PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 高信行秀 > [Hands-On Final Cut Pro X]Vol.06 FCPXでの色調整

News

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.06 FCPXでの色調整

2019-02-08 掲載

txt:高信行秀 構成:編集

昨今のビデオ編集において、色調整は欠かせないものとなっている。その用途はクリエイティブな部分はもちろん、誤った色調を直すものなどだ。さらにLog形式で収録されたものを適切なトーンにするための調整もある。そこで今回はFCPXの色調整機能について説明していきたい。

はじめに

今回の説明に当たって、用語の使い方にあらかじめ断りを入れておきたい。例えば最近よく使われる「グレーディング」という言葉、意味がいまいち統一されていないと思っている。私も何人かのカラーリストやエディター、技術者に聞いてみるのだが、それぞれ意見が違ったりはっきりしない場合が多い。例えば「カラコレとグレーディングは何が違うの?」と聞くと顕著だ。

そこで、とりあえずこの記事の内容に限っては以下の用語は次のような意味で話を進めていきたい。それぞれに異なる意見もあるとは思うが、都合に合わせて解釈していただければと思う。

ワンライト:フィルム時代からの用語で単純に現像だけの工程をさす。デジタルでの色調整のワークフローにおいては、フィルムスキャン後の状態を指すことはもちろん、RAW現像(ディベイヤー)や、Log形式のデータをLUTなどを使って色域に合わせてDeLogする工程を指す。

カラーコレクション:現像しただけのものは、なんらかの問題を抱えているものが多い。露出不足、ホワイトバランスなどさまざまな問題がある。これらを「コレクション」(Correction=正す)する作業、つまり「色補正」を指す。

グレーディング:クリエイティブな表現のための色調整で、キーイングやマスクを使った部分的な調整なども利用した積極的な色調整を行うことを指す。

記事内で紹介する色調整のワークフロー

これら3つの用語は色調整のワークフローの流れともなっている。今回はこの3つの視点でFCPXの色調整について説明していく。

FCPXでのワンライト処理

デジタルシネマカメラが一般的になってから、シネマ用途にかかわらずLog形式で収録や場合によってはRAWで収録されるような環境になった。ただ、LogにしてもRAWにしても使用するには事前工程が必要だ。

Log形式のものは編集のカラースペース/EOTFにあったものへ調整するべきで、多くの場合は事前に用意されたLUTを利用する。さらにRAWの場合はディベイヤー処理をしなくてはいけない。こういった部分の工程を「ワンライト」と(ここでは)呼ぶ。

このセクションではFCPXでのワンライトに当たるパート。LUT/RAWへの対応について説明する。

■LUT

FCPXでのLUTへの対応は大きく2つに分けられる。「カメラのLUT」(内蔵/外部からインポートしたLUT)そしてエフェクトの「カスタムLUT」だ。ここでは「カメラのLUT」について説明する。「カスタムLUT」に関してはこの後の「グレーディング」のセクションで説明する。

「情報インスペクタ」にある「カメラのLUT」を開くと、項目が「内蔵」と「カスタムカメラ」の2つに分類されている。「内蔵」はFCPXであらかじめ用意されているLUTだ。

カメラのLUT

メジャーなカメラに対応したLUTがあらかじめ用意されている…。っと、ここで話が終わると単にLUTが用意されているだけで終わるのだが、実はここから先がある。

■ターゲットにあったLUT

話が少し逸れるように思われるが、ここで質問させてほしい。

「いまよく使っているLUTはどのカラースペース/EOTF用のものなのですか?」

これを意識していない人は割と多い。これは、これまでは意識しなくてもよかったからだ。なぜなら提供されているLUTのほとんどがRec.709を変換ターゲットにしており、求める側もRec.709であれば問題がなかったからだ。

ただし、これからは違う。前回(Vol.05 FCPXでの広色域とHDR)で紹介した通り、これからは広色域/HDRの時代であり、FCPXを使えば簡単に実現できる身近な事柄だ。これらに対応するためにはLUTも広色域(WCG)やHDRに対応したものも用意するべきだ。

■内蔵(用意されたLUT)

このような背景もあって「カメラのLUT」に用意されている「内蔵」のLUTは、Rec.709、そしてWCG(広色域/Rec.2020)HDRに対応している。使用しているライブラリがRec.709の設定であればRec.709に適したLUTを、WCG HDRになっている場合はWCG HDRに適したLUTが反映される。

同じ素材をRec.709環境でDeLogしたもの/WCG HDR環境でDeLogしたもの

これにより適切に、そしてこれまではRec.709の色域の制限に閉じ込められていたカメラ本来が持つ性能を有効に利用することができるのだ。

■カスタムカメラ(外部からのLUT)

