PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.87 電動3軸ジンバル「Libec TH-G3」の強み〜日本製の真価をここに見た!

News

[岡英史のNewFinder]Vol.87 電動3軸ジンバル「Libec TH-G3」の強み〜日本製の真価をここに見た!

2020-05-26 掲載

txt:岡英史 構成:編集部

Multi Action Gimbal

電動3軸ジンバル「Libec TH-G3」

開封し、充電が終わったバッテリーを入れてスイッチオン。専用アプリで基本セット終わってポジションからの第一歩で感じたのは「人間に優しい」と言う事。もう少し言葉を付けるなら「初めてジンバルを使う方のファーストジンバルならこれを持つべきだ」と。これがTH-G3の初見だった。

この時のカメラはLUMIX G9+LEICA 12mm/F1.4+DJI FOCUSこの重さでも全く問題ない

Libec発の電動ジンバル行き

昨年は完全に沈黙を守ってたLibec。社長も変わり新生・平和精機工業として動き出したのは昨年末のInrterBEEだった。そこにあったのは、モックながら小型カメラをしっかりとコントロールできるコンセプトの雲台とさらに一台、今はDJIの一人勝ちとも言える電動ジンバルの分野に果敢にもLibecは、飛び込んだのだ。

各々のスペックはRONIN SCよりペイロードも含めて上の機種をぶつけてきたのもさすが老舗Libecだ。前に「ウチはカメラを載せる物なら何でも作りたいんです」と耳にした記憶があるが当にその言葉通りの物が登場した。とはいえDJI RONIN-S/SCという強力なライバルがいる中にあえて投入したということは絶対の自信があるという表れだろう。

そして年が明け、世間を騒がす自粛ムードの中にデモ機をお借りすることが出来た(単純に発売時期と自粛モードが被っただけなのだが)。

アーム類の切削加工は流石だ。もちろんその強度も十分

InterBEEには筐体がシッカリと出来上がっていたがそこからのソフト(アプリ)開発と調整に時間を大きくかかったと聞いている。完全に電子制御でそれをコントロールする人間とのシンクロがこの手のガジェットの使いやすさを左右する。その辺も踏まえて非常に楽しみにしていた機材でもある。

よく言われるのは「岡さん、電動ジンバルって嫌いでしょ。良くディスってるよね?」と言われるが実はそんな事は全くない。確かにスタビライザー系の機材で好みはステディカムだが電動ジンバルが駄目だとは一言も言った覚えはない。

ただそれを扱う一部の人間にそのセッティング方法含めて「それは違う」と言った事はある。自身もRONIN-MやOsmo Pocketを所有し、現場でも使用している。Steadicam Voltが登場する前にステディカムとRONIN-Mを組み合わせたハイブリッド型のスタビライザーも運用していたくらいだ。

Made in JAPANの強み

Libecを知らない方はこの業界でいないと思うが、その加工精度の高さは、最高峰だ。有名な同業他社と比べても頭一つ抜きに出ているくらいの精度の良さだ。さすがの日本製品と職人のパワーだろう。

それをしっかり感じれるのは各部のロックの軽さだ。ホンの少しだけ力を加えるだけで3㎏錘がシッカリとロックされる。そのクリアランスも微妙でがたつきが感じられないくらいなのに微調整の動きは非常にスムーズだ。この辺は中華製のジンバルと比べると雲泥の差なのは陶然としてRONINシリーズと比べても最後の追い込み微調整は1mm以下の動きが慣れれば出来るくらいだ。

デザイン的には最近流行りのハイウィングタイプではなくオーソドックスなケージスタイルを取っている。デザインは今となっては古いがその分強度は高い。

バッテリーもLibecブランドではあるが専用バッテリーではなく、汎用18650系のリチウム電池4本で駆動させている。多分電圧と形状から汎用品でも代替として使うことが出来ると思うが性能ムラや保証がないので、業務用途としてはしっかりとメーカー推奨品を使いたいところだ。

さすがに最近はいなくなったが、この手のジンバルはバランス取りが非常に難しい。X・Y・Z軸全てを95%以上の精度でバランス取りをしなければコントロールして動かすことはもちろん、常にモーターに負荷が掛かってるので消費電力が大きくバッテリーにも影響する。

筆者が行っているのはまず、ベースプレートをカメラのセンターに均一に取り付けるところから始める。カメラの重心位置とベースプレートの中心は同じところに置くのはスタビライザーの基本だ。ジンバルのXY軸のアームの重心位置とカメラの重心位置があっていないとZ軸に負担が掛かり微妙なコントロールに無駄にトルクが掛かるのでここは手を抜いたらダメな場所だ。

