PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 山本加奈 > [モノレゾ〜モノつくりの解像度〜]Vol.01 万引き家族ができるまで〜近藤龍人撮影監督が取り組んだこと

News

[モノレゾ〜モノつくりの解像度〜]Vol.01 万引き家族ができるまで〜近藤龍人撮影監督が取り組んだこと

2018-09-21 掲載

取材・文:山本加奈 構成:編集部

今回から始まるこのコラムは、映像作品におけるモノつくりの解像度を追いかけていく。まずは、是枝裕和監督作「万引き家族」を取り上げてみたい。同作品は、第71回カンヌ国際映画祭で、最高作品賞となるパルムドールを受賞した。日本映画がパルムドールを受賞したのは1997年の今村昌平監督の「うなぎ」以来、21年ぶりだ。是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る本作を、みごとに映像に落とし込んだ撮影監督の近藤龍人氏にインタビューを行った。果たして近藤氏のそのモノつくりの解像度はどのようなものだろうか?

近藤龍人
撮影監督。1976年生まれ、愛知県出身。大阪芸術大学映像学科在学中、熊切和嘉監督の卒業制作「鬼畜大宴会」(1997)に参加。以降多くの熊切作品の撮影を手がける。また、大学同期の山下敦弘監督作品は「天然コケッコー」(2007)、「マイ・バック・ページ」(2011)、「オーバー・フェンス」(2016)に至るまで、多くの撮影を担当する。他、「パーマネント野ばら」(2010/第54回日本映画撮影監督協会新人賞受賞)、「桐島、部活やめるってよ」(2012/第34回ヨコハマ映画祭撮影賞受賞)などがある。

瞬発力で捉え、フィクショナルに描く

「万引き家族」監督・脚本・編集:是枝裕和
あらすじ:高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。足りない生活費を万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、口は悪いが仲よく暮らしていた。ある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。
――受賞おめでとうございます。「万引き家族」という日本映画が、カンヌで評価された感想は?

感動しました。嬉しいです。賞を頂きまして、より多くの国で公開が決定しました。こんな素敵なことはないと思っています。自分が幼少期に、アメリカ映画に触れたように、例えばメキシコの子供達が、日本映画を見て、それがきっかけで将来映画制作に携わる子が増えたらちょっと嬉しくないですか?邦画がもっと世界進出できればいいなと思います。

――言葉以上に画が語りかけてくるシーンの数々が印象的で、是枝裕和監督と初めてのお仕事とは思えないほどでした。近藤さんとしてはどういう目標をもって挑まれましたか?

当初、是枝監督映画は、ドキュメンタリー的な方法で制作されていると思っていました。実際に現場に入ってみると、全くそうではないんですね。これまで組まれていたカメラマンの方の色がより濃く出ていたのかもしれませんが、僕が参加するのであれば、何か違うテイストを加えたい、そして、生々しい家族の話というとこともあり、寓話的そしてフィクショナルな画作りをしたいと思いました。

――フィクショナルな画にする理由は?

観客側がいい距離感で鑑賞できるのではないかなと思ったからです。その分、緩急もつけられます。後半部分の取り調べのシーンはシナリオがかなり具体的に書かれていたので、ガラリと雰囲気を変えて、話を活かそうと考えました。そのためにも、前半はフィクショナルなトーンで制作することによって際立つと思ったんです。

――これまでの是枝カラーを踏襲しよう、というよりも、純粋にシナリオから着想していったと。

是枝監督は、役者との距離感、現場の進め方など現場の雰囲気を大事にされる方なんですね。そこを押さえておけば、監督の色からはズレないと思いました。

監督や役者が撮影現場に揃った時に、動きの確認をしたりお芝居を固める「段取り」という作業があるのですが、僕はその時の瞬発力に賭けていたような気がします。こう撮るべきだという考えに固まらないように心がけました。例えば、最初に撮ろうとしているカットに加え、その後アップで撮る予定だったカットも背中だけの画で通せるのではないかと思ったら、コンテと異なっていても、「ここはこういうアングルで一連でどうでしょうか?」と提案をしました。そういう提案をすることが今回の僕の仕事なのではないかと思っていました。

演出とズレない範囲の中で、もしくは少しズレても、作品が広がっていく撮影があり、それも面白いのではないかと思います。今回は余裕のあるスケジュールだったので、探りつつ、膨らませていきました。コンテ通りに進める撮り方だけではなく、目の前のものを見て撮りたい、と思っています。膨らませていった感じです。やっぱり目の前のものを見て撮りたいと思います。

近藤さんはコンテと台本は全て頭の中にいれて現場にくるんです。そして現場ではお芝居だけをみる。そういう撮影監督さんです。制作スタッフ談
――そういう現場において化学反応が起こった、上手くいったエピソードがあれば教えて下さい。

祥太(城桧吏)と治(リリー・フランキー)が戯れる「駐車場のシーン」は、「瞬発力」が発揮された箇所だと思います。段取りをみて「ココで俯瞰にはいろう」とひらめき、監督に提案させていただきました。

「海の底」になぞられた世界観とルック

――フィクショナルな画を作るための約束事はありましたか?

カメラテストで、大きな世界観を決めました。それで「色」、特に「青」を強めに出していきたいという話は監督としていました。これまでの是枝監督作品は、すっきりとした画の印象だったのですが、本作はこってりさせたいと思ったからです。カメラテストの結果、「それでいきましょう」と言っていただきました。

――社会の底辺で生きる家族を描く部分を、海底になぞられて捉えていらっしゃるそうですが、その設定も最初に決められたのですか?

