PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 井上晃 > [OnGoing Re:View]Vol.51 Canon XF705試用レポート!

News

[OnGoing Re:View]Vol.51 Canon XF705試用レポート!

2018-11-22 掲載

txt:井上晃 構成:編集部

業務用4Kハンドヘルドカムコーダーのフラッグシップ機Canon XF705登場

キヤノンは、2018年9月中旬、同社の業務用ハンドヘルドカムコーダーの製品ラインXFシリーズに、同シリーズではフラッグシップ機となるXF705の登場を発表した。

XFシリーズの元祖となる18倍ズーム・3板センサーのXF305が発売されたのは2010年4月のことである。同シリーズは10倍ズーム・単板センサーのXF105、20倍ズーム・単板センサーのXF205等のHDモデルを経て、2017年9月には1.0型CMOSセンサーと15倍ズームレンズを搭載した4K撮影対応機XF405で新世代へと進化。そして初代から8年の時を経て新世代のフラッグシップ機としてXF705は登場した。

筆者は長年XFシリーズのユーザーであり、現在もハンドヘルドの主力としてはXF205を使用している。新旧のXFシリーズの変化を俯瞰しながら本機を紹介しよう。

本機の概略

キヤノンには業務用としてはXFシリーズより下位に当たる製品ラインとしてXAシリーズがある。同社は民生用カムコーダーから業務用のXFシリーズまでは、センサーとレンズに共通のユニットを使用するが、外装と収録コーデックなどの内部機能にバリエーションを持たせて差別化するという製品の戦略的構築を行っている。

XF705もこのような戦略の基に開発された製品であるというのが各所に見て取れる。概略から見てみよう。

まずセンサーとレンズは新世代となったXF405が搭載した1.0型CMOSセンサーと15倍ズームレンズを継承した。XF705の登場と時を同じくして、JVCからも1.0型センサーを搭載した4Kハンドヘルド機が登場し、これまで1.0型センサーに12倍光学ズームを組み合わせた機種の展開を多数してきたソニー、そして4/3型センサーに13倍ズームのパナソニックと、どうやら各社、レンズ一体型4Kハンドヘルドカムコーダーには、1.0型以上のセンサーが必要であるという結論らしい。その大きなセンサーが必要な理由の一つが映像のワイドダイナミックレンジと広色域への対応だろう。

昨今の4Kカムコーダーは、Log記録やHDR(High Dynamic Range)への対応など、映像のワイドダイナミックレンジとBT.2020に代表される広色域への対応が必須という状況であるが、XFラインながらXF405は4:2:0 8bit記録にWide DRモードのみの対応となっていた。

これに対してXF705は4K UHD 60P YCC4:2:2 10bit記録に「HLG(Hybrid Log-Gamma)」「PQ(Perceptual Quantization)」の2つのHDR方式、またCanon Log 3というキヤノン最新のLog記録に対応することで、映像のワイドダイナミックレンジ及び広色域記録に対して完全対応を果たした。これに加えて、高画質と高圧縮を両立した新ビデオフォーマット、XF-HEVC(H.265)を採用したのが、XFシリーズフラッグシップ機としての本機の概略である。

外観

マイク部を含まず、高さ210mm、前後長433mm、幅191mm、撮影時総重量約3160gと、初代フラッグシップXF305の約236mm×396mm×180mm、同重量2980gと比べると、ほぼ同じサイズに見えるが、ボディ部分はコンパクト化され、よく押し込められたという印象だ。

ただ、ハンドヘルドカムコーダーとしては最大サイズであり、重量は小型軽量の代表といえるXF205の約1,960gと比べると相当な重量であり、手持ち撮影時の負担はそれなりに覚悟しなくてはならないだろう。

4.0型、約123万画素液晶モニターはXF305に習いハンドグリップ前端に設置された。三連の独立レンズリングはズーム、フォーカス、アイリスをダイレクト操作。そしてボディの後端が跳ね上がる形状はキヤノンのカムコーダーとしての伝統を感じさせ、実際ショルダーパッドは手持ち撮影時のサポートに一役買っている。

この主要操作部の位置関係は非常に良く、ハンドヘルドカムコーダーとしての基本操作性をよく考慮していると思う。一つだけ残念なのが、XF205にあった回転式グリップの非搭載だ。ボディがやや太くなり回転式グリップだと、グリップがカメラ重心から離れるのを嫌ったのではないかと思うが、様々な撮影ポジションに回転式グリップは有用であったので非搭載は残念の一言だ。

