PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 宏哉 > [宏哉のfrom Next-World]Vol.11 5,000kmの旅

News

[宏哉のfrom Next-World]Vol.11 5,000kmの旅

2019-09-24 掲載

txt:宏哉 構成:編集部

遺失物を追って

クアラルンプールからシンガポールへの旅次。予想外の波乱の中、無事に陸路で移動を終えた我々ロケスタッフ。仕事としては、本来のロケスケに遅れることなくシンガポールに入国できたので、翌日から予定されていた取材には一切響くことなく通常体制に戻った。

だが、1つ大きな宿題というか問題が残った。極めて個人的な問題だ。

前回のコラムの最後に4枚の写真を並べたが、最後の1枚には他の3枚に写っているのに、その写真には写っていないものがある。

「ヘッドフォン」だ。

赤いヘッドフォンが今回の主役

写真に写っているこの赤いヘッドフォン。Sony“MDR-100ABN”というモデルになる。Bluetoothによるワイヤレス接続で、ハイレゾ対応。さらにノイズキャンセル機能付きというモノだ。

実売は当時で28,000円前後だったのだが、私の“MDR-100ABN”は少し事情が違った。私の所有しているモデルは「h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』モデル」というもの。アニメ「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール」とSonyのウォークマン&ヘッドフォンのコラボレーション製品なのだ。

当然ながら限定商品。2ヶ月間ほどの期間限定予約購入のみに対応で、申し込んでからもさらに2~3ヶ月待たされて手元に届いた商品だ。しかも、2ヶ月の予約期間が当初設けられていたのだが、期間途中で「予約多数のため受付終了が繰り上がるかも」という告知がなされ、さらにその1週間ほど後に「完売のため販売終了」となって、2ヶ月を待たずして予約受付が打ち切られてしまった人気コラボ商品だったのだ。

価格は限定モデルということで、税別39,880円。ヘッドフォンの品質・実力に対しては少し割高だ。実際、通常のMDR-100ABNの音は知っていたが、自分の好みとしては70~80点というところ。だが「ワイヤレス」で「ハイレゾ対応」で「ノイズキャンセル」というのはずっと欲しかった機能で、どうせ買うならば好きなアニメ作品のコラボ商品であれば大満足だ、と思っていた。

なお、ウォークマンにもコラボモデルが同時に用意されており「WALKMAN Aシリーズ『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナルスケール-』モデル」も購入した。こちらはSony NW-A35(16GB)がベースで、コラボモデルは税別26,880円だった。

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」コラボモデル

海外ロケで飛行機に長時間乗ることの多い私にとっては、その数時間を音楽を聴きながら快適に過ごすのは重要なリラックス方法。好きな曲を静かな環境で楽しむには、オーバーヘッド型のヘッドフォンでノイズキャンセリング機能によるノイズ低減というのは欠かせない。

日常的に電車に乗ることも少ない私の生活では海外ロケでの飛行機内がヘッドフォンで音楽を聴く一番の時間となり、この「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」コラボモデルのヘッドフォンとウォークマンは必需品だったのだ。

さて、そんな大切なヘッドフォンがシンガポールに到着したときにはなくなっていた。どこで私の手を離れたかは明確に分かっていた。我々をCIQに置いていった例の越境長距離バスだ。

時系列を遡る。

マレーシア側のCIQで税関オフィスを探す旅に出ていた私の元に、バスに残ったディレクターから掛かって来た電話。それは、もうバスが私を待てないと言っている。バスは行くので荷物を下ろせとバス運転手から言われている。という内容だった。

ディレクターは仕方なく自分と私の荷物と機材を全て下ろして、バス停で荷物に囲まれて私を待っていた。税関でカルネ処理を無事終えてディレクターと合流した私。そこで最初に気が付いたのが「ヘッドフォンの不在」だった。

