PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 荒木泰晴 > [爺の嫌がらせ]Vol.07 適切なレンズフード選びを理解して、フレアやゴーストを対策せよ

News

[爺の嫌がらせ]Vol.07 適切なレンズフード選びを理解して、フレアやゴーストを対策せよ

2019-12-17 掲載

txt:荒木泰晴 構成:編集部

はじめに

三脚、露出計、機材の保存、フィルターと「いやがらせ」を書いて来ましたが、今回は「レンズフード」です。「つまんないことを書くな」というご意見は承知ですが、非常に重要な役割を持ったレンズの必需部品です。「フィルター」と「レンズフード」を連続して読むと、意図が判るように書きました。

インターネットでレンズフードを検索すると、「不要」「効果が疑問」「役に立たん」「レンズの保護にしか使えん」などと、書き込みがあります。

使い方を知らなければその書き込みは当たり前。ただ着けりゃあいいってもんじゃありません。

逆光はインパクトのある画面を撮影するには欠かせない光線です。輝く金髪の女性をヨーロッパの低い太陽の逆光でたくさん撮影しましたが、適切なフードを使って、フレアやゴーストを正しく切らないと、何を狙って撮影したのか判らない画面になります。

砂漠や夏の海岸でも、天空光や地面から反射する余計な光を遮断しないと、目的の画面になりません。フードは必須アイテムです。

時々、フードを格納状態のまま撮影しているカメラマンを見かけますが、「使わないなら外した方が軽くなるのにな」、と気の毒になりますね。

この状態のまま撮影しているカメラマンがいる フードは正しく装着して撮影すべし

ユルフワ写真の源流

現在ブームの「ユルフワ写真」は、今に始まったことではありません。

福原信三の「光とその諧調」や「ベス単フード外し」

ベストポケットコダック(VEST POCKET KODAK) レンズの口径を規制するフードを外すと収差が増加してユルフワの度合いが増す

によるソフトフォーカス。

木村伊兵衛名人でさえ、「タンバール90mm」でソフトフォーカスポートレイトを撮影した時代がありました。

「光画(こうが)」という言葉もありました。光で描いた絵画という意味だと思いますが、「そんなら写真を撮影するのではなく、絵を書け」ってことです。

これらはひっくるめて「サロン調写真」というブームでしたが、この時代のカメラ雑誌は、「写真の本質とは違う」という意味の批判記事をたくさん載せたものです。

何だか、現在のレタッチ過剰批判を先取りしたようですね。

「タンバール90mm」「光画」「光とその諧調」「べス単フード外し」のようなキーワードで検索すれば、事例が山のように出て来ます。これらは宝の山ですから、パクる材料には事欠きません。

その結果どうなるか。長くは続きません。つまり、飽きるんですね。

ベス単レンズを再現したと言われた、キヨハラ光学70mm F5(左)と50mm F4.5 キヨハラ50mm F4.5で撮影 同F8で撮影。絞りでソフトフォーカスとフレアをコントロールする

過去に一度経験して衰退したようなユルフワ写真が再びブームになっているのは「歴史は繰り返す」ことを証明しています。今の世代にとって目新しく見える映像でも、「元を辿ればこんなのがあるよ」と、先人が既に試みている例が多いものです。

そんなブームに映画は無縁でした。「ピントの外れた画面や、フレア、ゴーストの入った画面は即NG」ですから、爺の映画DVDコレクションの作品群の中には1カットもありませんでした。ところが最近は、一般公開された映画やCMでも「ユルフワや黄色に変色したカット」があります。変われば変わったもんです。

時流に乗って、ユルフワビデオグラファーを目指すなら徹底すべきだし、シャープな画面を選ぶならそれも徹底すべきで、「撮影方法がブレないことによって個性」が表現できます。

プロを自称するビデオグラファーの皆さんは、どちらを選ぶのでしょうか。

「両方ともできる」と思っているアナタ、「ロクな結果になりません」

レンズフードの定義

カメラ雑誌や動画サイトには「レンズフードは、狙った以外の角度からレンズに入射する光線を遮断して、コントラストやシャープネスを阻害する有害な光線を防ぐ」なんてコメントが載っています。

平たく言えば、「フレアやゴーストは有害な光線」ってことですね。

この定義は現在通用しません。

ご存知のように、「フレアやゴーストは悪ではない」という写真や映像が溢れています。「プロたるアナタがこの風潮に染まっているはずはない」と爺は思いますが、それも少々怪しいのが昨今です。

アナタが、「フレアやゴーストの入った映像を良し」とするなら、時間の無駄ですからこの先を読む必要はありませんし、「ユルフワ、ボケ、フレア、ゴーストがイノチなんだから、フードなんかどうでもいいんだ」と、そちらを追求したいアナタは手の施しようがありませんので、勝手にやってください。

