txt:手塚一佳 構成:編集部

自腹で買うからこそ見えてくるものがある

2018年9月末ついにBlackmagic Desine社(以下:BMD)からBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K(以下:BMPCC 4K)が発売された。筆者もさっそくこのカメラを入手したので、しっかりと実用したレポートを紹介していきたい。

しかし、まだこのBMPCC 4K、一点だけ未実装な重要機能がある。それがBMD社の誇る新機軸の圧縮RAW動画形式「Blackmagic RAW(以下:BMRAW)」だ。ただ圧縮コーデックを1つ搭載していない、というだけの問題ではない。BMRAWはカメラ側の事前処理が大きい仕様のため、収録ファイルの性質や画質などは実装後、大きく変化をする可能性があるのだ。

そこで、実際の細かい運用や画質の云々についてはBMRAW導入後の後編に取っておき、今回はざっと機材の準備、簡単な使い方までおさらいをしておきたい(もちろん現状でもCinema DNG形式のカメラとしては必要充分な機能を持っている!)。

さて、この連載の肝は、「業務ユーザーである筆者が自腹で買った機材を好き勝手に使う」事にある。筆者が自分の自腹で買った機材だからメーカーにまったく配慮をする必要がない。編集部にも遠慮する必要がないことは了承をいただいている。そこを誤解して筆者の使い方にクレームを言ってくる方もたまにいるが、ユーザーの一人として拝聴はしても、それだけだ。恐ろしく実用的且つ筆者の我が儘放題の連載である。今回はその本質を思う存分に活用しているので、まあ、自腹で好き勝手使っているとこういう使い方もあるのだなあ、というつもりで読んで頂ければ幸いだ。

ざっくりとBMPCC 4Kの機能紹介

BMPCC 4Kはマイクロフォーサーズマウントの超小型シネマカメラだ

BMPCC 4Kの機能については既に既報の通りだが、ざっくりとここでも触れておきたい。BMPCC 4Kは、スチルカメラのような外観にマイクロフォーサーズマウントを備えた超小型シネマカメラであり、DCI 4K60PまでのRAW動画撮影が可能な本格的な仕様となっている。音声も、高品位な内蔵ステレオマイクがレンズ両脇から前方に向いているほか、ファンタム電源対応マイクにまで対応しており、そのスチルカメラのような外見に反した本格的なシネマカメラとなっている。

大型タッチパネルは見やすい。明るさを100%にすれば昼間屋外でも使用可能だった

シネマカメラでありながら、オートフォーカスやオートアイリスボタンを持ち、背面の大型タッチパネルでもタッチフォーカスが出来るなど、自在な操作が可能となっている。

収録メディアは、CFast2.0とSD UHS-IIのデュアル構成。ただし、RAWの収録速度を考えればCFast2.0の一択だろう。この他に、USB-C端子からの直接外部収録も可能となっている。こちらはバッテリー残量やUSB-C規格の速度制限の問題もあるので、RAWを本気で撮影する、というよりも圧縮RAWやProRes形式でのビデオ撮影などに向いているだろう(BMRAW実装後には、Q5圧縮がこの外部USB-C収録に非常に適していると思われる。また、SDカード収録も現実的になるだろう)。

収録メディアはBMRAW実装前の現状のところ、速度上の問題でCFast2.0がおすすめ

既存のCinema DNG 1:3で撮影したデータはURLを後述するので、是非とも見て頂きたい。マイクロフォーサーズセンサーとはいえ、しっかりとした映画品質であることが見て取れると思う。

今回の撮影では、レンズはとりあえず、OLYMPUSの「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」を使用した。 このレンズ以外では、Panasonicの「LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S.」も試したが、発売直後に購入したままファームアップをしていなかったため、当初このBMPCC 4Kに装着しても全くフォーカスが合わず、まったく撮影が不可能であって大いに焦った。ファームアップ後にもちろん何の問題も無く使えるようになったのでレンズのファームアップの確認はしっかりとしておいた方がいいだろう。今やレンズもコンピュータ内蔵の精密電子機器なのだなあと実感する出来事であった。

現状の大きな問題の1つ。それは電源

現状の大きな問題の1つが電源だ。グリップに内蔵してメインに使うLP-E6タイプのバッテリーは、4K DCI 60Pでバックモニター100%では10分程度しか持たない。4K DCI 24P、バックモニター50%程度で、ざっくり20分弱持つ。撮影をしない待機状態で30分程度は持つだろうか?

