PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [OnGoing Re:View]Vol.59 Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kレビュー。「映像」に向かい合いたい人は使うべ…

News

[OnGoing Re:View]Vol.59 Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kレビュー。「映像」に向かい合いたい人は使うべき1台

2019-08-26 掲載

txt:鈴木佑介 構成:編集部

BMPCC 6Kは突然に

2019年8月9日、それは突然現れた。「Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K」(以下:BMPCC 6K)である。日本時間の朝4時から始まったBlackmagic Design社CEO グラント・ペティ氏の発表会見。

Super35センサー、EFマウントを搭載した「Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K」

なんとなく新型カメラの告知はされていたが、突然のBMPCC 6K(ポケシネ6K)の発表には世界中がざわめいた。BMPCC 4Kの供給が落ち着いてきたこのタイミングで6Kモデルの投下。しかもSuper35センサー搭載でEFマウントの採用。そしてお値段30万円以下(約2500ドル)。アダプターを介してBMPCC 4KでEFレンズを使用している人が多い事もあり、SNSでは祭り状態の騒ぎになった。

さらに驚いたのは「In Stock」との表示。まさかの即日出荷だ。失礼ながらBlackmagic Design社らしからぬ速度感に目を疑った人も多かったのではないだろうか?眠気がすっかり冷めた筆者はとくに詳細も確認せずに朝6時に発注連絡をしたのは人生初であった。

そして、どういう運命なのか、偶然にも8月9日は全く別件でBlackmagic Designのオフィスにミーティングに行く予定があり、「あれ?ひょっとしたら実機見れるかも?」と淡い期待を持って出かけたのだが、その移動中に本PRONEWSからのBMPCC 6Kの執筆依頼の連絡をいただく。怒涛のような流れで有難い事に朝に発表された新型カメラが午後14時には手元にある、というまさかの展開にたじろいだ。

発表当日にまさかの実機

この速度感には速度で応えなければ、とモデルを呼び、早速テストを行ってみることにした。

BMPCC 4Kとの違い

踏襲されたデザインなのでパっと見は4Kモデルと変わらない

今回は即日出荷ということもあり、既にYouTubeなどで比較やレビューが出ていてBMPCC 6Kのことをご存知の方が多いかもしれないが、まずは素直にBMPCC 4Kとの比較を行いたい。

マウント上部に刻まれた6Kの刻印

4Kモデルとの大きな違いはボディに刻まれた「6K」がBlackmagic RAWで撮れるということ。大きな違いはマウントとセンサーの部分だ。前述だがマイクロフォーサーズセンサー及びマウントの4Kモデルに対して6KモデルはSuper35センサーでEFマウントとなる。センサーサイズは23.10mm✕12.99mmでURSA Mini Pro G2よりも少し小さく、クロップファクターは35mm換算で1.5倍となる。

6KモデルはBlackmagic RAWで4Kの撮影ができない

先に言っておくとBMPCC 6KではBlackmagic RAWで4K(DCI/UHD)とUHDが撮影できない。4Kで撮影できるのはProResのみとなる(後述する)。

ボディの筐体デザインやUIは踏襲。LP-E6バッテリー駆動。収録メディアはCFast 2.0/SDカード(USB3.1接続での外部SSD収録も対応)。HDMIなどのポート類は共通。ボタンやスイッチ類、UIも共通。付属品は4Kモデルと同様、バッテリー、ACアダプターとDaVinci Resolve Studioのライセンス。6Kモデルはカメラストラップが追加された。

梱包物にストラップが追加された

重量は約900gと4Kモデルよりも若干重いが、持った感覚としては、あまり重さは気にならない。LP-E6バッテリーに関しては4Kモデルよりも6Kモデルの方が消費するのが早い印象だ。

左が4Kモデル、右が6Kモデル 上から見ると違いは一目瞭然 ボディ底部のスリットは6Kモデルの方が大きい。放熱対策がきちんとされている UIは同じ。相変わらず最強のUIで使いやすい マウント部分がせり出しているのが6Kモデル。ポート類も4Kモデルと同様の構成。USB-C接続でSSDに収録できる 収録メディアはCFast2.0とSDカードに対応。これも4Kモデルと同じ

また、デュアルネイティブISO(基準感度400/3200)も4Kモデルと同じだ。ISO1000よりもISO1250に切り替えた方がノイズが少なくなる。RAWなので、後でISOは変更できるが、低感度側の範囲(100~1000)と高感度側の範囲(1250~6400)の間でのみ変更が可能だ。

