PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 照山明
  6.  > 
  7. [OnGoing Re:View]Vol.75 35mm判換算120mm相当の大口径マイクロフォーサーズNOKTON 60mm F0.95をテストする
News

[OnGoing Re:View]Vol.75 35mm判換算120mm相当の大口径マイクロフォーサーズNOKTON 60mm F0.95をテストする

#OnGoing Re:View

2020-03-24 掲載

txt:照山明 構成:編集部

F0.95という明るさを実現したフォクトレンダーNOKTONシリーズ

自分はパナソニックLUMIX GH2から始まって、AG-AF105、GH4、BMPCC、BMMCC、GY-LS300、GH5と、業務の中心は常にマイクロフォーサーズ(以下:MFT)マウントのカメラを使ってきた。最近ではBMPCC4Kも導入し、自他ともに認める強烈なMFTフリークである。

理由はことあるごとに伝えてきたが2つある。1つはレンズを含むシステム全体がコンパクトになること、もう1つは従来のビデオスタイルと大判センサースタイルの、どちらにも振れる絶妙なセンサーサイズ、という部分だ。

一方で、「MFTは暗い、ボケない」という意見が当時からあった。作品性をより重視するクリエイターは、最低でもAPS-Cやスーパー35以上、できればフルサイズセンサーを使用したい、という想いもあったかもしれない。

そこに一石を投じたのが、フォクトレンダーNOKTON(MFT)シリーズだと思っている。F0.95という驚異的な明るさと、センサーサイズに依存しない強烈な「ボケ味」を実現。コシナから第一弾として投入された25mm F0.95は、またたく間にMFTファンの間で話題になり、自分も即購入に至り、今でもメインレンズとして使い続けている。大げさかもしれないが、NOKTON 25mm F0.95はおそらく自分の人生で一番使っているレンズだと思う。

その後、10.5mm、17.5mm、42.5mmも加わり、F0.95シリーズとしては全4本のラインナップに至った。特に後続の3本に関しては、動画需要に応じて、絞りリングがクリックレスに変更できる機構が備わり、のちに25mmもType IIとして、クリックレスにできるモデルが発売された(残念ながら自分の25mmは初期型のクリックありのType I)。

いわずもがな、自分はこの4本をすべて揃えている。特に作品性を重視される案件の場合、ズームレンズは極力使わず、ほぼこの4本で現場を回すことが多い。その中でも一番使うレンズは、25mmと42.5mmだ。35mm換算で言えば、50mmと85mmという、標準、中望遠と定番の焦点距離に相当する。自分の場合は企業案件のインタビュー中心の取材が多いが、人物をシュートするときには42.5mm、その他のインサート撮影(最近ではBロールという言い方が流行り?)では25mmを使うことがほとんど。10.5mmや17.5mmは出番こそ少ないものの、Webシネマ系の案件では必ず使うし、特に暗いところで画角を稼ぎたい時にも重宝している。

しかしこの4本で使いまわしているうちに不満も出てきた。特にフード系を撮影している時など、もう一歩寄りたい場面があっても、42.5mm以降のラインナップがないこと。そこで、自分は42.5mm以降の単焦点としてOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8を使ってきた。

このレンズも大変良いレンズなのだが、NOKTONシリーズが手に馴染んでいる自分にとって2つの部分で難を抱えていた。1つはフォーカスリングの動き、もう一つは最大撮影倍率が0.1倍(35mm判換算 0.2倍相当)と、あまり寄れない部分だ。

右側がOLYMPUS 75mm F1.8

前談が長くなってしまったが、そんな折にコシナから待望のNOKTON 60mm F0.95が発表された。今回運良く発売前に触れる機会をいただけたので、今回はファーストインプレッションと、いくつか気になった部分をレポートしたいと思う。なお、お借りしたレンズは試作版のため、最終製品版では違う部分が出てくると思われる。その点だけご了承いただきたい。

仕様表に見たインプレッション

実は発表同日にリリースされた仕様表をすかさず見に行ったのだが、中でも気になっていたのがレンズ径。GH5などのDSLRの場合、明るいレンズを使う際はレンズ前玉のフィルターワークが必須になるが、自分の場合、MFTは概ね58mm径で統一していた。LUMIXのズームレンズを始め、NOKTONの17.5mmや42.5mm、OLYMPUSの75mm F1.8は共通して58mm径。仕様頻度が高いNOKTON25mmは52mm径だが、ステップアップリングで58mmに揃えてある。径が58mmだと、レンズやフィルター含めカメラ周りはかなりコンパクトに収まる。

