代の若い社員がほとんど

南京で始まったスタートアップ

――こんにちは、JK。今日はよろしくお願いします。会社は2014年に設立されたそうですが、社員は今何名ですか?

今は250名です。エンジニアの割合が50%程度と多いです。部門は開発、セールス、サプライチェーン、プロダクトデザイン、ビデオ制作チーム、成長戦略チーム、法務、経理、人事などがあります。

――最初は何名からスタートしたのでしょうか?

最初は南京で起業して、私を含めて2名でスタートしました。当初はライブストリーミングのプラットフォームの開発をしていました。そのあと、360°の分野を手がけるようになりました。

――Arashi Visionの「Arashi」とは、日本語の響きに思えますが、由来は何ですか?

南京にはもちろん、たくさんの会社があります。その中で、日本語の社名なら、珍しくて、目立つのではないかと考えて、最初は“イガラシ”という名前で始めました。

――え、五十嵐!?それは初耳ですね。

その後、深圳に移って、Arashi Visionに変更しました。嵐とはストームという意味ですよね?革命、イノベーションを思わせるし、とても気に入っています。Arashiは会社名、Insta360はブランドネームになります。

――Arashi Visionを起業する前に、他の会社で働いたことはあるのですか?

正式な就職はないです。南京大学でソフトウェア・エンジニアリングの勉強をしていたのですが、大学時代に中国で有名な企業のテンセントなどでインターンのようなことをやっていました。大学3年の時は、自分の受けたい授業を自由にアレンジできるアプリを開発したスタートアップの会社に、やはりインターンとして勤めていました。

――起業からの4年間に、今回発表されたInsta360 Pro 2を含め、8つの製品がリリースされました。スタートアップとしては、とてもハイペースですが、この4年間を振り返ると、どんな思いですか?

うーん、地獄でしたね(笑)。苦労は多いです。開発はとても大変ですが、一番辛いのは、うまく形にならなかった時、失敗した時ですね。それでも、いつも未来を切り開く気持ちを忘れずにいますし、新しい技術を実装したONEやPro 2のような商品が出たときは嬉しいです。

――投資ラウンドの状況はいかがですか?

2016年の4月にシリーズBの資金を、昨年末にシリーズCの資金を調達しました。でも、それはあまり使わずに済みました。幸いコンシューマー機のセールスが好調だったので、それを開発やマーケティングの資金として投入することができました。

インタビューに答えるJK 開発チームの作業の模様(2018年1月当時)

360°の世界だけでなく、新しい映像の時代を切り開くメーカーになりたい

――最初に360°のカメラを作ろうと思ったきっかけは、何だったのでしょうか?

2014年にロシアの空撮集団AirPanoの映像を観て、そのクオリティーにショックを受けました。しかし、当時はそのような撮影を行うVRカメラや機材は特別なものが必要でした。もっと簡単に高品質の360°の映像が撮影できるカメラを作ろうと思ったのがきっかけです。

弊社はより良い方法で記憶を記録できる共有方法を作りたいと考えています。それには360°のフォーマットは最適ですが、必ずしも必要条件ではありません。綺麗な映像こそ、唯一の条件です。ですから、今は平面の映像も重要と考えています。

360°の技術で特別な平面の映像を作る。“フリーキャプチャー”、“バレットタイム“、“Flowstate Stabilization”などで、普通のカメラで実現できない映像を目指していきます。それが会社の重要な目標です。

――製品のアイデアは、JK自ら考えていると聞きました。新しい技術はどうやって探すのですか?

いつもシャワーで暖かい湯を浴びている時に、いろいろな考えが浮かんできますね。

――コンシューマー機から、プロシューマー機を手がけ、そして、ハイエンド機に挑もうとされていますが、どのジャンルが重要と考えていますか?

コンシューマーが一番重要ですね。プロのカメラを作る理由は、このジャンルでは今は良いカメラがないので、そこにはチャンスがあると考えています。その技術を利用してコンシューマー機にも応用ができる訳です。

開発のため試作されたモックアップやプロトタイプ

最も大事なのはコンテンツを作る人のクリエイション

――中国のVRの360°映像の普及はいかがですか?