もちろん外部で作成されたLUTを読み込み利用することができる。この際のポイントは先ほど説明したターゲットに合ったLUTの使用だ。もちろん、外部からのLUTに関しても先の内容が反映されるように読み込み時に設定が用意されている。

読み込みは「カメラのLUT」ポップアップから「カスタムカメラのLUTを追加」メニューを選ぶことでファイルダイアログが表示されるので目的のLUTファイルを選択し読み込む。この際に出力色空間の設定項目があるのでLUTが対応する色空間を指定する。

外部からのLUTの読み込みとLUTターゲットのマネージメント

これにより、使用しているプロジェクトの色空間に合わせてLUTの内容を反映させる。異なる色空間の混在(Rec.2020のプロジェクトにRec.709のLUT)となればそれをマネージメントする。この辺りはカラーマネジメントと同じだ。

■RAW現像

FCPXでのRAWへの対応は、カメラメーカーが提供するプラグインをインストールすることで使用可能になる。いくつかカメラメーカーが自社のカメラ用にプラグインを提供しているがREDもその一つだ。

REDはFCPXの登場初期からプラグインを提供してきたメーカーだ。FCPX上でディベイヤーの調整ができ、RAWのメリットを十分に利用することができる。

RED RAW設定

REDのディベイヤー処理では色温度などの設定はもちろん、「ガンマ」としてOETFの種類を選べ、各種Log形式へのディベイヤーはもちろん、ST.2084/PQ(HDR-2084)も選ぶことができる。これらを利用してのWCG HDRでの編集はより一層、REDの魅力を引き上げるだろう。

■ProResRAW

ProResRAWは2018年4月に公開されたApple社開発のRAWコーデック。RGB 4:4:4/12bitの精度をもったRAWデータでありながら、これまでのRAWのネガティブ面であった「高負荷」を解消し、編集時にも快適に編集できるデータだ。

ProResRAWのパラメータ

FCPXからはディベイヤー時のOETF(ガンマ/Log)を特定のものから選択できる。これによりHDR時には12bitの精度を十分に活かすことができる。

ただし、現在(2019/01)ProResRAWデータを編集できる環境はFCPX/Motion/Compressorだけだ。そしてディベイヤーのパラメータも特定のOETF形式への変換しか指定できない。高品質に12bit 4:4:4のデータを低データレートで扱えるメリットはもちろんあるのだが、その性能を発揮しきれているとは言い切れないというのが実情だ。

一方で、年明けにアナウンスがあったNikon社のZ 6/Z 7での外部レコーダーを使ったProRes RAW収録対応など、カメラ側での対応が増えることが予想され、今後の動向に引き続き注目だ。

FCPXでのカラーコレクション

冒頭で書いた通り、ここでの「カラーコレクション」は「色補正」としての意味で説明を行う。

カラーコレクションを行うことはとても基本的なことだ。意図しない露出過不足、ホワイトバランス/カラーバランスを整えることで映像としての整合性を整える。さらに基準ができるので、安定したグレーディング作業につなげることができるからだ。

■色補正エフェクト

FCPXの色調整のツールは、FCPX10.3から高機能な「色補正エフェクト」が用意された。カラーコレクションツールとしては一般的な「カラーホイール」の他、カーブを利用した「カラーカーブ」、色の要素(色相/彩度/輝度)を対比カーブにし調整を行う「ヒュー/サチュレーションカーブ」が用意されている。

色補正エフェクト

カラーコレクションに使用するツールとしてよく使うのは「カラーホイール」だろう。輝度/彩度の調整やカラーバランスの修正ができる。あとは色調のトーンを合わせるために「カラーカーブ」を利用することもあるだろう。

■バランスカラー

自動での簡易色補正であれば「バランスカラー」を使うことで、自動的に輝度/カラーのバランスを取る。

バランスカラー

「自動」(デフォルト)の方式では全体のバランスをみて輝度のトーンの他、中間色をニュートラルに補正する形になるが、この場合、日差しや照明などによる色の影響が強い場合、白をニュートラルにできない場合がある。これはこれで意味のあることだが、映像中のものでホワイトであるべきものをホワイトとしたい場合がある。

このような場合はバランスカラー内のポップアップから「ホワイトバランス」モードを選択して調整を行う。

なお、この「ホワイトバランス」で注意すべきことがある。それはこれがあくまでも「ホワイトバランスを優先にしたバランスカラー」であるということだ。つまり、ホワイトバランスを取ることは確かなのだが、輝度バランスも取ってしまう。場合によっては意図しない結果になるので注意されたい。

