PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 小林基己
  6.  > 
  7. [OnGoing Re:View]Vol.78 スーパー35mmクラスミラーレスの最高峰に成熟したFUJIFILM X-T4
News

[OnGoing Re:View]Vol.78 スーパー35mmクラスミラーレスの最高峰に成熟したFUJIFILM X-T4

#FUJIFILM #OnGoing Re:View

2020-04-13 掲載

txt:小林基己 構成:編集部

APS-Cの最高機種へ進化したX-T4

FUJIFILM X-T4を数日間お借りし、機体評価も兼ねて、いわゆるCinamatic Vlog的なものを撮ってみた。もともとX-T3を所有していて、ミュージックビデオなどの撮影ではX-T3を使うことも多い自分としては、このセンサーとF-Logはかなり評価している。

実はX-T3の段階で地味に凄かったのだが、ボディ内手振れ補正が付き、HD240fps(X-T3は120fpsまで)撮影ができて、バリアングル液晶モニターになり、バッテリーも強化されスペック的にも誰にも文句言わせないAPS-Cの最高機種へ進化した。このX-T3からX-T4への進化は動画撮影における恩恵はかなり大きいのでは?という期待のもと実機を迎え入れることになった。

ともかく、実際に仕上がった映像を見てほしい。花岡咲さん(ミシェルエンターテイメント)に協力してもらって、外出自粛が強まる前の三部咲きの桜を背景に撮影することができた。YouTubeに4Kでアップしているので、ぜひ、Chromeなどの4K対応ブラウザで見てほしい(240fpsのシーンはHDからのアップコンバートになる)。

この動画、「自分でもかなり気に入っている」と、堂々と言える仕上がりになった(笑)。天気に恵まれたこともあり、暗部からハイライトまで豊かな階調を見せるF-Logはグレーディングでかなり弄っても破綻せず、画質を気にして作りたい画を妥協するということもなくイメージを追及できた。今回は4K59.94p収録ということもあって最高画質からひとつ落としたH.265 Long GOP 200Mbpsで撮影している。

この4K59.94pもX-T3から実現しているので真新しさはないが、APS-Cクラス以上のカメラで4K59.94pを実現できているメーカーは富士フイルム、パナソニック、Blackmagic Designの3社だけ。29.97p収録までならALL-Intraで400Mbpsの収録ができる(ただ、実際にその差は合成用のグリーンバックや森林とかでもない限りわかりづらいと自分では思っている)。

Ronin-SC+XF23mmF1.4 Rをオートフォーカス開放値で撮影

ミラーレス一眼はボディの小ささ故にジンバルに乗せて気軽に撮影できるのが利点。今回はRonin-SCに載せて全てオートフォーカスに頼っての撮影になった。レンズはXF23mmF1.4 RとXF56mmF1.2 R、XF16-80mmF4 R OIS WRをお借りしていたので、まずは23mmで撮影を開始。

この組み合わせが実に良かった。4K59.94pで電子式手ぶれ補正も入れていたので1.29倍のクロップがかかっている。スーパー35mmの感覚で言うと30mmくらいか(フルサイズだと50mmくらい、自分にとってはフルサイズ換算よりも映画用フィルム標準の方が感覚的に馴染める)。Ronin-SCでも問題なくバランスが取れて、画角もちょうど良い。ほとんどf1.4の開放値での撮影だったのだが、オートフォーカスも頑張ってくれて肝心なところではシャキっと合わせてくれた。

Blackmagic Video Assistで画面表示ありの状態で収録したものを並べた映像があるので見てほしい。瞳AFを使用しているが、顔の向きや光によって瞳が追えなくなったときは通常のAFに自動的に移行させての撮影になる。

使用した画とディスプレイを出した画をリンクした映像

ムービー一眼で240fps撮影を実現

この映像は基本は4K59.94pで撮影し、編集時に23.98fpsに合わせて40%のスローをかけるという方法で使っているが、一部、準速で使ってるところと240fpsで撮影しているところがある。曲のサビの部分は大抵240fpsなのだが、違和感ないくらいに馴染んでいたとしたらカメラの開発者も本望だろう。なにしろムービー⼀眼で240fps撮影を実現しているのはX-T4のみだと記憶している(パナソニックDC-S1Hでも最⾼180fps)。

しかもセンタークロップなどされずに通常の画⾓のまま使えて、F-Logで⼿振れ補正もAFも同様に作動する。しかもセンタークロップなどされずに通常の画角のまま使えて、F-Logで手振れ補正もAFも同様に作動する。23.98pの10倍スローで撮影できることは大きくて、この10倍くらいからスーパースローと言える領域に突入する。