中国ではあまり360°の動画をシェアするプラットフォームがありません。今のところ、ウェイボー(微博)で360°の静止画が共有できます。WeChat(微信)はHTML5を利用すれば使えます。

――VRの将来性については、どのように考えていますか?

これまでの成長はゆっくりでした。これからは登り調子でしょう。Oculus Goなどのスタンドアローンの高品質ヘッドセットが出てきたことは大きいですね。ヘッドマウント・ディスプレイは、未来の家庭ではテレビみたいなもので、誰でも必ず1つ持っていることでしょう。

――VRのコンテンツについての考えを聞かせてください。

VRコンテンツについて、大事なものは技術ではありません。それはVRを利用して物語を作る、方法や言葉。“フィルムランゲージ”といったものが一番大事だと思います。Arashiの独自の技術には、遠いところから撮影できる“Farsight“、ステッチ作業を省いた“No-Stitch編集”、きれいに再生する“CristalView”などがありますが、それらは、もっと普通のビデオを作るような感覚で、VR動画の制作が可能になるようにしていきたいと考えて、開発されました。

ハイパーラプスなども、従来は一回撮影して、少し移動して、また撮影をして、といった作業を繰り返すので大変な労力を伴いましたが、プロはともかく、コンシューマーはそんなことをしなくても済むように、普通に歩きながら動画を撮るだけでできてしまうようにしました。

“移動”はVR動画に撮っても、とても重要な技法なので、フィルムランゲージをもっと豊かにするために、クリエイターが簡単にカメラを移動できるようにしたい思いました。“Flowstae Stabilization”も、そのために生まれた技術です。今回の新製品Pro 2でも、技術を求めるだけではなく、もっと使いやすくなる方向を考えてきました。最も大事なことは、コンテンツを作る人のクリエイションだからです。

インタビューに答えるJK

深圳と日本について

――深圳にはArashi Vision以外にも、Z CamやKANDAOなど、VRカメラメーカーがいくつも存在し、新しい技術を投入したVRカメラを次々に開発しています。なぜそのような技術力を持った企業がたくさん生まれているのでしょう?

それはわかりませんが、深圳にはアクションカメラや車載カメラを作るメーカーや工場が沢山あり、部品の調達、生産までエコシステムが出来上がっています。そのような理由から、VRカメラの開発も生まれやすい環境があったと言えるでしょう。

――深圳の企業は製品の開発が早く、「深圳スピード」という言葉もあるほどです。日本の企業は近い将来、中国の企業に追い抜かれてしまうのではないか、といった危機感を持つ声もありますが、それについてはどう思われますか?

私はそれはそう簡単なことではないと思います。我々がどんなに次々に新しいカメラを作っても、最後はソニーのセンサーを使うことになりますよね?(笑)先端の技術は日本にあります。スピードは決定的なものではありません。

小さい会社からちょっと大きくなるのは、そう難しくないことかもしれません。でもソニーのような大きな会社になるのは、すごく時間がかかります。そいういうレベルになると経営のコストもとてもかかりますよね。中国の発展のステージは、まだ若い段階にあります。日本が達成した世界とはあまりに距離があるので、今のスピードのままでは、永遠に日本には追いつけないでしょう。

もし我々がセンサーなど作りたいとしたら、唯一の道はカメラをたくさん作り、金を儲けて、別の会社を買収しなくてはなりません。でも、これからは、状況が変わってくるでしょう。

例えば、これまで自動車産業では、BMW、ベンツ、フォードなどの欧米のメジャーな企業に、中国の企業は追いつけませんでした。でも、これからはエンジンの動力に電力を使うようになる。すると、安く製品を作れるようになり、テスラーのような新しい自動車を作る企業が現れます。

映像の世界もそうですね。これまでは誰もがソニーやニコンのカメラを使っていました。新しい時代はDSLRといったデジカメよりも、一般のユーザーは、スマホやアクションカメラ、ドローンなどを利用します。DJIはそのチャンスを利用します。そして、そのチャンスは我々、Arashini Visoinにもあるのです。

――尊敬する経営者は誰ですか?