とはいえ、本番でレンズ交換すればバランスも崩れる。ここのリセットアップは現場の空気感を切らないためにも15分以内で出来るようにバランス点を覚えたいところだ。ハードウェアが終わったらソフトのチューニング。これもシーンの動きによって変更したい。動きが早いところやゆっくりのところ、ジンバルを持って走り回ったり、さらに回り込んだりとセンサー部分をいかに使いこなすかがポイントだろう。

カメラマウントのプレートはAP-Xにも使われてるManfrotto互換品なので、同社の三脚や一脚、さらにはManfrottoやザハトラーの小型三脚を使ってる方なら、同じセッティングでTH-G3に装着可能だ。

ソフトウェアのセッティング

これは初期メーカー推奨のセットアップ、操作するオペレーターが初心者でも微妙な動きはセンサーに反応せず大まかに動く。これで慣れてきたらフォロー速度の数値を上げて行く。


推奨セットアップより更に感応速度を鈍足にした数値。全く撮影と言う物に慣れていない方に持たせる場合やリーアングルで走る等、グリップの動きによりも安定方向に振った数値だ。


ステディカム等のリニアな動きに慣れている方ならこのセットアップがお勧め。自分の狙った方向にズバッと決める事が出来る。ただしグリップに対してかなりリニアに動くので階段等は要注意。フォロー不感帯を2にするとさらにソリッドになるがその分コントロールがシビアになる。


前記したセットアップよりフォロー速度を10落とすだけでかなり動きは楽になる。RONINで慣れている方ならこのくらいからスタートしてもOKだと思う。


ジョイスティックの感度はシーンの動きの速度に併せると体感的に気持ちが良い。特に50mmレンズを境にガッリ感応速度を落とすと無駄に行きすぎたり、戻し過ぎることがなくなる。微妙な角度フォローはジンバルのグリップ角で対応すればOKだ。

メインのコントロールパネルは特に説明は要らないだろう。見て直感的に操れるがメインのコントロールが左側になるので右利きやRC系に慣れている方はパン方向の時に若干上側に動いてしまうかもしれない。場合によりけりだが、2軸を動かすよりも1軸ずつ動かす方向を考えるとわかりやすい。

タイムラプスは画面タッチで動かすより、モニターを見ながらジョイスティックで操作した方が決まりやすい。数値を直接動かした方が精度は更にあがる。余り複雑なポイントをセットすると、スマホの空き容量に比例して落ちやすくなるので無用なポイントは省きたい。


他機種との比較

このジャンル、絶対的にDJI RONINシリーズが文句なくNo.1なのはしょうがないところ。既に3軸ジンバルとしての経験値がどのメーカーよりもあるのである意味ジンバルの世界では絶対王者的な立場だろう。

その機種と比較というのはかなりハードルが高いが、短い時間ではあるが比べて見た感じは悪くないという言葉が当てはまる。動かし方やボディの角度等で向き不向きがあるのはY軸とZ軸のモーターの位置によるモーメントの違いなのかもしれない。セッティングしてしまうとその差がさらにわからないので、両機共に工場出荷状態にて疑似的なワンテイクをオペレートして見た。

最初にも書いたが、TH-G3は初期設定では非常にマイルドな特性となる。なのでゆったりとした動きの中では無駄に狙った対象物に外れることなく追従してくれるが、チルトアップからの回り込みダウンやスイッシュではその後の動きに一瞬遅れが出てしまった。これは機種による性能というよりボディデザインによるアームへのタッチがあったかもしれない。簡単に言えばRONIN-Sはソリッドで尖ってるイメージに対してTH-G3はマイルドな動きという感じだ。

今回TH-G3にはフォーカスマンがつくことを想定してワイヤレスFFを取り付けているが、そのバッテリーをカメラの上部に付けていたために大きくチルトアップするとそこがアームに接触してしまうのだ。RONIN-Sはその辺の部分が綺麗に逃げているので全く問題はない。TEST時期にはTH-G3の純正フォローフォーカスはまだデモ機がなかったためにRONIN-Sと同じ環境ではなかったことを付け加えさせてほしい。

また、RONIN-Mのスタイルと比べるとワンハンドでオペレートも可能なスタイルは大きくアップダウン出来るのが特徴だがその分保持するための筋力はハンドルタイプに比べるとかなり厳しい。TH-G3にはオプションでハンドルKITもあるのでシステム重量が重めの想定があるならハンドルの同時購入をお勧めしたい。

特殊撮影(ダッチロール/タイムラプス)

