PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 荒木泰晴 > [爺の嫌がらせ]Vol.08 人の寿命、機材の寿命

News

[爺の嫌がらせ]Vol.08 人の寿命、機材の寿命

2020-01-14 掲載

txt:荒木泰晴 構成:編集部

はじめに

昨年は様々な「いやがらせ」の数々、お詫びいたします。

初春を寿ぎ、最初のテーマは崇高にして畏き「寿命」です。

爺は今年9月で72歳になります。6回目のネズミ年。

日本シネセル株式会社撮影部に入社する前に、「アルバイトに来い」という指示があって、1969年の秋、交通事故の取材に「三脚担ぎ」として勤務して以来、50年以上映像業界に関わってきました。

日本男性の平均寿命が80歳強だとすると、残り10年弱です。そこまで仕事ができるとも思えませんが、カメラマンからプロデューサーを経て「意地悪ジジイ」まで50年実働なら、仕事の寿命は長い方でしょう。

人に対して機材の寿命は遥かに長いものです。

写真の原点、1839年の「ダゲレオタイプ」カメラでさえ銀板写真を撮影することができますし、エジソンが1890年に作ったキネトスコープカメラも構造はシンプルですから、やろうと思えば撮影できるでしょう。

これらの機材の寿命は優に100年を越えて、いまだに維持されています。

人も機材も「基本的な技術が確立」され、フィルムのように「規格を変えようがない」場合は、「同じ土俵で切磋琢磨することが可能」でした。

ところが、デジタル時代に突入したとたん、様相が一変しました。

例えばスチルカメラ

ビデオグラファーで写真を撮影しないアナタでも、ニコン(写真1)、キヤノン(写真2)のスチルカメラは知っているでしょうし、ライカ、ローライ、コンタックス(ヤシカ、京セラではなくドイツ製)なら、カメラの姿が思い浮かぶことでしょう(写真3)。

写真1:ニコンFを3台キープしている。中身はライカの機構とほとんど同じ 写真2:キヤノンIIS改、これも内部機構はライカのコピー 写真3:ローライフレックスT(左)、ライカIIIA(右)。どちらもオリジナルからほとんど変わっていない

中でも35mmフルサイズの元祖「ライカⅠ(A)」は、発売が1925年。95年経った現在でも完璧な修理が可能です。

国産ではプロ向け一眼レフの元祖「ニコンF」が1959年の発売。1974年まで15年間製造され続け、「日本の一眼レフを世界の一眼レフにした名機」で、46年後の現在でも修理可能の現役機です。

電子回路が無い機械式のスチルカメラは、メーカーのサポートが無くなっても、修理技術者によって修理、復元が可能です。

例えばシネカメラ

ミッチェル(写真4、写真5)を知らなくとも、アリフレックスのアレクサ(ALEXA)シリーズはデジタルシネカメラの代名詞として、PRONEWSの読者なら誰でも承知。

写真4:ミッチェルR35MKII。アメリカ製 写真5:ミッチェルのNo.144モーター銘板。ボディ総数は200台程度の製造か

デジタルカメラ以前のフィルムを撮影するアリフレックスは、35mmが83年前の1937年、ナチス政権下の発売(写真6、写真7)。16mmは68年前、1952年の発売(写真8、写真9)。アリフレックスは、1964年の東京オリンピック公式記録映画のために大量に輸入され、一挙に普及しました。

写真6:アリフレックスIIC BV。ドイツ製 写真7:No.10000。このナンバーのライカなら高値間違いなしだが、映画カメラは? 写真8:アリフレックス16ST 写真9:No.14855。爺が日本で見た最大のナンバーは20000+1桁

とは言え、アリ35、16ともに、総生産台数は2万台程度ですから、現在のデジタルカメラとは比較にならない少量生産です。アリフレックスに限らず、電子部品を使わないアナログのシネカメラは、現在でも修理可能です。ただし、30歳以下のカメラマンやビデオグラファーは使ったことはおろか、見たこともないでしょう。

フィルムで撮影したいカメラマンが増えてきた?

