PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 照山明 > [OnGoing Re:View]Vol.48 キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」の動画機能をチェック

News

[OnGoing Re:View]Vol.48 キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」の動画機能をチェック

2018-10-26 掲載

txt:照山明 構成:編集部

ファーストインプレッション

EOS Rをどこかで触ってみたいと思っていたところ、運良く試作機を借りる機会に恵まれた。この記事が掲載される頃には既に発売されているかもしれないが、今回は映像屋の立場から、動画撮影モードに絞ったレポートをしてみたいと思う。

なお、レポート当時は試作機のため、画質評価等は遠慮させていただいた。また最終製品版では仕様や設定の変更等の可能性はあるので、ご了承いただきたい。

今回、ボディとマウントアダプター(2種)の他に新開発RFシリーズのレンズも数本お借りしたのだが、残念ながらそちらを試す時間がなかった。というのは、所有していたEFレンズでテスト撮影をしてみたかったからだ。

EOS Rはキヤノン初のフルサイズミラーレスということで注目を集めた一方で、リリース直後に落胆した部分も多々あった。4K60P非搭載は仕方ないにしても、一番はやはり4K撮影時のクロップだろうか?果たして実際はどうなのか、スペック上だけでは語れないEOS Rムービーの実際をレポートしてみたい。

■小さく薄いボディ
左がEOS Rで右がGH5

箱から取り出してまず思ったのは、小さく薄いということ。普段使っているGH5とボディを並べてみたが、大きさはほぼ互角でEOS Rのほうが若干薄く感じた。重さも体感的にGH5と変わらないか、それ以下だ。

同封してあったEF-RFマウントアダプターに、撒き餌レンズと呼ばれるEF50mm F1.8 STMを付けてみたが、GH5+Metabones Speed boosterにEF50mm F1.8 STMを付けているのと、それほど変わらない。これでいてフルサイズの画(FHD)が撮れる。

本体が薄い分グリップが少々出っ張る感じで、個人的には若干持ちにくい印象はあったが、自分は手が小さいので、逆に一般以上の手の大きさの方なら気にならないかもしれない。

■電源OFF時はシャッターが閉じる

ミラーレスでは見たことがなかったセンサー前を覆うシャッターも印象的だった。チリ埃混入を防ぐものだろうが、電源ON/OFFと連動しており、現場での素早いレンズ交換時など、人によっては使い勝手に明暗が分かれる部分かもしれない。

電源OFF時はシャッターが閉ざされセンサーは見えない

ボディ周りの機能を検証

■新しくなった操作性

ミラーレスでコンパクト性を重視しているためか、ボタン配置などは従来機から割愛/刷新されているようだ。特にWBやISOボタン等は割愛されたが、天面の縦ダイヤル脇にあるM-Fn(マルチファンクション)ボタンからのアクセスに集約できる(ボタンカスタマイズでM-Fnに出てくる項目を選択/追加できる)。さらに後述するM-Fnバー、もしくはQボタン(クイック設定)からもアクセスできるので、このあたりはユーザーに使い方を広く委ねる仕様だ。

バリアングル液晶のため、ほとんどのボタンがグリップ側の右に移動し、回転式の電源スイッチとMENUボタンのみ本体左上に残った。普段使っているGH5に慣れた身としては、電源とMENUがグリップ握った片手で操作できないので若干不便に感じた。MENU画面も刷新はされており従来のEOSユーザーであっても多少戸惑うかもしれないが、基本的にはEOSのこれまでのUIは踏襲されている印象だ。

とはいえ、さきほど書いたM-Fnボタンや、お馴染みのQボタンで、撮影中に頻繁に変更したい項目は概ね揃う。ボタンもグリップ側にあるので、普通に使う分には不便は無いかもしれない。なお、Qボタンは従来のSETボタンと共用になった。

本体にジョイスティックはないが、グリップ側の十字キーが思いの外操作しやすく押し心地も上々、液晶タッチでもカーソル移動やメニュー操作が行えるため、特に不便に思うことはなかった。

また撮影モード切り替えダイヤルも刷新されていて、サブ電子ダイヤル中央の「MODE」ボタンを押すことでダイヤルがアクティブになる仕様だが、同時に液晶にも各モードのアイコン一覧が表示され、液晶タッチでもモード切り替えが可能だ。