ところが仕様表を見ていて、ハっとした。77mm?これはフルサイズ機対応レンズ並みの大きさ。自分の想像力が欠けていたのは、60mm以上でF0.95を実現するには、どれほどのレンズ口径になるのか?という部分。それを度外視して、「どうして67.5mmを出さなかったのだろう?」などと能天気に考えていた。35mm換算で考えれば、85mmからのステップは一般的には135mmとなり、レンズ交換時もっとも使い慣れた画角・パースのステップになるからだ。

ファーストインプレッション

届いた箱を持った瞬間にズシリと重さを感じたが、箱から出してみた60mmの印象は、いよいよ「降臨した」かのような異様な重厚感に包まれていた。60mmでF0.95という驚異の明るさを実現するためには、こうなるのか!という単純な驚きがあった。印象としては、35mmフルサイズ対応のツァイスプラナー85mm T1.4を一回り大きくした感じだ。

重量も860gと結構な重さ。正直に言えばMFTの利点の一つである「コンパクト」を逸脱した部分は否めない。これを周知でメーカーが踏み込んだとしたら、やはりMFTのカメラはコンパクトだけが利点ではなく、それ以上のニーズがあったが故の答えだろう。

左がツァイスプラナー85mm T1.4。それより一回り大きい?

もっとも考えてみれば、昨今ではBMPCC4Kなど、大型のシネマカメラに負けずとも劣らずの本格的な画を吐き出すシネマカメラも登場している。そんな中でNOKTONシリーズをシネマレンズとして揃えているクリエイターは(自分含め)少なくない。色味や画風含め統一感が保たれた中での、もっとも明るい中望遠ラインナップはある意味待望であった。

BMPCC4Kとの組み合わせでは、それほど大きく感じない

NOKTONシリーズでかなり気に入っていた部分の1つにフォーカスリングの動きがあったが、今回は試作版ということで、残念ながら従来のパフォーマンスをまだ十分に発揮できていない様子。最終製品版では、これまでのラインナップに比べ遜色ない動きまで調整する予定とのことで、今回はこの部分のレポートは遠慮させていただいた。ただ、これだけ大きな前玉というのを考えれば、フォーカスリングも従来のシリーズの中では多少動きも重くなるかもしれない。

特徴あるボケ味と絞り形状

圧倒的に明るいということは、開放付近ではとろけるような浅い深度で撮れる、ということ。しかも60mm、35mm換算で120mm相当の中望遠ともなれば、開放付近で背景はボケボケだ。もう「MFTはボケない」とは言わせない。

60mm F0.95開放+BMPCC4K 1/100 ISO1250

一方でNOKTONシリーズで個人的に若干残念なのが、絞ると光源の形が多角形にカクカクしてしまう部分。自分の場合、実際の現場ではある程度の画質を担保するため、絞りはF1.4をリミットとし開放で撮影する時はかなり限定的だ。F1.4でも十分なボケ足をかせげるが背景に映り込んだ光源は真円から多角形へ。

今回の60mmも同じ仕様で、これは絞り羽を絞った際の形状(絞りは10枚羽)が、すべてのラインナップで意図して設計されているからだろう。

対してOLYMPUSの75mm F1.8は絞った際も比較的綺麗な真円で描かれている(絞っていく段階で微妙にカクついてはくる)。

またNOKTON60mm F0.95は周辺光源のボケ形状はレモン型に潰れてくる。大口径ゆえの特徴と思われる。対してOLYMPUSの75mm F1.8は周辺の光源もさほどレモン型に潰れることはない。ここは好みが分かれる部分だ。

共に絞り開放での比較

ただし、ボケ味はなにも光源の形状だけでは語れない。浅い深度で撮影した際のトータルな雰囲気こそ重要だ。自分がNOKTONを使う理由の一つに、やはりこのレンズ独特の「空気感」がある。上手くは語れないが、例えば飲食店でフード系を撮影する際はイメージにビタっとハマることが多いので、自分はNOKTONを持って行くことが多い。