「ホントかね」と考えるのがフツーですが、ハリウッドのフィルム復活を見ていると、「日本でも何年か遅れてブームになるかも知れないな」とも思えます。

爺が代表の「16mmフィルムトライアルルーム」にも、「16mmをやりたい」というメンバーがボチボチやって来ます。

最近は、個人として16mmを体験したい、というより、映像プロダクションの業務として「フィルムでも撮影できます、と言える実績を持ちたい」傾向が顕著です。

「デジタルだけでは競争に勝てない」現状では、「フィルムもOK」とプレゼンすれば勝率が上がるかもしれません(そんなにアマくはないけどネ)。

企業間の競争は置いといて、「フィルムで撮影の基礎からきちんと学習すれば、カメラマンとしての寿命が延びる」ことは爺の実感です。

生き残っているカメラマン

現在、劇映画のスタッフタイトルを見ると、フィルム時代から活躍している60~70歳世代のベテランが起用され続けています。ナーンデカ?理由を書かなくてもアナタはもう判っていますネ。

「撮影技術の基礎が違うんです」

フィルムは基本的に「写らない」もんですから、「写すためにどうするか」考えながら撮影します。

カメラ、レンズ、フィルムの選択、露出と色の管理、ライティング等々、最適な判断が総合的に求められます。

フィルムは現像してラッシュを見るまでは「誰も結果が判らない」のですから、「失敗しない技術を身に付ける」までに長い修業が必要で、それに耐えたカメラマンだけが生き残っています。「レジェンド」と呼ばれるのに相応しい方々ですが、実働50年をクリアする超ベテランは数えるほどしかいません。

「蓄積された経験と知識が信頼感」に直結して、長いカメラマン寿命を保てる「生きた実例」の皆さんです。

アナタの寿命

さて、デジタル時代に生きるアナタの寿命(実働)は何年でしょう。

「長い修業は嫌だ」と思っている方々もたくさんいるでしょうが、アナタが「カメラマンとしてメシが食える状態」になるまでに、何年掛かりましたか?

「カメラを持ったその日がカメラマンデビュー」という、幸せな人もいるかもしれません。フツーは、何らかの実績を積んで、「他人様からカメラマンとして認められる」までは、メシが食えませんね。

爺が社内で「1本任せるぞ」、と言われたのは、入社してから6年目の1975年。

「早い方」でした。

「助手からカメラマンとして認められるまで10年必要」が当たり前の時代です。その間に耐え切れずに辞めたり、職業を変えたスタッフは数知れません。中には、「爺より間違いなく上手い」カメラマンもたくさんいました。

爺は、1983年に「つくば国際科学技術博覧会」展示映像制作のために、プロデューサーに指名されても撮影は続けていましたから、「根はカメラマン」です。

人材の養成に10年の長い時間を掛けられたということは、「試行錯誤を続けながら技術を蓄積することができた幸せな時代」だった、とも言えます。

現在、長期に渡って人を育てることができる余裕のあるプロダクションは何社あるのでしょう。

「そんな長い訓練が要らないのがデジタルだろ」と、会社の上層部が思っていたとしたら、「カメラマンは消耗品。どんどん交換すればいいんだ」となるのは必定です。

その風潮からすると、「仕事寿命50年なんて望むべくもありません。10年がいいところ」。年齢、コスト(ギャラ)、時代の感覚が合わなくなったらお払い箱。仕事が全くなくなります。

機材の寿命

爺がビデオを初めて撮影したのは、「4分の3インチ、通称シブサン」でした。

βカム、デジタルβ、HD、4K、8Kと移り変わって来ましたが、各々の寿命はフィルムに比べて短く、変化するサイクルも速くなっています。

民生用になるとヒドイもんです。βマックス、VHS、EDβ、8mmビデオ、レーザーディスク、アナログHDなど、「どこへ行ったんだ」(写真10、写真11、写真12)。

写真10:上から、ブルーレイプレーヤー、VHSレコーダー、レーザーディスクプレーヤー 写真11:VHSレコーダー(上)、業務用レーザーディスクプレーヤー 写真12:レーザーディスク。パイオニアは「半永久的にソフトの保存が可能」と宣伝していた

ネットには「デジタルカメラは3年経ったらゴミ」(写真13)の書き込みが目立ちます。最近では、「カメラは発売したとたんに陳腐化する」「行きつくとこまで行った」という実感が強くなり、新型カメラを買っても感動が希薄になりました。

写真13:レッド・デジタル・シネマカメラ・カンパニーのRed One。一世を風靡したが、学生も使わなくなった(撮影協力:東京藝術大学大学院映像研究科)

プロダクションにとって、数百万円するハイエンドの大型動画カメラは購入することさえ難しくなりましたし(写真14)、機材の耐久性を基本に償却することを考えるより、低予算の仕事が多くなっても利益が出せるように、どうやって凌ぐかが切実な問題です。