ハード面では、同じ筐体デザインを採用したことでカメラケージの共用も可能だが、一部のメーカーのケージデザインによっては、BMPCC 6Kのカメラ上部が干渉し、傷がついてしまうことがあるので、確認の上、自己責任で流用してほしい(「カメラは傷つくものだし、消耗品」と筆者は割り切っているので気にせず使用している)。

加筆しておくと TILTAはBMPCC 4Kのケージのロゴ部分のパーツを6K用に取り替えることで傷をつけることなく4Kのケージを運用できる。TILTAユーザーは覚えておいてほしい。

カメラケージは4Kモデルのものを流用できるが、物によってはボディに傷がつく事があるので、傷などを気にする人は注意が必要だ

My First 6K ever

My First 6K Cameraとなった

意外に思われるかもしれないが筆者は6Kでの撮影は初めてだ。世の中は8Kへのロードマップは出来上がっているものの実際問題4.6K以上の解像度の映像を扱うことは少なく、筆者にとってBMPCC 6KがMy First 6Kカメラとなった。

4K(UHD 3840✕2160)の約829万画素に対してBMPCC 6Kの6Kは(6144✕3456)は約2000万画素と、およそ2倍強の画素数を持つ。
実際撮影した感想としては、例えとして正しいかどうかは分からないが、ソニーα6500の6Kオーバーサンプリングで撮られた4K映像のような、美しいイメージをBlackmagic RAWのフッテージで得ることができる感じに近いと感じたそんな美しいイメージがBMPCC 4Kと同じ13stopのダイナミックレンジと12bitのカラーサンプリングレートで明暗ともに広い範囲で光を捉え、色の分離がしやすいフッテージがBlackmagic RAWを使うことで、簡単に手に入る。

論より証拠。下記写真はBlackmagic RAW 12:1の圧縮レートで撮影したのだが、いじわるな作業をしなければ、何も問題ない。語彙不足になるが「とてもキレイ」なのだ。そして、MacBook Proでもサクサク動く。6Kもとい「RAWはデータが重い」という都市伝説はもう無くなった。

 ong45_z280_ND4F16-.jpg※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg※画像をクリックすると拡大します

6K(3144✕3456 16:9)Blackmagic RAW 12:1で撮影→4Kのタイムラインから静止画書き出し。使用したレンズはSIGMA 18-35mm Art F1.8
 ong45_z280_ND4F16-.jpg※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg※画像をクリックすると拡大します

ご覧の通り、切り出しでもこれだけ美しいフッテージが得られるBlackmagic RAWであるが、12:1という圧縮比率についてネガティブな印象を持つ方も多いようだ。しかし、それはとんでもない。最高画質とされるQ0と比較してみても、遜色無い。本当に細かいことにこだわらなければ12:1で十分である。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2019/08/ong59_BMPCC6K_BRAW.png Blackmagic RAW 12:1
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2019/08/ong59_BMPCC6K_Q0.png Blackmagic RAW Q0
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2019/08/ong59_BMPCC6K_Q0-BRAW.png 左Q0 、右12:1
※画像をクリックすると拡大します

ちなみにフッテージに対して、グレーディングはコントラストと若干の彩度調整を行っただけでこの美しいルックになる。「良いフッテージはコントラストを決めると自然に発色する」を地でいく、BMPCC 4KやURSA Mini Proと同様、流石Blackmagic Designのカメラである。

BMPCC 6Kの撮影可能解像度

マニュアルより。クロップ比率は把握しておいた方がいい

BMPCC 6KのBlackmagic RAWで撮影可能な解像度は、6K、6K 2.4:11、5.7K 17:9、3.7K Anamorphic、2.8K 17:9と大きく5つ。ProResで収録できる解像度は、4K DCI、Ultra HD、HDの3つとなる。

注意が必要なのはBlackmagic RAWは解像度によってクロップされ、ProRes収録はスケーリングされ、選択した解像度に対して撮影できる最大フレームレートが変わる。例えば6Kの場合は50p、6K 2.4:11の場合が60pとなる。つまりRAWで撮るかProResで撮るかによって、選択できるフレームレートとクロップ比率が変わるので使用時には注意が必要だ。

BMPCC 6Kで撮影できる最大のフレームレートは2.8K 120fpsとなる。その場合、3.3倍のクロップとなるが、スローモーションは望遠域で撮りたいシーンが多いので私的には嬉しいクロップ比率だ。正直4K120fpsなども欲しかったが、URSA mini Pro G2との棲み分けと考えることにした。なによりも30万円弱のカメラでここまでよく頑張ってくれた、と思う。

