PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 林和哉 > [Viva! Storage]Vol.03 これからの4K/8K制作に必要なPC環境を問う

News

[Viva! Storage]Vol.03 これからの4K/8K制作に必要なPC環境を問う

2018-11-13 掲載

txt:林和哉 構成:編集部

いよいよ4K/8K制作環境が整う時代に

ますます4K/8Kコンテンツの制作が求められている昨今。ちょっと前まで

「4Kなんていらないよ、まして8Kなんて…」

という雰囲気もありましたけれども、そんな空気はいつのまにか霧散して、とにかく制作環境作りをしないとダメダメ!急がなきゃダメね!という状況。筆者もすでに2~3年環境作りに励んでいたわけですが、やっと、色々と面白い物が出てきて、何かとやりやすくなってきました。

そんな中、JBS(ジャパンブロードキャストソリューションズ)社ワークステーション「EXALION-J300」にHighPointのRAIDカード「SSD7101A-1」+「NVMe SSD 970 EVO」×4台を搭載したモデルを使用して、この環境でBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K CinemaDNG RAW 3:1/4K DCI/60pの素材を快適に編集できるものか検証しました。また、最新のThunderbolt 3を搭載したサムスンのPortable SSD「X5」を使用した、データの可搬性能も併せて検証します。果たしてその結果は!

と、結果に至るその前に、機材構成についてもう少しお話しします。EXALION-J300のスペックはと言いますと。

■CPU
Intel i9 X7960Xの16コア 3.3GHz/Turbo Boost 4.3GHz/
水冷仕様。安定したパフォーマンスを手に入れたいときはこれ一択ですね。

※なお、今回はデモ機のため下位モデルEXALION-J200のCPUを搭載

■GPU
Geforce RTX2080Ti
マジですか。今一番ホットなグラフィックボードが当たり前のように刺さっていて、びっくり。

■データポート
マザーボード専用のThunderbolt 3ボードを導入済み。プロ現場の高速転送、モニタリングにおいて、Thuderboltポートは必須の環境。Thuderbolt 3になってから、Windowsマシンへの搭載も増え、とても助かりますね。

■RAID+SamsungのNVMe SSD
HighPointのRAIDカードSSD7101A-1970 EVO 1TB×4台。

このPC構成に、BlackMagicDesign UltraStudio ExtreameとPanasonicのBT-4LH310を接続して、贅沢な環境での検証です。

さて、パフォーマンスは?

Blackmagic Pocket Cinema Camera 4Kで撮影されたCinemaDNG RAW 3:1/4K DCI/60pを使用して、どこまで快適に編集ができるのか。CinemaDNG RAWはPC泣かせのコーデックとして認知されています。何せデコードに負荷がかかる上にデータ量がハンパないことは既に伝説と化しています。さぁ、どうなることやらワクワクしますね。

ちなみに、CinemaDNG RAW 3:1/4K DCI/60pの1ストリームに必要な転送レートは、約288MB/sとのこと。本来は最適化メディアを作成するのが良いのは明らかですが、敢えてネイティブファイルのままパフォーマンスをチェックしてみましょう。

試したのは下記。RAIDのスピード以外、DaVinciResolve15のパフォーマンスでベンチマークを取ります。

  • 作業RAIDのスピード
    CrystalDiskによる内臓SSDストレージのスピードチェック
  • リアルタイム性能
    非圧縮CinemaDNG RAW 3:1/4K DCI/60pをマルチカメラクリップにして、同時リアルタイム再生出来るストリーム数

テスト結果

■作業域のスピード結果

SSDストレージのスピード

HighPoint SSD7101A-1はPCI接続で、ボードにNVMeのSSDを複数枚指すことができ、NVMeを搭載できないマザーボードにもNVMeの速度を提供してくれる、とてもありがたいRAIDカード。搭載しているNVMe SSDはサムスンの970 EVO 1TBを4枚でRAID0の構成。筆者は、以前よりサムスン製SSDをポータブルRAIDケースなどに複数さしてRAID構成を作り、編集作業用として使用してきました。

速度、耐用性で申し分なく、SSDの状態を管理モニターする専用のアプリも提供してくれていて、SSDの健康状態をしっかり把握できるので、データが危険にさらされることがなく、とても重宝致しました。さらに踏み込んだNVMeはSATA以上に人気・実力ともにトップクラスではないでしょうか。そんなNVMe SSDが4枚。期待は否が応でも高まりまくりです。

さて、定番の「CrystalDiskMark」で見てみましょう。7000MB/sの超弩級のスピード!ちょっと普通じゃない。凄すぎて笑えてきますね。これでしたらかなりのストリーム数が見込めるのではないか!

