PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 小島真也 > [DaVinci Resolveで始めるカラーグレーディング]Vol.01 カラーグレーディングの第一歩

News

[DaVinci Resolveで始めるカラーグレーディング]Vol.01 カラーグレーディングの第一歩

2018-09-14 掲載

txt:小島真也 構成:編集部

はじめまして

今回からカラーグレーディングの考え方や映像のカラー調整について、写真家としての20数年間の画像処理の経験を踏まえて、デジタル映像のカラー調整の基本を解説していく。

使用するソフトウェアは、今やカラーグレーディング・ソフトの代表格となったDaVinci Resolveなのだが、本稿はカラー調整の基本的な考え方と処理方法を解説するものなので、他のソフトウェアでも十分に応用が効くと思う。

カラー調整ツールが充実しているFinal Cut Pro XやAdobe Premiere Proなどの映像編集アプリは、DaVinci Resolveのインターフェイスや使い方を踏襲しているので迷うことなく使えるはずだ。

(01)ヒトが見ると言うこと

そもそもヒトはどんな仕組みで周りのモノを見ているのだろうか?我々はカゴに入ったレモンがテーブルに置かれているのを見て、「あっ、テーブルの上にカゴに入ったレモンがたくさんある」と思うわけだ(図01-01)。これを信号の伝わる道筋で考えてみる。

図01-01

まず、窓から入ってきた太陽光はカゴに入った黄色いレモンを照らす。それに反射した光が眼球というレンズを通過して、網膜に映像を映し出す。この網膜には大雑把に言って「色」を感じる細胞と「明るさ」を感じる細胞がびっしりと並んでおり、映った映像を電気信号に変える。その信号が視神経を通って脳に送られ、過去の記憶と照らし合わせて「黄色いレモン」と分かるのである。

なぜ、こんな眼の仕組みの話をしたのか?カラーグレーディングというカラー調整の基本的な要素が、網膜を形作っている色の細胞と明るさの細胞と同じように「色と明るさ」にあるからだ。色と明るさでは漠然として分かりにくいので、ここでは「色調」と「コントラスト」ということにする。

ザックリというと、色調とは色合い(色相)+鮮やかさ(彩度)のこと。コントラストは真っ白から真っ黒までの明るさの段階(階調)の「差」、別の言い方をすれば”明部と暗部のバランス”と考えても良いだろう。コントラストが高くなる(ハイコントラスト)とは、明るい部分と暗い部分がはっきりと別れて中間の階調がなくなってしまうこと。分かりやすく言えば、白と黒がハッキリしている映像だ(図01-02)。

図01-02

逆にコントラストが低くなる(ローコントラスト)とは、明暗の差が少なくなり中間階調ばかりとなってしまうこと。これを、真っ白も真っ黒も画面内に存在しない「ねむい絵」といっている(図01-03)。

図01-03

(02)波形モニターの確認

映像のカラーグレーディングは、まず最初にコントラストから調整する。一度でもコントラスト調整を経験した方はお気づきかと思うが、調整を進めていくと通常は色調がみるみる鮮やかになっていく(これを色の彩度が上がると言う)。もしも最初に色調を調整していたら、次にコントラストを調整することで、せっかく調整した色調がズレてしまう。最初にコントラスト調整を行う理由である。

実際のコントラスト調整に入る前に、映像の明るさ(輝度)を表すグラフ「波形モニター」(ウェーブフォームともいう)を見てみよう。図02をご覧いただきたい。

図02

波形モニター(図02-01)の横軸は画面内のモノの位置に対応しており、この図では白い狛犬や赤い鳥居、青い空(図02-02)が波形モニター上で確認できる(オレンジ色の囲み部分)。また縦軸は輝度を表しており、10bit処理をしているDaVinci Resolveは真っ黒が「0」、真っ白は「1023」となる(8bit処理なら0~255)。

図02-01 図02-02

(03)コントラストの調整

DaVinci Resolveはコントラスト調整だけでもプライマリーホイール、プライマリーバー、簡易コントラスト、カーブという4つのツールを実装している。今回はその中でも最もポピュラーな「プライマリーホイール」を使うことにする(図03)。

図03

プライマリーホイールのカラーバランスコントロールである「リフト」「ガンマ」「ゲイン」の調整範囲は、大まかに映像の暗部・中間部・明部に相当している。ちなみにイメージ全体の調整は「オフセット」で行う。コントラスト調整は、カラーバランスコントロールの下にある「マスターホイール」をマウスで左右にドラッグすること(回すこと)で調整する。

まずは暗部であるリフトの調整から。映像と波形モニターを見比べながらマスターホイールを左に回して(ドラッグして)(図03-01)、狛犬台座の影や右端にある樹木の「暗さ」を決める(図03-02)。グラフが下に降りてきて、暗部がグッと締まってきた(図03-03)。

図03-01 図03-02 図03-03

次に明部の調整。ゲインのマスターホイールを右に回してグラフを上に伸ばし、画面内の主要な被写体である狛犬のハイライト部分の「明るさ」を決める(図03-04)

図03-04

図01の波形モニターと比べると明部と暗部の上下幅が広がり(グラフが縦長に伸び)、メリハリが効いた鮮やかな映像に仕上がった。これでコントラストが「拡張」されたことになる。プライマリーホイールは、少々無理な調整をしても︎トーンジャンプが起き難いよう工夫されたツールだ。

※トーンジャンプ:空などの滑らかなグラデーションに発生しやすい縞模様に似た階調飛び

暗部や明部の限られた部分だけではなく、ずっと広い領域を下げたり上げたりしている。例えばゲイン調整で明部の最も明るい部分だけを持ち上げようとしても、ガンマ(中間部)やリフトも少しづつ引っ張られる。せっかく最初にリフトを下げて暗部を締めていても、次にゲインを大きく上げると暗部もわずかに上に引っ張られてしまうということだ。

こうして、広い範囲を同時に処理することでトーンジャンプを防ぐ仕組みになっているのだ。今回の例では問題なかったが、とてもコントラストの低い(ねむい)映像の場合はガンマとリフトをもう一度わずかに調整する必要があるかもしれない。

(04)カメラのスタイル設定

ソニーやパナソニックのカメラには、カラー調整をしないまま納品する「撮って出し」の設定と、撮影後のカラーグレーディングを前提とする設定が実装されている。ピクチャープロファイルやシーンファイルと呼ばれるもので、その中には「Cine2」や「CINE-LIKE D」(パンソニックのシーン6)といった「コントラストを低め」に設定したプリセットが収納されている。

ソニーのピクチャープロファイル パナソニックのシーンファイル

ねむい映像をコントラスト拡張してメリハリの効いた、見やすく、好感の持てる映像に調整することがカラーグレーディングの本来の目的だ。納期が短いのでRAWやLogの処理は無理だが、さりとてスタンダードのような撮って出し設定では味気ない。

そんな時には明部を飛ばさず、暗部をつぶさない「ローコントラスト」の設定で収録し、カラーグレーディングという色の演出をしてみてはいかがだろうか?次回はプラリマリーホイールのカラーバランスコントロールや色温度、ティントなどを使っての「色調」を見ていくことにする。


WRITER PROFILE

小島真也 写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。


[ Writer : 小島真也 ]
[ DATE : 2018-09-14 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

WRITER PROFILE

小島真也 写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 小島真也 > [DaVinci Resolveで始めるカラーグレーディング]Vol.01 カラーグレーディングの第一歩