写真14:ソニーF65でさえサポートが怪しくなりつつある 撮影協力 東京藝術大学大学院映像研究科

消極的には、「外部の機材に頼るのではなく、無料で使える社有カメラやレンズを使いこなす技術で切り抜ける以外に方法は無い」と爺は考えますが、やたらに高価で大型の機材をレンタルしたがるのは、何故なんでしょう。

レンタル会社も「限られたグロス予算で、山のように機材を持って行く」風潮が顕著ですから、新しい機材を導入しても正常な利益が確保できなくなりつつあります。

「見た目の豪華な機材で、ハッタリをかまさないと仕事が得られない」としたら、「いやな渡世だなぁ」と座頭市でなくても言いたくなります。

アナタの寿命を延ばすには

さて、「働き方改革だから9~17時で終わりなさい」と言われても、「そんなことはデキネー」業界でもあります。

「星空のタイムラプスを日暮れから夜明けまで撮ってね」、なんてのは当たり前。断れっこありません。編集室も24時開営業でなければ採算はとれません。

「せめて残業代を払えるくらいの予算をください」と要求するためには、「会社と、そのスタッフに実力がある」ことが大前提ですが、「特殊な労働条件でありながら、正当な賃金が払えるほど予算が増えない」のは、映像業界だけでしょうか。

こんな業界の状態をどこかのお役所が「ブラック」と判断したら、映像制作が崩壊します。

仕事を発注するクライアントは、大企業、放送局、代理店、省庁など、言わば大企業の課長、部長クラスです。ご自分の年収は置いといて、「監督、カメラマンのギャラは高い」と、叱られるのも日常茶飯事でした。

部長さんの半分の年収があれば「靴でも舐めちゃう」し、体力の限界まで働くのを厭わない愛すべきスタッフたちですが、何で「ギャラが高い」イメージなのでしょう。

ギャラを低く抑えられた上に、「デジタルなんだから全体予算も削るよ。省エネでやってね」と、簡単に制作予算全体が値切られます。

映像制作に必要な経費、取材に掛かる交通費、宿泊費、食費を削れ、と言われても限度があります。

それでも、経営者は会社を倒産させるわけにいきません。

役員プロデューサーが、フリーランスのアナタに気軽に言います。

  • 「こんな制作予算で取材に3日掛けたら赤字になるから、2日でできる範囲で頼むよ
  • カメラは4Kなら何でもいいんだろ、レンズもカメラ付属の1本で行こう
  • 監督が回して、ついでにカメラマイクで音も拾っといてね
  • 編集は助手のギャラが無いから、監督がやってね
  • 適当なナレーションを入れて、著作権フリーの音楽を貼ればいいよ
  • それで君のギャラを含んで50万円で受けない?」

4Kで撮影から仕上げを指定されている企画書通り真面目に作ると、アナタの利益はありませんから、ロクな映像はできません。

そんな条件でも、断ったり、手抜きをすると、「才能がない」と難癖をつける、手前勝手でキビシーイ業界です。

年収が生活保護一歩手前では、何とか仕事に食らいつくガッツだけでは食えません。

また、「監督至上主義」の日本では、予算を無視して自分のワガママを通し、「他人様の言うことを聞かない若い監督」が制作に参加する場合もありますが、クライアントが「こんな監督とは二度と組まない」と匙を投げれば、一蓮托生でアナタの寿命も尽きます。

これでは、「お代官様、オネゲーでございます。年貢を負けてくださいまし。生きて行かれるだけでいいですから」と懇願せざるを得なかった、江戸時代の農民さながら「生かさず、殺さず」の毎日です。

ここまで追い込まれると、「才能がありながら、儲からないので嫌気がさす」という理由で、辞めざるを得ません。

そうです。アナタの寿命を決めるのはアナタではないんです。

プライベートジェット機を買うより、「人を育てる方が人生の価値を高める」と、お金持ちは考えないんでしょうかねェ。

「そんなことを考えないから金持ちになれたんだ」。それももっともな意見。

一人育てるには、2000億なんて言いません。1億もあればいいんですが。

「まあ、こんな国は発展せんね」とは、開高健のセリフ。

「そんなことは嫌だ」と思った諸君

機材はソフトを創るためにあるもので、カメラを売るために次々に新製品を出しても性能が頭打ちになって、ますます代わり映えがしなくなっているのに気が付いていますか(写真15)。

写真15:ニコンの最新型Z 6。ニコンはアダプターを自社製造しているため、機能の制限はあるものの、旧型のマニュアルから最新のレンズまで切れ目なく使えるが、ボディは3年維持できるだろうか