最大撮影倍率

NOKTONシリーズは被写界深度ばかりに目が行きがちだが、最大撮影倍率が大きいのも特徴だ。つまり寄れるということ。NOKTON42.5mmの次のステップとしてOLYMPUSの75mm F1.8を使ってきたと話したが、特にフード系のシズルを撮影したい、といった場面では、あまり寄れないので困っていた。対象物から84cmまで離さないと撮影できないので、結局NOKTONの42.5mmで近くに寄って撮影するのとそれほど変わらない結果になっていた(もちろんパースは変わる)。

今回の60mm F0.95では最大撮影倍率は0.25倍(35mm判換算0.5倍)になり、30cm近くまで寄れる。個人的にはこの部分が大きかった。

NOKTON60mm F0.95+BMPCC4K

広いイメージサークル

NOKTONシリーズのイメージサークルは実は広めに作られている。あくまでMFT向けに設計されているので、そこからはみ出た部分は品質保証外だが、実際スーパー35mmセンサー(以下:S35)をカバーするほどのイメージサークルが確保されている。

JVCケンウッドのGY-LS300はMFTマウントでS35センサーという唯一無二のシネマカメラだが、このカメラを使えば、MFTセンサー以上の領域にアクセスできる。OLYMPUS製の多くのレンズや、コシナNOKTONシリーズはセンサーをS35フルにしてもケラれないものが多く、場合によっては画角を余分に稼ぐことが可能だ。

MFT以上のセンサー領域にアクセス出来るGY-LS300のVSM機能

さっそく今回の60mm F0.95をGY-LS300に装着し、このカメラの特徴であるバリアブルスキャンマッピング(VSM)を使って、イメージサークルをMFTからS35まで広げてみる。他のラインナップと比べて周辺減光も少なめでS35フルでも場面によっては問題なく使える印象だ。

絞り開放付近ではさすがに少しビネットが乗り周辺の画質も甘いが、ポートレート等ではさほど気にならないし、F8程度まで絞ればビネットもほぼなくなり周辺までスッキリと解像した。

内側の四角が本来のMFTセンサーの領域 左がMFTセンサー領域で、右がS35フル

シネマレンズ並みの回転角度

NOKTONシリーズはフォーカスリングの回転角が大きいというのも特徴の一つ。これにより微細なフォーカシングが可能だ。今回の60mmは特に回転角が大きくなっていた。通常のシネマレンズであれば、概ね200°前後のところ、NOKTON 60mm F0.95は実に300°近い。ほぼ一周してしまうのではないか?というくらい。

ただシネマレンズの場合は胴径が太いので、動作のストロークとしては概ね似ているのではないかと思う。マニュアルフォーカス時、通常のMFTレンズだと行ったり来たりを繰り返してしまうことが多い。特に近い焦点距離のOLYMPUSの75mm F1.8は、回したスピードでフォーカスの回転角が変わってしまう、いわゆるAF前提のフォーカスリング、動画感覚でのマニュアルフォーカスは至難の技だ。

NOKTONの場合はリングの絶対角度があるので、ぬるりと心地よいフォーカスリングの動きとあいまってピントは意図したところにビタっと決まるし、フォローフォーカスでA/B間の移動も確実に出来る(前述したが、今回は試作版ということでリングの滑らかな動きに関しては検証できなかったが、最終製品版で本来のパフォーマンスが出ると期待)。

A/B間での確実なフォーカス送りが可能

フォーカスリングの位置

NOKTONをMFTのシネマレンズとして捉えた場合、もう一つ細かい部分で注目したいのがフォーカスリングの位置。それぞれのラインナップでは微妙にばらつきがあるものの、概ねマウントから45mm前後に位置している。ギアを付けてシネマレンズ化し、フォローフォーカスで運用した際も、レンズ交換時に位置を大幅に調整することなくオペレートできる(ただし、ギアの取り付け位置は事前に微調整しておく)。

絞りはクリックレス

もちろん今回も絞りリングのクリックレスに対応している。全てのラインナップで共通しているが、絞りリングすぐ上にもう一つリングがあり、それを下にグっと押し込みながら絞りリングを一緒に180°回すと、クリックありからクリックなしに変更できる。フォーカスリングの幅広い回転角と滑らかな動き、統一感のあるフォーカスリングの位置と並んで、NOKTONシリーズをMFTのシネマレンズとして使う意味はここにある。