確かにダイナミックレンジや解像度は少し犠牲にしている気がするが、4Kの素材に混じっても問題なく使えるのはかなりのメリットだ。

オートフォーカスに関してはX-T3よりも良くなったという話だが、逆光はデビュー戦には酷だったかも知れない。順光の状況だと瞳認識も的確に作用してるが、逆光に関しては探り探りの感じだ。でも、自分がマニュアルで送るよりは上手いかな。これに関してはコンテュ二ティAFの「ねばり」と「すばやさ」をカスタマイズできるので、実際に使いながら掴んでいくしかない。

この反応はスタンバイ時とREC時では違うので撮影素材を見ながら掴んでいかなければならない。このムービーではボケているとこも雰囲気が良ければ使っているが、ボケているところから合うまでも含めてエモーショナルな映像になるかどうかは、このAFのカスタマイズが必要かな。

ワンカットまるまるOnScreenで出してみた。AFと会話しながら画角を作っていく感覚が必要だ

バリアングル液晶モニター採用で干渉せずに見やすい角度で構えられる

今回、全編でジンバルを使用している。このジンバルに載せているときにバリアングル式は効力を発揮してくれた。今までのチルトモニターだとロール制御のモーターの位置が干渉してしまい良い位置に収まらなかったり、邪魔して見え難くなるのだが、バリアングル式は横に張り出す分、干渉せずに見やすい角度で構えられた。しかもX-T3の液晶モニターの104万ドットから162万ドットと解像度も向上しているので、これってフォーカス来てるのかな?という不安から少し改善できた気はする。

ここでバリアングルの利点をもう一つ書くと、使っていない時に液晶モニターを内側にした状態でしまえることだろう。これは液晶モニター保護という視点ではかなり良い。閉じた状態はフィルムカメラを彷彿とさせるエンボス加工でX-Pro3を彷彿させて好感度も高い。

ただ、液晶モニターを横に出した撮影時のスタイルは、まだ慣れなくてあまり好きじゃない。あと、HDMIやUSBのケーブルを繋いだ時に干渉するので液晶モニターの角度も限られるというのが難点か。

次に試したのは56mm。ジンバルに載せるにはちょっとタイト過ぎたかなという印象だが、仕上がりの画は素晴らしく良い。顔のクローズアップと距離を取ったフルショットで使用しているが、開放f1.2の浅い深度で立体感のある画が撮れた。

夜の撮影で気付いたことだが、スーパー35mm換算70mmくらいの状況でもジンバルだけで三脚に載せたような画が撮れるのは、ボディ内手振れ補正との合わせ技だったからかもしれない(これはナイターのシーンで光源のゴーストが不規則な動きをするので⼿ぶれ補正がかなり抗⼒を発揮しているのに気付いた)。このムービーでも無意識に選んだラスト2カットは56mmで撮った画だった。

そしてチルトモニターではできないバリアングルの利点はなんといっても自撮りだ。23mmでも試したが、手を伸ばして顔を収めようとするなら16mmクラスが必要。今回は16-80mm f4.0の16mm域でやってみた。ただ、16mmでf4.0はフォーカスの深度が深く表現力が弱くなってしまう。ただ、自撮りできる画角から中望遠まで一気にいけて、浅い深度を必要としないVlogerにとってはこのレンズはベストチョイスになるだろう。

自分的なオススメは、クロップされない4K29.97pとかにしてXF18mm f2.0あたりのコンパクトなレンズとの組み合わせで瞳認識AFを使えば、品質も維持した最強の自撮りカメラになると思う(写真は横着してジンバルのまま撮ってしまったが、手振れ補正があればグリップを持つか通常のハンドルでも問題ないだろう)。

ナイトシーンをISO640~2500で撮影

この映像でもナイトシーンが登場するが、ISO640~2500くらいまでを使用している(もうちょっと高感度まで使うべきだったんだろうけど、単玉で開放使いだとそれでも明る過ぎてNDを使用するくらいだった)。ISO2500くらいまでなら特にノイズが気になることはないが、暗部の多い画は感度に関係なく多少ノイジーに見える。昼のシーンとの兼ね合いで空間ノイズリダクションをかけたが、シルエット目の2カットだけはノイズリダクションなしの状態なので気になる人は4Kで見て欲しい。