また他にもライトが搭載されていないことも惜しい。このXFクラスのハンドヘルドカムコーダーは、単体だけで完結する汎用性が求められる。他銘柄の最新機種ではグリップの前端などにライトを組み込んでしまってる機種も存在する。この鼻先のライトの有用性については論議があるところだとは思うがあればやはり便利だ。アクセサリーシューに本体連動型のライトなどアクセサリーを用意してくれればな、とも感じた。

3本リングに赤ラインのLレンズ

レンズ自体は光学15倍ズームで焦点距離:8.3-124.5mm(35mmフィルム換算時:約25.5mm-382.5mm)というのはXF405と同等のものであるように見える。ただレンズ前端の赤ラインでも分かるように、XF405のものから一段とブラッシュアップされたLレンズが搭載され、全ズーム域と画面全域で高画質を実現したとしている。

レンズの3本リングは、リング幅も広く触感も異なることから間違えることも少ないだろう。またズームリングの仕様も回転制限のない自由回転のリングから、ワイド端からテレ端まで約90度のストップ端を持つリングとなりミリ数の刻印まである。このことからグルグル回しても好みのズーム速度にならないとかはなく、一定の回転角の中でどう指を動かせば、どのようなズーム速度が可能か、ということが明確になった。

ただズーム機構自体は電子式であり、メカニカルなカム式ではない。その反面もありズームのリング操作とグリップ部のズームロッカーの操作はスイッチ切り替えによる排他となっている。グリップのロッカーで自由なズーム操作を行った後、リング操作にスイッチを切り替えると、ズームリングの位置へズームが自動的に送られる仕様だ。

このズームリングと電子ズームの連動度いわゆるツキというものだが、速い操作だとやや遅れるのが残念だ。じんわりとした遅いズームには良く対応しているので、速い操作にもツイて来てくれると嬉しい。ズームリング自体の操作感は重めで操作しやすいのは美点だ。

HDR対応の高輝度液晶モニター

4.0型で約123万画素の液晶モニターは、HDR映像の確認をサポートする高輝度な液晶モニターを搭載している。特にHDR(HLG/PQ)収録時には輝度をかなり(抽象的な表現で恐縮だが)アップしHDRの撮影をアシストしてくれるのが嬉しい。波形モニター、輝度レベルの領域を視覚的に表示するゼブラパターン等も搭載され、HDR収録時の露出決定をサポートしてくれる。

また余談だが、本機はHDR/SDRの同時記録が可能で、その時HDRに対するSDRのゲイン差を調整できる。HDRにマッチした露出決定を行うと、SDR向けには高輝度部分が露出オーバー、低輝度部分に対しては露出アンダーになりがちなので、その補正に役立つ機能であろう。

合計6chの音声入力

音声入力は、XLR端子でのINPUTが2系統、グリップ最前端に内蔵ステレオマイク、そして珍しいことにφ3.5mmステレオミニジャックによるマイク端子が備わっている。

XLR端子は1系統が通常の前部、そしてもう1系統が本体後端へと分離した。これら6チャンネル分の入力に対して記録できるのは4チャンネル。どのチャンネルへも自由に記録できる訳ではなく1~4それぞれのチャンネルに対して割り当てられる音声入力は、マイク端子入力と内蔵ステレオマイクが排他など、割り付けに制限があるので、注意が必要だろう。

なお、XLR入力端子はAES/EBUによるデジタル入力も可能なのも目新しい。

最新のXF-HEVC(H.265)記録

XFシリーズの元祖は、MPEG-2 Long GOPコーデックによって、FHDの4:2:2 8bit 50Mbps MXF記録を行うのがXFコーデックの原点であり、AVCHD記録のXAと比べての優位点であった。この8bitながら4:2:2の記録と50Mbpsという当時の主流HDVの25Mbpsの倍というビットレートに拘ったXF305は、クロマキー撮影にも強い機種として記憶に残る。

このXFコーデックはXF105、XF205と受け継がれたが、新世代のXF405によって、4K UHD 60P MPEG-4 AVC/H.264 4:2:0 8bit 最大150Mbps記録のXF-AVCフォーマットへと進化し、そして今回XF705では映像圧縮フォーマットに最新のHEVC(H.265)コーデックを採用、4K UHD(3840×2160)/60P/4:2:2/10bit/最大160Mbps記録のXF-HEVCフォーマットへと進化した。