私:「私の赤いヘッドフォンって、バスから降ろしてもらえました?」

D:「……っあ!気が付かんかった…」

私:「座席と座席の間の肘掛けに、掛けていたのですが…」

D:「ごめん見落としてた…。お菓子とかコーラは持っておりたんやけど」

私:「シートの色と同系色だから、たぶん分かりにくかったと思います」

D:「ごめん…」

私:「…いえ……」

D:「………」

本来なら出国手続きを終えて再度乗りこむはずだったバス。ディレクターと並びの指定席だったので、そのシートとシートの間の肘掛けにカポッとヘッドフォンを掛けた状態で、出国手続きにバスを降りていた。指定席とはいえ海外で不用心と言えば不用心だが、バスが客を置き去りにして行くということがなれば問題なくヘッドフォンとは再会できた話なのだ。

座席と同化してしまう色合い

まぁ、現時点では盗られたと決まったわけではない。乗り合いではない指定席バスだし、他の乗客の誰もが気が付かなければ、そのままの状態でヘッドフォンはバスに残っているはずだ。そうなればバスの運転手が乗客の下車後のチェックで気が付くだろう。或いは、乗客の誰かが見つけて遺失物として届けてくれているかも知れない。

発覚した現時点。マレーシアのCIQのバス停で騒いでも仕方のない話なので、シンガポールに無事着いたらホテルでロケマネージャーさんと合流し事情を話して、私用ながら助力を願うことにした。

そして、シンガポール CIQでの騒動を経て無事にシンガポール入りを果たした我々。ホテルでロケマネと合流してシンガポール最初の夕食を韓国焼肉店でとっている時に、ヘッドフォンの話をロケマネさんにする。ちなみに彼は日本在住のポーランド人。

シンガポールの韓国焼肉店にて

バスの半券が手元にあるためインターネットでシンガポール側の事務所の連絡先を調べて、早速連絡を取ってもらった。まだバスが到着して数時間。何事もなく遺失物として届けられている可能性は高い。だが、事務所からの返事は「そのような届け物はない」という事だった。

ヘッドフォンと再会できる可能性が一気に下がる。

とりあえず、利用したバスの便名を伝えているので、担当した例のバス運転手に連絡を取ってくれると言うことになった。

万が一、ヘッドフォンが返ってこなかった時の事を思って買い直す算段も考えておく。限定予約品なので普通には購入不可だ。ネットを探してみると、Amazonで6万円ぐらい。オークションでも5万5千円ぐらいから…。プレミアがついて倍近い値段になっている。先も言ったが、ヘッドフォンの性能としては3万円未満のものだ。それにアニメコラボの刻印が入っているだけで、あとは何も変わらない。

流石に、この性能に6万円はあり得ないな…とアニメオタクではなく、リスナー視点での評価になってしまった。5~6万円払ってヘッドフォンを買うなら、上位のハイレゾヘッドフォンを買い直したほうが耳も満足だ。

シンガポールのホテルにて。デスクの上にヘッドフォンはない

さて、翌日からロケが始まった。限られた日数の中で多くのネタを扱っていくため、スケジュールはタイトだ。だが、シンガポールには優秀な現地コディネーターさんがいらっしゃるし、我々もシンガポールは何度も来ているので勝手は分かる。順調と言えるロケスケ消化で取材は進んでいった。

シンガポール・ファウンテン オブ ウェルス付近

そのロケの合間、たまたまバスの事務所の近くまで行くことがあった。その後の連絡もないので直接事務所に顔を出して、改めてヘッドフォンの捜索状況を確認することにした。私用に付き合ってくれた、スタッフの皆に感謝だ。

事務所に伺って分かったことは「ヘッドフォンはバスの運転手が持っている」ということだった。だが「今、運転手はマレーシアに帰っている」と言われる。

それを聞いて私は「??」となったのだが、運転手が正直に会社に言ったということは、パクるつもりではなかったのだろう。何故シンガポールで業務を終える時に会社に届けなかったのかは不明だが、もしかするとマレーシアに帰ってからバスを清掃して見つけたのかも知れない。

