<?php wp_head(); ?>

PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.10 動画と映像が分岐した2019年、BMPCC 4Kの存在意義を考える

News

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.10 動画と映像が分岐した2019年、BMPCC 4Kの存在意義を考える

2019-01-25 掲載

txt:鈴木佑介 構成:編集部

2018年秋のBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K(以下:BMPCC 4K/ポケシネ4K)の発売から約4ヶ月が経とうとしている。

ご存知の通り、DCI 4K 60p/12bitのRAW動画が撮れる約15万円のシネマカメラという事もあり世界中でかなりの数が売れているらしい。日本でも未だに品薄状態が続いている。発売から昨年末にかけて着実に全国の皆様の手元に届いているようで、「入手した!」と喜びの声がSNS上などで耳にする事が増えてきたと共に動画制作人口が予想以上に増えてきた事を実感する。

様々なメディアを介してのレビュー記事やレビュー動画もひと段落、「話題のポケシネ4K」を手にした「ビデオグラファー」達からその後に聞こえてくるのは歓喜かため息か、得たのは希望なのか絶望なのか。

以前の記事でお伝えしたように運良く初期ロットを手にした筆者がBMPCC 4Kと共に歩んだこの数ヶ月の感想と2019年を過ごすにあたっての所見をお伝えしたいと思う(いつもより 私見たっぷりなのはご了承いただきたい)。

1.「映像表現」のためのBMPCC 4K

現在、2台目のBMPCC 4Kを導入し、様々な現場で活用している

映像業界の中で段々と浸透し、共通言語化されてきた「テイク」する映像と「メイク」する映像。という言葉。

以前から言っている事だが、映像制作は「テイク」と「メイク」の大きく2種類だと筆者は考えている。「テイク」は結婚式やイベントなど、流れを止められない状況を素敵にかっこよく「撮り切る」撮影(従来からある記録映像なども大枠こちらの類だが、それとは趣が異なる)。一方「メイク」はCFや映画などゼロベースから己のイメージを具現化して「作り出す」撮影だ。

ここ数年、「誰かが喋って、そこに関連するイメージカットがインサートされる」ようなドキュメンタリー調の映像、いわば「テイク」と「メイク」の中間が潮流となっている。筆者はライティングもできずに一発勝負の撮り直しが効かない「テイク」の撮影はSonyのα7S IIやα7 IIIなど、暗所での撮影ができたり、オートフォーカスが速く効くような小型のDSLRカメラを選んでいる。

仕事の内容に応じて「使いやすい形」にアレンジするのが吉

それに対してコマーシャルワークやショートフィルムなど、イメージをゼロベースで自ら創りあげる「メイク」する撮影はFS7などのシネマカメラを使用している。大型で重量があろうが、得られるフッテージの質が高いものを選ぶ。何故ならば自らで「イメージ」を作り出す作業を行うということは、クライアントワークであれば依頼主からの編集要望に対してきちんと応えられるフッテージを収録しなければならないからである。

筆者はBMPCC 4Kを「メイク」するカメラと位置付けており、入手直後から「メイク」する仕事や、「テイクとメイクの中間」のような合計7本のプロジェクトの現場に投入した(実際BMPCC 4Kを手にしてみると案外「テイク」でも使えそうな感じはするのだが、色々問題が出てくるので控えている)。

ドラマ系の撮影ではフォーカス送りが重要となるためワイヤレスフォローフォーカスなども活用

BMPCC 4Kの使用感覚としてはCanon 5D Mark IIや7Dで映像制作をしていた頃に似ているだろうか。動画撮影にとって不便なカメラを自分たちの相違工夫で使いやすくしていき、撮影したフッテージに歓喜する。2008~2010年 一眼動画の黎明期のあの頃を思い出す。少しアナログに戻るというか、便利なテクノロジー頼りでなく、「きちんと画を撮っていく」という作業に心地よささえ感じる。

一つ違うのは大判センサーに慣れ親しんだ今、BMPCC 4Kは5Dのようにいい意味で「勘違いできるカメラ」ではないという事だろう。つまり「作りたいイメージが無い者には何も与えてくれない」そういうカメラだ。その代わり、作りたいイメージが明確にある者には「これでもか」というくらいに可能性を与えてくれる。