最初のシナリオには、海を想起させるようなことが書かれていました。監督はシナリオを頻繁に直されていて、一時期は「海」が前面に出た稿もありました。監督の中には海というイメージがあったのは明らかなんですね。

「スイミー」(著:レオ・レオニ)のエピソードが劇中に登場しますが、監督が本作の脚本執筆の取材中に、児童養護施設で出会った女の子が、教科書の中の「スイミー」を音読してくれたことから着想しているそうです。一度はこの絵本の冒頭がタイトルになるくらい、海の中で生活する小さな魚たちと、この家族が重なり合うイメージだったようです。治(リリー・フランキー)と信代(安藤サクラ)が、ゆり(佐々木みゆ)を親に返しに行こうとするシーンでは、海の底を歩いているようなイメージで撮っています。ロケ場所に、印象的な青い色があると、それを活かせるように監督と話し合って作っていきました。

――印象的なシーンとしてよく語られる「花火のシーン」も、どこか水を思わせる質感がありますが、海の底という設定だったんですね。

「花火のシーン」については皆さんによく聞かれるシーンですが、もともと「都会のビルの狭間にポツンと残された家」「社会においていかれた、その家の俯瞰を撮りたい」というイメージが監督の中にありました。ロケ地もそういった事を想定してマンションに囲まれた場所を探していました。

35mmフィルムで撮影するということ

ロケ撮影の台所 セット撮影の台所

セットでの撮影は約15日間に渡った。この家で生活している「家族」の形が少しずつ作られていったセット撮影中は、本作品が面白くなるということが見えた瞬間だったという。

――ほぼ35mmフィルムで撮影されたそうですね。

一部デジタルであるARRI ALEXA Miniを使用しました。波の荒い海にでる場面があり、限られた時間の中でのロールチェンジが難しいなどの様々な理由から、そのシーンのみデジタル撮影を選択しました。

35mmは監督のこだわりが大きいです。これまでの作品もほとんどフィルム撮影されていますよね。僕もこの作品にはフィルムの質感が合うと思ったので、フィルムを使いたいと思っていました。デジタル撮影でも仕上げでフィルムの質感に近づける作業は行えますが、今回のようにフィルムを選択できる環境があるならば、フィルム撮影がいいなと思います。フィルムが常に良いという訳ではなく、作品によって選択肢があることが良いと思っています。

――寓話性の対にあるリアリティもこの作品の魅力だと思います。どういうところにこだわりましたか?

個人的に考えていたのは、人物の寄りをどういう角度で、どう撮るといいかということです。その辺りのことをとても考えて撮影していました。

全編を通しては、「子どもの目線」の高さで撮ろうと思っていました。祥太くんの目線から見た父親の顔、煽って見上げる大人を捉えたいと思いました。それをなんとか最後まで貫くことができたんじゃないかなと思っています。

近藤龍人からみる是枝スタイルとは?

――6名の主要キャラクターが登場する本作ですが、使うカメラは1台のみ。その意図するところは何でしょうか?

監督に複数台必要なシーンはありますか?と提案はしたのですが、「一つひとつワンカットごとに演出をきちんとつけてやっていく」という話でした。そういうやり方に強い意志をお持ちの方だと察しました。子どもも多いですし、芝居を数台のカメラで撮影して一度でおさえるという選択肢もあるのですが、1台で撮影するというのは是枝監督のこだわりからです。

――その際に大変なことはありましたか?

どのサイズの、どのカットから撮影すればよいのか?は、監督に相談しましたね。何度も(演技を)やってもらうことにもなりますし、最初に子どもたちのキラキラした部分をおさえてしまいたいのか、それとも状況を理解したころに子どもたちを撮ったほうがいいのか、撮影をする順番には気を使いました。

普段は、マスターショットという広い全体的な動きを押さえてから、そこから何が必要かという流れになることが多いのですが、今回はまず表情から撮りましょうという判断が多かったです。 それぞれのキャラクターにおける是枝さんの演出が明確にあり、また役者の方のお芝居によってそれぞれのキャラクター性が出ていたいので、僕の方では、子ども目線にするのか、それとも客観的な視線にするのか、それぞれのシーンでのウェイトの置き方を考えることに集中しました。

――是枝さんと初めて映画作りをした感想をお願いします。

最初にも話しましたが、ドキュメンタリーのように作ることも大切にしていると思いますが、基本的には演出ありきの作り方だと感じました。世の中的に「是枝監督は子役に台本を渡さない」と聞こえていますが、その真意は家で練習をするなということなんですよね。表情が大切なときは、テストなしで狙っていくこともあるし、何度もテイクを重ねるシーンもあり、巧みに使い分けをされているんです。脚本はすごく練られています。

監督は日々撮影した素材を持って帰って編集と確認をして、次の日に臨みます。それによって、翌日新たにシーンが加えられたりと、常に脚本を推敲されています。そうやって監督の作品は作られてきたんだなということを改めて実感しました。

――最後に、近藤さん自身の可能性も広がったと思うのですけれども、今後挑戦してみたいことはありますか?

もうちょっと日本でがんばります(笑)。

「万引き家族」

http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

  • 監督:是枝裕和
  • 撮影:近藤龍人(J.S.C)
  • 色彩計測:小林拓
  • セカンド:大和太
  • サード:和田笑美加
  • フォース:熊﨑杏奈
  • 照明:藤井勇
  • 制作:AOI Pro.
  • 配給:ギャガ
  • 製作:「万引き家族」製作委員会

WRITER PROFILE

山本加奈 山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。


[ Writer : 山本加奈 ]
[ DATE : 2018-09-21 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

WRITER PROFILE

山本加奈 山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 山本加奈 > [モノレゾ〜モノつくりの解像度〜]Vol.01 万引き家族ができるまで〜近藤龍人撮影監督が取り組んだこと