PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 染瀬直人 > [染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.05 コンシューマー向け8K VRカメラ〜KANDAO QooCam 8Kのポテンシャル

News

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.05 コンシューマー向け8K VRカメラ〜KANDAO QooCam 8Kのポテンシャル

2020-03-03 掲載

txt:染瀬直人 構成:編集部

世界初の“ポケットに入る8K 360°VRカメラ”が登場!

2019年11月に製品が発表され、年末からシッピングが開始されたQooCam 8Kは、「Beyond the Max」というキャッチフレーズの名の下に中国・深圳のKandao Technologyからリリースされた、注目の360°VRカメラの新製品だ。筆者は北京で行われた発表会に招待され、そこで初めてプロトタイプ機に触れることが出来た。

その後、テストユニットであるα版、β版を経て、製品版に至るまで、3バージョンを試用してきたが、2月中旬の原稿執筆時点では当初、発表されたすべての機能が実装されているわけではなく、Vlogモードなどは今後追加されていく予定となっている。

発売後も異例のペースでカメラ本体のファームのバージョンアップ、そして、アプリのアップデートが行われているが、この記事では現在、実現されている基本的な機能を中心に、QooCam 8Kのファーストインプレッションをお届けすると共に、このVRカメラのポテンシャルについて考えてみる。

北京での発表会の模様。KANDAOのCEOのDan Chen氏と筆者

8K動画性能のポテンシャルと驚きの価格設定

筆者がチェックしてきたテストユニットと、一番手前が開封直後の製品版のQooCam 8K

初代QooCamは2018年に発売され、360°と3D180°の実写VR撮影が1台でまかなえるという画期的な製品であった。それに対して、今回の新製品QooCam 8Kは、180°撮影の機能はないものの、コンシューマー製品として、コンパクトな筐体を保ちつつ、8Kの高解像度を達成していることから、VR業界関係者のみならず、多くのビデオグラファーや写真家からも注目を集めている。そもそもVRコンテンツでは、鑑賞者が映像や画像の全体の一部分を任意に視聴するという性質上、高解像度が要求されるのが常だ。

これまでは、コンシューマー機では6K程度の動画性能が主流で、8K以上ともなれば必ずハイエンド機を使用する必要があった。KANDAOにはObsidianというプロシューマー向けシリーズがあるが、「R」モデルでは8K30fps、「S」モデルは6K50fps/4K120fpsが撮影出来るスペックとなっており、価格も発売当初は80万円程度であった。それが、QooCam 8Kでは、7680×3840 30fps8/10bit、3840×1920 120fps8/10bitの動画性能を実現しながら、価格が67,100円という驚くべき商品設定となっている(ただし、Odsidianは360°3D撮影も出来るなど、QooCam8Kと機能が全て同等というわけではない)。

QooCam 8Kの8KVR映像(7680×3840 30fps 10bit)。8Kの高解像度と10bitカラーの高精細で滑らかな色表現のアドバンテージは高い。ピントは近景に合うように設定されているようだ
QooCam 8K低照度の作例動画(7680×3840 30fps 10bit ISO800)

継承された先進のテクノロジーと更なる進化

本機は1/1.7インチ20メガ(2000万画素)のイメージセンサーを搭載。前モデルと比較して、有効センサー範囲は246%となっている。静止画は8K(7680×3840)29メガ(2900万画素) 12bitのRAW(DNG)を撮影することができる。

さらに「DNG8」と呼ばれる機能があり、バースト撮影から8枚のRAW画像を取得して、それをRAW+というKandao独自のパソコン用ソフトウェアを用いて、16bit出力の1つのRAWデータに合成することで、幅広いダイナミックレンジを稼ぎつつ、ノイズを低減させた低照度に強い静止画のイメージを作り出すことを可能にしている。近い将来、このプロセスは「スーパーHDR」機能として、カメラ内処理で行えるようになるという。

KANDAOのRAW画像編集ソフト「RAW+」。同社のQooCamやObsidianのみならず、他社製の多くの一眼レフカメラで撮影されたRAWデータにも対応する。

同一ポジションで撮影したJPGの撮って出し静止画像と、DNG8&RAW+による画像を比較した作例。後者では、ダイナミックレンジを広く取ることができ、暗部と明部のディティールが引き出されて、ノイズも低減している。RAW現像はAdobe Lightroom Classicによる

4K動画撮影の場合には、120fpsで撮影出来るので、高速で動く被写体の描写にも有利だ。さらに、パソコン用のQooCam Studioで「AI SlowMotion」の機能を利用した場合、元の4K 120fpsのフッテージから、機械学習のアルゴリズムでフレームを補完することにより、最大10倍(4K 1200fps相当)のスーパースローモーションを実現できる。

「AI SlowMotion」は、対応するNVIDIAのグラフィックボードを搭載したパソコンにおいて可能となる。これらの機能は、Obsidianや初代QooCamで培われた技術が、QooCam 8Kへと引き継がれた形になっている。

