PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 照山明 > [OnGoing Re:View]Vol.64 Panasonic LUMIX S1Hがみせた無限大の可能性~大型サイネージ撮影での活用術

News

[OnGoing Re:View]Vol.64 Panasonic LUMIX S1Hがみせた無限大の可能性~大型サイネージ撮影での活用術

2019-12-10 掲載

txt:照山明 構成:編集部

Panasonic LUMIX DC-S1H活用事例

最近、S1Hを現場に持っていく事が増えている。LUMIX GH2/4/5とマイクロフォーサーズマウントのGHシリーズを使い続けてきた筆者にとっては、フルサイズへのアップグレードという部分もあるが、使い慣れた操作性はそのままに、さらにブラッシュアップされた各種機能が便利でならない。また、機動性という意味でも筆者の場合はミラーレス一眼をチョイスする事が多い。そんな中、とある大型サイネージの撮影案件が飛び込んできた。

話を聞くと、大型商業施設の設備系を中心に製造を担っているメーカーが、新設するショールームに大型のサイネージを設置するとの事で、今回はそのコンテンツ撮影を行った。

サイネージに関しては横幅が10m程度、比率が10:3と、かなり横長で、4Kプロジェクターを2台横並びで投影する。この話を聞いた時点で少なくとも4K以上の解像度で撮れるカメラが必要ではないかと判断する。さらに納入事例として、空港や美術館といった、いくつかの商業施設の撮影が発生しそうで、あまり大型の撮影機材は好ましくなく、三脚が立てられない場所もある、というなかなか厳しい条件も出てきた。その時点で、自分の中ではS1H一択になった。

今回は、主に東京、大阪、神戸など、1日単位でもかなりの移動量のある撮影をこなしてきたが、全5日間に渡って撮影してきた中で筆者が感じた、S1Hの圧倒的な機動力、利便性などをレポートしたい。

S1Hでの現場は機材がコンパクトに収まりワンマンでも気軽に移動できる

フルフレーム6K24p 10bitを内部収録可能なS1H

今回、S1Hをチョイスした大きな理由の一つに、6K24p 10bitをSDカードで内部収録可能という部分がある。サンプリングこそ4:2:0だが、自分がこれまで使ってきた限りでは4K 10bit 4:2:2に比べても大きな遜色がない印象で、むしろフルフレームセンサーで読み出される6Kの解像度と14+STOPのダイナミックレンジという部分で、かなり余裕のあるグレーディングが可能であった。

制作側も、できればV-Logで撮っておきたいという意向で、最終が4K納品(正確に言えば、横並びで2K+2Kに分割)であったので、6Kであれば多少なりともバッファがとれる。4K以上の解像度で、かつ10bitの映像を収録するには、外部レコーダーや高価なXQD、C-Fastのシングル収録が多い中、S1HはSDカードで、しかもデュアルで撮れてしまう気軽さがある。これは現場でのリスク回避と同時に大きな機動力にもつながる。カメラ性能と言えば、AF性能やボディの大きさばかりに目が行きがちだが、ここを見落としているユーザーは少なくない。

S1Hなら6K24p 10bitであってもSDカードでデュアルRECが可能だ

実は、当初は機動性含めGH5という選択肢もあった(4Kでもかまわない、という意見があった)。ただ、今回は10mもの大型サイネージという事で、あまり人物を大きく撮ってしまうと、投影したときに違和感が大きいのではないか?という意見があり、どちらかというと広角中心で全体を見渡せる広い画が求められるだろう、という話になった。となると、やはりフルフレームセンサーが絶対的に有利で、さらにS1Hであれば6Kまで撮影できるので編集時のバッファ(トリミング幅)も稼げる。ゆえに筆者は迷わずS1Hを提案した。

