PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [新世紀シネマレンズ漂流]番外編 なめらかなボケ感とスキントーンが特長のPLマウントレンズ「Sumire Prime」登場。キヤノンの開発者に聞く

News

[新世紀シネマレンズ漂流]番外編 なめらかなボケ感とスキントーンが特長のPLマウントレンズ「Sumire Prime」登場。キヤノンの開発者に聞く

2019-04-04 掲載

2019年4月4日に発表されたキヤノン初のPLマウントシネマレンズ「Sumire Prime(スミレ・プライム)」。キヤノンは高い光学性能を持つEF Primeシリーズに加えて、被写体をより印象付ける映像描画を実現した新しいPLプライムレンズを投入する。

Sumire Prime登場の背景や開発コンセプトなどについて、キヤノン株式会社の富田泰行氏と飯島邦明氏に話を聞いた。

左から、キヤノン株式会社の富田泰行氏、飯島邦明氏
CN-E14mm
T3.1 FP X
CN-E20mm
T1.5 FP X
CN-E24mm
T1.5 FP X
CN-E35mm
T1.5 FP X
CN-E50mm
T1.3 FP X
CN-E85mm
T1.3 FP X
CN-E135mm
T2.2 FP X
PLマウント
14mm 20mm 24mm 35mm 50mm 85mm 135mm
T3.1 T1.5 T1.5 T1.5 T1.3 T1.3 T2.2
絞り羽根枚数11枚
前玉径Φ114mm
2019年9月下旬発売 2020年1月下旬発売 2019年6月上旬発売 2019年6月上旬発売 2019年6月上旬発売 2019年8月下旬発売 2019年12月下旬発売

キヤノン初のPLマウント対応プライムレンズが登場

――CINEMA EOS SYSTEMを2011年11月に発表してからかなりの時間が経ちましたが、今一度、キヤノン製プライムレンズの特徴とは何でしょうか?

富田氏:弊社のプライムレンズは、非常に明るくコンパクトなサイズを実現しています。フィロソフィーという意味では、光学性能が特長です。また、操作性と堅牢性を維持しながら、コンパクトなサイズを目指して開発をしています。

――EF Primeシリーズがラインナップされている中で、なぜ新たにSumire Primeを開発されたのでしょうか?

富田氏:EF Primeシリーズは、2018年10月に広角単焦点レンズCN-E20mm T1.5 L Fを発売しまして、ラインナップは14mmから135mmの7本になりました。一通り揃ってきたところで、お客様からPLマウントを発売してほしいと要望をいただくことが多くなりました。

弊社はPLマウントのズームレンズはラインナップしていますが、PLマウントのプライムレンズはありませんでした。この声がきっかけとなり、キヤノンらしいPLマウントプライムレンズ、Sumire Primeが誕生しました。

キヤノン初のPLマウントプライムレンズ、Sumire Prime

愛称は花の持つやさしさや美しさにちなんだ「Sumire Prime」

――日本語の花の名前を使った愛称がユニークですが、Sumire Primeに至った経緯を教えてください。

富田氏:柔らかな描写を実現するPLマウントプライムレンズであることをわかりやすく認知していただきたく、Sumire Primeという名称にしました。世界中でSumire Primeの名称で販売をしていきます。「スミレ」を「Violet」(バイオレット)と英訳して発売することはまったく考えていません。

日本人の方がスミレと聞くと、花が持つ優しさや美しさをイメージされるかもしれません。しかし、日本語の通じない海外ではそのイメージは伝わらないでしょう。それでもSumireというキヤノンから柔らかな映像描写を実現した新製品の登場を知ってもらいたく、日本語の製品名を付けることにしました。

先月、ロサンゼルスでSumire Primeのテスト撮影をしていただく機会がありました。面白いことに、皆さんが「Sumire」「Sumire」と言ってくれます。キヤノンからSumireという面白い名前の新製品が出てきた。そういうふうに会話が始まるだけでも、われわれとして非常にありがたいと思っています。

PLプライムレンズはSumire Primeという愛称で投入される

被写体を印象づける柔らかな映像描写を実現

――Sumire Primeは、PLマウント以外に柔らかな描写も特長です。なぜ新たなルックを備えたのでしょうか?

富田氏:その昔は、映画の撮影に光学性能の優れた高い解像力のあるレンズを必要としていたと思います。しかしDP(撮影監督)の方々とお会いすると、最近の映画の撮影に必ずしも光学性能が非常に高くてゴーストもない、収差ゼロのようなレンズを選ぶわけではない、とご意見を数多くいただきました。

報道の撮影では、人物の風貌がきちっと正確に映る必要があると思います。しかし、物語を伝えることを目的とする映画の世界では、必ずしも収差がゼロで俳優の輪郭を忠実に撮ることが目的ではないといったニーズを、いろいろなDPの方とお話をする中でわかりました。そこで、独自の収差補正をしたプライムレンズをDPの人たちに見ていただきまして、調査を繰り返し行いました。その結果が、Sumire Primeの描画となりました。

Sumire Primeを使った撮影の様子
――技術的にどのような収差補正を行って実現しているのでしょうか?