同じ位置、同じ条件での6K/6K 2.4:11/5.7K/2.8K撮影時クロップ比較。Blackmagic RAW 12:1で撮影→4Kのタイムラインから静止画書き出し3.7Kのアナモフィックはレンズを所持していないので割愛する。

6K 6K 2.4:11 5.7K 2.8K

6Kを基準とした時、6K 2.4:11はあまり変わらない印象で、5.7Kでは若干拡大されている感じがする。正確な数字はわからないがSuper35センサーで1.5倍のクロップがBMPCCの6Kおよび6K 2.4:11だとしたら、5.7Kでは1.6倍くらいのクロップで2.8Kに関しては実感で3.3倍くらいになるイメージであろうか。6Kだと50pまで、6K 2.4:11と5.7Kは60pまで、という違いはあるが、24pベースであれば6Kの50pでも2倍のスローが得られるので「ノーマルスピードとしての60p」が必要なければ十分だ。触ってみた結果、筆者の感想としてはBMPCC 6Kは60pだ50pだということはさほど問題でなく、4Kベースでの編集だとしても、6Kで撮るべきカメラだと感じた。

Blackmagic RAW 12:1で同じ場所から撮影モード違いでクロップ比較した素材をグレーディング前とグレーディング後、の2部構成でまとめてみた。ノーライティング下でのBMPCC 6Kの雰囲気を味わってほしい。ちなみに4K24pのタイムライン上で6K/5.7K/2.8Kの素材を走らせてみた。

BMPCC6K Crop Factor Comparison

暗部性能

BMPCCもとい、Blackmagic Designのカメラはユーザーの中で昔から「きちんと照明を作ってイメージを撮るシネマカメラ」という認識なのでノーライティングでの低照度の下での性能についてはあまり論じるものでは無いと思っているのだが、BMPCC 4Kから搭載された前述のデュアルネイティブISOのおかげで「あれ?Blackmagic Designのカメラなのに暗い場所でも案外イケる」と感じた方も多いと思う。

 ong45_z280_ND4F16-.jpg※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpg※画像をクリックすると拡大します

BMPCC 6Kも夜、ISO6400、F2.8という条件で外で撮影してみたが、DaVinci Resolveでノイズリダクションを少しかければ特に問題なく使える印象だ。

結局カメラは「使い分け」

多くの方の議題になっているのはBMPCC 4Kと6Kどっちを買うべきか、買い換えるべきか、ということであろう。

筆者が思うBMPCC 4Kが6Kモデルより優っている点はOLYMPUS 12-100mm F4 OSという最強の便利ズームレンズが使用できることだと思っている。35mm換算で24-200mm F4の通しズームの上、恐ろしいほどの手ぶれ補正がかかる。

筆者はBlackmagic Designのカメラはイメージを創る、すなわち「メイク」するカメラだと思っていたのだが、BMPCC 4Kの発売と同時にすっかり「最強の標準レンズ」となった12-100mm F4のおかげでイベント撮影、ライブ撮影、ドキュメンタリーなど、自分がコントロールできない進行の中で撮影をする「テイク」の現場にも使用できるのでは無いかと思うようになった(実際に使用している)。AFの追従性は無いがマイクロフォーサーズセンサーという事もあり、マニュアルでもフォーカシングもしやすい。

例えばファッションショーなどの被写体が動き回るAF重視の現場はAFが超絶効くαなどを使用するが、最近はもっぱらBMPCC 4Kと12-100mm F4の組み合わせでの出動が多いのが事実だ。ボディ内手ブレ補正が搭載されていないBMPCC 4K/6Kはともに手ブレ補正はレンズ依存になる。

Super35センサー対応のレンズだと12-100のような手ブレ補正付きのAPS-Cのレンズが少ない。またフルサイズでいう24-105mm F4のような動画撮影におけるちょうどいい焦点域のものも案外少ない。まだ試していないものが多いが、例えばCanon EF-S 10-18mm ISやEF 24-105mm ISのようによく手ブレ補正が効くものがあったり、EF 35mm F2 ISはISの効きが今ひとつだったりと、レンズとの相性がある感じだ。