吹雪の中を走るバイクを手持ちオートフォーカス、240fpsで撮影

ちょうどカメラの返却が東京に大雪が降った日だった。パッケージングする前に家の前に持ち出して自分が所有しているXF55-200mm f3.5-4.8 OISを付けて手持ちで撮影してみた。雪が吹きすさぶ中バイクがこちらに向かって来るのを手持ちのオートフォーカスで240fpsで撮影したが、これが一番、このカメラの醍醐味が味わえる映像になった。これは明らかにX-T3では撮ることができない映像だ。レンズとボディ併せての手振れ補正の安定感と雪の中のオートフォーカスの精度、10倍のハイスピード。X-T4だからこそ撮影できた映像が撮れた。

このとき初めて気付いたのは、手ぶれ補正が付いているレンズを装着した時はメニューの中にあるIBIS/OISのオフの項目がなくなるのだ。これは富士フイルムのカメラでよくあることだが、ダイヤルやスイッチで操作できるものはメニュー側で操作しないという配慮からきたものだろう。一瞬ドキッとしたがレンズの横のOISを切ったらオフになった。つまり、レンズのOISを入れてIBIS(ボディ内手ぶれ補正)をオンにすることはできないのだ。その逆もしかり。必ず連動して作動する。

今回のバージョンアップで大きな売りとなっているこの手振れ補正。ボディ内手振れ補正とレンズ内蔵手ぶれ補正に加えて電子式補正も備わっている。これに関してはどれだけ言葉で説明するより映像を見てもらう方が早い。X-T3とX-T4を横に並べて敢えてブレの多い映像を撮ってみたので、それを見て自身で判断して欲しい。

X-T4は55-200mmOISを、X-T3は16-55mmで55mmにした状態でテストした

そして最後に、今回X-T4と一緒にMKX18-55mmT2.9も借りることができた。かなり気になっていたレンズだが今まで使う機会に恵まれなかったので、このタイミングで試せるのは良かった。このレンズを付けて液晶モニターを被写体側に回すことは少ないと思うが、X-T4らしさのためにこんなスタイルで撮ってしまった。

Xマウントのレンズとしては大きく感じるかも知れないが、シネレンズとしては、かなりコンパクトな部類に入る。いつも使っているのがXF16-55mm f2.8なので、画⾓やフォーカス深度は感覚的に近い。レンズの描写力としてもXF16-55は素晴らしいレンズだ。そのXF16-55は実質12万円弱で買えるのに、MKX18-55は50万円以上してしまう。それはシネレンズゆえに求められるシビアさにあると思う。

XF16-55はズームを動かすと、マニュアルフォーカスにしていてもその都度、自動で合わせてしまったり、フォーカスリングの位置が同じでもピントの位置がズレたりすることがある。それは写真においては問題視されることは少ないが、ムービーに於いては使いづらさに通じる。MKXはフォーカスを送っても画角が変わらない。ズームしても中心軸がブレない。フォーカス、ズーム、アイリス、全てにおいて精緻で滑らか、そういった点においてMKX18-55mmは明らかにシネレンズだ。価格のことだけでいうと同じFUJINONでもARRI Alura Zoomsレンズにいたっては350万以上するんで、それに比べればかなりお得感あるのだが…。

とにかくドラマを撮ることにおいては手振れ補正やオートフォーカスに頼らず、確実に同じ動きをトレースできることが重要になってくるので、X-T4とMKX16-55と50-135の二本があれば、これで映画が撮れるという野望を抱かせるレンズだ。

コントラストが高く暗部にブルーが乗るETERNAブリーチバイパスを新搭載

そしてそのレンズでX-T4になってフィルムシミュレーションに新たに加わったETERNAブリーチバイパスを使ってみた。ブリーチバイパス、いわゆる銀残しというやつだ。映画でいうと「セブン」や「マイノリティ・リポート」ほか多くの作品でみられる。

このブリーチバイパス、現像処理のひとつで文字通り、漂泊作業(最期にフィルムに残っている銀塩を落とす作業)をやらずに洗浄に回す現像方法で、コントラストが高く暗部にブルーが乗る傾向がある。フィルムの時代はこれをやると洗浄タンクを交換しなければならず、現像の最期の回にまわされ、オプション料金も必要という贅沢な処理だった。それがカーソル一個で選択することができるなんて!