いずれにしても、現状では1回の撮影で10個程度のバッテリーを用意する必要があるだろう。今回は実収録時間1時間を切る撮影時間であったが、待機時間が3時間程度あったこともあって7個のバッテリーを使い果たしてしまい、危ないところであった。

なお、BMPCC 4K標準付属のバッテリーでは残量%表示が出ないが、Canon製やROWA製のバッテリーなら%表示が出る。いずれにしても電源の不足の問題は、外付け電源ケーブルが発売になれば外部バッテリーなどからの給電で解消されると思われる。

バッテリー位置がバックモニターから右に寄っているため、雲台が干渉しなければ撮影の合間にドンドン交換できるのも大きなメリットの1つだ。反面、私がメインで使っているManfrottoのナイトロテックN8フルードビデオ雲台では、リリースレバーが干渉して雲台に載せたままのバッテリー交換が出来なかった為、予備の三脚として持ってきていたLIBEC ALLEXの出番となった。BMPCC4Kは非常に独特な形状なのでこの辺も要確認だ。

バッテリーはこれだけ用意しても実収録1時間、待機3時間で使い果たしてしまった!

今回は、BMRAW実装前ということもあり、今まではURSA系にしか付いていなかった新しいLogカラーモードであるBlackmagic Film to Extended Video v4で、試しに撮影してみた。URSA mini PROでは「Blackmagic 4.6K Film to Extended Video v4」だが、このBMPCC 4Kでは「Blackmagic 4K Film to Extended Video v4」になるので注意が必要だ。この2つはセンサーが違うため色味もだいぶ違う。

さて、この「Blackmagic 4K Film to Extended Video v4」では、LUTを当てるだけで通常部の色戻しだけでなく、明部と暗部の鮮明化も済んでいて、ほとんどの作業が終わってしまう。後は特徴的な部分にセカンダリを噛ませばいいだけで、非常に「賢い」カラー傾斜配分をされていると思われる。今回は敢えて色を弄らずにLUTを当てたままにしてあるのでご覧頂ければと思う。

元データは、4K DCI 60P、余程複雑な被写体でない限りは視覚的にほぼロスレスとされる3:1圧縮での撮影なので、単純に公称値であるCinemaDNG RAW 3:1 30fps=129MB/sの2倍、大体260MB/sのデータ流量だと思われる(これが近い将来BMRAWが入れば、常用形式となるQ5圧縮で 30fps平均=約50MB/s弱と予想されるので、60fpsでも100MB/s弱で済む!視覚的に完全にロスレスなQ0では3.5倍程度なので、30fps=175MB/s弱 60fps=350MB/s弱くらいが予想され、Cinema DNG形式での3:1より若干データ量が増える程度でCG合成にも耐えうる視覚的ロスレスを保障するデータ形式になると思われる)。

今回の被写体は、町田時代祭での、全日本戸山流居合道長谷川剣士による太巻き藁の試し斬りだ。BMRAW導入後にローリングシャッターの出方などがどう変わるかわからないので、今回はFIXにて撮影した。

青眼に構えた場面での戦前の靖国鋼と思われる青みがかった華やかな刀の刃紋から、刀を振る長谷川剣士の皮膚の動きまでが克明に描写され、4K DCI 60Pの魅力が存分に出ているのではないだろうか?また、煙などの例として、同じ町田時代祭での森重流砲術の演武を収録した。

 

全日本戸山流居合道 長谷川剣士による太巻き藁試し斬り。余談だが、同剣士は同世代最強の男の一人だと筆者は考えている。筆者は若い頃に運良く何度かご指導賜ったが、いかなる奇襲をしても簡単にいなされ、全く手も足も出なかったのが記憶にある。あれから15年、更に腕を上げられているのがレンズ越しに見て取れるので、もう、本当にとんでもない腕前となられているのがわかる(DCI4K 60P シャッター速度1/125 ISO 125)

森重流砲術による火縄銃演武。本物の銃の煙やマズルフラッシュがしっかりと写っていることに注目されたい(DCI4K 60P シャッター速度1/125 ISO 125)

“次頁▶Da Vinch Resolveが付いてくる!”

WRITER PROFILE

手塚一佳

デジタル映像集団アイラ・ラボラトリ代表取締役社長。CGや映像合成と、何故か鍛造刃物、釣具、漆工芸が専門。芸術博士課程。