2018年に掲載した注目の製品、話題の製品に関する特集やコラム記事をいくつかピックアップ!「普段なかなか記事を読む時間がない!」という読者の方も、再度この年末にPRONEWSアーカイブをじっくり読んでみませんか?まずは映像業界のトレンドとなった注目の製品を取り上げたオススメ記事をご紹介します。

Point of View

Design Week Kyotoというイベントで職人×DJ×映像作家のコラボ作品を作ることになった。Design Week Kyotoでは毎年、世界的クリエイターと京都の職人のコラボをしている。今回はDJの世界大会のDMCで5連覇の偉業を成し遂げているKIREEKに白羽の矢が立った。筆者はKIREEKのLIVEでVJをやったり映像作品を一緒に作ったりしている関係もありお呼ばれした。


OnGoing Re:View

このところのSonyのカメラはオートフォーカス性能を大きく向上させてきている。2017年末に発売されたPXW-Z90、HXR-NX80からの性能アップが話題となったことはご存知の方も多いだろう。そして今回発売されたPXW-Z280はAF機能をさらに強化してきた。今回搭載されたAF機能は顔を検出する機能がより強化された。PXW-Z280/Z190には「顔優先AF」「顔限定AF」「顔登録機能」という3つのモードが搭載されている。今回はこれらについて検証していきたい。なお、今回のテストはZ280で行ったが、Sonyによると顔検出性能についてはZ280とZ190は同じとのことだ。


Viva! Storage

映像制作を生業にしている限り、頭と財布を悩ますのがストレージの問題だ。HDから4K、いまや8Kと、年々動画データのストレージ消費量は増大している。私の場合、まだ8Kとは無縁だが、4K動画を扱うことは日常になった。業務内容的には4Kのイントラフレーム圧縮や、ましてやRAWなどを扱うことは特になく、最大150Mbps程度の動画データを遣り繰りするのが現状だ。

今回、日本サムスン株式会社(以下:Samsung)より、同社のSSD製品をお借りする機会を得た。


イベント映像演出の世界

毎月第四火曜日に、Red Bull Music Studios Tokyoから生配信されている音楽番組「MUSIC SHARE」は、自分たちが見たい音楽番組がないなら、作ってしまおうというDIY精神に溢れる音楽番組。

番組の司会を担当されている本田みちよ氏(ミュージシャン / MUSIC SHARE代表)とスイッチング・配信技術を担当されている池内万作氏(俳優)のお二人は、番組を始めるまでは、スイッチャーや配信ソフトなどに触ったことがなかったという。そんな、お二人がレギュラー番組を作られるようになるまでの経緯を含めてお話を伺った。


ライブ配信のすゝめ

モバイル動画を軸に、メディア事業、動画マーケティング支援事業、タレントマネジメント事業を展開する株式会社Candee。専用スタジオを増床し、ライブ配信、動画制作、VTuber収録、ゲーム実況配信など、グループ会社全体の動画コンテンツ制作強化している。また、出演モデルたちのファッションやメイクを参考に、流行りのアイテムをその場で購入できる、日本初のソーシャルライブコマースアプリ「Live Shop!(ライブショップ)」の開発、運用も行なっている。

専用スタジオの機材選定や、ライブ通販の運営などについて、株式会社Candee 山浦氏・原田氏にお話を伺った。


Get on the EDIUS

2017年10月、グラスバレー株式会社はノンリニアビデオ編集ソフトウェアEDIUSの最新バージョン「EDIUS Pro 9」を発表し、同年11月上旬よりパッケージ版の出荷を開始した。

ご存じの事かと思うが、EDIUSは2003年に発表されてから15年近い歴史を持つ、貴重な国産ノンリニアビデオ編集ソフトウェアだ。発表当初から、様々なフォーマットを変換なしで編集可能というリアルタイムテクノロジーによって、高速で快適なビデオ編集を実現しており、また各種ビデオIOハードウェアのサポートによる安定したビデオモニタリング等で、PCによるノンリニア編集を牽引してきた存在だ。


PRN Mag Archives

発売以降人気を誇るデジタルシネマカメラPanasonic AU-EVA1(以下:EVA1)。その特徴的な機能である赤外線撮影を駆使し、作品「palette」を完成させた貫井勇志監督にお話しを伺った。InterBEE2018で実際にパナソニックブースでもデモが行われ大変好評だったEVA1による赤外線撮影。はたしてpaletteはどう制作されたのか貫井監督に迫った。



[年末イッキ読み!] Vol.02

WRITER PROFILE

編集部

PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。