動画に特化した充実の表示機能

ただ、実際現場で撮影する際は5.9K24pに落ち着いた。そもそも最終の納品比率が10:3とかなり横長で、映像の上下は編集時に大幅にカットされることになる。現場ではあらかじめ10:3でイメージできるよう、モニターパネルに黒紙をレタボ状に貼り付けてモニタリングしたのだが、6Kに設定すると16:9の比率にならず結果として映像が小さく表示されてしまう。センサーフルの比率のため、16:9環境で見たとしたら当然の事。あくまで表示上は上下クロップして16:9に左右幅をフィットさせるモードなどあったら、現場によっては役立ったかもしれない。

外部モニターに10:3のレタボにカットした黒紙を貼り付けてモニタリングした

5.9Kは、6Kから上下の解像度を少しカットし16:9に合わせたモード。これであれば通常のモニタリング環境と変わらない。ただ、6K同様、録画中はHDMIからの出力はブラックアウトしてしまう。

そこで、10:3のレタボ加工した外部モニターを見て画角を決め込み、録画中はS1Hの液晶モニターのみでフレーミングした。S1Hには動画フレーム表示設定機能が備わっており、シネマスコープやアナモフィックなど、かなり幅広いフレーム設定の中からイメージをモニタリングする事が可能だ。

フレーム表示色の選択やフレーム外側の映像の透過度を選択できるフレームマスク機能も搭載している充実ぶり。確実なフレーミングをしたい場合は、レタボの透過度はハーフより完全に黒く潰して見るのも良いだろう。今回は10:3と特異な比率だったため、中でも上下幅が一番狭い2.39:1を選択し、フレーミングの目安にした。

S1Hには動画フレーム表示設定機能が充実している

GHシリーズの血を受け継ぐS1Hは、各Fnボタンの割り当ても豊富だが、特に筆者の場合、グリップ背面にあるコントロールダイヤルの上下左右に、動画撮影時に役立つ表示機能をアサインしている。上にフォーカスアシスト(ピーキング)、左にベクトルスコープ、右にウェーブフォーム、下に動画フレーム表示(各アスペクト表示)のON/OFFという具合だ。この時点で既にミラーレス一眼の常識を超えている気がする。このアサインは普通にシネマカメラを使っている感覚だ。特にウェーブフォームはV-Log撮影時は頻繁に確認する。

GH5の時は、ベクトル/ウェーブ/非表示と、押すたび3段階に変わる仕様だったが、S1Hはボタン一つでウェーブフォームの表示/非表示を切り替えられるので現場で表示の煩わしさも無い。また表示位置も任意の場所に移動できるなど、かゆい部分にもしっかり対応している。

コントロールダイヤルの上下左右に各種表示機能を割り当てておくと便利

V-log収録時のLUT設定も充実している。液晶モニターおよびビューファインダーで、Vlog_709LUTを当てた状態でモニタリングできるのはもちろんのこと、HDMI出力にもLUTのON/OFFを選択できるので、LUT機能が無い外部モニターであっても問題なくLog運用できる。さらに任意のLUTも読み込めるので、事前に自分で作っておいたLUTを登録して、現場である程度最終形を確認しつつ撮影を進める、という事もS1H単体で可能だ(LUTの読み込み形式は現在のところ.vltのみ。欲を言えば.cubeに対応してほしいところ)。

LUT出力可能なので汎用のモニターを利用できる(ただし正確な色はパネル性能に依存する)

筆者の場合、フォーカスアシストも頻繁に使用する。もちろんS1Hの液晶およびビューファインダーの解像度に不満があるわけではないのだが、パナソニックの業務用カメラを使っていた頃から、エッジを赤く表示するピーキング機能(フォーカスインレッド)に慣れている。

たとえば人物の表情を撮影する際にも、まつ毛の部分や瞳に赤い微細なチラチラを確認して撮影する事で、フォーカスを外した経験がほとんど無い。ポイントは、ピークの出方(分量)と色で、ラインが無駄に出過ぎるとフォーカスが掴みづらくなるし、逆に薄すぎてもダメだ。また常に対象物の補色(逆の色)でないとピークも掴みづらい。そのあたりの細かな調整もS1Hなら可能だ。