QooCam StudioのインターフェースとAI Slow Motionの設定
QooCam 8K 4K 120fps AI SlowMotion x10。AI Slow Motionを利用してx10のスーパースローモーションにした 動画を書き出せるフォーマットは、mp4(h264)、mp4(h265)、mov(ProRes)となっている

ジンバルいらずのスタビライズ性能をもつ「Super Steady」

もう1つ見逃せないポイントとしては、6軸のジャイロと加速度センサーによる強力な手ぶれ低減機能がある。手ぶれ補正というと、同じく深圳のVRカメラメーカーであるInsta360(Arashi Vision)の「Flowstate」が有名であるが、筆者はKANDAOの手ぶれ補整の実力も同等レベルと捉えている。手持ちの移動撮影や、ドローンによる撮影などに強い見方となるであろう。

2種類ある手ぶれ補正機能の比較映像
・None:補正なし
・Anti-Shake:カメラが動いている場合は、画面も一緒に動く
・Full Stabilization:カメラが動いても、画面は動かずに方向も固定される

トレンドのタッチスクリーンを採用したインターフェース

レンズの配置はコンシューマー機では、もはや定番のデュアルフィッシュアイが、フロントとリアで背中合わせに配置されている。フロントのレンズの下には、右から電源ボタン、中央がシャッターボタン、左には使用する頻度が高い設定をカスタムセッティングしてプリセットとして保存し、利用することが可能なQボタンが配置されている。

インターフェースは、2.4インチのタッチスクリーンを採用。スマホなどデバイスに接続しなくても、カメラ単体で設定や操作、プレビューを行うことができる。スワイプすることで、プレビュー中に上下左右の360°の方向を表示可能。パネルの解像度は320×240となっている。タッチスクリーンはPie Softwear(現Lab pano)の「Pilot Era」というVRカメラでいち早く実装されたが、最近ではGoPro MaxやInsta360 ONE Rなどにも見られるように、コンシューマー用VRカメラのトレンドのインターフェースとなっている。

タッチスクリーンを指でスワイプすると、360°内の方向を変更して表示できる 画面を上から下にスワイプすると、「設定」画面が現れる 画面を右から左にスワイプすると、「撮影モード」を変更する画面が表示される 画面を下から上にスワイプすると、現在の撮影モードのパラメーターが現れる 画面を左から右にスワイプすると、撮影済みの静止画と動画を再生できる 右から電源ボタン、中央が大きなシャッターボタン、左のQボタンは保存しておいた常用の設定を呼び出すことができるので便利だ

拡張性の魅力

空間音声は実装されていないが、側面には3.5mmのマイクポートが設置されているので、外部マイクを接続して使用することができる。今後、Vlogモードが追加対応された際にも、拡張マイクを活用した収録は効果を発揮するだろう。内臓ストレージの容量は64GB、その他にマイクロSDカードのスロットも用意されているから、さらに最大256GBのストレージが追加可能になる計算だ。高解像度の動画撮影でデータが大容量になっても、安心な仕様になっている。

バッテリーは、はめ殺しで内蔵されていて、メーカー発表の当初のスペックでは動画撮影を45分程度継続できることになっていたが、その後のアップデートによる機能強化もあり、筆者がFirmware V73をテストしたところでは、8K 30fpsで1時間30分程度撮影できた(マイクロSDカードを利用して、ストレージの容量が64GB以上あった場合)。

8Kの撮影においては、発熱が懸念されるが、カメラ側面には放熱口が設けられ、さらにファンも内蔵されている。ファンは動画収録中は、デフォルトではオフになる仕様だ。熱については、筆者が撮影している限り、それなりの熱さにはなるものの、持てないほどではなかった。ただし、撮影を1時間継続した頃には、ファンを”Always”にしておいても、かなり熱くなってくる。北京の発表会では、手で保持する際に熱を遮断するためのボディ周囲に嵌めるプロテクターが展示されていたが、発売は後日になるようだ。

本体の側面に設置されたスピーカー(上)と、USB Type-Cの接続口(真ん中)、3.5mmのマイクポート(下)と、放熱口(右) 本体の側面に設置された放熱口と、マイクロSDカードスロット。UHS-3マイクロSDカードが推奨されている

モバイルデバイスとの接続と、QooCam Appの利用

スマホとの通信は、WiFi2.4/5Gで行うことができる。スマホやタブレットなどモバイルデバイスと有線で接続するための各種USBケーブルが同梱されているのも良い。ただし、アップルにはUSBケーブルによる接続の認証を申請中とのことで、まだiOSへの有線接続は不可となっている。

QooCam Appでは、360°の静止画や動画編集はもちろん、「スクショ動画」として、好きなアングルを切り出して、フラットなビデオクリップで書き出すこともできる。スマホと有線・無線で接続している場合、アプリの設定「8K急速編集」を有効にすると、プロキシファイルをダウンロードして編集でき、スマホの処理の負荷を減らせるようになる。

