PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.09 BMPCC 4Kはフルフレームミラーレス動画時代への処方箋

News

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.09 BMPCC 4Kはフルフレームミラーレス動画時代への処方箋

2018-10-02 掲載

txt:鈴木佑介 構成:編集部

NAB2018での発表からおよそ半年。本当に9月に発売するの?と半信半疑だったBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K(以下:BMPCC 4K)の出荷が9月末日、ついに始まった。ただ、初回入荷数はかなり少なく、入手が困難な中、筆者は1台を運良く手にすることができた。定期的には入荷するようなので、予約をされている方は、もう少し待っていて頂きたい。

早速BMPCC 4Kの到着から数日、仕事での運用の前に行ったテスト結果をみなさんにシェアしていきたいと思う。まずは代表的な機能と実際の使用感からはじめたい。

(1)パッケージ内容

BMPCC 4Kのパッケージングは、いたってシンプルだ。

  • 本体
  • バッテリー
  • ACケーブル
  • DaVinci Resolve Studio(アクティベーションキー)
  • マニュアル(SDカード)

まるでApple製品の様に美しくパッケージングされている。

バッテリーはLP-E6。互換製品でも大丈夫だが、%表示がされないものもあるので注意。Canon純正品はきちんと%表示がされる。実際の持ち時間としては1本で40分程度。バッテリーが少なくなっても特にアラートなどは出ないの長回しには注意が必要だ。

(2)ボディについて

5インチの背面スクリーン

BMPCC 4Kの発表時、その形状から大きい、重そう、という印象を受けたかもしれないが実際手にしてみると想像以上に軽く感じ、持ちやすい。

URSA Miniと同様の優れたタッチスクリーン式のUI

BMPCC 4KのUIだが、ボタン、スイッチ類も良い配置になっている。マニュアルを読まずとも、直感的に操作することができた。グリップにはダイヤルがあり、基本アイリスの操作が割り当てられているが、WBやシャッタースピードなどを選択した際はアクティブになっているものの操作がダイヤルで可能になる(後述するが、液晶のタッチパネルでもこれらの操作は可能)。録画ボタンの横にカメラマークがあり、押すと約800万画素の写真も撮る事ができる。また、録画ボタンはボディ前面にもある。

カメラ上面には録画ボタン、シャッターボタン(写真も撮ることができる)、ISO、シャッター、ホワイトバランスの3つのボタン、ファンクションボタンが3つあり、デフォルトでは

F1:フォルス・カラー
F2:ディスプレイ LUT
F3:フレームガイド

となっていて、筆者はF3にフォーカス・ピーキングに変更している。

BMPCC 4K最大のウリは背面の5インチの大型液晶画面であろう。一言、とにかく綺麗で見やすい。よほどの晴天下で無ければ外でも視認できる。外で画面が見えなくて露出が取りづらい時はフォルス・カラーを使うと撮影しやすい。

フォルス・カラーの表示色

フォルス・カラーは入力画像を輝度別に異なる色で表示することで、カメラの露出合わせをアシストしてくれる機能だ。白飛び、黒潰れ、適正露出を色で表示してくれるので露出状態を視覚的に確認することができる。BMPCC 4Kの場合ピンクからグリーンになるように適正を取るようにすれば良いのだ(表参照)。

白飛びの部分は赤で表示される 露出調整が的確にできる

とにもかくにも、すべては画面が大きい、という事が最大の強みだ。画面が大きければ大きいほどフォーカスの確認、バレモノ、様々なものに「気が付くことができる」のだ。バリアングルでは無い固定式だが、もう小さなモニターには戻れないだろう。また、この液晶はタッチスクリーンになっていて、ボタン以外の操作はタッチスクリーンで行う。設定できる項目が多いので、ここでは省略する。これは実際に触ってもらうと感動モノなのだが、反応速度がすばらしく、とにかくわかりやすいUIになっている(URSA miniと同様のことだが、筆者は初体験)。

タッチでもAFが効く(レンズ側をAF設定必要)

ボディの背面、液晶の右横上部にはズーム表示ボタンとAFボタンがある。AFについてだが、あくまで「オートで合焦」させるためのAFだ。既存の一眼ムービーのようなAFのような追従性はないが「手っ取り早くフォーカスを合わせる」AFとしては想像以上に使える。レンズ側をAFに設定しておくことが条件になるが、状況によっては使えるだろう。また、さりげなくタッチフォーカスでもAF操作が可能だ。