■マッチカラー

グレーやホワイト、輝度のバランスを調整して1つの絵として補正することは基本的なことではあるが、異なる素材/セッティングの場合ではそれらの補正だけではクリップ間のトーンの差異が埋まらない場合が多い。そこで「マッチカラー」処理をすることでその差をできるだけ埋めるようにする。

「マッチカラー」は異なるクリップ間の色味を合わせる目的で使用する。目的のクリップを選び、メニューバーから「変更」→「マッチカラー」を選び、マッチさせたいクリップを選ぶだけだ。

マッチカラー

基本的にはターゲットとなるフレームのカラーバランスに合わせるだけなので、あまり大きな期待をしない方がいい。

■比較ビューア

マッチカラーで色調の差があまり埋まらない場合(残念ながら多々あることだ)、FCPX10.4.4から搭載された「比較ビューア」を使用することで、前後のクリップの色調を比較したり、いずれかの見本となるフレームを参考対象にしてカラーコレクション作業ができる。

比較ビューア

比較ビューアでは「保存済み」モードを使うことで、表示しているフレームをメモリできる。メモリされたものは「フレームブラウザ」に複数記録可能。それらはすぐに呼び出すことができ比較対象にできる。

FCPXでのグレーディング

FCPXはグレーディング用のソフトではないが、より高度なことを望まなければNLEとしては十分なグレーディング機能をもっている。もちろん元々がグレーディングソフトであったDaVinci Resolveと比較することはナンセンスだ。ただ、DaVinci Resolveの機能を持て余すぐらいの使用レベルなのであれば、FCPXのグレーディング機能は期待に応えるものであろう。

■ヒュー/サチュレーションカーブ

「ヒュー/サチュレーションカーブ」は色の要素(色相/彩度/輝度)を対比カーブにしたものだが、これを使用することで、映像中の特定の彩度/輝度/色相だけを調整することができる。

この機能はDaVinci Resolveの「カーブ」に当たる機能だ。使い勝手/機能はほぼ同じといっていい。興味深いのはFCPXには、「(色)vsサチュレーション」(デフォルトは「オレンジvsサチュレーション」)のカーブが用意されていることだ。これは特定の色の輝度に対して彩度調整を行うもので、表記的には「(色)vsサチュレーション」となっているが実際は「luma vs(特定の色限定)サチュレーション」だ。

デフォルトでは色が「オレンジ」になっているが、これはこの「オレンジ」のカーブ調整が人の肌を調整することによく使われるためだ。もちろん、対象の色を変更し調整することもできる。

■キーやマスクを使用した部分的な色調整

部分的な色調整をする場合に、グレーディングソフトではキーをマスクを複合して抽出を行うことが一般的だ。DaVinci Resolveで言う所の「クオリファイアー」と「PowerWindow」にあたる。FCPXでもキーとマスクを「色補正エフェクト」で利用し同じようなことができる。

キーとマスクを使った部分的な色調整

マスクに関しては基本的に短形と楕円の組み合わせになる。それらを複数作成し複雑な形状がもできる。より高度なマスクが必要なら、「マスクを描画」エフェクトを使うことでパスを使った作成もできる。

もし、DaVinci Resolveでパラレルノードやレイヤーノードを使っていない、もしくは分離しても重なる部分がないという程度の色調整であれば、DaVinci Resolveでのシリアルノードを繋げるように「色補正エフェクト」を複数重ねればいい。同じ結果だ。

もちろん、DaVinci Resolveにあるようなパラレルノードやレイヤーノードの概念、トラッキング、複雑なマスクの管理などはなく、そういった部分では遠く及ばない。そこは割り切るべきところだ。

■「カスタムLUT」エフェクト

LUTの読み込みと適用に関しては先の「ワンライト」のセクションで説明したが、「カメラのLUT」とは別にエフェクトとして「カスタムLUT」エフェクトが用意されている。

この理由は「カメラのLUT」で適用されるLUTは、真っ先に適用されるもので全てのエフェクトの前に適用される。別の用語的に言えば「インプットLUT」にあたる。しかし、最近よくある「効果」としてのLUTはエフェクトの最後に適用する(アウトプットLUT)ことを想定しているものが多い。そのような場合に「カスタムLUT」エフェクトを使用する。

アウトプットLUTとなる「カスタムLUT」エフェクト

もう一つの「カスタムLUT」エフェクトの使い方はエフェクトプリセットとして保存することだ。残念ながら「カメラのLUT」はエフェクトプリセットの対象にならない。代わりに「カスタムLUT」であれば、前後の色補正エフェクトの内容を含めて1つのエフェクトプリセットとして保存できるのだ。

■エフェクトプリセットの保存を使ったメモリ

グレーディングソフトでは、作業効率を上げるためによく使用するグレーディング内容をプリセット化する。DaVinci Resolveでの「ルック」と呼ばれるものだ。これを利用することで素早くクリップにグレーディング内容を適用できる。