ビル・ゲイツです。なぜなら、彼は稼ぐだけじゃなくて、お金の使い方が上手でした。たくさんの問題をお金で解決しました。 会社の経営はそういうもので、投資や人材にいかにお金を使うかが重要だと思います。運も大事ですが(笑)。

インタビューに答えるJK(2018年1月当時)

これからのビジョン

――今後のArashi Visionのロードマップは、どのようになっていますか?

ステッチをさらに良くする技術も開発中です。もっと近いところでステッチが可能になるように研究しています。それには、AIなど新しい技術を利用していきます。6DoF(6自由度)を実現するライトフィールド・テクノロージーを用いた技術も引き続き、開発しています。こちらはお客さんから注文があれば、特別に作るオーダメイドのような形になるかもしれません。またARの機能を取り入れたVRカメラも準備しています。

――Pro 2の発表がされたばかりですが、よりハイエンドなVRカメラTitanの進捗はいかがでしょうか?

Titanの開発は思った以上に大変です。8つのマイクロフォーサーズのカメラを搭載しますから、レンズも想定以上に複雑です。パワーも必要ですし、プロトタイプは駆動中に高熱になりすぎました。スペックは以前に発表したものと同じ予定ですが、製品版はデザインを変更します。

それでも、年内には発売したいと考えています。他にも、今年実は4つのカメラがでる予定です。それは、必ずしもVRとは直接関係ないカメラもあります。また、VR180のカメラは今年、必ず出ます。現在チューニング中です。それは360°も撮影できる仕様です。これからは、Pro 3や、ONEの2代目、3代目といった後継機も作っていきたいですね。

――最後に日本の皆さんに、メッセージをお願いします。

私はよくTwitterを見ていますが、それには、沢山の日本の方々が、うちの会社のことを書いてくれています。いつも支えてくれて、本当にありがとうございます。これからも良いカメラを作っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いしたします。

JKはアニメを見て覚えたという日本語で時折話してくれるので、インタビューは、中国語、英語、日本語を交えて、行われた。カメラを向けると反射的にピースサインを向けてくれることが多い。

新しい製品ができると、真っ先に自らカメラを社外に持ち出して、テスト撮影をするという。どちらかというとシャイな一面を持つ彼だが、「あのプロモーションビデオの編集は、僕がしたんですよ」という嬉しそうな笑顔が印象的だった。

Pro 2が発表されたばかりではあるが、映像の次のフェーズを見せてくれるであろうArashi Visionの未来のカメラも楽しみだ。

ライトフイールドテクノロジーの研究開発の模様、64個のカメラが搭載されている。最高128個のプロトタイプもある(2018年1月当時) 8個のレンズを搭載、4/3センサー、10K 3D 360のハイエンド機Titan(プロトタイプ)を手に、会社のネームボードの前に立つJK(2018年1月当時) JKと筆者 8月21日発表された新製品Insta360 Pro 2

新発売されたInsta360 Pro 2はハコスコにて予約販売受付開始。販売価格は税込680,000円。遠距離撮影用のFarsightシステムも含まれる。


WRITER PROFILE

染瀬直人 写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。


[ Writer : 染瀬直人 ]
[ DATE : 2018-09-04 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.01 中国・深圳のShenzhen Arashi Visionで実機を最速体験レポート!

txt:染瀬直人 構成:編集部 Insta360 Proの進化 中国・深圳のスタートアップArashi Visionが、2017年夏にプロ向けVRカメラInsta360... 続きを読む

WRITER PROFILE

染瀬直人 写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 染瀬直人 > [染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.02 プロ用VRカメラInsta360 Pro 2を発表したJKが、今、考えていること