PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.91 3人制バスケのプロリーグ「3x3.EXE PREMIER」のライブ配信に採用されたStreamstarの魅力に迫る

News

[Point of View]Vol.91 3人制バスケのプロリーグ「3×3.EXE PREMIER」のライブ配信に採用されたStreamstarの魅力に迫る

2018-11-05 掲載

2020東京オリンピックの正式種目に決定!!どんどんと拡大し続ける3人制バスケット「3×3」

3人制バスケットボールの「3×3(スリー・バイ・スリー)」をご存知だろうか。90年代にブームを巻き押した「3on3」なら知っているという方もいらっしゃるだろう。

実はストリートで自由にできる3on3には、試合時間やコートのサイズに決まりはない。そのために、ローカルルールがいくつも存在するといった問題があった。そこで2007年、国際バスケットボール連盟が3on3形式のバスケに世界統一競技ルールを設けて、正式な公式競技として誕生したのが「3×3」だ。

国内では、2014年に世界初の3×3プロリーグ「3×3.EXE PREMIER」がスタートし、2017年には国際オリンピック委員会理事会で2020東京オリンピックの正式種目に決定。3×3.EXE PREMIERの2017シーズンは38万人を超える人が観戦した。3×3は今や国内外ともにメジャーなスポーツといっていいだろう。

今年も6月から9月にかけての期間に「3×3.EXE PREMIER」の2018シーズン公式戦が開催され、2017シーズンの18チームから倍の36チームが482試合を行った。6月から9月のほぼ毎週週末に日本全国各地で最大同時に4ヶ所で試合が行われ、そのすべての試合がインターネットでライブ中継された。

9月15日と16日に大森ベルポートで3×3.EXE PREMIER2018 PLAYOFF/FINALが開催

実は、その2018年シーズンのリーグの配信機材としてJVCケンウッドのライブプロダクションシステム「Streamstar」が採用されたのはあまり知られていない話だ。メジャーなプロリーグのライブ中継を陰で支えたのはStreamstarだったのだ。現場でどのように活用されていたのか、リーグ最終日となるPLAYOFF/FINALの配信現場をリポートしてみた。

Streamstarで「これぞプロリーグの映像」と言われるライブ配信を実現

まずは、3×3の魅力から紹介しよう。「3×3って選手が3人制になったバスケの縮小版でしょう?」と思われるかもしれないが、それは違う。3つに絞って紹介しよう。

まず1つ目がスピーディーな試合展開だ。ハーフコートで10分間1ピリオド制だが、どちらかのチームが21点を先取した場合はそこで試合終了。通常のシュートは1点、3ポイントは倍の2点。試合のテンポは良く、バスケットボールの魅力が凝縮されているといった感じだった。

2つ目は、バスケなのにゲーム中の選手のプレーをかっこよく伝えるMCやDJブースからは、音楽がガンガンに流れ、まるでクラブの中にいるような雰囲気がより一層試合を盛り上げている。エンタメ要素の強い空間も3×3の見どころだ。

3つ目は、街中に突如現れるバスケコートだ。ある時はお台場ダイバーシティにあるガンダムの足元だったり、ある時はショッピングモール、駅前広場、漁港の特設会場。他のスポーツでは考えにくい場所でも開催できるのも3×3.EXE PREMIERの魅力となっている。

イオンモール岡山 未来スクエア。建物の中心に位置する吹抜けのスペースにPREMIERの3×3コートが出現

そんな、3×3.EXE PREMIERの魅力を世の中に伝えるのに欠かせないのがインターネットのライブ配信だ。3×3.EXEを主催するクロススポーツマーケティング株式会社の日置正延氏によると、2017年のシーズンまで3×3.EXE PREMIERの配信には、同じクロススポーツマーケティングの中で行っている「応援.COM」と呼ばれるサービスが使われていた。応援.COMは、スマートフォンが1台あれば配信ができてオンデマンドも可能。知識のない方でも気軽にできるのを特徴としているという。

しかし、応援.COMは誰でもお手軽にスポーツ中継を配信できるため、1台のカメラだとプレーの細かいところが見えずらい。また、システム上、得点が同画面上で得点が表示できないため、試合の状況が掴みづらいなどの問題があった。2018シーズンを迎えるにあたり、これらの問題をどのように解決するかが課題だったという。