万人へのアドバイスは難しいがBMPCC考は

「テイク」するなら BMPCC 4K
「メイク」するなら BMPCC 6KもしくはURSA Mini Pro G2

であろうか。

イメージ撮影や広告撮影など、求められる美しさ、表現に対してBMPCC 4Kが応えてくれたように、ゼロベースで自らシーンを作り上げていく「メイク」する撮影にはBMPCC 6Kはさらなる働きをみせてくれるであろう。

先日、PRONEWSでもお馴染みのモーショングラフィックス界の風雲児、ダストマンに誘われてBMPCC 6Kを持って広島まで自主制作映画に参加してきた(主に演出助手と録音部、照明部、出演という不思議な呼ばれ方をしたのだが)。

帰ってきて撮影したフッテージを触ってみると、6Kの美しさは当たり前として、やはり「イメージしたルック」の作りやすさを特に感じる。BMPCC 4Kのレポート時にも書いた記憶があるが、色の分離がたやすくできる。

 ong45_z280_ND4F16-.jpgBlackmagic RAW 8:1 グレーディング前
※画像をクリックすると拡大します
 ong45_z280_ND128Fopen-.jpgBlackmagic RAW 8:1仮のグレーディング後
※画像をクリックすると拡大します

映像制作をする人が増え、安くなった、と言ってもそれなりに高いのが機材だ。どうしても購入した1台のカメラに全てを期待してしまいがちになるが、パーフェクトなカメラというのは存在せず、使用用途、現場や欲しい表現によって「使い分ける」のが一番だ。筆者はそうした理由からBMPCC 4Kと6Kは両方手元に置いて、案件ごとに使い分けている。

BMPCC 4Kの時にも言ったが、バッテリーの持ちが悪い、手ブレ補正が無い、などの他のカメラとのつまらない比較や評価はすべきではない。工夫をして己が使いやすくすればいいのだ。それが嫌であれば比較対象のカメラを手にするのが一番良い。

Blackmagic RAWを扱うにはDaVinci Resolveの操作がマストになるわけで、勉強をしなければならない。他の編集ソフトで触りたい場合はせっかくの12bitを捨てて10bitのProResで撮るしかない。それならば「何のためのポケシネ」なのか?だからこそ今DaVinciを学び、Blackmagic RAWの良さを体感してほしい。

結局BMPCC 4Kの時と同じで、スペックと値段だけで「便利そうなカメラ」だと思って無知のまま迂闊に手をだすと痛い目を見るのがこのカメラの本質だろう。

便利な一眼カメラ「キレイに写す」の先へ行きたい人、インスタントな「動画」ではなく、きっちりと「映像」に向かい合いたい人にとってはBMPCC 6Kは迷わず手にすべきカメラだ。約30万でこれだけのルックが手に入る6Kが撮れるカメラは他には無いのだから。


WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


[ Writer : 鈴木佑介 ]
[ DATE : 2019-08-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.65 ATEM ファミリーの末弟、ATEM Mini 登場!

txt:井上晃 構成:編集部 概要 IBC 2019を目前にした2019年9月13日、Blackmagic Designは低価格の新しいライブプロダクションスイッチャー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.64 Panasonic LUMIX S1Hがみせた無限大の可能性~大型サイネージ撮影での活用術

txt:照山明 構成:編集部 Panasonic LUMIX DC-S1H活用事例 最近、S1Hを現場に持っていく事が増えている。LUMIX GH2/4/5とマイクロフ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.63 SIGMA fpで実現させる4Kライブスイッチング収録とインターネットライブ配信

txt:駿河由知 構成:編集部 SIGMA fp4カメでライブスイッチング可能な超小型な組み合わせ! 今回は、“日本のシテイポップ/シティ・ポップ“のキーパーソン、牧村... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.62 SIGMA fpレビュー。手のひらサイズのフルフレームカメラを現場視点で検証

txt:小林基己 構成:編集部 フルサイズCMOS、12bit 4K RAW収録が可能なコンパクトミラーレス登場 コンパクトな外観にフルサイズミラーレス、しかもRA... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.61 6年ぶりの後継機、Roland「VR-50HD MK II」

txt:小寺信良 構成:編集部 マルチフォーマットAVミキサー「VR-50HD MK II」がついに発売! 今でこそローランドは我々プロの間でも映像機器メーカーとして知... 続きを読む

WRITER PROFILE

鈴木佑介 日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鈴木佑介 > [OnGoing Re:View]Vol.59 Blackmagic Pocket Cinema Camera 6Kレビュー。「映像」に向かい合いたい人は使うべき1台