PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 高信行秀 > [Hands-On Final Cut Pro X]Vol.01 Off The Tracks~Final Cut Pro Xが生まれるまで

News

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.01 Off The Tracks~Final Cut Pro Xが生まれるまで

2018-09-11 掲載

txt:高信行秀 構成:編集

Final Cut Pro Xに迫ったドキュメンタリー映像「Off The Tracks」とは?

2018年6月27日、1本のインディーズ映画がハリウッドで行われた「LACPUG」(Los Angeles Creative Pro User Group)のユーザーミーティングの場で公開された。題名は「Off The Tracks」、Final Cut Pro X(以下:FCPX) に迫ったドキュメンタリー映像だ。監督はブラッドリー・オルセン。彼にとって初の映画作品となる。

監督のブラッドリー・オールセン

映像編集ソフトのことを題材に、そして無名の監督といった特殊な内容と条件にもかかわらず、ファンディングプラットフォーム「Kickstarter」を使って集められた製作資金は2.6万ドルとなった。このことからも多くの人々がこの内容に関心を持っていたことがわかる。

Final Cut Proシリーズの生みの親、ランディー・ウビロス

内容はインタビュー形式で集められた証言を基に構成されており、Premiere/Final Cut Pro 7/FCPXの生みの親であるランディー・ウビロス氏(元アップル)、そしてFCPXのインタフェースデザイナーであったデイブ・サーブ氏(元アップル)、そしてFCPXを囲むコミュニティの人々の証言を集め、FCPXのリリースから現在までを追い、FCPXへの理解とFCPXを取り巻く現在の「複雑」な状況を視聴者に問いかける内容となっている。

インタビューに答えるメンバーもとても豪華だ

さて、先にFCPXの状況を「複雑」と書いた。ここでいう「複雑」な状況というのは、技術的な部分ではなく人々の持つ「感情」と、実際に起きている「実情」においての事柄だ。「Off The Tracks」ではこれをうまく取り上げてストーリーを構成している。

愛されたFinal Cut Pro 7 とその影

ここで書くまでもなくFinal Cut Pro 7(以下:FCP7)は多くのエディターに愛された編集ソフトだった。映画/放送/VPなどの業務用途からホビーユースまで沢山の人に使われ、FCP7から映像の世界に入った人も多く、それ故に思い入れの強い方も多い。

愛される存在は、必ず何らかの「偏り」を生み出す。FCP7の存在に虐げられ良い思いをしなかった人々、逆に深く傾倒してしまった人々などを生み出した。これが、先に書いた「複雑」な「感情」の部分だ。FCPXはリリースされる前からこれらのものと直面しなくてはいけなかった。

FCPXはリリースされる前から批評に晒されていた

そして、その結果は皆さんのご存知の通りである。その影響の一例を「Off The Tracks」の内容から紹介すれば、Final Cut Proに関連したあるパートナーのビジネスの規模は一時、半分に減ったそうだ。風評はインターネットによりバイアスがかかり、より事態を悪化させていった。

「Off The Tracks」ではストーリーの導入の部分でこれらの内容を取り上げており、様々な人々の証言を元に淡々と描かれていく。そこではこの事態がとても奇妙な状況の上で起こっていたことが理解できる。

急激な変化

どのような背景があったにせよ、FCPXへの変化はこれまでのFCP7ユーザーに大きな「痛み」をもたらした。先のパートナーのビジネスへの影響もそうだが、さまざまなユーザーに影響を与えていた。本作では前半の部分でこのことについて触れられている。

FCPXのリリースに伴いFCP7の出荷は停止された(※これは後にウビロス氏の訴えによりジョブズ氏が再出荷を指示することとなる)。FCP7に新しいバージョンが出ないことは、FCP7に特化して構成されたシステムは信用を失い、ユーザーは新しい道を選ばざるをえなくなった。これはユーザーにとってコスト的な痛みも生じさせることとなった。