そこで、3×3.EXEの事務局がリーグとして配信に採用したのがStreamstarだ。Streamstarはできるだけ少ない人数でスポーツのライブ配信をできるようにしたソリューションだ。採用の経緯までを日置氏はこう語った。

日置氏:Streamstarはタッチパネルでソースを切り替えたり、リプレイの配信ができたり、非常に馴染みやすいと思いました。ライブ配信に詳しくない人も操作は可能なので、当初は2018シーズンを社内のスタッフで配信をすることを前提に考えていました。

そこでどのように配信をするのかを今年2月のアマチュア大会でStreamstarを試験的に使ったところ、スムーズかつキレイに配信ができて、しかも得点を配信映像にPinPで表示できのが高評価で、3×3.EXE PREMIERの2018シーズンの配信機材として採用を決定しました。

また、2018シーズンから会場に得点表示用に大型LEDディスプレイを設置することも課題で、こちらはパンダスタジオさんからのレンタルで実現しました。それならば、ということで、配信に関してもパンダスタジオさんのStreamstarをレンタルをして、最終的には配信のオペレーションもパンダスタジオさんにお願いをすることになりました。

クロススポーツマーケティング basketball marketing team Manager 日置正延氏 2017年シーズンまでは得点表示用に42インチのモニターを使っていたが、屋外では日光で画面が反射したり、文字が小さくて見えずらかった。そこで、2018年シーズンからパンダスタジオから大型LEDディスプレイをレンタルして得点表示を実現した

Streamstar X4を使えば、最大4台のカメラ入力を入れて、スイッチングしてリプレイ映像ができる。得点シーンや派手なファウルのシーンのリプレイによってスポーツコンテンツの魅力をさらに上げる映像配信や映像コンテンツにスコアを載せて流すことが可能だ。

日置氏は、2018シーズンにSteramstarを使ってライブ配信をした反響についても以下のように語った。

日置氏:まず、映像のクオリティ的の面では、「これぞプロリーグの映像だよね」と好評でした。

配信の面では、安定してスムーズに見られる配信を実現できたところはとても良くなりました。また、2カメを切り替えて配信しているので、ボールを持っている選手を見やすくなりました。そして中継画面の中にPinPで得点が掲載されて、試合の状況がわかるように改善されたところも良かったです。

選手の表情とかも見えずらい様な状況だったのですが、これまで以上にクリアに見えるようになってファンの方々の満足度は高いと各チームから話を頂きました。

また、3×3.EXE PREMIERのライブ配信は世界中でも観られています。特に3×3バスケットの特徴は、街のフォトジェニック感がある場所で開催しているので、世界の3×3ファンに「日本で面白い場所あるよね」とアピールできているのかなと思っています。

スマートフォンから観た3×3.EXE PREMIERのライブ中継。画面の右上に常時得点が乗っているので、試合の状況が一目でわかるようになった

公式スコアの映像をPinPでライブ映像にミックス

9月15日と16日に東京都品川区の大森ベルポートで2018シーズン 36チームのトップを決める2018シーズンの最終決戦「3×3.EXE PREMIER 2018 PLAYOFF/FINAL」が行われた。その中から9月16日の試合の撮影や配信業務を担当したパンダスタジオのスタッフに話を聞いてみた。パンダスタジオは3×3.EXE PREMIERの2018シーズンの2週目以降の撮影や配信業務をすべて担当しており、3×3の配信に関しては知り尽くした貫禄がある感じだった。

中継スペースの機材ラックを見ると、上からStreamstar X7、大型LEDディスプレイのスケーラー、大型LEDディスプレイのコントローラー、Streamstar X4、UPSが1台にまとめられていた。パンダスタジオの山田氏は、Streamstar X4の4入力に4台のカメラ入力を入れてスイッチングやリプレイ映像を担当。

遠藤氏は、Streamstar X7を使って大型LEDディスプレイに対して送り出す映像を担当。会場内の大型LEDディスプレイでショーアップするための画出しのベース基地みたいな形としてもStreamstarが活用されていた。遠藤氏のStreamstar X7からはカメラの入力の画や中に用意した場内のショーアップ用の画、3×3公式スコアのコンピューターから出てきたスコアを出すこともできる。パンダスタジオはX4とX7の2台のStreamstarを効率よく使い分けていた。このほか、ゴール下のカメラに付いている周氏の3名によって配信が行われていた。