背面スクリーンを上にスワイプすると画面表示が消え、下にスワイプすると再表示される。フォーカス拡大時には指先でズーム位置を変更できる

そして液晶の表示は上にフリックすることで消え、下にフリックすることで再表示される数多くのカメラを触ってきたが、こんなにUIに不満が無いカメラは初めてだ。とにかく直感的に触ることができるのだ。全ての国内メーカーにこのUIを真似して欲しいと心から思う。余計な機能を削除し、必要な機能がわかりやすく並んでいる。思いやりと思い切りを感じるのだ。「デザインとはかくあるべき」このBMPCC 4Kで筆者が一番気に入っているポイントがこのUIだったりする。

(3)レンズ

OLYMPUS 12-100mm F4 ISを装着したBMPCC 4K。手ぶれ補正の効きがとても良く、描写も良い

BMPCC 4KはM4/3マウントを採用しているということで、ネイティブ/アダプターを使用してのEF/G/オールドレンズなどご存知の通り、多様なレンズの選択肢がある。筆者が「標準レンズ」として選択したのがOLYMPUS 12-100mm F4 OSだ。35mm換算で24-200mm F4で手ブレ補正がついているというフルフレームでは実現が難しい、超便利ズームだ。以前筆者がGH4(M4/3マウント)を使用していた頃には発売されておらず、使ってみたいと思っていたという理由でチョイスをしたのだがこれが完全に大当たり。

まず手ブレ補正の効きが素晴らしく良い。少しコツは必要だが換算200mmでも全然ブレない。またF4通しということもあり画質には正直期待をしていなかったが、なかなかどうして。プライムレンズと比較してしまうともちろんアレだが十二分の画を見せてくれる。奇しくも初回ロットを手にした数人の友人ビデオグラファー全員がこのレンズをチョイスしており、一様に同じ感想を持っていたのもお伝えしておきたい。レンズが手に入るタイミングで買っておくことをオススメする。OLYMPUS 12-100mm F4 ISはポケシネ4Kの標準レンズと言っても過言では無い。

(4)撮影テスト

今回はBMPCC4Kと12-100mm F4 OSを手持ちで使用してのテスト撮影を行い、撮影したものはLUTを使わずにグレーディングを施した。設定はUHD 4K24pでのRAW(Cinema DNG 3:1)撮影。メディアはCFast 2.0 Sandiskの512GBのものを使用し、内部収録を行った。

いくつかの条件下で使用してみたが、まず撮影してみての全体的な印象は、発色が素直で色が出てくるのがとにかく早い。「コントラストが綺麗にハマると発色する」ことを地でいく感じだ。RAWで撮影したものはDaVinci Resolve上で「デコード」(要するに現像処理)が必要になるのだが、ここでパラメーターをいじるだけでプライマリグレーディング(ノーマライズ)は終わり、すぐにセカンダリグレーディング(演色)作業へと入ることができる。もちろん普通にノードでのグレーディングも可能だ。コントラストをいじって、少し調整かけるくらいでプライマリがあっという間に終わる。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_58-1552.jpg グレーディング前
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_50-1551.jpg グレーディング後
※画像をクリックすると拡大します
13stopのダイナミックレンジなだけあってシャドウからハイライトまで素晴らしい階調表現をしてくれる。これが15万のカメラでいいのだろうか

そして13ストップのダイナミックレンジ、12bitの情報量は伊達じゃ無い。写真を見ていただきたいのだが、従来のビデオではハイライトを飛ばすか、黒を潰すか選ぶしかないような表現が難しい状況下で「自分の見た目」に限りなく近い画を撮ることができる。少なからずビデオ撮影をしている方であれば「見た目で写す」ことがどれだけ難しいか分かるだろう。BMPCC 4Kはこんなにも見た目が残せるのだ。そしてOLYMPUSの12-100mm F4 ISの描写の良さも頷いてもらえるだろう。

OLYMPUS 12-100mm F4 ISでいろいろと手持ち撮影をおこなってみた(ノーライティングで撮影、DaVinci Resolveでグレーディグ)。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_13-1449.jpg ※画像をクリックすると拡大します https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_35-2312.jpg ※画像をクリックすると拡大します https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_19-1493.jpg ※画像をクリックすると拡大します

今まで8bitや10bitのLogをいじり倒してきた筆者がはじめて12bitのRAWデータを声を大にして言いたいのが、クオリファイアーを使っての色の分離などを行う際の抽出の正確さ、綺麗さだ。慣れもあるが、スポイド1発でこれだけ色が正確に分離できるところに12bitの恩恵を実感する。とにかくセカンダリ作業が楽なのだ。10bit 4:2:2がボトムライン、と言われるのも頷ける。