FCPXのリリースとともにFCP7の出荷が停止することでユーザーに大きな影響を与えた

ちなみに日本においては、良くも悪くも「変化しない」ことで影響を抑えていた。例えば、とあるキー局のある部署では数十台のFCP7の端末をこの春に別のNLEに置き換えたばかりだったりする。それ以外でもPremiereとの併用でFCP7の使用を続けているところも多い。ただし、このような対応に伴う代償はOSやMacの更新が滞ることとなり、最新の環境を前提とした新しいテクノロジーから遅れをとることも少なくない。これも「痛み」と言えるだろう。

ちなみにランディー・ウビロス氏はこの変化に関して、もっと緩やかな変化を望んでいたようで、本当は別にプランがあったのだが、アップルとしてのスタイルとして思うようにはできなかったことが語られている。

Final Cut Pro X ができるまで

ここまでの大きな影響をユーザーに与えることとなったFCPX。ストーリーの中盤にはその開発経緯に関して描かれている。

「なぜスキミングの発想ができたのか?」「マグネティックタイムラインはどういう発想から?」「スティーブ・ジョブズは?」などと、なかなか興味深い部分が多いのだが、その内容は映画をご覧になって楽しんでいただきたい。特に「iMovie Pro」の部分は驚きと納得の部分となるだろう。

スキミングが生まれた経緯などの説明シーン

Final Cut Pro Xの魅力

作品の流れとしては前半までが、FCPXの登場による人々への影響を描いたストーリーで、中盤以降はFCPXの魅力について描かれている。「これだけの痛みの先にあるものは」といった視点だ。

FCPXの魅力は何よりもシンプルさとスピード、そしてマグネティックタイムラインだ。マグネティックタイムラインに関しては本作の中で掘り下げて紹介されている。

マグネティックタイムラインに関しては、否定的な人が多いのは確かだが、これはその理屈を理解できていない方に多く見られる傾向だ。例えば、作中ではマグネティックタイムラインではないタイムラインを「ノンリニア編集にカバーをかけてリニア編集に似せたもの」と言っているシーンがある。マグネティックタイムラインを理解できている方には納得のシーンだろう。

FCPXのインターフェースデザイナーだったデイブ・サーブがコンセプトを説明

劇中ではマグネティックタイムラインについてFCPXのインタフェースデザイナーだったサーブ氏のコンセプト説明を幹に、その他のユーザーの証言を絡めてマグネティックタイムラインの紐解き方が展開される。

その他にも、劇中ではマグネティックタイムラインではない現状のタイムラインの問題点を挙げて比較している。この辺りの「当たり前」だった部分に疑問を持たせる内容は、興味深く見ることができるのではないか。

また、劇中でも言われているが「あまり知られていない」パワフルな機能がある。例えば他のNLEでは見ることができない範囲ベースでのキーワード管理やメタデータをフル活用したスマートコレクション機能、PremiereやDaVinci Resolveでも参考にされたプロキシ機能。これらもFCPXの魅力と言えるだろう。

旧来のタイムラインで起きていた問題点などをあげながら説明

ハリウッドへの挑戦

作品の中ではハリウッド映画「Whiskey Tango Foxtrot」(邦題「アメリカン・レポーター」)でのFCPXの挑戦が描かれている。同作品はいくつかあるFCPXで編集された長編映画の一つだ。

ハリウッド映画へのチャレンジ

FCPXが映画で使われること自体は取り立てて珍しいことではないが(現に「Off The Tracks」もFCPXで製作されている)、98%がAvid社Media Composerが使用されていると言われるハリウッド映画の世界での話でだ。

マイケル・チオーニ氏をはじめとする映画に関わったスタッフ

Light Iron社(Panavision)のマイケル・チオーニ氏などの有力なメンバーがサポートしたこのアクション。その結末は作品でご確認いただきたい。

「今」を考える

本作の終盤では「今」における映像のあり方と、そこに関わるFCPXについて描かれている。例えばYouTubeやSNSなどに対してだ。ご存知の方もいるとは思うが、事実としてFCPXがYouTube…、いわゆるYouTuberにとても人気がある。海外の有名YouTuberが使用している他、日本でもみなさんも聞いたことがあるであろう名前が使用者に出てくる。

