PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.96 SIGGRAPH2018 エレクトロニック・シアターレポート

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.96 SIGGRAPH2018 エレクトロニック・シアターレポート

2018-09-07 掲載

SIGGRAPH2018はカナダのバンクーバーでの開催。街のお店で見つけた、カナダらしい光景から
txt:鍋潤太郎 構成:編集部

はじめに

我々VFX関係者がSIGGRAPHに参加して、とりあえず外せないのがエレクトロニック・シアターである。ここでは、世界中から応募された数百本の作品の中から、審査員によって選び抜かれた作品だけが特設シアターで一挙上映される。まさに全世界のCG/VFX業界における「過去1年間のハイライト作品」が拝める場でもあるのだ。

エレクトロニック・シアターは、アカデミー賞でお馴染み米国映画芸術科学アカデミーより「アカデミー賞の選考対象となるフィルム・フェスティバルの1つ」として認可されており、1999年以降、このエレクトロニック・シアターで上映された数々の作品が、アカデミー賞の短編アニメーション部門でノミネート、もしくは受賞を果している。

エレクトリック・シアターの入場を待つ、長い列。8月14日(火)夜9時の回は、遅い時間の開催にも関わらず大盛況だった

今年の傾向

では今年の傾向を、筆者独自の視点から解析してみることにしよう。今年のエレクトロニック・シアターでは、昨年と同じ本数の全25本が上映された。入選作品を国別に見てみると、

  • アメリカ:9(8)
  • フランス:6(6)
  • カナダ:4(2)
  • イギリス:2(4)
  • スウェーデン:1(0)
  • スペイン:1(0)
  • ポーランド:1(0)
  • ニュージーランド:1(3)
※()内は昨年度の本数

今回カナダのバンクーバーでの開催という事が多少配慮されているのか、もしくは単なる偶然か、カナダからの入選作品が昨年の2本から4本へと増えているのが興味深い。残念ながら日本からの入選作品は見られなったが、是非とも来年に期待したいものである。

Computer Animation Festivalのプログラムより

入選作品をジャンル別に比較してみると、今年の傾向が見てとれる。

  • 短編アニメーション:11(7)
  • 短編アニメーション(学生作品):4(5)
  • ハリウッド映画VFXメイキング&ブレイクダウン:4(6)
  • ゲーム・シネマティック:3(1)
  • リアルタイム:2(2)
  • サイエンティフィック・ビジュアライゼーション:1(1)
  • CM&キャンペーン映像:0(3)
  • 長編アニメーション:0(0)
※()内は昨年度の本数

エレクトロニック・シアターはその性格上、短編アニメーション作品の比率が多いが、今年は昨年より4本増の11本が上映された。学生作品の本数は昨年より1本減の4本であるが、例によってSIGGRAPH常連校からの出展が目立つ。ハリウッド映画のVFXからの入選は昨年より2本減の4本。リアルタイムは昨年と同じ2本であった。また、TVコマーシャル作品が1本も入選していなかったのが興味深い。斬新なアイデアやユニークな演出のCM映像が見れるのを楽しみにしていた筆者には、少々寂しかった(笑)。昨年に引き続き、不思議な事に長編アニメーション作品からの入選は見られなかった。

まずは、YouTube上で公開されている、今年のエレクトロニック・シアターのハイライト作品を編集した予告編から。

■SIGGRAPH 2018 Computer Animation Festival Electronic Theater

それでは、今年のエレクトロニック・シアターの上映作品を、筆者の一言コメントを添え、一挙にご紹介してみることにしよう。

※文中では、上映された映像のリンクを可能な限りご紹介しているが、映像が公開されていない作品については、類似したクリップのリンク、もしくは関連リンクをご紹介している。
■Health and Home
Blizzard Entertainment/アメリカ

圧倒的なクオリティのゲーム・シネマティックで知られる、ブリザードの作品である。どことなくディズニーアニメを意識した演出になっているように感じたのは筆者だけだろうか。