筆者は2018年買ってよかったモノは?と聞かれれば、即座にBMPCC 4Kと答えるが、その後に「決して万人を幸せにするものではないけどね」と一言添える。セミナ-などでも言っていることだが、BMPCC 4Kは「4K60pが撮れる 15万円のお買い得カメラ」ではなくて「たった15万円でグレーディングをする上で素晴らしいフッテージが入るカメラ」なのだ。定義するならば、BMPCC 4Kは、表現欲を満たしてくれる最安値の「シネマカメラ」である。

手ブレ補正はレンズ依存、NDフィルターは内蔵されていない、収録容量が大きいバッテリーは持たない、などとネット上でネガティブな意見ばかりが上がってくるのが心底残念だ。後述するが、15万円でこれだけの画を我々に与えてくれるカメラは他に無いと思っている。

室内の現場ではVバッテリーから給電できる仕様にしている。現場に合わせてアレンジしていく事が重要だ

そしてこのカメラの恩恵を得るには、それなりの知識と経験が必要だ。美術を鑑賞するためには、ある程度の教養が必要なように、誰でも簡単に「動画」が作れるようになった今、映像制作、つまり「表現」をする、という行為に対して、今まで以上に勉強はもちろん、ロジックとある意味での所作が求められるのだ。

2.ポケシネ4Kを「楽しむ」には「グレーディング」ありき

DaVinci Resolveで「できる事」を把握して「やりたい事」にトライする。やはり映像は「ゴールから遡って考える」ものだと実感。それを知るためにグレーディングを学ぶ事は重要だ

BMPCC 4Kを手に入れて幸せを感じる事ができる人は「映像表現」という行為をきちんと「楽しむ」事ができる人だ。BMPCC 4Kをまずは「カラーグレーディング」ありき。DaVinci Resolveを学んで使い続けて約1年半、8bitや10bitのLog素材でできなかった事が容易にできるのがBMPCC 4Kの12bit フルRGBのRAWフッテージだ。グレーディングを経験していない人にBMPCC 4KのRAWフッテージを触ったところで13stopのダイナミックレンジの階調の広さに驚くくらいで何の感動も無いと思う。逆にBMPCC 4KのRAW素材からカラーグレーディングと映像制作を学んでいった人は8bitや10bitのLog素材に触れた時にどう思うか、逆に興味がある。

過去の記事でも書いたがカラーコレクションは「色補正(ノーマライズ)」、グレーディングは「演色」である。自分の作りたいビジュアルイメージを「ルック」として創り上げるのがカラーグレーディングだ。

筆者はBMPCC 4Kを入手してからの数ヶ月、仕事の合間で自主制作のミュージックビデオを制作していた。己に課した条件としては基本オープンセット、自然光メインでの撮影を行い「カラーグレーディングで四季と時間経過を表現した上ストーリーテリングすること」をテーマとした。

10月に一度ティザーとして作った映像の本編がつい先日完成したので、まずは完成品をご覧頂きたい。鈴木佑介2019年の自信作だ。

Foglamp “Don’t Get Me Wrong” MV
“Don’t Get Me Wrong” 収録アルバム
Foglamp「Rising Into Blue」

Apple Musicなどでも聴けるので是非
Foglamp


どうであろうか?まずはビジュアルから「四季」と「時間経過」を感じてもらえたら幸いだ。具体的な絡みは無いが、男女の関係性とストーリーを空想しながらご覧頂けたのでないかと思う。「色」というのは見ている人の感情に訴え、魂を揺さぶる。ストーリーにさらなる深みを与えてくれるものだ。演出をする、つまり「メイク」をする上でとても重要な役割を占める。

前述の通り、今回は四季をルックで表現する事に注力した。劇中の春夏秋冬は2018年の12月に1日半で撮影したもので、グレーディングで表現をしてみた。LUTの類は使わず、ひとつひとつノードを作っていって己の欲しいルックを作る事にトライした。撮影自体は4K24pをベースにときおり4K60fps、HD120fpsのHFR撮影を混ぜた。フォーマットはCinema DNG3:1。何故かロスレスに拘る人が多いが3:1でまったく問題無いのが実感だ。実際触って頂きたいので、年賀代わりに数秒づつだが4つの素材をDLできるようにしたので、ぜひ「みなさんの思う四季に」グレーディングしてみてほしい(素材はDaVinci Resolveでしか開けません)。

 ong45_z280_ND4F16-.jpg冬:グレーディング前
※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg冬:グレーディング後
※画像をクリックすると拡大します

 ong45_z280_ND4F16-.jpg春:グレーディング前
※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg春:グレーディング後
※画像をクリックすると拡大します

 ong45_z280_ND4F16-.jpg夏:グレーディング前
※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg夏:グレーディング後
※画像をクリックすると拡大します

 ong45_z280_ND4F16-.jpg秋:グレーディング前
※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg秋:グレーディング後
※画像をクリックすると拡大します