FCPXはすでに200万人以上のユーザーを持つ

FCPXがこれまでのビデオ業務ユーザーとの関係が停滞しているのに反して、YouTuberなどの新しい世代のユーザーには大変好評を得ている。実際、FCPXのユーザーは2017年4月の段階で200万人を超えていると発表されている。実はこのような部分が先に書いた「複雑」な「実情」の部分であり、立ち位置が変わると見えている光景が違っているのだ。

賢明な方はご存知だが、YouTubeにあげられる映像のクオリティは日に日に上がっている。映像の内容はもちろんだが、映像技術に至っては、4K/8K、HDR、広色域、VRと最先端のものが「今」利用できる。最新技術を使用しているかは別としてもFCPXはその中で評価を得られているのだ。

印象的な場面がある。アレックス・ゴルナーはこう言い切る。

映画で使われているものと同じものだと言って興味を引くことは10年も前のこと。今はプロに使われているかは関係ない。彼ら(YouTuber)にとって簡単にストーリーを作り出せるからFinal Cut Pro Xが選ばれているんだ。

実はこの内容は先のハリウッド映画へのチャレンジと対比となっている内容だ。そしてこの内容に関してはそれぞれに受け取り方があると思う。みなさんはどう思われるだろうか。

高校でのビジュアルリテラシーの授業の風景

話をYouTubeから戻そう。そしてストーリーは更に進み、コミュニケーションとしての映像のあり方、そしてその際に必要となるビジュアルリテラシー(映像コミュニケーション能力)の話題についても広げて行く。この辺りは普段の業務とは関係のない部分と思われることかもしれないが、映像に関わるものとして一度考えるべきことなのだろう。

そしてストーリーは終わりを迎える。

きっと見方が変わるだろう

この度、PRONEWSにてFCPXに関しての連載の機会をいただいた。本来は技術的な部分を書くべきだろうが、今回は編集の方に無理を言って「Off The Tracks」の紹介を書かせていただいた。

「Off The Tracks」を見ることで、きっとFCPXの見方が変わるだろう。そしてFCPXに関わらず「映像」というメディアが取り巻く環境の変化に色々考えさせられることもあるだろう。そして改めて「なぜFCPXなのか」が理解できるだろう。

この連載では「Off The Tracks」に倣って、できるだけFCPXの見方が変わる(広がる)ような内容を書いていければと考えている。そのきっかけとして第1回目の内容を「Off The Tracks」の紹介とさせていただいた。

私はマニュアルやガイド/テキストの類は数多く書いてはいるが、基本的にこのような表立った記事を書くことに不慣れだ。連載中、お見苦しい部分があるかもしれないがお付き合いいただければと願う。

「Off The Tracks」について

「Off The Tracks」は現在、日本から「VHX.tv」のサイトで購入することができる。購入したものはダウンロードでき、ローカル環境でも再生することができる。VHX.tvはVimeo関連のサイトなどで安心して利用できる。Amazon USでも販売/レンタルされているが字幕に関して不明確なので現段階ではお勧めできない。

VHX.tvでダウンロードできる映像データは英語音声のみだが、日本語字幕データ(.srt)がダウンロードできるのでVLCなどを利用することで字幕表示で視聴することができる。より詳しい「Off The Tracks」の情報やVHX.tvへのリンクは下記サイトから。

「Off The Tracks」


WRITER PROFILE

高信行秀 ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。


[ Writer : 高信行秀 ]
[ DATE : 2018-09-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.03 効率の良いデータ管理を目指すには?

txt:高信行秀 構成:編集 前回の「クリップの整理」に続いて、今回はさらに地味な「データ管理」について説明していく。ここでの「データ」とは映像/静止画/オーディオなどの... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.02 物語を紡ぐためのスクラップブック

txt:高信行秀 構成:編集 今回はクリップの整理について 連載の序盤は派手めな機能に注目を集めるべきだとおもうが、今回は地味な内容である「クリップの整理」につ... 続きを読む

WRITER PROFILE

高信行秀 ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 高信行秀 > [Hands-On Final Cut Pro X]Vol.01 Off The Tracks~Final Cut Pro Xが生まれるまで