S1Hはフォーカスアシストの細かな調整も充実

逆タリーを防げる一目瞭然のREC表示

他にも、音声レベルメーターがボディー上面のステータスLCDに表示されるなど、動画に特化した表示機能はかなり充実しているのだが、個人的に響いたのは「動画記録中の赤枠表示」だ。

バタついた現場で「逆タリー(逆スイッチ)」をやってしまった経験は誰しもあると思う。記録したつもりが、実際はカメラが回っていない。もしくは止めたつもりが、カメラは延々とREC状態になっている、というなんともおそまつなミスで、筆者も特にラン&ガンな現場では時々やってしまう。

以前から、ATOMOS SHOGUNのようにRECしている間は画面枠全体が赤い枠で表示されるモードは付かないものだろうか?と思っていた矢先にS1Hで実装された。筆者は迷わずこの機能をONに。特にS1Hはデフォルトだと録画中の表示は赤い点が点灯するのみとかなりシンプルだ。現場で何カットもガシガシと撮影する人は、ここをONにするのはマストと感じる。

「動画記録中の赤枠表示」は地味だがマストな機能だ

ミラーレス一眼ゆえに厳しい条件もクリアできるS1Hの特異性

今回の案件では、社員が資料を広げながら会議しているテーブルイメージを真俯瞰から狙いたい、というオーダーがあった。現場をロケハンした段階では、天井は低く場所も大変狭いため、大掛かりな天吊セットを組むのはかなり厳しい印象。通常のシネマカメラだと諦めてしまう場面だが、今回はS1Hの高い機動性に救われた。

結果として、会議用テーブルをまたぐようにバックペーパー用のポールセットを設置し、ポールの真ん中に強力な撮影用クリップ雲台でS1Hを吊り下げた。こんな簡易的なセットでもミラーレス一眼であれば吊り下げる事は難しくない。一般的なシネマカメラから見れば、S1Hはほとんどウェアラブルカメラの域だ。天井が低く高さはそれほど確保できなかったため、広角レンズで撮影するしかなかったが、フルフレームであれば画角に余裕もあり、極端に広角にしなければ歪みもそれほど感じない。

こんな芸当ができるのもミラーレス一眼ならでは

極め付けはスマートフォンやタブレットによるカメラコントロールだ。一旦場所を決めて吊り下げたカメラにはできるだけ触りたくない。そこであらかじめWi-FiをONにし、外部からのカメラコントロールを可能な状態にしておいた。Wi-Fi経由でスマホやタブレットからカメラを操作する事自体はGH5でも良くやっていたのだが、S1Hは「LUMIX Sync」という新しいアプリを使用する。操作できる項目はGH5同様かなり充実しており、アイリス、シャッタースピード、ISO、WBなどの基本的な部分はもちろん、撮影フォーマットやフォトスタイル選択など多くの設定項目が遠隔で変更できる。

LUMIX Sync経由でスマホに送られる映像はモニタリングに耐えうる綺麗さだ

特筆すべきは、スマホに映し出される映像の綺麗さ。GH5の時は、若干モザイクっぽい汚い映像で、あくまで画角確認の域であったが、LUMIX Syncの場合、各種コントロールボタンと一緒に、かなり綺麗な映像が映る。さらに6K24pもしくは5.9K30p/24pでも録画中ブラックアウトしない。これにより録画中も遠隔で映像を確認でき、出演者にその場で詳細な指示を送ることが出来た(ただV-Log収録時はLUTは当たらず淡い色でのモニタリングになる)。

厳しい条件の現場で役立つ6.5段の手ブレ補正

S1Hの最大6.5段の手ブレ補正は「手ブレ補正ブースト」をONにすると三脚いらずに

製品を製造しているイメージが何カットか必要だったため、実際の工場内であらかじめ場所を決めておき、撮影する場面を絞って撮影したのだが、人物の表情に寄ったショットや、作業をしている手元など、足場が悪く狭い工場内で、三脚を立てて撮影していられない場面もいくつか出てきた。

そこでDual I.S.2が可能なレンズLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.Sを装着し、ボディ内手ブレ補正を「手ブレ補正ブースト」に設定して数カット撮影した。今回は横幅が10mとかなり大きなサイネージに投影するだけに、手ブレは完全NG。