富田氏:収差の詳細なお話をできないのが残念ですが、EF Primeとはまった異なる収差を持たせています。

――柔らかな描写というのを具体的に教えてください。

富田氏:きっちり収差補正されたいわゆる収差のない場合は、ピントが立っているようなコントラストが効いた画になり、ピントのピークの前後から大きくボケていきます。例えば、顔を正面から撮影して、瞳にピントを合わせたときには鼻と耳は明らかにボケます。

Sumire Primeで瞳にピントを合わせた場合は、耳に至るところまでなだらかにフォーカスが変わっていきます。そういう意味では、Sumire Primeは人物を撮ることに主眼をおいたレンズと言えます。例えば、髪の毛の描写でいえば、一本一本にコントランスがあってもギラギラと映らない。Sumire Primeは結像性能のコントロールができています。

実際にSumire Primeで撮影された映像より。髪の毛の1本1本が描画されているが、コントラストの高さでギラっとした映り方をしない。肌のトーンがきれいに映るのも特長 顔を正面から撮影したカットの例。目にピントを合わせた場合は、なだらかにボケを特長としている
――Sumire Primeを開発する上で、どのような点に苦労されましたか?

富田氏:結像性能の収差をゼロにする方向であれば、どんな技術的に困難なことでも自分たちの努力で乗り越えることができます。しかし、Sumireの結像性能は、実際にいろんなDPの方々とお会いして、その人たちがどういう思いでレンズを選択しているのかを勉強させていただいて、現在に至っています。

DPの方々は芸術家的で、答えは1つではありません。さまざまな方々から「こういう雰囲気に映したい」という感覚的で芸術的な言葉を、われわれのほうでどういった収差にすれば実現できるのか?つまり、DPの方々のご意見をどのようにデジタルの世界に置き換えるのか?その実現が一番難しいところでした。

――従来のEF Primeは赤いリングの付いたLタイプのレンズでしたが、Sumire PrimeはLタイプのレンズではありません。その意味は何でしょうか?

富田氏:Lタイプの赤いリングは、収差を抑えた結像性能に優れたレンズにしています。しかし、Sumire Primeはそのコンセプトと変えた別のプライムレンズです。収差補正の仕方も変えているので、あえて赤いリングは付けていません。

逆に映画を撮影するDPの方たちは、赤いリングがあるなしで、レンズを選ばれることはないと思っています。そういう意味でも、Sumire Primeでは赤いリングを外しています。型番では、Xを付けて、EF Primeと区別しています。

――キヤノンには、1970年代に「K-35シリーズ」という米国映画アカデミー科学技術部門賞を受賞したPrimeレンズを発売した歴史があります。Sumire Primeを開発される上でK-35を意識されたことはありますか?

富田氏:K-35は、Sumire Primeの開発とはまったく関係ありません。弊社には確かに当時のK-35の光学設計データがありますが、それをSumire Primeで再現したということはありません。

ただK-35はわれわれの先輩が設計したレンズであり、弊社では35mm映画用レンズの開発は終了しても、スーパー16のフィルム用レンズの開発を一部続けていました。映画用の機材を扱う人たちとのコミュニケーションはずっとつながっていましたので、Sumire Primeの開発でもさまざまなDPさんの意見を聞かせていただき、開発することができました。

映画だけでなく、ドキュメンタリーでもぜひ使って欲しい

――最後に、Sumire Primeをどういった方々に使ってほしいか?アピールをお願いします。

富田氏:当然、弊社のPLマウントモデルのEOS C700 FF PLなどと組み合わせて、活用していただければと思います。また、24×36mm、対角が43mmまでのイメージセンサー搭載の他社製PLマウント採用のシネマカメラにも対応します。

Sumire Primeは、映画館で上映される映画だけでなく、人物に肉迫したドキュメンタリーなどの撮影にも最適だと考えております。弊社のプライムレンズは、比較的コンパクトな設計になっています。手持ち撮影で使い、機動性を生かした撮影も可能です。映画だけでなく、ドキュメンタリーでも、ぜひともお勧めしたいと思います。

――ありがとうございました。

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2019-04-04 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.48 キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」の動画機能をチェック

txt:照山明 構成:編集部 ファーストインプレッション EOS Rをどこかで触ってみたいと思っていたところ、運良く試作機を借りる機会に恵まれた。この記事が掲載される頃... 続きを読む

[Canon UPs!]Vol.02 EOS C300 Mark II:Canon Log 3を検証する

txt:石川幸宏 構成:編集部 使いやすさを継承しつつDレンジを拡げた、Canon Log 3 EFシネマレンズのプライムレンズ(単焦点)シリーズにも、今回のファー... 続きを読む

[Canon UPs!]Vol.01 EOS C300 Mark II:開発チームが語る機能拡張ファームウェアの全貌

txt:石川幸宏 構成:編集部 EOS C300 Mark IIの機能拡張ファームウェアを発表 キヤノンのEOS C300 Mark IIは、初代CINEMA EOS SY... 続きを読む

[Canon EXPO Tokyo 2015]5年に1度開催される展示会で未来を体験する

「2020年の東京へ、期待される価値を求めて」をテーマに開催 空港の出発ロビーに仕立てたイメージングエアポート。写真左側の飛行機は同社のカメラで撮影しインクジェットプリンター... 続きを読む

[Report NOW!]アスク、「Canon Logで撮影するCM制作実践セミナー」を開催

アスクは8月31日、東京都千代田区にある富士ソフトのアキバプラザでAJAのKi ProやキヤノンのEOS C300、オートデスクのSmoke 2013を使った実践形式のワークフロー... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [新世紀シネマレンズ漂流]番外編 なめらかなボケ感とスキントーンが特長のPLマウントレンズ「Sumire Prime」登場。キヤノンの開発者に聞く