ただし、スマホからの書き出しは、デバイスのスペックの限界から現状最大4Kまでだ。QooCam App「Smart Crip」の中には様々な動画用テンプレートが用意されているので、面白いエフェクトを用いて、手軽に洒落たフッテージを制作し、SNSなどで披露するといった目的にも利用できる。

スマホのQooCam Appの動画撮影時の画面 「8K急速編集」を有効にし、プロキシファイルをダウンロードして、スマホで編集を行うことができる QooCam Appの”Smart Crip”には様々なユニークな動画用テンプレートがチュートリアルと共に用意されている

まとめ

前述したように、QooCam 8Kには、当初発表されていたVlogモードなどの、まだ実現していない機能がいくつかある。また筆者が最初に試していたテストユニットでは、レンズが製品版と異なり、ステッチやブレンドの精度にも難があった。製品版はレンズが品質の高いものに変更され、その後、度重なるファームウェアのアップデートもあり、現在はそれらの性能は改善してきている。

VR動画撮影では音楽のライブ撮影に代表されるように、カメラが邪魔になる場面も多々あることから、この小さな筐体で8KのVR動画撮影を実現できるポテンシャルは高いし、その他にもQooCam 8Kでなければ撮れないテーマがあるはずだ。その意味では、このカメラが登場したメリットは大きい。

まだ一部、動作が不安定な面もあり、バグを修正しながらのアップデートも引き続き予想されるので、ユーザーにはファームアップの情報にも注意しながら、パイオニア精神を持ってこのカメラと向き合っていく姿勢が望まれる。ちなみに、Vlogモードは、4月頃に。カメラ内SuperHDRの機能は、3月の下旬にリリースされるロードマップとなっている。

原稿執筆の締め切り直前の3月1日のFirmware v79のアップデートでは、待望の4Kライブ機能が実装された。メーカーからの公式のアナウンスはまだないが、AndroidのQooCam APP 2.8.1では対応済み、iOSのアプリのアップデートは承認申請中の模様である。

出荷されたセットには、収納カバーや、プレビュー用にスマホも設置できる自撮り棒が同梱されているが、今後は別途、レンズ保護カバー、潜水用のハウジングなど、各種アクセサリーも発売予定とのことだ。

今後発売が予定されているアクセサリーのラインナップ

また、5Gに対応し8K VRライブ配信を実現。Google Street View Ready Pro仕様として、内臓GPSを実装したプロ用モデル「QooCam 8K Enterprise」の発売も予定されているが、現時点では発売時期や価格は未定となっている。

プロ用モデル「QooCam 8K Enterprise」の発売時期や価格などは未定

現在、8K映像を再生する手段は限られているが、プラットフォームとしてはYouTubeはすでに対応しており、中国・深圳のSkyworth社から発売されている一体型ゴーグルのS1のように、ハードウェアデコーディングで8Kのフッテージをスムーズに再生できるデバイスも登場してきている。また8Kの元素材であれば、任意の画角をフラットなHDとして切り出して使用できるのも有用だ。もちろん、解像度が評価の基準のすべてではないが、これからのVR動画コンテンツには、8K以上の解像度が求められることは必須であるから、QooCam 8Kの更なるアップデートに注目していきたい。


WRITER PROFILE

染瀬直人 映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。


[ Writer : 染瀬直人 ]
[ DATE : 2020-03-03 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.04 Insta360のフラッグシップ「TITAN」発売!Insta360(Arashi Vision)の創業者JKを独占インタビュー

Insta360のフラグシップ機TITANと、深圳Arashi Visionの創始者JKことリュウ・ジンキン(Liu Jingkang)氏 シネマティッククオリティーを実... 続きを読む

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.03 360°キャプチャとアクションカメラの境界を超える~ Insta360 ONE X最新アップデートレビュー

Insta360 ONE X 2018年10月、中国・深圳のArashi Visionから、コンシューマー向けVRカメラのフラグシップ機「Insta360 ONE X」(以下... 続きを読む

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.02 プロ用VRカメラInsta360 Pro 2を発表したJKが、今、考えていること

深圳の若き経営者JKこと、Jingkang Liu氏 txt:染瀬直人 構成:編集部 JKこと、Jingkang Liu氏に深圳で独占インタビュー 8K 3Dや遠距離... 続きを読む

[染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.01 中国・深圳のShenzhen Arashi Visionで実機を最速体験レポート!

txt:染瀬直人 構成:編集部 Insta360 Proの進化 中国・深圳のスタートアップArashi Visionが、2017年夏にプロ向けVRカメラInsta360... 続きを読む

WRITER PROFILE

染瀬直人 映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 染瀬直人 > [染瀬直人のVRカメラ最前線]Vol.05 コンシューマー向け8K VRカメラ〜KANDAO QooCam 8Kのポテンシャル