従来のモード変更ダイヤルがなくなり、サブ電子ダイヤル1個に集約された形だ
■動画撮影と写真撮影の切り替え

若干戸惑ったのは動画設定の場所。今回から写真/動画のメニューは完全に分かれており(共通項目含む)、MODEボタンを押し、さらにINFOボタンを押すことで写真/動画が切り替わる。ここが写真撮影モードになっていると動画設定は一切出てこないので注意が必要だ。

なお、写真撮影モードになっていても、動画撮影ボタンを押すことで動画撮影は可能だ。その際、動画撮影モードで設定した状態が反映されるようだ。

また動画撮影モード時は完全に動画機になるようで、シャッターボタンで写真は撮れず、RECもできない。個人的には動画撮影ボタンは小さく手探りで押しにくいため、シャッターボタンでもRECができるよう設定変更できたら嬉しいのだが、そのような設定項目は今のところないようだ。

なお、動画サーボAF(常時AF)時、「AFボタン」を押している間はフォーカスがロックされた。シャッターボタンも同じくフォーカスロックになるのかと押してみたが、こちらは無反応だった。

■スライドとタップが可能なマルチファンクションバー

体験会等では何かと話題になったM-Fnバー(マルチファンクションバー)だが、動画撮影時には有効と感じた。特にREC中でもタッチバーの操作が行えるので、音声レベルや露出調整などに設定しておくと、インタビュー撮影等では重宝しそうだ。収録中は親指でガツっとスワイプするより、人差し指でそっとスワイプorタッチするのが良い。

さらにM-Fnバーのみならず、液晶画面タッチでも、シャッター、アイリス、AEシフト、ISO、音声レベルがREC中に変更できる。M-Fnバーと液晶画面タッチを組み合わせてREC中にいろいろ調整できるのは大きい。欲を言えば、M-FnバーにREC中でも操作可能な拡大フォーカス機能が割り当てられたら最高と感じた。

バーの位置的に不用意にタッチしてしまう、という部分では、誤操作防止機能を有効にしておけば、センサー左端を1秒タッチでセンサーがアクティブになり、2秒長押しで無効にすることができるので、こちらを利用するとよいだろう。

操作が行き過ぎる時があり使いづらいという意見も見たが、実際触れてみると、スワイプだけでなく、センサー左右の端をタップすることでボタンのように1つ刻みで操作ができるので、便利かどうかは使い方次第と慣れと感じた。不安要素を言うとすれば、指先が乾燥していたり、逆に湿っていたりした際に正常に動作するか、ということがあるかもしれない。

動画周りの機能を検証

■デュアルピクセルCMOS AF

今回、キヤノンのデュアルピクセルCMOS AFの威力をあらためて痛感した。これまで他社製のDSLRやシネマカメラでAFを使うことがあったが、ビクビクしたり、ワブワブと行って帰ってきたり、外したままだったりと使い物にならない場面も多く、基本的にはMFで現場を乗り切ってきた。いやむしろMFにこだわりを持ってきた。

しかしEOS RのサーボAFで適当に回した映像を見て、そのこだわりも粉々に打ち砕かれる勢いだ。実に自然で、そして吸い付くような追随性。実は以前EOS 70Dを所有していたので、既にデュアルピクセルCMOSは体感済みだが、EOS Rになって、さらにブラッシュアップされた印象だ。

さらに今回から液晶タッチでのフォーカス範囲設定も可能。ジョイスティックにくらべ迅速かつ格段に操作しやすい。やれ4Kクロップだ、やれ4K60Pがないだ、と嘆く以前に、お仕事カメラとしても、このAF性能だけでも所有する価値がはあるかもしれない。

なお、MFをアシストするピーキング機能もしっかり設けられており、レベルは強/弱、色はイエロー/ブルー/レッドから選べる。MFでしっかり、という場面でも心強いだろう。

■動画撮影時の手ブレ補正を軽減する「動画電子IS」

ボディ内手ブレ補正がないと落胆していたが、カメラ内に「動画電子IS」と呼ばれる電子式手ブレ補正機能は備わっており、IS付きレンズとダブルで効かせれば、かなり強力な補正効果が得られた。IS付きでない単焦点でも威力を発揮した。