しかしながらS1Hの最大6.5段の手ブレ補正は尋常ではないレベルだ。もちろん筆者も、撮影中は片目をビューファインダーにガッチリ当てて、左手レンズ、右手グリップの3点支えで、心の中で「止まれ、止まれ」と念じながら撮影したのだが、撮影後に比較的大きなモニターで使えるレベルかどうか確認したところ、ディレクターからあっさりOKが出た。こういった場面でもS1Hは大きな機動力を発揮した。

RONIN-Sと組み合わせた3軸ジンバル撮影

今回はいくつかの商業施設でも撮影を行った。制作側のイメージは、広い空間をカメラが前へとゆっくり移動していく、というものだった。それが何カットかオーバーラップしながら連続で繋がっていき、いろんな空間を見せていきたいという話だ。

普通に考えれば、レールを敷いて移動するか、ドアウェイドリーのようなタイヤタイプの移動車でゆっくり移動させるところだろう。しかし条件は大変厳しく、三脚は一切NG、レールはおろか、台車も車椅子もNGと来た。そうなると選択肢は自ずとスティディーカムのようなジンバルか3軸の電動ジンバルになる。両方を組み合わせる、という話もあるのだが、残念ながら筆者は経験が無い。結局はDJI RONIN-SにS1Hを搭載して、極力水平移動を心がけ撮影してみましょう、という事になった。

S1Hに装着したレンズは広角のLEICA SUPER-VARIO-ELMAR-SL 16-35mm f/3.5-4.5 ASPH.。重量が1kg弱とそこそこ重いレンズで、S1Hとの組み合わせでペイロードが若干不安であったが、結果的にまったく問題なかった。こんな気軽なシステムによってフルフレームの6K 10bitの移動ショットを可能にしてしまう事に脅威すら感じた。

3軸ジンバルを利用できるのはミラーレス一眼ならでは

ただ、やはり台車も車椅子も使えないとなると、頼るべきは自分の身体能力だけだ。特に3軸ジンバルは横軸には強いが、縦軸は弱い。どんなに頑張ってスリ足移動しても上下の動きは、なかなか吸収しきれないものだ。

そこでS1Hの「手ブレ補正ブースト」をONにして試しに移動してみたら、概ね実用範囲で滑らかな移動ショットが実現した。さらに編集時にソフトウェア側でスタビライズすれば完璧に近い状態になるかもしれない。こういう時に5.9Kという解像度バッファが威力を発揮する。もっとも今回は正面をゆっくり真っ直ぐ、というショットだったので「手ブレ補正ブースト」が有効に感じたが、比較的早い動きで回転などが加わる移動ショットは逆に仇になるかもしれない。

フルフレーム6K/5.9Kの際は多少なりともローリングシャッターの影響も受けるので、後のソフトウェアスタビライズに完全に依存してしまうと怪我するかもしれない。場面を見極めて上手に各機能を使いこなす事が肝要だ。いずれにせよ、撮影後に筆者のふくらはぎがパンパンになったのは言うまでもない。

チルトフリーアングル機構は3軸ジンバル運用時に超絶便利

S1Hの液晶モニターは新開発のチルトフリーアングル機構ゆえに、光軸上で液晶モニターをチルトする事も可能だが、これがジンバル時に威力を発揮した。ローアングル気味でジンバルを構えた際、それほどバランスが崩れる事なくモニターの角度を変えられるのは大きい。これがバリアングルのみだと、液晶パネルを横に広げる形になり、バランスが一気に崩れてしまう。今回の撮影では特にローアングルの撮影は無かったのだが、撮影中に気づいた事だったので紹介しておきたい。