■Twins Islands
Supinfocom Rubika/フランス
予告編

エレクトロニック・シアター常連校、Supinfocom Rubikaの作品。ある夜、双子の兄弟が魚釣りに出掛ける。しかし、邪悪な海の悪魔が彼らを飲み込んでしまう。兄弟を哀れんだ神さまは、彼らの為に「双子の島」を作る事に…というお話。


■Paddington 2
Framestore, StudioCanal/イギリス

映画「パディントン2」から、Framestore のVFXリール。パディントンの毛の表現や、豊かな表情など、完成度が高い。


■Geometry of Artificial Intelligence
Biogenic Design, Dale Nichols Music/カナダ

サイエンティフィック・ビジュアライゼーションのようでもあり、幾何学的な蜘蛛の巣のようでもあり、それでいて動きは繊細かつ複雑で、印象に残る短編作品。そのタイトルも「AIのジオメトリ」。Houdiniアーティストのサージャン・バーラク氏の作品である。


■Book of the Dead
Unity Technologies/スウェーデン

「The Blacksmith」(2015)および「Adam」(2016)を制作したUnityのデモチームが贈る新作「Book of the Dead」から。「Book of the Dead」は、1人称のインタラクティブ・ストーリーで、Unity 2018の機能紹介の為に制作されたデモ映像だという。


■Beyond Good and Evil 2 -Cinematic Trailer
Unit Image/フランス
E3での予告編

昨年のE3にて、”15年ぶりの続編”として発表され話題を呼んだUBISOFTのゲーム「Beyond Good and Evil 2」のシネマティックである。シネマティックにもかなり力が入っており、見応えある映像に仕上がっている。


■Miazmat
Platige Image/ポーランド

ポーランドのVFXスタジオ、PLATIGE IMAGEが贈る短編アニメーション。制作になんと6年を費やしたという。1922年に描かれた絵画「Kompozycja(作曲)」にインスパイアを受けたクラディウス・ビトキェビッチ監督の芸術理論に基づくアニメーション作品だそう。不思議なクリーチャーが沢山登場する作品である。


■Ghost in the Shell
MPC/イギリス

MPCによる、映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(2017)のVFXリール。


Space Between Stars
Guru Studio/カナダ
予告編

カナダのトロントにスタジオを構えるGuru Studioによる短編「Space Between Stars」。宇宙ステーションの中を探索する、おたまじゃくしのような不思議なクリーチャーのお話である。


■1 Metre/heure
Cube Creative/フランス

フランスの空港で、飛行機の翼の上でカタツムリ達が音楽に合わせてパフォーマンスを始める。途中で鳥に食べられたり、飛行機が離陸して風や冷気で大変な中でもパフォーマンスを続ける。ほのぼの楽しい作品であった。残念ながら動画のリンクが見つけられなかったのだが、Clarisse(クラリス)でお馴染みIsotropixのサイトでメイキング記事があったので、ご紹介。


■Animation General
Ringling College of Arts and Design/アメリカ

エレクトリック・シアター常連校、Ringling College of Arts and Designの学生作品。クラシカルな白黒アニメ風の作風で始まるコメディ作品。緊急治療室に運び込まれたローポリ患者を手当てする2D外科医と3D看護婦のやりとりを、CGジョークを絡めてコミカルに描いた作品である。


■Voyagers
MoPA/フランス

エレクトロニック・シアター常連校、フランスのCGスクールMOPA(Motion Picture in Arles)の学生作品。ジャングルでトラを追っていたハンターの黒人少年が、たまたま現場に居合わせた発射直前のロケットにトラと共に飛び込んでしまい、そのまま宇宙へ。ロケットの中で繰り広げられる、宇宙飛行士とトラ、そしてハンターの黒人少年が繰り広げる一大バトルを描いたコメディ。

Voyagers


■After work
Matte CG/スペイン
予告編

人気アニメの主人公であるウサギのグルンピーは、アニメの中での仕事を終えて帰宅した後は、退屈で単調な生活を送っていた。ある時、彼は自分が追い求めるものを見つけるが…というお話。「お仕事中」のグルンピーは2Dアニメ、仕事を終えた後は3Dで描かれている。