まぁ、その辺は推測の域を出ないのだが、少なくとも私のヘッドフォンは「ある」ことが判明した。不特定の誰かが持っているわけではなく、あの運転手が持っているのだから、所在は明確になったと言って良いだろう。

ヘッドフォンと再会できる可能性は、ほぼ100%に回復した。

あとは、受取をどうするかだ。バス会社曰く「次の彼(運転手)の業務でシンガポールに来る際に持ってこさせる」という事だった。で、それはいつなのだ?と聞くと、我々がシンガポールに滞在している最終日ということだった。おおぉ……ギリギリセーフ。

海外で紛失した物が返ってくることに期待はしていなかったが、バス運転手が見つけてくれて、正直に会社に報告してくれたお陰で、私の大切なヘッドフォンが返ってくる。先行き不透明な海外での遺失物探しかと思われたが、一気に目の前が開けた。

それでは改めてその日の夜にでも取りに来ると伝えて、我々はロケに戻ったのだった。

そして最終日、夕方。ロケを終えて、我々は再びバス会社の事務所に向かった。ヘッドフォンと無事に対面できるだろうか。

しかし、顔を出してみるとヘッドフォンは届いていない。今日はバスの運転手はシンガポールに来ないとか責任者が言い出した。どんな勤怠管理してんだ?!

我々は今日までしかいないのだから、あとは配送して貰うしかない。代金引換とかは国際便では難しいだろうから「先に多めに現金を置いていくから送って欲しい」とお願いすると「そういうことはできない」とか言いやがる。

いやいや、シンガポール到着した時点でちゃんと車内チェックして落とし物見つけて会社に報告してないおたくの運転手が悪いんだし、というか、そもそもCIQで客を見捨てていくおたくのバスが悪いんやし、もとを正せば、まぁヘッドフォン車内に残しておいた俺が悪いんやけど…。

とにかくも「日本まで送ることはできない」の一点張りだったので、どうしようもない。あと寸で…ここまで来てダメなのか…と諦め掛けたその時、ひとつの別策を思い出した。

僅かなる5,000km、遙かなる10km

実は、私がシンガポールを離れるのと入れ替わるように日本から知り合いがシンガポールに仕事で来る予定だったのだ。「あ~、入れ替わりだね~」なんて話をLINEで彼女と話していたのを思い出す。ちなみに、彼女は日本在住のイタリア人だ。

急いで彼女に連絡を取り、ヘッドフォンの経緯と現在の状況を説明する。彼女も仕事で来るのだからそんな時間があるのか分からないし、そもそも他人の忘れ物を取りに行くなんて面倒な事を引き受けてくれるか分からなかったが、二つ返事でOKしてくれた!

おおおお、女神よ!!

バスの事務所には、代理の者が取りに来る旨を伝える。そして、ヘッドフォンが到着したらちゃんと連絡をくれるように、ロケマネージャーと連絡先を交換してもらった。

さらに、ロケマネージャーさんと彼女もLINEで繋がってもらい、いつ誰を訪ねればヘッドフォンの受取ができるかの情報を共有してもらった。

あとは彼女を信じ、そしてバス会社がちゃんと対応してくれることを願うほかない。我々は翌日、シンガポールをあとにし帰国の途についた。

2日後。彼女から連絡が来る。「ヘッドフォン受け取ったよ~」というLINEの文面とともに、証拠写真が送られてきた。

現地ホテルから送ってきてくれた写真

これだ!間違いない!うはぁ~~~!!!!!