プレゼント用RAW素材(1つ400MBくらい)

Spring
Summer
Autumn
Winter

※DaVinci Resolveでしか開けません

また、季節だけでなく、昼から夕景、Day for Nightなど時間の演出も行なった。ここまで細かい演色が出来るのもフッテージが持つ情報量の豊富さが重要になってくる。特に色の分離性は素晴らしく、10bit Log素材でも悪戦苦闘するようなところがすんなりイメージを作る事ができる。

RAWは容量面からハードルを高く感じている人が多いかと思うが、Cinema DNG3:1でもProRes422と同じような容量であり、下手なビデオコーデックよりもサクサク動く。.BRAWの搭載が待ち遠しい。

 ong45_z280_ND4F16-.jpgDay for Night:グレーディング前
※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpgDay for Night:グレーディング後
※画像をクリックすると拡大します

 ong45_z280_ND4F16-.jpgDay for Night:グレーディング前
※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpgDay for Night:グレーディング後
※画像をクリックすると拡大します

このMVの見所でもある昼の景色から夕景への変化が楽曲との相乗効果で盛り上がりを見せる。「こういう画を作りたい」という希望にBMPCC 4Kはまっすぐに応えてくれた 元素材。広いダイナミックレンジとグレーディングをするのに十分なビット深度、カラーサンプリングレートを持つ。BMPCC 4Kだからこそ撮れた素材である

従来の編集ソフトの「カラコレ」では表現できない事がDaVinci Resolveでは沢山できる。プロのカラリストではない私が、偉そうな事は語れないが、ゼロからDaVinci Resolveを真面目に取り組んで約2年のひとつの結果をカタチに出来たと思う。

今回制作した映像は完全なる自主制作作品だ。作ってみての感想だが、とにかく楽しかった。それしかない。「Foglamp」というバンドの美しい楽曲に出会い、その曲で映像を作りたいと思い、頭に描いた登場人物を探していたら、イメージにピッタリ合う「遥野」さんという役者と出会い欲しい画を描くにはRAW動画が必要だと感じたため、BMPCC 4Kの発売を待って実現した、という背景がある。

撮影は少数でシンプルに自然光をベースに行なった

完全な持ち出し企画のため、大人数での撮影でもなければ、特段お金をかけたわけでもない。DaVinci Resolveで出来る事を知った上で、欲しい画があっても今までできなかった事にトライしたら、できた。その理由はDaVinci Resolveを学んだ先のBMPCC 4Kだったからだと思っている。

もしこれからBMPCC 4Kを購入する、予約している、人がいるのであれば、カメラが到着する前に1分でも多くDaVinci Resolveのカラーページを学ぶべきだ。積み重ねた努力は嘘をつかない。

気温3℃の中 夏のシーンを頑張ってくれた遥野さん

「映像制作はゴールから遡って考える」のが基本だ。性能がいいから●●のカメラを使う、のではなく、ゴールの「自分が欲しいルック」から遡って、どういう素材が欲しい、だからこそ、どの機材、レンズを選ぶ、というようにマインドをシフトさせるチャンスである。BMPCC 4Kを使うには何にも考えずにキレイに「写っちゃう」カメラではないからこそ、キレイを「創る」美意識が必須となるのだ。

フルフレームミラーレス戦国時代の中できちんと「映像を創る」という事をBMPCC 4Kは再認識させてくれる。映像は「手軽に始められるようになったが、『簡単』では無い」事を改めて感じた次第だ。だからこそ面白い。ゼロから学ぶには最高のカメラだと思う。映像制作業を志す学生達は絶対に手にして使い倒して欲しいと感じている。

何より15万円でこれだけのことができるカメラと編集ソフトが誰でも手に入れることができる現代において筆者を含め「上の世代」は若い世代に対して、自分が培った知識をひけらかすだけではなく、説得力のある見本を提示した上で、育て、それ以上に自分たちも努力、勉強しなければならない(大変だ)。

本作で筆者が一番気に入っている画。この逆光下で被写体へのフィルライトはバッテリー式のLEDスポットを顔に直当てしたのみ。BMPCC 4KとDaVinci Resolveで無ければ簡単には作れないルックだ

