PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 高信行秀 > [Hands-On Final Cut Pro X]Vol.10 Final Cut Proであること

News

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.10 Final Cut Proであること

2019-06-07 掲載

txt:高信行秀 構成:編集部

これまで10回続けさせていただいたこの連載、今回で終了となる。連載ではFCPXの魅力が伝わるように、様々な角度で記事を書かさせていただいてきた。新しい発見をされた方がいれば、すでに知っていることで退屈されていた方もいただろう(退屈された方には申し訳ない)。

そしてこの最後の回も「更に」好き勝手に書かさせていただくことにした。お許しいただきたい。

今回は「Final Cut Proとは」といった内容で、敢えてテキストのみで記載していく。内容としては曖昧かつ感情的なもので、技術を話す人間としてふさわしくない内容かもしれない。そのことは先にお詫びしておく。

「Final Cut Pro 7」とは何だったのだろう

幸いにも私は仕事の関係から、かなり初期の頃から…そう、日本でFCPが展開される前からFinal Cut Proと付き合ってきた。その中でいろいろな経験をした。そして、そこにはいくつか心に強くの残る事柄があった。その中には「Final Cut Pro」について考えさせられることがあった。

Final Cut Proが、Ver.7を迎え人気がピークになっていた頃だ。私はその時、某放送局のスタジオの中にいた。そのスタジオの中には、国際的なスポーツイベントの速報ニュースを作成するために、特殊なシステムとそれに繋がれた20台以上のFCP7のシステムがスタジオ内のスペースを占めて用意されていた。

そこでは老若男女の人々がFCPを前に編集をしていた。それこそ、白髪に仕立ての良いスーツをきている高齢の方から、ドレッドヘアーにラフなファッションの若い男性、さまざま年齢の女性など多種多様に。

まだ映像編集は編集ルームで限られた人が編集することが普通だった当時としては、とても異様な光景だった。それを見て、少し嬉しく私はこう思った。「Final Cut Proはこんなにもいろんな人に垣根なく、映像を制作する道を開いたのだ」と。

確かにその場にいた人達は、年齢や身なりなどは別として日頃から放送業務に関わっている人々だが、こんなに1つ(Final Cut Pro)のことに多種多様な人々が関わることは、当時としてはかなり異例な光景だった。

そして次の言葉が頭に浮かんだ。「Final Cut Proとは何だろう?」と。間も無くその答えがひらめいた。「今見ている、この光景がその答えの1つなんだ」と。

あなたにとっての「Final Cut Pro 7」とは?

実際のところ、FCP7はしょせん、映像を編集するための道具に過ぎない。でもそれ以外の魅力があった。だから今でもFCP7に心惹かれる人がいる。

「あなたにとってのFinal Cut Pro 7とは何だったのであろうか?」

FCPユーザーであれば、全ての人がそうではないだろうが、映像を編集することへの道を開いてくれてものだったのではないだろうか。編集ソフトとして新しい機能を揃えることは簡単だけど、それだけではその製品の魅力が伝わらないことがある。当時の最高の性能や機能がなくても、人々に映像を編集する道を開き続けた。それがFCP7だった。

そして「Final Cut Pro X」とは何だろう

正直にかけば、私はこのようにFCPXの記事を書かさせていただいているが、FCPXの登場から全てを見守ってきたわけではない。距離を置いていた時期もある。その頃は、FCPXを否定する方と同じような気持ちだった。

「なぜ、今まで通りにできなくしたのだ?私の知っているFCPはどこにいったのだ?」

特に私を取り巻く環境(放送/業務制作)では皆が同じ意見で、その考え方に間違いがないと思っていた。でも、ふとした時に流れが変わった。DaVinci Resolveのユーザーグループを通しての活動が自分の中で一段落し、周りを見渡した時だった。

これから先の映像編集において必要な事柄をまとめ、次に力を入れたい編集ソフトを探していたのだ。いろいろ思案した結果、頭に浮かんだのがFCPXだった。そしてまたFinal Cut Proの世界に飛び込んだ。新たな視点で見たFCPXは、過去に囚われていた自分が恥ずかしくなるくらい新鮮だった。そしてやっと開発者の意図も理解できるようになっていた。

ユーザーの評価も調べた。相変わらずプロフェッショナル業務の方には相手にもされていないようだった。FCPX自体は私が離れていた間(10.1~10.2)にも強化されており、障害となる問題点の多くが改善されているにも関わらずだ。

一方で興味深いことも知った。FCPXはYouTuberに人気があり、多くのYouTuberがFCPXを使用していた。これは新鮮な驚きだった。

私はそれからYouTubeにおけるFCPXについて、どんな人が使い、どんな使い方をするかを調べた。そこには様々な人が、様々な映像を生み出していた。FCPXはFCP7と同様に、様々な人に編集の道を切り開いていたのだった。

そして、ふと、こころに浮かんだ「Final Cut Proとは何だっけ?」そして必然と頭に浮かぶ。「これも答えの1つだったよね」と。そして「Final Cut Pro XはやっぱりFinal Cut Proなんだよね」と。

先に書いたように、これらのことは技術を語る人間が書くことではない曖昧で感情的な内容だとは思う。ただし私は、ツールは何か使命をもって作られ、そして何かを生み出すと思っている。そこには技術以上の何かがある。

そしてFCP7がそうであった通り、Final Cut Pro Xもそうであると思う。そしてその結果がYouTubeでの実績になっているのだと思うのだ。

「Final Cut Pro」であること

「Final Cut Pro」であることには、他のNLEに大きな影響を与える存在であることも必要だ。FCPが大きな影響を与えたことといえば、その普及の理由となったカジュアルなHD編集環境だろう。異論もあるだろうが、FCP Ver.2から続くHDの取り組みは結果としてVer.4.5(Final Cut Pro HD)で実を結び、地上波デジタル放送のタイミングと相まって放送局関係へ大量導入された。「HDで編集なんて無理、デジベのアップコンで対応するので十分だよ」そう言っていた放送局の方々が、駆け込むようにFCPでのHD編集環境を取り寄せるような状況だったのだ。

FCPはNLEでのHD映像編集を身近なものにする大きな役割を担った。そして結果的にその後のユーザー数の拡大にもつながった。これらのことが他のNLEに大きな影響を与えたのはいうまでもない。それではFCPXは何を影響としているのか?

