PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 高信行秀 > [Hands-On Final Cut Pro X]Vol.07 FCPXとMotion

News

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.07 FCPXとMotion

2019-03-12 掲載

txt:高信行秀 構成:編集

アップルはビデオ向けプロアプリケーションとして、FCPXの他に「Motion」、「Compressor」をラインナップに上げている。今回はそのうちの1つ「Motion」について、FCPXの連携の部分を取り上げていきたい。

新しい関係

すこし過去の経緯を紹介しよう。Motionはもともと単独アプリケーションで発売された後に、Final Cut Pro(5~7)と同一パッケージにまとめられた(Final Cut Studio)経緯がある。これはFinal Cut Pro との優れた連携機能により、編集中のクリップを自由にMotionへ行き来して加工/編集できたことから「必須」と言える関係だったからだ。

それがFCPXに変わってから関係が少し変わった。特に変わったのはタイムライン上のクリップをそのままMotionに送り加工をする「Motionへ送信」機能が使用できなくなったことだった。これを理由にMotionに対してネガティブに捉える意見が増えた。折しもFCPXが批評に晒されている状況に火に油を注ぐような形で。

以前のFCP7とMotionの連携は極端に言えば仮想ムービーデータとしての連携だった。技術的な話では旧QuickTimeのQTML(Quick Time Media Layer)機能を利用してMotionのプロジェクトをQuickTimeで再生できるようにすることで実現したものだった。実際、Motionのプロジェクトファイルの拡張子を「mov」に書き換えるだけで様々なQuickTimeアプリでダイレクトにMotionプロジェクトの内容を再生することができた。

そして時が経ち、皆さんもご存知のとおり「QuickTime」は「QuickTime X」へと大きく変わった。この際にQTML機能はなくなり、これまで実現していた「Motionへ送信」機能は実現できなくなったのだ。

では本当にFCPXとMotionの関係は終わってしまったのか?それは違う。「現在のニーズにあった新しい関係」が構築されているのだ。これまでの「Final Cut Proを補助するもの」から「Final Cut Proを強化するもの」へと変化を遂げているのだ。今回はこのあたりを紹介していこう。

何ができるのか

ここではFCPXとMotionの連携について説明する。「何ができなくなったのか」ではなく、「いま何ができるのか」を確認していきたい。

現在のFCPXとMotionで連携できることは次の内容だ。

  • 「Final Cutタイトル」の作成
  • 「Final Cutエフェクト」の作成
  • 「Final Cutジェネレータ」の作成
  • 「Final Cutトランジション」の作成

「Final Cut」で始まることが意味することは、作成されたものはFCPX内で機能として呼び出せることを意味する。これはよくある、「他のアプリで作成されたタイトルやエフェクトの内容はそのアプリに戻らないと編集できない」といった不便なものではなく、FCPX内で編集ができるスマートなものだ。それではそれぞれについて見ていこう。

Final Cutタイトル

FCPXとMotionの連携でもっとも使われるのがタイトル作成時だろう。

FCPXにも様々なパラメータ、様々なアニメーションパターンが用意されているが、ニーズを満たすものがない場合や、使い勝手を考慮した内容(よく使うパターン等)にしたい場合がある。このような時に「Final Cutタイトル」を使用する。

■「Final Cutタイトル」の作成

「Final Cutタイトル」を作成するにはMotionを起動し「プロジェクトプラウザ」から「Final Cutタイトル」を選択することで作成ができる。

プロジェクトが開くので様々な加工や設定を施して、オリジナルのタイトルを作成しよう。ここでは説明のために一旦何もせずにこのまま保存してみる。

保存時にタイトルの名前、カテゴリ、テーマを設定し、保存を行う。これですぐにFCPX上のタイトルブラウザに保存されたタイトルが表示される。

作成されたタイトルを見てみると、「タイトルの背景」こそMotion側で設定をしていないので透過しているが、FCPX上でMotionでの内容がそのまま再現されている。

「Final Cutタイトル」の作成

テキストの内容はこれまでのタイトルのようにFCPXから変更ができるが、このままではMotionを使う意味がない。タイトルのスタイルを変更をしていこう。

■内容の変更

作成した「Final Cutタイトル」のスタイルを変更したい場合、作成したタイトルを右クリックし「Motionで開く」を選ぶことで再度、Motionで編集することができる。

「Final Cutタイトル」の修正

今回は次のように変更を加えた。内容としては「タイトルの背景」を削除し、ビヘイビアを使ってテキストに簡単なアニメーションをつけた。アニメーションにキーフレームではなくビヘイビアを使う理由はMotionとFCPXとの親和性がよくなるからだ。