中継スペースのStreamstarを積んだ機材ラック Streamstar X7担当の遠藤氏。スコアの大写しだけでなく、3×3のイメージ映像やコンテンツ映像を場内のLEDに映すシステムにStreamstarのX7が使われていた。画面はコントロール画面でマウスとキーボードでX7をコントロール。配信にはLiveUを使用。SIMを2枚、WiMAXを1つ使って配信を行っていた

まず、ライブ映像を観て目立つのは映像右上のスコア表示だ。一見すると、大型LEDディスプレイをカメラで撮って切り抜いているように見えるが、それは違う。3×3の公式のスコアはPCベースのアプリで動作していて、公式のPCの出力をHDMIでStreamstarに入力。そのHDMIから取り込んだ映像の周りを切り抜いてスコアの部分だけを切り取ってPinPで追加して実現している。

バスケットは展開が早いので、スコアをいちいち配信者側で手入力してCGで作っていると間に合わなくなる。3×3のライブ配信ではライブ中継のスコアは3×3公式のスコアと連動させ、スコアの入力作業を省いているのは大きなポイントだ。

ちなみに、Streamstarには簡易なものだが、得点とセットカウントと時間、競技の進行の時間を表示するのシンプルなスコアも内蔵されてる。3×3.EXE PREMIERのライブ配信では、3×3の公式のスコアをそのまま差し込んでいたが、そういったソースがない場合でもStreamstarはスコアを実現することが可能。簡単なスポーツライブなども一台でできるところも特徴としている。

3×3.EXE PREMIER 2018 PLAYOFF/FINAL MARVEL SPECIALのライブ配信画面の様子。右上にスコアが乗っていて試合の状況が一目でわかるようになっている
3×3.EXE PREMIER2018 PLAYOFF/FINAL MARVEL SPECIA ライブ映像

これからライブ配信を始めるという人に優しいシンプルなオペレーション

Streamstarの特徴は、システムそのものが大変にシンプルなことだ。本体はパソコン1台だけだ。キーボードやマウスを使わず、すべてタッチディスプレイで操作ができ、番組制作まで可能な機能を備えている。

実際に3×3.EXEの配信に使用した遠藤氏はStreamstarの使い勝手について以下のように語っていた。

遠藤氏:Streamstarは、タッチパネルが最大の特徴だと思います。例えば、ライブ配信によく使われるTriCasterの場合は「この画面がスイッチ1」「この画面がスイッチ2」など画面を見つつ、手が勝手に動くぐらいの慣れを要求されますが、Streamstarは、画面を観ながらポッチ、ポッチとタッチしながら選ぶ感じです。操作がまだ慣れていない方には、わかりやすいと思います。

なので、まったく配信のことがわからない方でしたら、TriCasterを現場に持って行ってもとっつきずらいでしょう。Streamstarであれば何も覚えていない方でもすぐにセッティングして映像を切り替えてパチパチパチでできる。これからライブ配信を始めるという方でしたらばStreamstarをおすすめします。

Streamstarはタッチパネルによる操作が可能だ

スイッチングしているオペレーターがワンタッチでリプレイ制作が可能

Streamstarはリプレイとスイッチングを一人で実現できる。かつコンパクトなスペースで、シンプルなオペレーションでライブの画作りができるところも大きなポイントといえる。

例えば、TriCasterを使ってライブ配信中にスローやダイジェストを実現したい場合は、3PlayとTriCasterを別々に用意する必要がある。通常オペレーターに3Play用のオペレーターも1名必要になるし、コントロールするテーブルも少し広くないといけなかった。

また、Streamstarのリプレイ機能は、リプレイをスイッチングしているオペレーターがワンタッチでリプレイを作れて、それを全カメラ同時に録画をしているのでどのカメラでもリプレイが可能だ。Streamstarにはイン点ではなくて、リプレイを押した時点から設定した秒だけさかのぼって再生する。さかのぼる時間もあらかじめ設定可能だ。

Streamstarのリプレイ機能を使った遠藤氏と山田氏は以下のように述べる。

遠藤氏:Streamstarの特徴は、なんといってもワンオペでカメラのスイッチングとリプレイもできるというところです。オペレーターの人数が省力化できているというところが一番の特徴かと思います。