■リアルタイム性能結果

マルチカメラに寄る、同時リアルタイム再生出来るストリーム数

マルチカメラクリップを作って再生能力をチェックしました。

ネイティブフォーマット(CinemaDNG RAW 3:1/4K DCI/60p)
3ストリーム 〇
4ストリーム △(少しだけカクつく時がある)
5ストリーム ×

テスト結果から、簡単なオフライン編集でしたらネイティブフォーマットのままでも充分使用可能だと分かります。

総括

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/11/vivastorage_03_MultiCam.jpg ※画像をクリックすると拡大します

RAIDのスピードは圧倒的なのに、何故かストリーム数は上がらない結果に。その原因で考えられることは、CinemaDNG RAWのデコードがCPUに取って厄介な構造をしているらしいことです。映像自体は、DaVinci ResolveではデコードにCPUを使用します。映像をコーデックからモニター表示に適するように変換するとき、この処理にはコア数よりもクロック数が物を言います。

つまり、RAIDはものすごいスピードで送り出していますが、CPU側がそれを処理しきれずに詰まっている状況が想像できます。デコードした後の加工処理はGPUが担当しますので、GPUが凄い力持ちだと最高です。

現状ではCPUのアップグレードで飛躍的に処理を向上させることは難しそうですが、この素材を中間コーデックなどに変更してRAIDスピードの恩恵を受けられるようなバランスにできれば、かなりのレスポンスが得られそうです。キャッシュファイルなどもすべてこのRAIDに当てれば、通常の作業でもキビキビとした処理を望めるでしょう。その辺りの検証はまた後日行いたいと思います。

全体として、HighPoint SSD7101A-1を使用することで、EXALION-J300の基本性能の高さをさらに向上させ、実に快適な作業が出来る印象です。筆者的に、これは手元に置いておきたいと思いました。

なお、EXALION-J300は2018年11月14日から16日の期間中に千葉・幕張メッセで開催される国際放送機器展「Inter BEE 2018」の日本サムスン/ITGマーケティングブース(ホール8/No.8209)で実機展示されるようです。その性能を見たいという方は是非足を運んでいただければと思います。

性能、デザインともに気になるSamsung Portable SSD「X5」

Samsung Portable SSD「X5」

もう一つの気になるアイテム。シングルSSDながら、Thuderbolt 3接続のX5。デザインがなかなか個性的で、私、好きです。大量なデータを急ぎで運搬したいとき、またはモバイル編集の普段使いの出し受けに、まさにうってつけの一品と思い、テストさせていただきました。

こちらは、ベンチマークでシーケンシャルリードで2800MB/sに迫る勢い。シーケンシャルライトで1800MB/s。ランダムアクセスでも1200~1100MB/s。HDのコンテンツでは、編集用途でバッチリ使えますね。運搬用としては贅沢極まりない。

サムスンは、魅力的な製品を意欲的に出してきてて何だか感心します。価格はなかなかドッキリしますが、可能性を示すパイオニア精神がすごい。これからも楽しみに見ていきたいと思います。


WRITER PROFILE

林和哉 映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。


[ Writer : 林和哉 ]
[ DATE : 2018-11-13 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Viva! Storage]Vol.04 4K/8K制作の要となるSSDの転送速度を徹底比較~現場での使用を想定実験

txt:猿田守一 構成:編集 制作の要!気になるメディアの転送速度を試してみた 4K/8K放送がいよいよ開始となる昨今、業務用カメラやコンシューマーカメラにもいよいよ4... 続きを読む

[Point of View]Vol.93 AJA Video Systems導入事例~映像制作の教育現場を支える強力な入出力デバイス「AJA Io XT」

AJA社のIo XTは、Thunderboltの10Gbps帯域幅を利用して強力な編集システムを構築できる入出力デバイスである。そのパワフルな入出力機能で編集システムの屋台骨を支え... 続きを読む

[Point of View]Vol.92 4K編集のマスターピース「4K Prunus」登場

txt:小寺信良 構成:編集部 4K/8K制作に向けたポストプロダクションの課題 2018年12月の新4K8K衛星放送開始を目前に控え、放送業界も大きく動いている。5月... 続きを読む

[Point of View]Vol.91 3人制バスケのプロリーグ「3×3.EXE PREMIER」のライブ配信に採用されたStreamstarの魅力に迫る

2020東京オリンピックの正式種目に決定!!どんどんと拡大し続ける3人制バスケット「3x3」 3人制バスケットボールの「3×3(スリー・バイ・スリー)」をご存知だろうか。90... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.77 ENG現場での理想的な三脚が登場~Flowtech100レビュー

txt:岡英史 構成:編集部 Vintenからの回答 100mmボール採用でショルダーカメラでもしっかりホールドできるようになった Vol.75でFlowte... 続きを読む

WRITER PROFILE

林和哉 映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 林和哉 > [Viva! Storage]Vol.03 これからの4K/8K制作に必要なPC環境を問う