ダッチロールはZ軸に対してグルグル360°以上カメラが回転しながら撮影する方法。TH-G3はペンライトスタイル(モードボタン押しながら電源ボタン2回タップ)の時にジョイスティックを左右に倒すことにより出来る。回転してる被写体に対して同回転をかける事で被写体以外を表現押して回すことが出来る。疑似的なドローンモードとして空中を回転させるという表現でも良いだろう。タイムラプスの説明は特に必要もないと思うので動画を参考にしていただければと思う。

ダッチロール
タイムラプス

TH-G3はノーマルポジション(トップダウンスタイル)からボトムアップスタイルにはグリップ部分を時計方向に回す事により簡単にローポジションでの撮影が可能になる。ほぼ同じスピードで同じラインをなぞってみたが、視線が下がるだけでその速度感は何倍にも広がる。良くF1のスピード感は何百キロにもなると言われるがそれを再現できるだろう。

その他

ペイロード500~3600gまでの幅を持つTH-G3はもちろん色々なカメラを載せることが出来る。小型のミラーレスや業務用ハンドヘルドカメラも搭載可能だ。小型ミラーレスの場合はその重量が軽すぎてY軸のバランスが取り難い時は付属の下駄をマウントに付ける事によりカメラの重心位置を上げ、疑似的に重量増を表現するところはさすが三脚メーカーというところだ。

ほんの少し高くなるだけで重量バランス的には200~300g重くなったのと同じになる

またカメラにガイド用にマイクを付けたり前後に長いハンドヘルドを載せる時は後ろのクリアランスに気を付けたい。出来れば純正でカウンターバランスもオプション扱いであるがこれを手元に持って行けば色々なカメラを載せるバリエーションが増える。出来ればこのウェイトは標準装備にしてほしかったくらいだ。

PXW-X70の場合クリアランス的にはこのくらいしかない。トップハンドル付けると耐荷重的には問題無いが重量バランス的に後ろに来るために後部がモーターと当たってしまう EOS 5Dシリーズに17-40㎜のレンズを付けホットシューにAZDEN SMX30を取り付けた時のチルト方向の限界はこの様な感じ。前はカメラマウントにレンズが、後ろはマイクがZ軸モータに各々45°位で当たってしまう

総評

元々ミニジブに載せる電動ヘッドも製品ラインアップしているため、その辺りのノウハウや知見はあるとはいえ、常に静止を求められるジンバルと言うのは全く別の話のはずだ。Libecには高性能の三脚を求めている方も多い。もちろん筆者もその一人だ。

特に激戦区であるジンバルに参入してきたことは大きく評価できる。DJI RONINシリーズの完成度を考えるとまだまだソフト的に詰める部分は沢山ある。しかし現時点で現場でも十分活用できるレベルにあることは間違いないのだ。

この手のジンバルを持ち歩く時や移動の時、アームがバラバラになってしまうため、この様なゴムバンドやマジックテープ等でX・Y・Z軸のアームを纏めてしまうと安全だ

また、このジンバルを単体で使うだけではなく、ラインナップにあるSWIFT JIBとTH-G3での組み合わせればさらにコンパクトでワンマン運用が可能なミニJIBの登場も現実的だろう。むしろ作って欲しいくらいだ。ハード的にはファーストモデルとしてその剛性は十分満足できるものなので、後はモーションコントロール等のソフトウェアのバージョンアップを期待したい。


WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2020-05-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[岡英史のNewFinder]Vol.88 Vitec Imagingから魅力的な2つの製品を紹介~「Nitrotech 608」「GorillaPod Mobile Vlogging Kit」

txt:岡英史 構成:編集部 馴染みのあるブランドが生まれ変わった ManfrottoからVitec Imagingに社名変更した同社。とはいえやはり筆者も含めてほとん... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.86 ミドルレンジ的LEDライト考察

txt:岡英史 構成:編集部 Kino Flo Lighting Systems キノフロといえば、タングステンやデイライトが主流の時代に蛍光灯を撮影用に開... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.85 小型簡易伝送装置IDX-CWシリーズに期待!

txt:岡英史 構成:編集部 IDX IDXは、バッテリーメーカーとして特にVマウントバッテリーに関してはSony製品に引けを取らない事で有名だ。小倉氏(正... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.84 ミドルレンジ・アワード2019(個人感満載編)

txt:岡英史 構成:編集部 令和元年振返り 明けましておめでとうございます。と言うには随分時間が経ってしまっているが本年もさらっと目を通してもらってあーだ... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.83 放送芸術学院専門学校を訪ねて~現場を考える授業

txt:岡英史 構成:編集部 未来の技術者達 映像業界はどの分野においてもいつも人材不足で、若い人材が本当にいない。パワーのある若年層が少なく、現場の第一線... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.87 電動3軸ジンバル「Libec TH-G3」の強み〜日本製の真価をここに見た!