普通に使うレンズフード

金属製、プラスチック製、ゴム製を問わず、レンズに付属する丸型や花型のフードは日常見慣れていますし、アナタも持っているでしょう。

金属製フード ニコンだけでも多くの金属製フードがある ゴム製のフード

フード内部を見ると、細かい溝が切ってあり、艶消しの黒い塗装が施されています。単純に平面を丸めただけでは、黒塗装しても反射を止められませんから、フードの役目を果たすことができません。

これは、マウントアダプターの内部も同じで、反射防止処理をしていない場合、「望まないフレアやゴーストの原因」になります。

爺のアダプターやレンズ鏡胴の内部は、モルトプレンや反射防止剤で補修してあります。

ニコン-Eマウントアダプターの内部。モルトプレンの反射防止

これらのフードは掃いて捨てるほど紹介されていますが、実際の効果を評価した記事を爺は見たことがありません。

蛇腹式の伸縮フード

蛇腹式フードシステムも販売されています。

リー(LEE)の蛇腹フード

蛇腹は柔軟かつ薄いので、頼りない材質に見えますが、非常に優れた反射防止特性を備えています。

正面から見るとほとんど反射が無い

アリフレックス デバイダー

現在、シネ用に使う「マットボックス」の元祖のような製品ですが、もっと簡便で、取り扱いし易く、効果抜群の「蛇腹フード」です。

爺が日本シネセルに入社した時、先輩カメラマンに「これはデバイザーと言うんだ」と、教わって以来そう思っていましたが、その単語の意味はフードとは違っています。

「光を遮って分けるもの」であれば、「デバイダー」(DIVIDER)が適しているようです。

アリフレックス(ARRIFLEX)16stに、シネクセノン(CINEXENON)50、35、25mmを装着

観察してみると、アリフレックス16stでは、専用の縦型アクセサリーシューに取り付ける長い角棒に、伸び縮み自由の蛇腹が金具で取り付けられています。

焦点距離に応じて最適な長さに調整できます。

蛇腹フードを装着。内部にほとんど反射無し

最後部に58mmのネジが切ってあり、丸形フィルターに対応しています。その前には角型のフィルタースロットが2枚分あります。

58mm-72mm変換リングと、2枚分の角型フィルター用スロット

前部の金具にも、焦点距離に応じた大きさに角型に穴の開いたプレート(黒い素材で自作しても可)が取り付けられるようになっていて、不用な光線を徹底的にカットするようになっています。

アリフレックス35用には、同じタイプの蛇腹デバイダー

アリフレックス35IICにシネクセノン75、50、35mmを装着 蛇腹フード 75mmではこの長さまでケラない 正面から見るとほとんど暗黒

と全金属製の角型デバイダー

全金属製デバイダー、75mmマスク付き

の2タイプがあります。全金属製でも、デバイダーの内部は植毛によって内面反射防止が徹底されています。

デバイダー内部の黒植毛

蛇腹の優れている点は、反射がほとんど0ですから、正面から撮影すると蛇腹の内部は真っ黒に写ります。フードはここまで拘らなければ機能を満たすことができません。

残念ながら、現在のマットボックスで蛇腹を使った製品は見当たりません。

シネ用ワイドレンズのフード

超広角レンズになると、蛇腹フードでは四隅が暗くケッてしまって対応できません。そこで、どのメーカーもワイドレンズに付属した専用フードを製造していました。

シネ用のフード群 キノール(KINOR)6mm用、プラスチック製 正面から見るとボディより大きい アンジェニュー(Angénieux)5.9mm用、金属製 キノプティク(KINOPTIK)5.7、9.8mm兼用、金属製、内部に黒植毛 ツアイス(ZEISS)8mm用、ゴム製、破れるので補修する

ワイドレンズでも「何とかして有害な光線を遮断したい」という、強固な意志(ここまでやるか)を感じます。

昨今のレンズやカメラ

シネレンズには、コーティングを剥がしたり、シングルコートに戻したりして、フレアを強調したシリーズがありますし、クラシックレンズを再現したようなシリーズもあります。

メーカーは需要があれば特殊なレンズも製作するのでしょうが、「オールドレンズを有難がるカメラマンは、オールドレンズそのもので撮影したいのであり、オールドレンズを模倣したレンズで撮影したいわけではない」んでしょ。

趣味の世界でしか通用しない「遊び=性能の劣るレンズを使った画」が、プロの世界にまで影響を与えて金を稼ぐ手段になるのは、「プロのカメラマンはいらない」という風潮を助長するだけで、「自分で自分の首を絞めている」ようなもんです。

レンズは単に「買える価格なら買うか、買えないなら借りるか」の選択になりましたし、大型動画専用デジタルカメラとDSLRの画質の差も判らなくなり、既にプロとアマチュアの境界が無くなっています。

何故、フードが必要なのか

爺のフィルム時代、日本の映像の基準である各現像所の試写室でOKを出したプリントを実際の上映館で見ると、明るさ、コントラスト、画ブレの程度やシャープネスがまちまちでした。博覧会やプラネタリウムの大型映像館も同じ状態でした。