3.グレーディングを「楽しむ」なら「Mini Panel」が必須

昨年春に追加導入したMini Panel。触らない日はほぼ無い

勉強する、ということは基本大変なことだ。特に仕事をしながらでは尚更である。いざカラーグレーディングを勉強しようと思ってみて、教本を買っても買っただけで開かなかったりチュートリアルを見ようと思っても捗らなかったりする。勉強をするときに大事なことは「楽しむ」こと。楽しめる人は努力する人を凌駕する。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2019/01/suzuki_10_2019-01-09-11.55.jpgノードツリーの一例。左2つのノードはMicro Panelで操作できるが、それ以降の操作はMini Panelでないとできない(全てマウスとキーボード依存になる)
※画像をクリックすると拡大します

DaVinci Resolveのカラーページに本気で取り組むなら「Mini Panel」の導入をオススメする。「あれ?鈴木はMicro Panelを使ってなかったけ?」と思ってくれた方がいたら正解。Micro Panelの限界を感じ、昨年春にMini Panelを追加導入した。

結論だが、DaVinci Resolveを触り続けていればMini Panelに絶対行き着く。Micro Panelで十分、という声も聞こえてくる事があるが、嘘だ。もちろん、DaVinci Resolveを触ったばかりの頃かMicro Panelでもさほど問題は無いし、それなりに楽しい。筆者もMicro Panelきっかけにグレーディングの楽しさを学んだことは確かだ。

しかし、DaVinci Rsolveの最大の魅力は「セカンダリグレーディング」。画をノーマライズした後に「どう演色するか」作業としてはセカンダリの方がはるかに多い(図参照)。

DaVinci Resolveを学んだら、遅かれ早かれセカンダリの世界に足を踏み入れる事になる。「セカンダリグレーディング」をする人だったらMini Panel無いなんてあり得ないであろう。Micro Panelでのキーボードとマウスへの依存度が70%だとしたらMini Panelでの依存度は30%程度だ。

プライマリカーブ、RGBミキサー、クオリファイヤの調整はもちろん、トラッカー、キーフレーム、デノイズ、各種ノードの追加、ウィンドゥの調整、など、セカンダリで必須となる機能がボタンやダイヤルで直感的に操作が可能になるのだ。特にRGBミキサーはマウスでの微調整は究極に難しいのでMini Panelが必須だ。

ノードが増えれば増えるほどMini Panelの操作が必須になってくる 特にRGBミキサーはMini Panelでないと上手に操作できない

もちろん、プライマリ、セカンダリ含め、ショートカットを含めたキーボード操作とマウスでも作業は可能だが、Mini Panelを使う事で笑ってしまうくらいに作業の速度と手の疲れが緩和され、なにより「演色の楽しさ」が変わる。価格が35万円くらいなので二の足を踏む方が多いとは思うが(筆者もそうだった)、今からパネルを購入される方は絶対にMini Panelの購入を勧める。分割払いでも良いから買った方がいい。

「楽しさ」の先にこそ「成長」がある。やるなら本気で、だ。

4.スペック比較でなく「表現力」を磨き、語らう未来へ

撮影機材やセッティングは案件次第。ゴールに近いものを使う

フルサイズミラーレス戦国時代となった今、「どのカメラを買えばいいのか?」と聞かれる事がある。正直な話、どんなカメラだって良いと思う。どのメーカーのカメラも基本良いモノだと思うのだ。スペックを並べて御託をならべる前に「己がやりたい事」をきちんと持ち、それに合いそうなカメラを選べば良いだけの事である。それがわからなければ、そのカメラに「ときめく」かどうかで選べばいい。

昨年1年は連載コラムのほとんどがBMPCC 4K絡みだった影響もあり「鈴木さんソニーやめちゃったんですか?」と聞かれる事があるがとんでもない。2018年一番仕事で触って活躍してくれたのはFS7とα7 IIIとα7S IIだ。何なら未だに首を長くしてα7S IIIを待っているくらいだ。

あくまでカメラは道具であり、道具は適材適所に使い手が選ぶだけのこと。全てを1台で済まそうとせずに、きちんと案件ごとに「使い分ける」のが良い。BMPCC 4Kについても同じで前述通り「映像表現や映像美」を求める人や「少しでも映像をリッチにしたい」人には超絶におススメするが、簡単に「動画」を撮りたい人や失敗できない現場での撮影や利便性を求めるなら素直にαやGH5などを購入した方が良い。