■ビヘイビアのメリット

ビヘイビアはMotion特有の機能で「ビヘイビア=振る舞い」の名前の通り、振る舞い方を指示してアニメーション効果を得るものだ。例えば、くるくるとオブジェクトをただ回転させるだけなら「スピン」のビヘイビアを適用するだけで最後のキーフレームを気にしなくても永遠に回転させることができる。さらにビヘイビアは組み合わせることで高度な振る舞いを作成することができる、とてもユニークな機能だ。

ビヘイビア

ビヘイビアを使うことで複雑なアニメーションが簡単に作成できることはもちろんなのだが、実は今回のようなFCPXとの連携を使った用途ではさらにメリットが発揮される。

例えば、今回のFCPXとMotionの関係のようにモーショングラフィックスソフトで作成したタイトルデータを、編集ソフトでダイレクトに利用できる環境は他にもある。しかしそれらのほとんどが、テキスト内容の変更や色の変更、適用されたフィルタのパラメータの変更にとどまるもので、動きなどのアニメーションに対する調整ができないものがほとんどだ。

なぜなら、それらのタイトルデータのほとんどがキーフレームをベースにアニメーションが作成されているために、編集ソフト側からの編集が困難だからだ。例えば簡単なところでも、すでに適用されているフェードインを調整/無効化したくてもできない場合がおおい。

ビヘイビアとキーフレーム

一方、ビヘイビアによるアニメーションはシンプルな指示によるものなので、必要なパラメータをFCPX内に表示してアニメーションをコントロールすることができるのだ。例えば適用されているフェードインの時間を変更したり、ビヘイビアで作成されたアニメーションの要素そのものをキャンセルすることもFCPX側で設定できる。

■パラメータの公開

先述の通り、FCPXからMotionで作成されたタイトルデータのパラメータを調整できる。ただし、そのためには必要なパラメータを「公開」にする必要がある。

ここでは先ほどのタイトルデータのパラメータを「公開」状態にして保存をする。

パラメータを公開

編集したMotionのプロジェクトを保存すると、その内容はすぐにFCPXに反映される。変更したタイトルデータのパラメータを見てみよう。

タイトルインスペクタを開くと先ほど「公開」に設定したパラメータが表示されている。これでビヘイビア自体のオン/オフのチェックボックスはもちろん、パラメータによる数値の調整やポップアップでの指定などができる。他にはない連携度だ。

これにより、ある程度のパターンをFinal Cutタイトルに落とし込むことで、Motionに戻ることなくFCPX内での操作だけでタイトルを効果的に変更ができる。

Final Cutエフェクト

MotionとFCPXの組み合わせによるユニークな機能としてエフェクトの作成がある。もちろん、1から高度なエフェクトを作成するものではなく、Motionにあらかじめ用意されているフィルタなどの機能を組み合わせて作成するものだが、効果的なエフェクトが作成できる。

■「Final Cutエフェクト」の作成

「Final Cutエフェクト」は「Final Cutタイトル」と同様に、「プロジェクトプラウザ」から「Final Cutエフェクト」を選択することで作成できる。

プロジェクトを作成すると適用されるクリップに該当する「エフェクトソース」が用意された状態で開く。これに目的のエフェクトを適用していくことで独自のビデオエフェクトが作成できる。

■リグを使用する

エフェクトでもタイトルの時と同じようにパラメータを公開することで、FCPX上でエフェクトの調整ができるようになる。これを使えば通常のエフェクトと同様にFCPX上のキーフレームでエフェクトのアニメーションを作成できる。

さらに「リグ」の機能を使うことで操作するパラメータの内容もカスタマイズでき、スライダーの増減幅の制限や、1つの操作での複数パラメータの調整、ポップアップメニューから定型の値の入力、さらにパラメータ名のカスタマイズまでできる。

リグによるパラメータを作成

これにより独自のパラメータをもったエフェクトを作成することができる。

Final Cutジェネレータ

「Final Cutジェネレータ」は定型の映像を作成することに便利な機能だ。感じでいえばFCP7での「Motion Template」に近い。ほぼ決まりもので部分的な変更だけのものを作成するには打って付けの機能だ。

■「Final Cutジェネレータ」の作成

「Final Cutジェネレータ」はMotionで「プロジェクトプラウザ」から「Final Cutジェネレータ」を選択することで作成できる。

プロジェクトを開くと、何も用意されていないプロジェクトが表示される。そう、実際のところ「Final Cutジェネレータ」はFCPXの「ジェネレータ」に取り込まれることを前提にしただけの普通のMotionプロジェクトだ。