映写ランプの寿命を延ばすために、定格の80%に明るさを制限したり、映写機の手入れが充分でなかったり、映写レンズが古かったり、理由は様々でしたが、上映画面の状態が悪い場合、映写機(ハード)側ではなく、全てソフト側に「暗い、ボケている、画面が揺れている」などと、クレームが来ます。

爺の大型映像がブレている、というクレームが上映館からダイレクトに来たことがありました。爺は絶対の自信がありましたから、縮小焼き付けしたアイマックス作品(画ブレは極限まで抑えられています)を同じ映写機で映写したところ、見事にブレていました。

そこまでして、ようやく「なるほどハードがダメ」ということをクライアントが納得した経緯があります。

デジタル時代になっても、劇場によってプロジェクターの状態が一定ではなく、バラツキがあります。

ハード側に起因するクレームにソフト側が反論するためには、オリジナル映像はあくまでシャープでクリアでなければなりません。百歩譲って、ユルフワシーンがあったとしても、前後のシーンがシャープでなければ、「プロジェクターが悪いのか、ソフトが悪いのか、どうやって判断する」のでしょうか。

アナタの撮影したユルフワ映像が大型画面で映写された時、「ピンボケじゃん」と、観客やクライアントから指摘されたら、どのように反論するのでしょうか。

アナタの映像を見るのはユルフワファンだけではありません。

また、爺の師匠、故伊藤三千雄カメラマンはことあるごとに言っていました。

「荒木、太陽はな、画面に入れるなら入れろ。入れないなら徹底的にハレーションを切れ」

1971年伊藤師匠とロケした網走の流氷。太陽のゴーストやフレアが極端に少ないNIKKOR-O 2.1cm F4 札幌。どうしても切れない太陽を電柱の後ろに隠す 秋田、玉川温泉。上フレームギリギリに太陽

最近の映画を見ていると、中途半端にフレアやゴーストが入っているカットや、半分だけフレームから切れた自転車のカット、ドアが半分切れた店先のカットを平気で繋いでいます。

もし爺がこんなカットを撮ったら、伊藤師匠から「荒木、何てカットを撮ってるんだ。やめてしまえ」と罵声が飛んでくるでしょう。

オールドレンズを使おうが、現代のレンズを使おうが、フード無しにベストな画面を撮影することはできません。そこを理解した上でユルフワを目指すなら、「ほう、そっちに行ったか」と、爺は納得します。

爺が必ずフードを使い、フィルターを必要以外使わないのは、基本を守り、「クレームから自分の身を守るため」です。

「どうせ、スマホで見るんだろ。目立ったもん勝ちだよ」という反論もあるでしょう。

「スマホで見せるにしても、手抜きせずにプロの画面を撮らんかい!!」

まあ、馬耳東風だろうねェ。


WRITER PROFILE

荒木泰晴 東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。


[ Writer : 荒木泰晴 ]
[ DATE : 2019-12-17 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[爺の嫌がらせ]Vol.10 SIGMA fpを4K動画撮影で使用する

txt:荒木泰晴 構成:編集部 カメラメーカーと電器メーカー SIGMA fpのシネ仕様機を組み上げて実用テストを始めると、他のメーカーのDSLRやミラーレス機と比べて... 続きを読む

[爺の嫌がらせ]Vol.09 掟破りのカメラ改造。SIGMA fpを女性と年寄に優しいフルサイズシネ専用機に変える

txt:荒木泰晴 構成:編集部 発端 2019年秋、シグマから小型軽量のフルサイズデジタルカメラ「fp」が発売された。 山木和人社長の製品発表プレゼンテーションでは、... 続きを読む

[爺の嫌がらせ]Vol.08 人の寿命、機材の寿命

txt:荒木泰晴 構成:編集部 はじめに 昨年は様々な「いやがらせ」の数々、お詫びいたします。 初春を寿ぎ、最初のテーマは崇高にして畏き「寿命」です。 爺は今年9月... 続きを読む

[爺の嫌がらせ]Vol.06 フィルターは一長一短。最適な1枚を選べ

txt:荒木泰晴 構成:編集部 はじめに 現代のデジタル動画カメラは高感度化が著しく、基準ISO感度ISO800はフツーで、ISO2000の機種もあるようです。 ... 続きを読む

[爺の嫌がらせ]Vol.05 カメラとレンズをカビやサビから守れ

txt:荒木泰晴 構成:編集部 機材が増えて、収集つかない状態に はじめに さてお立合い、諸先輩、ご同輩の皆様。映像業界にいれば、齢を重ねるに従って、カメラ、レンズ、... 続きを読む

WRITER PROFILE

荒木泰晴 東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 荒木泰晴 > [爺の嫌がらせ]Vol.07 適切なレンズフード選びを理解して、フレアやゴーストを対策せよ