BMPCC 4Kはその値段とスペックやメディアでの盛り上がりもあり、飛びついた人が多かったと思うが、なんだかんだ「きちんと使おう」とすれば簡単に50~100万円のコストがかかるものだ。グレーディングパネルなども考えたらそれ以上のコストになる。

昔から映像制作を始めようとすれば最低100万円はかかる。これは諦める、というより受け入れるべきだ。ケチったところで、同じようなものを何度も買い換えればそれ以上のコストになる。別に「話題のポケシネ4K」を使おうが、RAW動画を取り入れたからといってなにも勉強していなかった人の撮影スキルや編集スキルが突然上がるわけでもなく、画質が向上するわけでもない、ましてや仕事が増えたり報酬が増える事もまずない。

どんなカメラだって良いカメラである。「どう使うか、何に使うか」はもちろん、基本は「自分が好きか」で選んでいいのだ

特に仕事をする上では、依頼主にとってほしいものは「最新の機材」や「映像美」ではなく「プロモーションとしての効果(利益)」が欲しいわけだ。それを促進するための「映像美」である。そこに訴求できるものが映像制作の仕事として成立するだけだ。だからこそ機材選びは「何をするか」で選んでほしい。従来のテキストメディアが「動画」として変化、確立され、誰でも動画が作れるようになって、面白いことが起きた。

「動画を作る」と「映像を創る」事の区別化がじんわりと始まったのだ。「イチガンで動画撮影して編集」だったものがAfter EffectsやMotionなどでのテキストアニメーション、CG、コンポジット制作が増えたのもそうした背景からであろう。その中で一概に何が良い、と言い切る事はできないがこんな時代だからこそ、「映像制作」に携わる我々は、新製品の発表のたびにカメラのスペック比較や云々で語り合うのではなく表現力を磨き、高め、シェアしていくように変化していきたい。

そのきっかけがBMPCC 4Kである。「どうやってこのルックを作ったのか?」「なぜこのルックなのか?」「なぜこう画を繋いだ?」などそういう所で語り合い、お互いを高めるような映像文化に変えていきたいとこの数年感じている。変化できるかどうかはBMPCC 4Kを手にした皆さん次第だ。

「動画」というものが「ビジュアルストーリーテリング」ではなく「ビジュアルストーリーテリングすること」が「映像」だと思っているからこそ筆者はしっかりと「映像を創る」事を本質的に続けていきたいと思う。それが「未来に備えること」だと感じている。さぁ「メイク」の時代の幕が上がり、少しづつ「淘汰」がはじまる。本年もよろしくお願いします。


WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


[ Writer : 鈴木佑介 ]
[ DATE : 2019-01-25 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.09 BMPCC 4Kはフルフレームミラーレス動画時代への処方箋

txt:鈴木佑介 構成:編集部 NAB2018での発表からおよそ半年。本当に9月に発売するの?と半信半疑だったBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K... 続きを読む

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.08 BMPCC 4Kが鳴らすRAW動画元年のゴング~グレーディングのための自宅マスモニ環境再考

txt:鈴木佑介 構成:編集部 さぁ、始まるRAW動画元年 いよいよ登場のBMPCC 4K 様々なカメラメーカーがフルフレームミラーレス市場への参戦が発表され... 続きを読む

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.07 Blackmagic eGPUでラップトップはデスクトップの夢を見れるか?

txt:鈴木佑介 構成:編集部 ブラックマジックデザインからeGPUが登場!eGPUって何? 7月13日、突如発表されたBlackmagic Design社の「... 続きを読む

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.06 Blackmagic Pocket Cinema Camera 4KがもたらすRAW動画元年~収録メディアと編集ストレージ環境を考える~

txt:鈴木佑介 構成:編集部 映像制作はストレージ環境から整える 当たり前のように4K動画が撮影&編集できるようになった昨今、映像制作を行う上での根幹を支えるのが... 続きを読む

[鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.05 ヴェールを脱いだFUJIFILM X-H1〜最速レビュー

txt:鈴木佑介 構成:編集部 一眼動画にFUJIFILMというダークホース 一眼動画のマーケットにFUJIFILMという選択肢は全く無かった。大事なことだから... 続きを読む

WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [鈴木佑介のLook AHEAD -未来に備える映像制作- ]Vol.10 動画と映像が分岐した2019年、BMPCC 4Kの存在意義を考える