■Avengers:Infinity War
Weta Digital/ニュージーランド

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」からWeta DigitalのVFXリール。完成度高し。


■Overrun
Supinfocom Rubika/フランス
予告編

今年の最優秀学生賞(Best Student Project)に輝いた作品。エレクトロニック・シアター常連校、Supinfocom Rubikaの学生作品で、美しいライティングが印象的である。


ADAM:Episode2
Oats Studios/カナダ

「第9地区」のニール・ブロムカンプ監督率いるOats Studiosによって制作された、Unityを使ったリアルタイム・レンダリングで制作された短編作品である。続編であるEspisode3もYouTubeで見る事が出来る。


■Hybirds
MoPA/フランス
予告編

今年の最優秀作品賞(Best In Show)に輝いた作品。SIGGRAPH常連校、フランスのCGスクールMOPA(Motion Picture in Arles)の学生作品。同校の5年制プログラムの最後の年に取り組んだ短編作品だそう。モデリングはZBrushとMaya、テクチャーはSubstance Painter。ライティング及びレンダリングはMayaとArnold。クラウド(群衆)にはGolaem、FXにはHoudini、合成にはNukeが使用されるなど、プロのプロダクション・ワークフローと相違ないスタイルで制作されているという。


■A New Multi-Dimensional View of a Hurricane
NASA/アメリカ

今年唯一の、サイエンティフィック・ビジュアライゼーション作品である。NASAは、大気の相互作用を研究する為に、衛星観測写真を組み合わせて可視化する技術を開発している。その技術を応用して、2016年の秋に発生し、カリブ海沿岸やアメリカ南部沿岸に大きな被害をもたらしたハリケーン・マシューの視覚化を試みた作品。

A New Multi-Dimensional View of a Hurricane(動画はこちら)


■Far Cry 5:Pastor Jerome
Blur Studio/アメリカ

ブラー・スタジオによる、UBISOFTのゲーム「Far Cry 5」のシネマティックである。筆者が鑑賞した、エレクトリック・シアター8月14日(火)夜9時の回では、この作品は冒頭からノイズが入り、映像が真っ黒になり、そのまま…次の作品へ移ってしまった。動画ファイルのトラブルと思われる。後日、YouTubeのクリップのお陰で無事拝見させて頂いた。筆者の知る限り、エレクトリック・シアターにおける映像トラブルは、これが初めてである。


■Solo:A Star Wars Story
Industrial Light and Magic/アメリカ
関連クリップ

ILMによる、映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のVFXリール。Production Sessionで行われたプレゼンテーション内容に近い構成であった。こちらも見応えあり。


■Death Van
Independent/カナダ

“スペース・ロック・アドベンチャー”なアニメーション作品。架空の宇宙のロックデュオDEATH VANが、ミニチュア空間でのツアーを敢行。演奏しているうちに、いろいろあって、さぁ大変(笑)というお話である。


■One Small Step
TAIKO Studios/アメリカ
予告編

今年のエレクトリック・シアターで、筆者イチオシの作品である。宇宙飛行士を夢見る少女の成長を描いたお話で、ストーリーテリングに長けた、感動的な作品であった。TAIKO Studiosはロサンゼルスと中国の武漢市に拠点を持つ、中国系のアニメータションスタジオらしい。


Weeds
Kevin Hudson Productions/アメリカ

自分の生息エリアにスプリンクラーの水が届かず、水を求めて奮闘するタンポポを描いたコメディ。制作者のKevin Hudsonはディズニー・アニメーション・スタジオのモデリング&アセット・アーティストで、参加しているアーティスト達も、同スタジオのアーティスト達が名を連ねている。


■Bilby
DreamWorks Animation/アメリカ

今年の審査員賞(Jury’s Choice)に輝いた作品。ドリームワークスが贈る、ほのぼのコメディである。ウサギのペリーと、白くてまんまるな鳥カイリーのやりとりを描いた、癒し系ほのぼのアニメ。ドリームワークスの長編アニメ「ボス・ベイビー」が海外配給された際、「日本限定で同時上映が行われた」という事なので、日本でご覧になられた方も多いかもしれない。