メーカーも、どんなカメラを作ったら売れるのか、判断が年々難しくなっています。

人間の能力を超えてしまった全自動カメラに頼って何となく撮っていると、カメラマンとして本当に長くメシが食えるでしょうか。

アナタの寿命を延ばすには、カメラに使われるのではなく、「カメラを使いこなす基礎技術と確固たる個性」しかありません。そこに、「体力と人見知りしない性格」が加われば、どこかに「見ている人」がいるものです。

映像業界に限らず、才能ある若いスタッフを育てることができる「見ている人」は、どの企業にも求められる人材です。

「企業を率いる偉い方々は、それを実践したから偉くなった」んですよネ。

爺の場合

爺は、「技術は良き先輩に教えを受け、プロデュースは良きクライアントに育てられた」と、心から思っています。仕事を発注するクライアントの担当者は、「スタッフの能力をきちんと把握して、良質の映像を制作させる」立場です。

失敗すると社内評価に跳ね返って来ますから、担当者の地位が上がる(少なくとも下がらない)ように、映像制作を成功させることも爺の重要な役目でした。

「現場が最高の営業」とは、クライアントでありながら、同じ博覧会プロジェクトを仕上げた「戦友」の言葉。

ある科学館の館長、「作る人が直接営業に来るんですね」。

ある財団の発注責任者、「社印を押した白紙の見積書を持って来て」。

爺の現役時代の発注者は、映像に限らず「この業者なら、期限と予算を守り品質の良い納品物ができる」ことが判っていました。

現在は必ず「発注者が決めたランクを満たした業者が入札」を行い、競争させなければ発注できない仕組みになってますが、爺が見ても「実力の無い業者が安い入札価格で落札する弊害」があります。

白紙の見積書を提出することなど、今では御法度ですが、信頼が成り立つ大らかな良き時代でした。

そんな懐かしい方々は、既に引退され、亡くなられた先輩もいます。

ここまで信頼されれば映像屋冥利に尽きますし、「最高の映像を創らなければならない」のは当たり前。

これら「座右の銘」を頂いた方々はクライアントではなく、爺を「見ている人」でした。

「上手に人を使いこなす、上手に人に使われる」ことは、発注者、受注者、観客に喜ばれる、「三方良し」の結果を産みます。

今は辛くとも、辞めなければきっと良いことがある。

人生の恩返しに、爺は寿命が尽きるまで「見ている」ぞ。


WRITER PROFILE

荒木泰晴 東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。


[ Writer : 荒木泰晴 ]
[ DATE : 2020-01-14 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[爺の嫌がらせ]Vol.10 SIGMA fpを4K動画撮影で使用する

txt:荒木泰晴 構成:編集部 カメラメーカーと電器メーカー SIGMA fpのシネ仕様機を組み上げて実用テストを始めると、他のメーカーのDSLRやミラーレス機と比べて... 続きを読む

[爺の嫌がらせ]Vol.09 掟破りのカメラ改造。SIGMA fpを女性と年寄に優しいフルサイズシネ専用機に変える

txt:荒木泰晴 構成:編集部 発端 2019年秋、シグマから小型軽量のフルサイズデジタルカメラ「fp」が発売された。 山木和人社長の製品発表プレゼンテーションでは、... 続きを読む

[爺の嫌がらせ]Vol.07 適切なレンズフード選びを理解して、フレアやゴーストを対策せよ

txt:荒木泰晴 構成:編集部 はじめに 三脚、露出計、機材の保存、フィルターと「いやがらせ」を書いて来ましたが、今回は「レンズフード」です。「つまんないことを書くな」とい... 続きを読む

[爺の嫌がらせ]Vol.06 フィルターは一長一短。最適な1枚を選べ

txt:荒木泰晴 構成:編集部 はじめに 現代のデジタル動画カメラは高感度化が著しく、基準ISO感度ISO800はフツーで、ISO2000の機種もあるようです。 ... 続きを読む

[爺の嫌がらせ]Vol.05 カメラとレンズをカビやサビから守れ

txt:荒木泰晴 構成:編集部 機材が増えて、収集つかない状態に はじめに さてお立合い、諸先輩、ご同輩の皆様。映像業界にいれば、齢を重ねるに従って、カメラ、レンズ、... 続きを読む

WRITER PROFILE

荒木泰晴 東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 荒木泰晴 > [爺の嫌がらせ]Vol.08 人の寿命、機材の寿命