この突起のあるリングでクリックレスに切り替え可能

60mm F0.95の世界を体感

最後に60mm F0.95のポテンシャルを試すべく、あえてF0.95開放で夜の街を切り取ってみた。NOKTONの驚異的な明るさはこれまでのラインナップで体感済みだが、60mm、つまり35mm換算で120mmの画角はどんなものだろうか?実際のテストフッテージを見て、それを感じ取っていただければと思う。

カメラはデュアルネイティブISOを搭載したBMPCC4Kをチョイス。なお、街の光を印象的に見せるため、今回はTiffen BLACK PROMIST 1/4を装着した。正直なところ繁華街はNOKTONには明るすぎる。

一方で街灯がポツンポツンとしかないひっそりとした住宅街や、街の一角にある神社などを不思議なくらい明るく描き切る。これぞF0.95を実現させているNOKTON(Nokt=夜)の底力である。

総括

NOKTON 60mm F0.95はMFT用レンズ群の中でも最大級と言っていい。そういう意味ではコンパクトが売りのマイクロフォーサーズの利点を逸脱している感は否めない。一方でF0.95という驚異的な明るさは唯一無二だ。暗所に弱いと言われるMFTセンサーであってもレンズ側で明るさを担保できるし、最近ではGH5SやBMPCC4Kなど高感度に強いカメラも登場している。

NOKTONとの組み合わせであれば、フルサイズに匹敵する暗所性能を発揮できるだろう。開放近辺でのとろけるようなボケ味もNOKTONの特徴だ。これまで42.5mmが最長焦点距離だったが、今回60mmが加わったことでさらに表現の幅は広がるだろう。特に暗所で望遠が必要なシーンや、ポートレート、フード系の撮影で威力を発揮出来ると思う。

明るさだけではない。確実なフォーカシングが可能な回転角の広い滑らかなマニュアルリング、クリックレスの絞り、統一感あるフォーカスリング位置と、NOKTONはMFTのシネマレンズとしても利用価値がある。いっそのことステップアップリングで全てを77mm径に揃えてしまって、ギアリング化してシネマの現場で運用するのも悪くない。35mm換算で考えれば。21mmから120mmまでの、F0.95の全5ラインナップが運用できる。これでさらにNOKTON沼は深くなったようだ。

NOKTONシリーズ比較動画をまとめてみたので、参考にしてほしい

WRITER PROFILE

照山明 株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。


[ Writer : 照山明 ]
[ DATE : 2020-03-24 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.91 性能、価格、キャリブレーション内蔵が魅力~EIZOリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3146」

txt:大田徹也(株式会社デジタルエッグ) 構成:編集部 リファレンスモニターにハードウェアキャリブレーションを搭載 我々ポスプロにとってEIZO ColorEdg... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.90 「EOS R5」本日発売!!放熱問題など気になるポイントを試してみた!

txt:林和哉 構成:編集部 EOS R5がいよいよ発売日を迎えました。ファーストインプレッションに続き、今回は放熱問題など気になるポイントをレビューします! &#x... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.89 シネマトグラファーがみた「EOS R5」〜動画性能の実力はいかに?

txt:湯越慶太 機材協力:TFC Plus 構成:編集部 EOS R5使用レポート はじめまして。東北新社OND°でシネマトグラファーとして活動している湯越慶太です。... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.88 ファームウェアアップデートで動画撮影機能を搭載した「X1D II 50C」レビュー

txt:新田みのる 構成:編集部 初代X1Dの不満を解消したX1D IIが登場 デジカメ時代到来前から長年デザイン業界に身を置いている筆者だが、ハッセルブラッドとい... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.87 INOVATIVの撮影用組み立て式カート「Voyager EVO」レビュー

txt:千葉孝 写真撮影:三島史子 構成:編集部カメラを搭載するとこんな具合だ。一番小型のタイプでも想像以上に積載可能 Scout EVOの後継機種であるVoyager... 続きを読む

WRITER PROFILE

照山明 株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 照山明
  6.  > 
  7. [OnGoing Re:View]Vol.75 35mm判換算120mm相当の大口径マイクロフォーサーズNOKTON 60mm F0.95をテストする