諦めていたヘッドフォンが確実に手元に帰ってくることを確信した瞬間だった。

「ありがとう、ありがとう!」

彼女の海外出張が終わって日本に戻ってきて、お互いに時間ができたらヘッドフォンを引き取りにいくと伝える。「お礼に、ご飯おごるね」と伝えて、彼女の帰国を待った。

彼女が帰国して数日後。ヘッドフォンを受け取る日取りを決める。丁度私が休みで、彼女が仕事終わりで合流できる日があったので、その日にディナーがてらヘッドフォンを受け取る事にした。

そして当日を迎える。

早朝7時前。私のスマホにLINEの着信が入ることで私は目を覚ました。発信者は今日会う予定の彼女だった。

「宏哉くん、ごめん」

「ヘッドフォン、電車に置き忘れてしまった」

「JRの(大阪)環状線。一応、JRには連絡してある」

午前6時45分ぐらいのLINEだった。私は眠気眼にそのLINEを読みながら「ふふ…。おもしろ…」と感想を漏らして再び眠りについた。

起床後、改めて彼女と連絡を取る。何があったのか事情を聞くが、別に彼女を責める気持ちは全く起きなかった。「取り敢えず、予定通り今夜ご飯一緒に食べましょう」と約束する。彼女とも久しく会っていなかったので、せっかく作った機会に会うことにした。ヘッドフォンはないけど。

会いに行く前、私もJRの事務室に立ち寄る。遺失物検索をしてもらうが届け出はないとのこと。大阪環状線なので終点がなく電車はぐるぐる回っている。どの時点で盗られたのかも分からない。

ここは日本だ。財布が中の現金ごと返ってくる国だ。そう信じて JRの遺失物案内を幾度か訪ねたが、ついにヘッドフォンは返っては来なかった。

日本から離れること約5000kmを旅して、奇跡のように帰国したヘッドフォンだったが、まさか自宅から10kmも離れていない所まで返ってきて行方不明になるとは思ってもいなかった。これは数奇と言って良いだろう。面白いネタとしか思えなかった。

夜、彼女とご飯を食べながら今回の旅の顛末を振り返り、また現地でヘッドフォンを取りに行ってくれたことに改めてお礼を言う。彼女は何度も謝っていたが、本当に私は気にしていなかった。

お礼のチョコレートともにディナー

後日、オークションで新古品として出品されている「『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』モデル」を発見。入札価格も定価とほぼ同等だったので、私の1人入札で無事に落札した。

今手元にあるこのヘッドフォンは2代目ということになるが、この事件以降も毎回海外ロケのお供として世界中に携行し愛用している。

2019年7月タイ・プーケットのホテルにて

WRITER PROFILE

宏哉 タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。


[ Writer : 宏哉 ]
[ DATE : 2019-09-24 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[宏哉のfrom Next-World]Vol.12 海外ロケの醍醐味

txt:宏哉 構成:編集部 海外ロケの思い出 困難と苦悩ばかりの海外ロケをこの数回綴ってきた…。カルネに苦しめられ、飛行機に乗り遅れ、賄賂を要求され、限定ヘッドフォンは... 続きを読む

[宏哉のfrom Next-World]Vol.10 旅懐と宿題と

txt:宏哉 構成:編集部 シンガポール CIQからの脱出 シンガポールのTuas CIQ。あとすんでのところまで来て、我々の旅は終わらなかった。 入国手続きは終わり、カ... 続きを読む

[宏哉のfrom Next-World]Vol.09 国境を越えたその先に

txt:宏哉構成 :編集部 マレーシアCIQにて マレーシアからシンガポールに陸路で渡る、その国境にあるCIQ。 我々は正にその境界線でバスに置いて行かれた…。 税... 続きを読む

[宏哉のfrom Next-World]Vol.08 陸路を行く

txt:宏哉 構成:編集部 残留 出国カウンターにただ1人取り残された私。胃痛と闘いながら、孤独な夜を迎えるのかと覚悟を決めた頃、ロケマネージャーさんが笑顔で空港ロビー... 続きを読む

[宏哉のfrom Next-World]Vol.07 ディレイからのドミノ倒し

txt:宏哉 構成:編集部 海外出張や旅行で飛行機がディレイするというのは、よくあることで、トランジットが間に合うかどうかヒヤヒヤするというのも何度も経験することだ。珍し... 続きを読む

WRITER PROFILE

宏哉 タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 宏哉 > [宏哉のfrom Next-World]Vol.11 5,000kmの旅