意外に思われる方もいるかもしれないが、それは公開当時、大批評を受けたその編集コンセプトである、マグネティックタイムライン、そして素材のデータベース的管理のアプローチだ。

そしてその結果として、最近では他のアプリケーションが明らかにFCPXの操作コンセプトやマグネティックタイムラインの影響を受けたものを形にして出してきた。Adobe Premiere RushやBlackmagic Design DaVinci Resolve、そしてiOSのアプリLumaFusionなどがそうだ。

これはどういったことなのだろうか?そう、マグネティックタイムラインはじめとするそれらのコンセプトが「これからの時代の映像編集に相応しい」という判断がそれぞれのメーカーであったのだろう。そして結果として、これらのフォローワーが出始めてきたのだ。そして、これからも同様なものが増えてくることは必然だろう。

これまで当たり前とした、リニア編集の影を引きずるトラックベースの編集コンセプトに反する、新しい編集コンセプトを持ち込んだFCPXの影響は、8年をかけてやっと形になろうとしている。このようにFinal Cut Pro X は「Final Cut Pro」であることを果たしていたのだ。

Final Cut Pro Xの次

FCPXはリリースされてから現時点で8年経とうとしている(Ver.10.0は2011年6月)。FCPはVer.7になるのに同じく8年をかけた。そういった意味ではFCPXの「次の」Final Cut Proがでてきてもおかしくないタイミングなのかもしれない。もちろん、出るかどうかは誰にもわからないが。

ただ、1つ言えることは、次の「Final Cut Pro」はFCPXよりも更に先のビジョンと大きな影響を我々に与えてくれることだろう。

最後に

これまで、いろいろとFCPXの内容を書かさせていただいた。記事を書く上では当然なのかもしれないがFCPXの良いことばかりを書いてきた。もちろん、FCPXが全てにおいて優れているわけではない。他のNLEに比べて劣るところもある。

私は基本的にどのNLEを使うかは、ユーザー側の自由であり、それを尊重したいと思っている。今回の記事の内容では「Final Cut Proとは」といった内容で記事を書いたが、他のNLEでもそれぞれに同じように思い描くイメージや思い入れはあるはずだ。NLEメーカーも様々な思いや努力の結果を詰め込んで、製品をリリースしているはずだ。そこに何かをいう必要はない。

ただし、よく理解していないNLEに誤解を持ち批難することは良くないことだと私は思っている。そして、その傾向が強くあるのがFCPXに対する評価だ。第1回の時にも書いたがその原因の多くは複雑な理由によるものだ。

今回の連載では少しでもFCPXへの誤解がなくなればという気持ちで記事を書かさせていただいた。なかなかこの記事をFCPXに興味ある人以外が見ることは難しいとは思うが、FCPXユーザーはもちろん、他のNLEを使われている方のFCPXへの誤解がはれ、興味を持っていただくことができれば幸いだ。

最後に、自由な内容で連載をさせていただいた上に、連載回数を決めるわがままをきいていただいたPRONEWSさんには重ねてお礼申し上げたい。もし、また記事を書くようなチャンスがあればその時まで。最後の最後ですが、1つだけお知らせを。

Apple Booksストアで、Final Cut Pro Xのガイドブックを販売させてもらっています。これまでの連載を読んでいただき、私の技術解説のアプローチ方法に興味をいただけたのであればぜひ、チェックをしてください。

Final Cut Pro X Note


WRITER PROFILE

高信行秀 ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。


[ Writer : 高信行秀 ]
[ DATE : 2019-06-07 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.09 FCPXでショートカットを使う

txt:高信行秀 構成:編集 グラフィカルなインターフェースをもつFCPXは、イメージとしてショートカットキーの使用は縁遠いように思われるかもしれない。しかし実際のところFC... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.08 ワークフロー機能拡張

txt:高信行秀 構成:編集 昨年末に行われたアップデート(Ver 10.4.4)でFCPXに「ワークフロー機能拡張」(Workflow Extentions)が追加された。... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.07 FCPXとMotion

txt:高信行秀 構成:編集 アップルはビデオ向けプロアプリケーションとして、FCPXの他に「Motion」、「Compressor」をラインナップに上げている。今回はそのう... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.06 FCPXでの色調整

txt:高信行秀 構成:編集 昨今のビデオ編集において、色調整は欠かせないものとなっている。その用途はクリエイティブな部分はもちろん、誤った色調を直すものなどだ。さらにLog... 続きを読む

[Hands-On Final Cut Pro X]Vol.05 FCPXでの広色域とHDR

txt:高信行秀 構成:編集 4K制作が徐々に一般化しつつある現在、4K制作で直面するのが広色域(Rec.2020)そしてHDRだ。いま世の中に出ているNLEでいわゆる「4K... 続きを読む

WRITER PROFILE

高信行秀 ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 高信行秀 > [Hands-On Final Cut Pro X]Vol.10 Final Cut Proであること