動画電子ISは通常の「する」を選ぶと少しクロップされる形になり、「強」にすると、さらにそこからクロップ&拡大されるようだ。試作機のため画質評価はできないが、当然クロップ分、元の画が拡大されたような印象は受ける。手ブレ補正なしの映像にワープスタビライザーをかけた感じだろうか?ただ場面によっては気になるほどの画質劣化にはならないだろう。

また、これは動画電子IS特有の問題点かもしれないが、被写界深度の浅いポートレートなど、特定の場面では意図しない「揺れ」が発生する。対象物が動くと、その動きを中心にとらえようとするため結果的に背景が激しく揺れる。なお、レンズ側のISではこのような現象はない。場面を見極めながら適材適所で使うのが吉と思う。

■4K動画とクロップモード

4Kに設定した時点でセンサークロップされ、35mm換算で約1.75倍の焦点距離になってしまう、というのは発表当時から残念なニュースであったが、実際に使ってみると逆にこれを利用する場面はあると思った。後述するが、所有していた24mm-105mm F4 EFを純正マウントアダプターを介して使った際、最望遠105mmからもう一歩寄りたい、という場面があり、逆にクロップは有効だった。30Pまでにはなってしまうが、4Kにすれば寄れる。つまりGH5で言うところのEXテレコン効果が得られる。

さらに動画電子ISを「強」に設定するともっと寄れる。同時に強力な手ブレ補正が効く。あとは編集時に4K映像をFHDのタイムラインで使えば、さらにその倍まで寄れる(実際は画質のこともあるので、そのバランスになるが)。

最初から「クロップモード」をONにしておけば、FHDのままでも4Kと同じ画角でクロップされる(ただしこちらも30Pまで)。APS-C対応のEF-S等のレンズをマウントを介して使う際にも、クロップモードを利用することができるだろう。ただ次に書くが、現状で少し悩ましいのはローリングシャッター歪みだ。

青枠が動画電子ISの通常、黄枠が動画電子ISの強
■ローリングシャッター歪み

試作機ゆえに画質評価はできないと先に書いたので、それを踏まえてになるが、4K収録時およびFHDクロップ撮影時のローリングシャッターは結構なものだった。最終版で補正されるかは定かでないが、現状だと撮影場面を選ぶことにはなる。

一方でフルフレームでのFHD60Pではかなり抑えられていて、ドキュメント的なハンディでの撮影ではFHD60Pで収録することが賢明と感じた。

HDMI接続と10bit4:2:2出力(CanonLogモード)

HDMI端子はEOSお馴染みのMiniタイプ。GH5同様、抜け折れ防止の端子プロテクターが同胞されていた。HDMI接続時の注意点として、設定で本体液晶とHDMI接続先モニターに同時出力は可能だが、メニュー画面は何故か接続先のモニターのみ映る仕様。せっかくのタッチ操作が使えず不便に感じた。

一方でクイック設定(Qボタン)は本体側液晶モニターに表示されタッチで操作が可能なので、現場ではこちらを利用するほうが便利だろう。このあたりは試作機なので発売までに変更される可能性はあるかもしれない(個人的にはメニューも本体液晶側に表示されタッチ操作できたほうが便利かと思う)。

HDMI接続時はメニュー画面が本体液晶に表示されないため、液晶タッチでの操作ができない

10bit 4:2:2でのHDMI出力はCanonLog設定項目の中にあり、必然的にピクチャースタイルはC-Logに、4Kでのクロップモードとなる。結論として(初代)EOS Rは外部REC含めフルサイズ10bit 4:2:2収録は不可能、ということになる。また前述した通り、4K収録時のローリングシャッター現象はそれなりにあるゆえ、10bit 4:2:2での撮影は場面を選ぶことになるだろう。

なお、8bitの場合はCanon Logでの内部収録も可能で解像度も4K以外に選べるようになる。Logビューアシスト機能もあるので10bitにこだわらなければ8bit Logで遊ぶことはできる。ただ欲を言えば、FHDでもよいので10bit 4:2:2のフルサイズをHDMI経由で受けてみたかった。

今回、外部収録機としてATOMOS SHOGUNで10bit 4:2:2の4K映像を受けてみた。HDMI設定からTCおよびRECトリガー出力が可能なので、EOS Rの動画ボタンでSHOGUN側のRECを制御できた。収録したProRes 422 HQを極端に色補正してみたが、10bitの階調幅をしっかり確認できた。