総括

この5日間で実にいろんな場面をS1Hで撮影してきた。中には煙にレーザー光線を当てて気流の変化を撮影するという、とても暗い実験室での撮影もあったが、デュアルネイティブISOのおかげで難なく現場が進行した。時にフルサイズによる被写界深度の浅さが仇になる場面でも、デュアルネイティブISOは有効だ。できるかぎりレンズのF値を絞ってフォーカスの深度を深くとると、映像自体はかなり暗くなってしまうが、デュアルネイティブISOをHIGH側に設定してあげることで、ノイジーになる事なく明るさを稼ぐ事ができる。状況にもよるが、F14程度まで絞るとグっと被写界深度も深くなる。

動画の表示機能が充実しているのもS1Hならでは。このあたりは、GHイズムをしっかり受け継ぐ「ミラーレス一眼という名のシネマカメラ」といって間違いない。ベクトル&ウェーブ表示、音声レベルメーターといったシネマカメラの基本的要素を備えながら、各種アスペクト比でしっかりモニタリングできる動画フレーム表示設定や録画中の赤枠表示など、かゆい所に手が届く機能もしっかり備わっている。

一方で、ここ数年デジタルサイネージや、WEBに特化した映像等、マルチアスペクトの映像需要は飛躍的に伸びている。現にノンリニア編集ソフトであるAdobe Premiere Pro 2020ではオートリフレーム機能も実装された。そういう意味で言えば、動画フレーム表示設定機能は任意のサイズにカスタマイズできれば、シネマの枠を超えた、動画制作全般の場面でも利用価値が高まるかもしれない(逆に言えば、フレームガイドを任意に設定できるカメラは未だ無い)。

S1Hは豊富なFnキーと同時に、カスタマイズ性も高い。そして自分流にアサインした状態はプリセットとしてSDカードに書き出せる。これは数台のカメラで設定を共有する際に便利であるのは言うまでもなく、レンタル時のセットアップにも超絶便利だ。

そして、フルフレーム6K24p 10bitの内部デュアルREC、Log撮影では14+STOPのダイナミックレンジ、時に三脚いらずの最大6.5段の手ブレ補正と、高画質と機動性の両面を求められる部分では現時点でほぼ死角なしのS1H。三脚に搭載してじっくりシュートする、それが叶わぬ時には、時にジンバルに搭載したり、気軽に上から吊したりと、シネマカメラとしての守備範囲はかなり広い。パナソニックのミラーレス一眼という枠を超えたリトルモンスターの威力、今回のロケでとくと見せつけられた感じだ。


WRITER PROFILE

照山明 株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。


[ Writer : 照山明 ]
[ DATE : 2019-12-10 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.71 DaVinci Resolve公認トレーナーからみた「DaVinci Resolve Editor Keyboard」

txt:林和哉(株式会社フロンティア) 構成:編集部 DaVinci Resolve Editor Keyboardの実力はいかに!! エディターキーボードはマウスが存... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.70 VENICEの血統を継承するフルサイズセンサー搭載XDCAMメモリーカムコーダー~Sony FX9

txt:猿田守一 構成:編集部 フルサイズセンサー搭載XDCAMメモリーカムコーダー「FX9」が登場! InterBEE2019で初お目見えとなったSonyのF... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.69 最高性能を実現したMac Proの実力とは?各RAW形式でPCと比較

txt:伊藤格 構成:編集部 第2世代Mac Proは拡張の低さが憂鬱だった RED Digital Cinema Camera社に代表される8K RAW映像収録が可能... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.68 「V-1HD」×2以上。ローランド「V-8HD」の実力を検証

txt:小寺信良 構成:編集部 「スイッチャー」を世に広めた人たち 「スイッチャー」を無理に日本語訳すれば、「映像切換機」になるだろうが、実際には単純な切り換え機ではな... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.67 スマートフォンでのライブ配信で多彩な演出が可能~Roland「GO:LIVECAST」

txt:ノダタケオ 構成:編集部 はじめに CES2020、ローランドブースでのGO:LIVECAST展示の一部 1月6日から9日(米国時間)にアメリカのラスベガ... 続きを読む

WRITER PROFILE

照山明 株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 照山明 > [OnGoing Re:View]Vol.64 Panasonic LUMIX S1Hがみせた無限大の可能性~大型サイネージ撮影での活用術