バスケットは展開が早く、3×3は通用のバスケットよりさらに早いです。今回の3×3の中継でリプレイはファールとかタイムアウトぐらいしか使えませんでしたが、何回かリプレイを使うことはありました。

山田氏:Streamstarのスローリプレイは、凄く直観的に操作できます。8秒間の映像とか、100%再生から20%再生まで押している時間だけ利かせるようにすることができます。

3×3の配信では複雑なことはしていないのですけれども、1つのワンシーンの1カメ、2カメ、3カメというのをリアルタイムで切り替えながら再生することは3Playではなかなかできないところです。Streamstarはスポーツ中継でいろんなアングルのカメラを切り替えることが同時にできる。そこがメリットかなと思います。

また、仰々しいコントロールパネルみたいなものは持ち歩かなくても、タッチパネルと本体だけでオペレーションできるのがやっぱり利点かなと思います。アプリケーションも安定していますよね。

配信終了後に再現をしていただいた画面。Streamstarに素材がない状態なので、正確なリプレイ画面を再現できていないが、「長い」「標準」「短い」といったボタンを選んでリプレイすることが可能だ

最後に、遠藤氏と山田氏にStreamstarを使って特に気に入った点を挙げてもらった。

遠藤氏:PLAYOFF/FINALの配信では、テロップソフトを導入しました。テロップソフトはNDIで入ることができます。ですので、LANケーブルでルーターをつないで入ればX7やX4に入ります。

それらを使ってシュートコンテストの得点板とかのテロップ出しを実現できたのは良かったかなと思いました。NDIでStreamstarに入るのはとても使いやすかったです。

山田氏:Streamstarに初めて出会ったときはスイッチャーをやりながらリプレイが出せることに、ありえないと思いました。3Playとはちょっと毛色が違いますけれども、スイッチング&リプレイ送出のマシンとして、オールインというのは唯一これだけなのかなと思っています。

Streamstarは今回のようなバスケットのような常時切り替わりの早いスポーツでも使えています。たとえば、野球やソフトボールのような少し時間がある。攻守の切り替えに時間のあるスポーツとかだと、長めのリプレイを出したり、ハイライト作成ができたりというところはこれ一台で可能です。そういうところに現場に投入していくといいのではないかと思います。

実際にソフトボールなどのいくつかの現場でStreamstarを導入した実績もありますし、そういった現場に最適なのかなと思います。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2018-11-05 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.94 現役クリエーター主導の動画セミナー&ワークショップ「動画クリエーティブ寺子屋」レポート

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 クリエーターたちによる人材育成・交流も目的にしたイベントが開催 会場となった大阪堀江の萬福寺。イベントスペースとしてもレンタルされ... 続きを読む

[Viva! Storage]Vol.04 4K/8K制作の要となるSSDの転送速度を徹底比較~現場での使用を想定実験

txt:猿田守一 構成:編集 制作の要!気になるメディアの転送速度を試してみた 4K/8K放送がいよいよ開始となる昨今、業務用カメラやコンシューマーカメラにもいよいよ4... 続きを読む

[Point of View]Vol.93 AJA Video Systems導入事例~映像制作の教育現場を支える強力な入出力デバイス「AJA Io XT」

AJA社のIo XTは、Thunderboltの10Gbps帯域幅を利用して強力な編集システムを構築できる入出力デバイスである。そのパワフルな入出力機能で編集システムの屋台骨を支え... 続きを読む

[Viva! Storage]Vol.03 これからの4K/8K制作に必要なPC環境を問う

txt:林和哉 構成:編集部 いよいよ4K/8K制作環境が整う時代に ますます4K/8Kコンテンツの制作が求められている昨今。ちょっと前まで 「4Kなんていらない... 続きを読む

[Point of View]Vol.92 4K編集のマスターピース「4K Prunus」登場

txt:小寺信良 構成:編集部 4K/8K制作に向けたポストプロダクションの課題 2018年12月の新4K8K衛星放送開始を目前に控え、放送業界も大きく動いている。5月... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.91 3人制バスケのプロリーグ「3×3.EXE PREMIER」のライブ配信に採用されたStreamstarの魅力に迫る