内部記録はできないがRECトリガー出力があるため、SHOGUNではEOS R側でREC操作が可能だ ProRes 422 HQのCanon Log 10bit ProRes 422 HQのCanon Log 8bit。極端な色補正だが、10btと8bitの差は歴然
■SDカードスロット

今回、記録部分がSDカードのシングルのみ、という部分に不安を抱いた方は多いかもしれない。1度しか許されないブライダル撮影等では敬遠されるかもしれない。ただ動画に限って言えば、前述したようにHDMIからのTCおよびRECトリガー信号が出るので、10bit 4:2:2にしない限り、外部レコーダーとの組み合わせでバックアップRECも悪くない。

中でもATOMOSのNINJA Vは小型でベストマッチな外部レコーダーになると思う。動き回るブライダル等では少々きつい装備になるかもしれないが、取材時のインタビュー撮影では、外部モニター兼レコーダーでバックアップ収録というのは妥当な形かもしれない。

■バッテリー持ち/スタミナ

EOSのレフ機で写真を撮っていた方は気になる部分だが、動画に関しては特段にレポートすることもなく、これまで通りの減り具合という印象だ。試しに回しっぱなしにしてみたが、満充電バッテリー1本で2時間程度は余裕で回る(ただし29:59でRECはいったん止まる)。

EFレンズ資産を活かすEF-RFマウントアダプター

自分はEOS 5D Mark II発売時に購入した経緯がある。その後はEOS 7D、EOS 5D Mark III、EOS 70DとしばらくEOSユーザーであった。既にボディは全て手放してしまったが、メインのEFレンズだけは売却せず丁重に保管していた。それが今回のEOS Rと同時リリースされるマウントアダプターで蘇る。

今回、通常のEF-RF変換アダプターと、コントロールリング付きのアダプターも借りることができたので、迷うことなくリング付きのアダプターを利用してみた。このリングは新開発RFレンズにも搭載されているもので、本体MENUから様々な機能を割り当てることができる。

自分は主にISOオート時のAEシフトとして使ってみたが、操作性は上々、レンズがまるでENGスタイルの3本リングになった気分だ。

なお、コントロールリングは若干のクリック感があり、好みが分かれるところだ。クリック感が気になるという方は、キヤノンのサービスセンターなどでクリック感なしにカスタマイズが可能だ。

■料金

  • RF24-105 F4L IS USM   12,000円
  • RF28-70 F2L USM     17,000円
  • RF50 F1.2L USM      17,000円
  • RF35 F1.8 マクロ IS STM 6,500円
  • コントロールリング付マウントアダプタ 5,000円
リングにアイリスかAEシフトを設定すればENGスタイルに

現在所有しているレンズは主に EF50mm F1.8 STM、定番のEF24-105mm F4L、そしてEF70-200mm F4Lの白レンズ。どれもデュアルピクセルCMOS AFがしっかり効いたのと(ただし50mmは当然モーター音が大きい)、24-105および70-200はレンズ内ISもあるので、EOS Rの電子ISとの組み合わせで強力な手振れ補正効果を確認。

新開発RFシリーズのレンズを購入できることに越したことはないが、従来のEFレンズ+マウントアダプターでもEOS Rの優位点を享受できるメリットは大きい。

個人的に期待したいのは来年2月にリリース予定の可変式NDフィルター(V-ND)がドロップインできるマウントアダプターだ。V-NDをレンズ前玉に装着して映り込みやフレア等に悩まされた方は多いだろう。レンズ後ろにフィルターをドロップインできれば、前玉のコーティングも100%活かせるし、既存の問題点はかなり解消されるのでは?と期待する。

さらにレンズ交換時でのフィルターワークから解放される。これは新開発RFシリーズのレンズではできない技でもあり、従来のEF資産をフルに活かせるアイテムになる気がしている。

ついでに言えば、レンズ(レデューサー)入りマウントアダプターなんてものも、どこかが出してくるかもしれない。本末転倒に感じるかもしれないが、4Kのクロップを少しでも広げてくれ、1段明るくなるのであれば、そういったマウントも面白いかもしれない。