ネットでも調べてみたら出てくる出てくる。いろいろなフィルムシミュレーションからカスタム設定することでオリジナルの銀残し調のルックを作っている人が少なからずいた。今まで良いと思っていたETERNAのルックもブリーチバイパス見た後だと物足りなく感じてしまう。ただの明治通りが「実録!明治通り!」という感じになる。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/04/ong00_T-X4kobaya_15-image12-1.jpeg ※画像をクリックすると拡大します https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/04/ong00_T-X4kobaya_16-image14-1.jpeg ※画像をクリックすると拡大します https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/04/ong00_T-X4kobaya_14-image13-1.jpeg ※画像をクリックすると拡大します

しかし、ムービーで使用するとなると後で調整する幅がなくなる分、不安は感じる。たぶん最終仕上がりがこれ!って決められるんだったらF-Logから処理するより綺麗なんだろうが、仕上げにカラコレの時間がとれない時などは効力を発揮するだろう。

現在、富士フイルムから出ているLUTはETERNAのみだが、今後ETERNAブリーチバイパスのリリース予定もあるという。欲を言えば、PROVIA、Velviaなども出してほしい。有料でも買うと思う。

あと、バッテリー容量が変わったことが大きな違いだ。今回テストで借りたカメラに付いてきたバッテリーは1本と、かなり心細かった。X-T3用のバッテリーは6本持っているが、これを併用することはできない。明らかに形状も大型化している。そして容量も約1.5倍持つようになったという話も聞いている。

とりあえず、15時半くらいに撮影を初めて4K60pとHD240pで全て手ぶれ補正あり、オートフォーカスというバッテリーに負担がかかる撮影をしていたが、日没の18時くらいまで撮影してどうにか1本で足りた。その後はモバイルバッテリーで給電しながらの撮影で切り抜けたが、朝から晩までの撮影だとしたら4本くらい欲しいところだ。でも、明らかに今までに比べると持つようになったという実感はあった。

そして、シャッタースピードダイヤルのところにSTILLとMOVIEの切り替えボタンが付いたことからもムービーに力を入れていることが分かる。クイックメニューも静止画と動画で出てくる項目が違って、これは助かる部分も多い。

結論としてFUJIFILM X-T4は買いかどうかというと、自分がX-T3を持っていなかったら絶対買いだ。これだけのポテンシャルをこの価格で実現してしまうことに驚く。ただ、今のX-T3を売ってT4に乗り換えるかというと、そうはしないと思う。X-T4の機能は、240fpsを除いてはユーザーが頑張れば良い話だから。手振れ補正も、バリアングルも、バッテリーの高寿命化も、ブリーチバイパス(これはカラコレで頑張る)も…あぁ、こんなこと書いてたら、自分が痩せ我慢してるような気になってきた。

あ、全然痩せてないけど…。

小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。その他にCM、映画、ドラマと幅広く活躍。noteで不定期にコラム掲載。映像に興味を持つ人のための技術共有と交流のオンラインコミニュティ「MKシネマコミュニティ」を開設した。

WRITER PROFILE

小林基己 MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。


[ Writer : 小林基己 ]
[ DATE : 2020-04-13 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.111 小型ジンバルカメラ「DJI Pocket 2」をENG現場で使う

txt:宏哉 構成:編集部 ENG現場でDJI Pocket 2使ってみた 今年の10月中旬は、DJIの新ジンバルリリースラッシュだ。 市場の電動ジンバルのラインナッ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.110 ニコンの新型ミラーレス「Z 6II」進化したハイブリッドミラーレスの実力は?

txt:小島真也 構成:編集部 堅実な進化を遂げた「Z 6II」 映像系の記事が多いPRONEWSなのだが、今回はいつもとは違い写真家の立場からレビューしてみたい。... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.109 パナソニックからボックススタイル採用のミラーレス一眼「LUMIX DC-BGH1」登場

txt:照山明 構成:編集部 モニター、ファインダーのないキューブタイプのモジュール型カメラ登場 最近S5を購入し、いよいよLUMIXもフルサイズ領域に乗りだした自分で... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.108 測距輝度範囲EV-5とiTR AF Xによる顔認識AF「EOS R6」でナイトシーン撮影が変わる

txt:竹本宗一郎(ZERO CORPORATION) 構成:編集部 ナイトカメラマンからみたEOS R6の魅力 この夏から秋にかけて、次々と発表されたフルサイズミラー... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.107 全域一定F値を実現したスーパー35mm対応シネマズーム「Laowa OOOM 25-100 T2.9 Cine」登場

txt:伊藤格 構成:編集部 25-100mm T2.9の領域をズーム1本で実現 Laowa OOOM 25-100mm T2.9は、中国レンズメーカーVenus Op... 続きを読む

WRITER PROFILE

小林基己 MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 小林基己
  6.  > 
  7. [OnGoing Re:View]Vol.78 スーパー35mmクラスミラーレスの最高峰に成熟したFUJIFILM X-T4