FCPXには「ルック」の概念がない。しかし、エフェクトプリセットを使うことで、同様にグレーディングの内容をプリセット化できる。

エフェクトプリセット

エフェクトプリセットには、色補正エフェクトでの作業の他、「カスタムLUT」エフェクト、モーションエフェクトなどの内容もプリセットできる。これによりエフェクトプリセットとして登録すればルックと同じように素早くグレーディング内容をクリップに適用できる。

■オーディション機能を使ったバージョン管理

グレーディングソフトの機能の一つに、あらかじめいくつかのグレーディングパターンを適用しておき、必要に応じて素早くパターンを切り替える機能がある。DaVinci Resolveでの「バージョン」と呼ばれる機能だ。FCPXには「バージョン」の機能はない。しかしオーディションの機能を使うことで代用できる。

オーディションでのバージョンの代用

オーディションの機能はエフェクトの内容だけに限らず、編集尺やモーションエフェクトの内容も複数パターン保持できるものだ。これを利用することでバージョンに近い環境を得ることができる。

■擬似調整レイヤー

これはFCPXの機能ではないが、よく知られたFCPXとMotionでのTipsだ。

グレーディング作業として、すべての編集した内容に同一の色調整を与えたい場合がある。DaVinci Resolveであればタイムラインノードを使って、Premiere Proなら調整レイヤーを使って実現できる。しかしFCPXには同様な機能はない。そこで通称「擬似調整レイヤー」のTipsを使用する。

擬似調整レイヤーを使用するにはMotionが必要だ。FCPXはMotionとの組み合わせで真価を発揮する。Moitonを使うことでFCPXのタイトル/ジェネレータはもちろん、エフェクトまで作成できる。

作り方の詳細はここでは書かないが「Final Cutタイトル」プロジェクトを作成し、テキストレイヤーを削除以外は特に何も設定せずに名前をつけて保存するだけで完成。保存するとFCPXのタイトルの項目に追加されるので、タイトルと同じように調整したい範囲に重ね、色補正エフェクトを調整したり、「カスタムLUTエフェクト」を適用することができる。

擬似調整レイヤー

■まとめ

FCPXでの色調整についていかがだっただろうか。前回の広色域/HDRと同様に、新しい編集/技術トレンドにもFCPXがそつなく対応できていることがご理解いただけたなら幸いだ。

FCPXの色調整の機能はシンプルだがよく考えられたスマートなもので、多くの方がNLEとしての色調整機能に不足を感じることはないはずだ。前回説明したカラーマネジメント/ダイナミックスのマネジメントに関連づいているLUT機能はよくできていると思う。今回の記事の内容を読まれた方はきっとこう考えるようになるはずだ。

「うちのカメラは4KでさらにLog形式で撮影でき、色域もRec.709より広く記録しているはずなのに、メーカーや別のアプリではなぜRec.709への変換LUTしか用意していない?」

そう考えられるようになれば、より一層、広色域/HDRへの理解が深まり、さらにFCPXの魅力はより一層深まるだろう。

広色域/HDRにも対応した高度な色補正ができるFCPXの色調整機能。ぜひ、活用いただければと思う。


WRITER PROFILE

高信行秀 ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。


[ Writer : 高信行秀 ]
[ DATE : 2019-02-08 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.10 Final Cut Proであること

txt:高信行秀 構成:編集部 これまで10回続けさせていただいたこの連載、今回で終了となる。連載ではFCPXの魅力が伝わるように、様々な角度で記事を書かさせていただいて... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.09 FCPXでショートカットを使う

txt:高信行秀 構成:編集 グラフィカルなインターフェースをもつFCPXは、イメージとしてショートカットキーの使用は縁遠いように思われるかもしれない。しかし実際のところFC... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.08 ワークフロー機能拡張

txt:高信行秀 構成:編集 昨年末に行われたアップデート(Ver 10.4.4)でFCPXに「ワークフロー機能拡張」(Workflow Extentions)が追加された。... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.07 FCPXとMotion

txt:高信行秀 構成:編集 アップルはビデオ向けプロアプリケーションとして、FCPXの他に「Motion」、「Compressor」をラインナップに上げている。今回はそのう... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.05 FCPXでの広色域とHDR

txt:高信行秀 構成:編集 4K制作が徐々に一般化しつつある現在、4K制作で直面するのが広色域(Rec.2020)そしてHDRだ。いま世の中に出ているNLEでいわゆる「4K... 続きを読む

WRITER PROFILE

高信行秀 ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 高信行秀 > [Hands-On Final Cut Pro X]Vol.06 FCPXでの色調整