もともと、ドリームワークス・アニメーションが2018年2月公開を目標に進めていた長編アニメ「Larrikins」が残念な事に制作中止となり、そのキャラクター達が、この短編作品に引き継がれる事になったのだそう。でも、この長編も、ぜひ見てみたかったなー。


■Bao
Pixar Animation Studios/アメリカ

ご存知、「インクレディブル・ファミリー」の本編前に上映された短編映画。子育てが終わった空虚感に包まれる。中国系カナダ人のお母さんと息子を、中華料理を絡めて綴ったほのぼのストーリーである。この作品を観た後に小籠包や餃子を食べると、より美味しく頂けるので、ぜひお試しあれ(筆者は実践済)。


…あぁ疲れた(笑)。

以上が、今年上映された全25作品のご紹介である。当レポートで、エレクトロニック・シアターの楽しさや雰囲気を少しでも感じ取って頂ければ幸いである。

ちなみに、シーグラフ東京では、10月に開催予定のセミナーで、「SIGGRAPH Traveling CAF上映会」を予定しているという。10月になったら、ぜひオフィシャルサイトをチェック!エレクトロニック・シアターをご覧になりたい方は、是非ともシーグラフ東京のセミナーに足を運んで頂ければと思う。

おまけ:ディズニーの初VR短編「Cycles」がワールドプレミアで公開

「Cycles」を鑑賞中の参加者。VRヘッドセットは3個用意されており、列が早く裁けるよう工夫がされていた

おまけである。

エレクトリック・シアターから話題か逸れるが、最後にちょこっとだけご紹介しておこう。SIGGRAPH2018では、VRの出展が話題の1つだったが、その中でも、注目作品がこちらである。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが贈る初VR短編作品「Cycles」。このSIGGRAPH2018が世界初公開のワールド・プレミアとなり、会場内のImmersive Pavilionにあるブースでは、連日30分待ちの長い列が出来ていた。

「Cycles」の順番を待つ列。30分待ちの人気であった

この作品は、監督を務めたジェフ・ジプソン氏が、ジプソン氏の祖父母が歩んだ人生からインスパイアされた、ほぼ実話に基づくストーリーを、VRという形で表現した作品である。上映時間は6分。

筆者は今年前半、勤務先のVFXスタジオで、この作品のプレゼンテーションを見る機会に恵まれたが、その時は企画や制作過程を紹介するプレゼンテーションだった為、実際にVRで鑑賞したのは今回が初めてであった。ストーリーテリングに長けた、ハートフルな作品であった。

みなさんも、日本で鑑賞する機会があれば、是非ご覧頂ければと思う1本である。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2018-09-07 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.95 SIGGRAPH 2018の見どころ

今年はバンクーバーでの開催。写真はバンクーバーの観光名所として知られるガスタウンの蒸気時計 txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 夏である。夏と言えばSIGGRA... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.94 ILM リードモデラー成田昌隆氏に聞く、ミレニアム・ファルコン号こだわりのモデリングとは

© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. txt:鍋潤太郎 取材協力:Lucasfilm Ltd. 構成:編集部 ▶E... 続きを読む

[Juntaro Nabe’s Hollywood VFX Report]Vol.94 How Masa Narita/ILM Lead Modeler modeled high detailed Millennium Falcon for Solo: A Star Wars Story

© 2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. By Juntaro Nabe ▶日本語版はこちら ――I believe... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.93 「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」公開の3日前から並んだ人々

ハリウッドのTCLチャイニーズ・シアター(筆者撮影) txt:鍋潤太郎 構成:編集部 取材協力&Special Thanks:Ric Peralta - PR/Media Li... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.92 瀬尾篤氏に聞く、アメリカのゲーム業界最新動向

左から、瀬尾 篤氏、ギャレス・リチャーズ氏、ダニー・チャン氏(瀬尾篤氏 提供) txt:鍋潤太郎 構成:編集部 はじめに 本欄でもレポートさせて頂いた第16回VESア... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.96 SIGGRAPH2018 エレクトロニック・シアターレポート