記録メディアはXF105-XF305までは今や主流とは言えないCompactFrashが採用されていたが、XF405以降はSDカードが採用され、XF705でも汎用性の高いSDカードが採用された。

ただ、XF-HEVCでの4K記録やスローモーション記録時は、UHSスピードクラス3のSDカードが必要となる。またSDカードは品質が多様なメディアでもあるので、使用時には十分テストをしてから本番に使用することをお勧めしておこう。安手のメディアは厳禁である。ちなみに最大ビットレートの160Mbps記録をした場合、32GBのメディアで約25分の収録が可能だ。

NLEの対応

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2018/11/ong49_XF705_04.jpg ※画像をクリックすると拡大します

この最新のXF-HEVCフォーマットだが、編集プラットホーム側でサポートしてもらわないと意味がない。その点安心なのが、XF705の発表と時を同じくGlass Valley社のノンリニアビデオ編集ソフトウエア「EDIUS 9」が、無償アップデート(バージョン9.3)によってXF-HEVCにいち早く対応したことだ。EDIUS 9ではコーデック変換やデジタイズなども行わず直接XF-HEVCフォーマットの読み込みが可能であり、またHDR編集などにも対応しているので、XF705の美点を殺さずに対応してくれている。その他にも、DaVinci Reslove 15(有償版)ではすでに対応しており、Avid Media Composerはプラグインで対応、Adobe Premiere ProとFinal Cut Pro Xは順次対応予定となっている。

HDRアシスト液晶モニターで確認しながらHLGやPQ収録したXF705の映像は、EDIUS 9を用いると取り込み、カット編集はあっという間だ。HDRの属性も継承が可能なので、即時性を追求したHDR映像と言った分野では有益な選択となるだろう。

まとめ

上記で紹介した以外にもXF705は、

  • フルHD時には120P 4:2:2 10bitのスローモーション記録が可能
  • 回転式3濃度NDフィルター(ND1/4、1/16、1/64)を内蔵
  • 高速・高精度なフォーカシングが可能なデュアルピクセルCMOS AFを搭載
  • ネットワーク経由で映像と音声(2ch)をストリーミング送信が可能
  • 3G-SDIの約4倍の伝送速度を持つ12G-SDI端子を搭載

等々、新世代のフラッグシップ機としてスキの無い機能を搭載した。

正直なところXF405が搭載した1.0型CMOSセンサーと15倍ズームレンズの真価を、ようやく発揮できる機種としてXF705は完成したように思う。

XF705は、放送局レベルでの番組制作から、イベントやコンサート映像などのコンテンツ制作においても、高画質な記録も欲しい、映像制作ワークフローの効率化も求めたい、そんな様々なユーザー層へ訴求でき、どのようなレベルでも対応が可能な4Kハンドヘルドカムコーダーであると言えよう。

発売日は2018年11月29日と間もなく。ポチッとボタンを押す心づもりをして発売を待とう。


WRITER PROFILE

井上晃 映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。


[ Writer : 井上晃 ]
[ DATE : 2018-11-22 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.50 PXW-Z280/Z190の顔検出オートフォーカス性能を検証する

txt:猿田守一 構成:編集 PXW-Z280/Z190の顔検出オートフォーカスはいかに?! 前回、PXW-Z280のインプレッションを書かせてもらったが、この時フォー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.49 ローランドから注目の“ちびっこ”登場!~Roland V-02HD

txt:宏哉 構成:編集部 小さくても機能は大きいRoland V-02HD Roland V-02HDは、HDMI入出力専用の2チャンネル映像スイッチャーだ。ワンマン... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.48 キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」の動画機能をチェック

txt:照山明 構成:編集部 ファーストインプレッション EOS Rをどこかで触ってみたいと思っていたところ、運良く試作機を借りる機会に恵まれた。この記事が掲載される頃... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.47 ビッグセンサーを搭載したハッセルブラッドH6D-100cの4K動画を試す

txt:渡邊聡(Multicamlaboratory) 構成:編集部 ARRI ALEXA 65と同等のセンサーサイズで4K動画撮影を実現 1億画素CMOSセンサー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.46 GoPro HERO7 BLACKは「楽しい」を簡単に伝える機能が進化した!

txt:松本敦 構成:編集部 GoPro HERO7 BLACKレビュー 一番手前が今回の目玉となるHERO7 BK 2018年9月20日にGoProからHE... 続きを読む

WRITER PROFILE

井上晃 映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 井上晃 > [OnGoing Re:View]Vol.51 Canon XF705試用レポート!