こんなことを言ってしまうのもアレだが、Logは撮影時にきちんと情報を納めておかないと、後処理でどうにもならいが撮影時に多少失敗しても、ISOの変更、色温度、露出の変更などRAWならばリカバリーができる、というのも魅力だ。

 ong45_z280_SDR0dB-.jpg※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_SDR12dB-.jpg
 ong45_z280_SDR18dB-.jpg

空と海の色を変更させたい際に「青」をクオリファイアーで色を分離させる。スポイド1発でこんなにも正確に色が指定できた。10bitはまだしも、8bitでは考えられない

短い素材だが、いくつかデータを用意したので気になる方は是非ダウンロードして実際にDaVinci Resolveでグレーディングを試していただきたい(1ファイル500MB程度)。

素材ダウンロードは下記より

Bridge
Street
tunnel
yacht

※4K(UHD)24p RAW 3:1
※DaVinci Resolveでしか開けません

そしてBMPCC 4KはProRes422(HQ)でも撮影することができる。その場合、10bit 4:2:2になってしまうので注意が必要だ。ProResで撮影する場合、ダイナミックレンジをFilmモード、エンハンスVideoモード(インスタントHDR)、Videoモードと選ぶことができる。

 ong45_z280_SDR0dB-.jpgFilmモード
※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_SDR12dB-.jpgエンハンズVideoモード
 ong45_z280_SDR18dB-.jpgVideoモード

わかりやすい例として、ステージ上を写しながら ダイナミックレンジを変更してみた。同じ露出でも 選ぶダイナミックレンジによって顕著に階調表現が変わってくる

またProRes記録では「LUTを当てたまま記録」が可能だ(メニューで設定する)。つまり撮影のアウトプットイメージが決まっているのであれば既成のものや自作のLUTをあらかじめBMPCC 4Kにインポートしておいて設定をしておけば、LUTが当たった状態でのProResデータが収録される訳だ。

ProRes収録に設定した上で、この「RECORD LUT TO CLIP」をONにする

ただ、LUTは17ポイントのものしかインストールできないので、読み込めないLUTは一度DaVinci ResolveのカラーページからLUTを書き出した上でカメラにインポートする事で使えるようになる。いかんせんProResデータは容量食いなので、高速大容量な編集ストレージが必要になるが、Weddingやイベントの撮って出し、速報性が必要なものにはとても便利な機能かもしれない。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_default-2036b.jpg ※画像をクリックすると拡大します https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_M31b.jpg 筆者は普段ほとんど使わないが「ティール&オレンジ」の代表格、M31 Lutをインストールして撮影時に当てながら収録。簡単に「映画的なルック」のフッテージが手に入る。ProRes収録時にはLUTを当てたまま記録する事もできる。アウトプットのイメージが決まっていれば、こういう使い方もアリなのでは無いだろうか?BMPCC 4Kの使用人口の幅が広がる機能である
※画像をクリックすると拡大します

Cinema DNGに対応していないFCPXを使う人もこういう使い方なら使えるわけなので我々が思っているよりもBMPCC 4Kの潜在ユーザーは多いかもしれない。あくまで個人の意見だが、せっかく12bit RAW 4K60pが撮れるのだ。可能な限りはRAWで撮影してカラーグレーディングを楽しんで欲しい。調理の幅がある美味しい素材にマヨネーズをかける必要は無いのだ。

(5)暗部性能

筆者の今までの考えでは、初代BMPCCも含め、Blackmagic DesignのCinema Cameraはあくまで「デジタルフィルム」。基本は照明を当てて撮るべきカメラだと認識しているため、暗部性能に関してはまったく期待もしていなかった。しかしこのBMPCC 4KはデュアルネイティブISOを搭載。ISO100-1000の場合ベース感度は400、ISO1250-25600の場合ベース感度は3200。ISO1000と1250の間を使う時はレンズの絞りを絞って1250を使った方が良い結果が得られるとのこと(マニュアルより)。

表を見て気にしてほしいのは各ISOに応じたダイナミックレンジが記されている部分だ。400基準で撮影した場合、デコード時に100-1000の間で調整できるが、3200基準の場合は1250-6400の間でしか調整できず、8000-25600はダイナミックレンジの幅がそれぞれ違うため、撮影した時のISOでしか選べないので注意が必要だ。

なにはともあれ、そんなことを聞いたら、暗部性能はいかがなのか?気になる方も多いだろう。本来の使い方とは異なると思うが、とにかく地明かりだけで夜間どれくらい撮れるか軽く検証してみた。