実際、普通に作成したMotionプロジェクトを「テンプレートを公開」で「Final Cutジェネレータ」として保存することも可能だ。

■リグをテンプレートとして利用

先の通り、ジェネレータが活躍するのはテンプレートなどの決まりものの映像を作る場合だ。例えば「収録表示パターン」の作成などが挙げられる。

図は「収録表示パターン」を作成するジェネレータを作成したものだ。テキスト入力はもちろん、定型のものはポップアップから選択して設定できる。

リグを利用してのテンプレート入力

さらにポイントとしては、こういった機能のよくある問題に、決められたエリアに収まらない文字数の場合、表示しきれないといった問題が発生するが、FCPXでの場合は自動的に文字が縮小され全てが収まるようにできる。

Final Cutトランジションの作成

「Final Cutトランジション」は名前の通り独自のトランジションを作成するためのものだ。Motionの様々なエフェクトを組み合わせることで独自のトランジションを作成することができる。

■「Final Cutトランジション」の作成

「Final Cutトランジション」はMotionで「プロジェクトプラウザ」から「Final Cutトランジション」を選択することで作成できる。

プロジェクトを開くと「トランジションA」「トランジションB」のクリップが用意され、その2つの切り替わり方をMotionのエフェクトで加工していく。

「Final Cutトランジション」の作成
■オーディオクロスフェードだけのトランジション

これはFCPXのパワーユーザーの中ではよく知られているTipsだが、「Final Cutトランジション」を使うことでオーディオクロスフェード効果だけのトランジションを作成できる。

ご存知のとおりFCPXにはオーディオのトランジションという概念がない。しかし実際はビデオトランジションを適用するとその編集点のオーディオには自動的にオーディオクロスフェードが適用されている。故に、このオーディオクロスフェードを利用するには何らかのビデオトランジション効果が適用されることになる。これはカットの切り替えだけであれば余計なことだ。そこで「Final Cutトランジション」でビデオトランジションの効果のないトランジションを作成するのだ。

作成は簡単、「プロジェクトプラウザ」から「Final Cutトランジション」を開き、名前をつけて保存するだけだ。これでビデオトランジションの効果のない「Final Cutトランジション」が作成される。これを編集点に適用することでオーディオクロスフェード効果を得ることができる。

オーディオクロスフェードだけのトランジション

まとめ

FCPXとMotionの連携はいかがだっただろうか。FCPXの強化ツール的な位置付けになったMotionはFCPXユーザーであれば「必須」とも言えるものだ。価格も6,000円(2019/02)と機能を考えると信じられないほど低価格になっている。

以前のMotionはFCPでできない処理を行う「FCPを補助する」ツールというイメージであったが、現在のMotionはどちらかといえば「FCPXを強化する」ツールといったイメージだ。

現在の映像制作は自由度が高い反面、効率性を求められる部分も多くなってきた。そういった中で、Motionはクリエイティブな要素はもちろん、効率的な生産性も提供してくれるだろう。

もし、すでにFCPXを使用しているがMotionは導入していないという方は、是非、これを機会にMotionにチャンレンジしてほしい。


WRITER PROFILE

高信行秀 ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。


[ Writer : 高信行秀 ]
[ DATE : 2019-03-12 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.10 Final Cut Proであること

txt:高信行秀 構成:編集部 これまで10回続けさせていただいたこの連載、今回で終了となる。連載ではFCPXの魅力が伝わるように、様々な角度で記事を書かさせていただいて... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.09 FCPXでショートカットを使う

txt:高信行秀 構成:編集 グラフィカルなインターフェースをもつFCPXは、イメージとしてショートカットキーの使用は縁遠いように思われるかもしれない。しかし実際のところFC... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.08 ワークフロー機能拡張

txt:高信行秀 構成:編集 昨年末に行われたアップデート(Ver 10.4.4)でFCPXに「ワークフロー機能拡張」(Workflow Extentions)が追加された。... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.06 FCPXでの色調整

txt:高信行秀 構成:編集 昨今のビデオ編集において、色調整は欠かせないものとなっている。その用途はクリエイティブな部分はもちろん、誤った色調を直すものなどだ。さらにLog... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.05 FCPXでの広色域とHDR

txt:高信行秀 構成:編集 4K制作が徐々に一般化しつつある現在、4K制作で直面するのが広色域(Rec.2020)そしてHDRだ。いま世の中に出ているNLEでいわゆる「4K... 続きを読む

WRITER PROFILE

高信行秀 ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 高信行秀 > [Hands-On Final Cut Pro X]Vol.07 FCPXとMotion