PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.106 俳優監督の視点と創造

News

[東京Petit-Cine協会]Vol.106 俳優監督の視点と創造

2019-10-25 掲載

txt:ふるいちやすし 構成:編集部

強くなにかを訴える作品作りを

以前、このコラムでご紹介した高円寺のマイクロシアターBacchusで現在バッカスフェスティバルという企画上映会がおこなわれているのだが、その中の一つに「俳優監督特集」というのがあったので観に行って来た。

昔から俳優が理想の映画を求めて自ら監督を務める事は少なくないし、それこそ名前の有る俳優が監督をするとそれなりにお客さんも呼べる。怒らずに最後まで読んで欲しいのだが、私はこういった作品の多くが好きではない。今回見せてもらった作品もそうだったのだが、往々にして俳優が監督した作品からは共通したつまらなさを感じるのだ。だがそれは映画に対して私とは全く違うアプローチしているからだと気付いた。

極端な言い方になるが、彼らには最初に演技がある。ある台詞をその表情で見せる為にストーリーを作り、そのためのカットを作り、そのためのシーンを作り、あとはそれを撮影する。これは良し悪しの問題ではなく出発点が全く違うのだ。どんなアプローチであれ、最後まで全てが素晴らしければいいのだが、なかなかそういう作品には巡り会えない。

特に不満を感じるのは撮影、つまり画が面白くない。顔を撮り過ぎるというか、演技ばかりを撮りすぎる。気持ちは分かるが、あくまでも私見ではあるが、私が最も大切にしている画の構成が演技に偏り過ぎていて美しさを感じない。どうしても彼らは気持ちよく演技をする舞台を作っているだけのように感じてならないのだ。

それでもそこから始めて最後まで美しく作りあげれば素晴らしい作品になるのだろうが、カットを撮り終え、チェックして「オーケー!」と言う瞬間の価値観が演技に偏ってしまうのは仕方のない事かもしれない。

私のアプローチが正しいという訳ではない。ストーリーに重きを置き、それを構成するシーン、そしてカット、その為の演技、画のトーンや構図。この順番だと、油断すると演技への執着が薄れてしまい、「成立している」レベルでオーケーを出してしまう事がある。

私はこの「成立」という言葉が大嫌いだ。これは説明するための基準であって、アートはあくまで感動を目指さなくてはならないと考えている。そういうレベルで演技も求めていくように心がけてはいるが、人間だもの、どうしてもそうはいかない事もある。きっと俳優たちはそんな監督への不満から、理想を追い求めて自分で作ろうと考えているのだろう。

アプローチはどこからでもいい。だが全て最後まで大切にやり切りたい。私の理想は監督と俳優が対等の立場でそれぞれの視点で責任を持つ事だ。そう、視点が違うのだ。役に成り切ってこそ見えるモノとカメラの後ろからしか見えない対極。その両方を尊重し合い、それが噛み合った時にオーケーを出す。これが理想だ。この対極の視点を両方同時に持つことは不可能だと私は考えている。

私も脚本、監督、撮影、編集、音楽と色々なものに手を出して、時々批判も浴びるが、それらは全てカメラの後ろの視点であって、その線を越えるものではない。そこをまたいで行き来する俳優監督というのはどうしても信じられない。監督をやってもいい。ただその作品には出演しないでほしいと思う。

「シネマ・ジャパネスク」という映画レーベルを作るという構想は、思うように進展してないが、諦めた訳ではない。その為に他の作家の作品も出来るだけ観るようにしているが、なかなか仲間になって欲しいと感じられる作品、作家に巡り合えないでいる。

これは俳優監督に限った事ではないが、ストーリー以前に「なぜこの作品を作った?」と聞きたくなるようなテーマや目的が希薄な作品が多いことにウンザリしている。勿論メジャーの作品にもそういう物は沢山あるが、メジャーならばそれでもお客さんは集められるし、商業的な存在意義もあるのだろう。だがインディーでそれをやったところで学生の課題レベルにしかならない。

映画を観た後、目には美しい画や姿が、耳には声や音楽が残る。だが心や脳に残るもの。それが無い映画が多すぎると感じている。ストーリーや脚本の前に、「これを伝えたい」「これを感じてほしい」といったモノが無くては、例え画にどれほどインパクトがあっても美しくても、それは単に時間を埋めたに過ぎない。

まずテーマをしっかり持って、その為の脚本であり、その為のシーンであり、その為の演技であり、画であり音楽である事、アプローチの順番はどうでもいいが、テーマという根っこの無い幹や花はいくら美しくてもすぐ枯れる。それこそ映画館を出た途端消えてしまうものなのだ。何かを与えよう!何かを訴えよう!大袈裟に考えなくてもいい。ただのバカバカしさでも構わない。それを強く訴える作品を作ろう!そういうものでないと自主制作までして作る意味はない。

さて、バッカスフェスティバルだが、ありがたい事にクロージングアクトに私の「千年の糸姫」を選んで下さった。11月4日(月)16:00から私と丸山大悟館長とのトークセッション、そして上映だ。是非観に来て頂き、その時は今回の記事への怒りや私の作品の弱点に対するツッコミをぶつけていただいても構わない。

物語の中でことさら説明はしていないが、この作品には「恨みを忘れる事こそ唯一の平和への道」というテーマがある。これはちっともスッキリしないしカッコ良くもないが、戦後の日本人が示した勇気ある決断だと思う。なぜ当時の日本人がそういう姿勢を示したかは解らないし、正しい選択だったのかも解らないが、お陰で私たちは70年以上も戦争をしていない世界でも珍しい国で生き、アメリカ人に対する潜在的な嫌悪もほとんどなくやって来ている。それだけは事実だし、私はこの決断に感謝してこの映画を作った。

私たち文化人は政治家でもなければ教師でもない。どれほど不確かで個人的な思いでも表現する自由を持っている。むしろそれが使命なのだとさえ思っている。ただそれを表現する時には、脚本からロケハン、役者とのやりとり、撮影、編集…全てにおいて強い思いを持ち続けなければならない。


WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


[ Writer : ふるいちやすし ]
[ DATE : 2019-10-25 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[東京Petit-Cine協会]Vol.105 映画人材創出に向けての働き方改革を考える

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 映画業界にも働き方改革が必要 この夏から経済産業省による「将来の映画人材創出に向けて映画制作現場実態調査」なるものが行われている。... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.104 雄大な自然と文化溢れるモンゴルの魅力。現地の人がプチ・シネ映画制作する日も近い?

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 モンゴルに生息する巨大魚、タイメンを釣る旅へ モンゴルへ行ってきた。首都ウランバートルまでは直行便もあって、わずか5時間半。ヨーロ... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.103 南ヨーロッパ国際映画祭「Fusion International Film Festival」レポート

ヨーロッパ4都市で開催される「Fusion International Film Festival」 5月初め、「千年の糸姫」がスペイン・ヴァレンシアで行われた南ヨーロッパ国... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.102 大きな意義をもつ劇場上映の在り方

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 劇場上映の価値を問う 私の作品、「千年の糸姫」はすでにAmazon Primeより世界配信されており、そのディストリビューターであ... 続きを読む

[東京Petit-Cine協会]Vol.101 NPO法人独立映画鍋のセミナーに参加してきた

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 NPO法人独立映画鍋とは? 日本映画監督協会の先輩と日本映画の将来について語り合った事があり、その時にNPO法人独立映画鍋とい... 続きを読む

WRITER PROFILE

ふるいちやすし 自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ふるいちやすし > [東京Petit-Cine協会]Vol.106 俳優監督の視点と創造