■道路

使用したレンズは同じくOLYMPUSの12-200mm F4。感度はデュアルネイティブISOの高感度側の基準であるISO3200。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_16-2335.jpg ※画像をクリックすると拡大します https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_13-2356.jpg ※画像をクリックすると拡大します
■街灯の下

少し無理をしてISO10000で撮影してみた。さすがにノイズは出てくるが処理次第で問題なく使える。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_25-2369.jpg ※画像をクリックすると拡大します https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/10/suzuki_09_45-2370.jpg ※画像をクリックすると拡大します

Blackmagic Designのカメラで、まさか夜に普通にこれくらいイケるとは…というのが素直な感想だ。勘違いされがちだが、RAWはカメラの中で作られた「生のデータ」であり、カメラの中でデノイズ処理などは行われない。なので自分でデノイズ作業を行う必要がある。だからDaVinci Resolve Studioのデノイズ機能が優秀なのである。

よく聞かれるが、α7S IIやGH5Sなど暗部性能に特化したモデル(カメラ内での処理含め)と比較する事はナンセンスである、という事は知っておくべきだろう。

 ong45_z280_ND4F16-.jpg※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg※画像をクリックすると拡大します

 ong45_z280_ND4F16-.jpg※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg※画像をクリックすると拡大します

ISO6400くらいまでであれば 特に問題なく使用できる印象。

動画を「楽しんで 本気でやる」なら最高の一台

BMPCC 4Kは撮った後にどうするか?が楽しいカメラだ。「シネマカメラ」の名の通り、そのまま撮影して出すようなカメラではないのでカラーグレーディングで自分の描きたいもがある人にとっては最高のカメラである。繰り返すが、とにかく「楽しい」のだ。

というのも、DaVinci Resolveをきちんと学んで使ってきた人にとってはさほど難しいものではないが、ベースとしてDaVinci Resolveもといカラーグレーディングの知識がないとわかりづらい、扱いづらいところがあると思う。

有償版のDaVinci Resolve Studioがカメラに付属してくるので、カメラ購入と同時に勉強しようという方も多いようだが、到着までに無償版を使ってある程度は勉強しておいた方がいい。やはり「映像はゴール(アウトプット)から遡って考える」ものだ。どんなものが撮りたいのか、その上でDaVinci Resolveでどんなことができるか、それを知った上でカメラを触ることがこのBMPCC 4Kを楽しく扱うコツになるだろう。

筆者のように動画しかやらないユーザーにとって正直な話、現在のフルフレームミラーレス大戦は迷惑極まりない。そんな雑音から良い意味で「圏外」になれる。BMPCC4Kはそんなカメラだ。

以上が取り急ぎ、手元に到着してから2日ほどの使用感だ。引き続き色々使ってみて次のレポートをしたいと思う。


WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


[ Writer : 鈴木佑介 ]
[ DATE : 2018-10-02 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.08 BMPCC 4Kが鳴らすRAW動画元年のゴング~グレーディングのための自宅マスモニ環境再考

txt:鈴木佑介 構成:編集部 さぁ、始まるRAW動画元年 いよいよ登場のBMPCC 4K 様々なカメラメーカーがフルフレームミラーレス市場への参戦が発表され... 続きを読む

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.07 Blackmagic eGPUでラップトップはデスクトップの夢を見れるか?

txt:鈴木佑介 構成:編集部 ブラックマジックデザインからeGPUが登場!eGPUって何? 7月13日、突如発表されたBlackmagic Design社の「... 続きを読む

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.06 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KがもたらすRAW動画元年~収録メディアと編集ストレージ環境を考える~

txt:鈴木佑介 構成:編集部 映像制作はストレージ環境から整える 当たり前のように4K動画が撮影&編集できるようになった昨今、映像制作を行う上での根幹を支えるのが... 続きを読む

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.05 ヴェールを脱いだFUJIFILM X-H1〜最速レビュー

txt:鈴木佑介 構成:編集部 一眼動画にFUJIFILMというダークホース 一眼動画のマーケットにFUJIFILMという選択肢は全く無かった。大事なことだから... 続きを読む

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.04 MAどうする?どうしている?~「おまかせMA」という選択

txt:鈴木佑介 構成:編集部 「Back to Basics」 本コラムでも触れているが、一眼動画によってもたらされた映像制作者人口の増加と機材の進化と共に、求められ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.09 BMPCC 4Kはフルフレームミラーレス動画時代への処方箋