一つだけ難点を挙げるとすれば、自分が所有していたEFレンズではISの振動が内蔵マイクに伝わってしまい、時折「カリカリカリ」という微細な音が入っていた。音を生かす場合、レンズによっては外部マイクは必須になるだろう。

定番24-105新旧の比較画像。左は新製品のRF24-105mm F4 L IS USM。右はこれまでのEF24-105mm F4L IS USM。レンズマウント分伸びている感じになる

総括

他にもEOS Utilityでのテザリングや、ピクチャースタイルの追加等、いろいろ書きたいことはあったのだが、概ね自分が感じたことを書かせてもらった。現場で実践で使ってみて、また見えてくる部分はあると思うが、今回はあくまでファーストインプレッションとして受け取っていただきたい。

4Kが撮影できるカメラと見た際、今回のEOS Rは少々厳しい評価にならざるを得ない。ローリングシャッターによる歪み具合、そしてフルサイズセンサーを活かすことができないクロップ。搭載された10bit 4:2:2出力もフルサイズ画角ではなく、個人的には使い道に迷う。

電子手ブレ補正も、使える場面を選ぶので、ランアンドガン撮影を行いたいコンパクトミラーレス領域としては、欲を言えばやはりボディ内手ブレ補正は欲しいと思った。

ボディ単体ではシングル記録になる(SDカードのシングルスロット)、という部分も人によっては悩ましい部分だ。この辺りは後続機に期待したい。

一方でやはりなんといってもデュアルピクセルCMOS AFである。特にモノ、ヒトが迫ってくる、去っていく、といった場面を撮影することは多く、EOS RのデュアルピクセルCMOS AFなら、そういった場面も難なく仕事してくれそうである。

フルサイズ画角で、吸い付くような上質なAFで、FHD60P収録はアリかもしれない。REC中にFnバーや液晶タッチで設定変更できる仕様も動画撮影への配慮を感じる。そしてEFレンズ資産を活かせる純正マウントアダプターの存在、いずれ登場する可変式NDフィルタードロップインの存在も大きい。

現場レベルで考えると、まだまだFHD収録も多い。FHDで、確実なAFで手軽にフルサイズ動画を楽しむ。時にここぞという場面で4Kで撮影する、というスタンスなら十分導入する価値はあるだろう。

もっとも、初領域でいきなり最初からてんこ盛りのカメラを出して来るとも考えにくい。そういう意味では今回のEOS Rは価格設定をとっても妥当なスペックとも思える。メーカー初のフルサイズミラーレスにおけるエントリーモデル、といった印象だ。市場の反応を見た上で、さらなるフラッグシップモデルが出てくることも期待したい。


WRITER PROFILE

照山明 株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。


[ Writer : 照山明 ]
[ DATE : 2018-10-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.50 PXW-Z280/Z190の顔検出オートフォーカス性能を検証する

txt:猿田守一 構成:編集 PXW-Z280/Z190の顔検出オートフォーカスはいかに?! 前回、PXW-Z280のインプレッションを書かせてもらったが、この時フォー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.51 Canon XF705試用レポート!

txt:井上晃 構成:編集部 業務用4Kハンドヘルドカムコーダーのフラッグシップ機Canon XF705登場 キヤノンは、2018年9月中旬、同社の業務用ハンドヘルドカ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.49 ローランドから注目の“ちびっこ”登場!~Roland V-02HD

txt:宏哉 構成:編集部 小さくても機能は大きいRoland V-02HD Roland V-02HDは、HDMI入出力専用の2チャンネル映像スイッチャーだ。ワンマン... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.47 ビッグセンサーを搭載したハッセルブラッドH6D-100cの4K動画を試す

txt:渡邊聡(Multicamlaboratory) 構成:編集部 ARRI ALEXA 65と同等のセンサーサイズで4K動画撮影を実現 1億画素CMOSセンサー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.46 GoPro HERO7 BLACKは「楽しい」を簡単に伝える機能が進化した!

txt:松本敦 構成:編集部 GoPro HERO7 BLACKレビュー 一番手前が今回の目玉となるHERO7 BK 2018年9月20日にGoProからHE... 続きを読む

WRITER PROFILE

照山明 株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 照山明 > [OnGoing Re:View]Vol.48 キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」の動画機能をチェック