PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 渡辺健一
  6.  > 
  7. [映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.02 誤解が多いマイクの種類と用途について考える
News

[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.02 誤解が多いマイクの種類と用途について考える

#映像クリエイターが知るべき録音術

2020-05-27 掲載

txt:渡辺健一 構成:編集部

数多あるマイク種類とその用途について

連載の第2回。今回は誤解が多いマイクの種類と用途について解説してみたい。

まず、大まかにマイクの種類を分けてみよう。見た目で言うと、カメラの上につける長細いショットガンマイク、カラオケでおなじみのボーカルマイク、そしてスタジオで見かけるナレーションマイクだ。

などと並べてみたが、実は見た目と中身は必ずしも一致しない。つまり、見た目と用途は必ずしも同じではないのだ。ショットガンマイクのような形状なのにボーカルマイクだったり、ナレーションマイクのような形なのにボーカルマイクだったり。

さてはて困った。そこで今回は、主要なマイクの種類と用途をまとめてみよう(ナレーション専用のリボンマイクなどもあるが、今回は解説しない)。

■用途と種類
感度 種類 構造 用途 使用場所
高感度 ショットガンマイク
ステレオマイク
コンデンサーマイク 人の声
自然の音
楽器
静かな場所
離れたものを録る
ピンマイク コンデンサーマイク 人の声
楽器
万能だが使い方にコツがある
低感度 ボーカルマイク
インタビューマイク
ヘッドセットマイク
ダイナミックマイク 人の声
大きな音の楽器
うるさい場所
目の前のものを録る

この表のようにマイクは、ターゲットとする被写体の種類と使用する場所で使い分けが必要だ。大雑把に言えば、静かな場所で使うマイクと、雑踏の中で人の声を取るためのマイクに分類することができる。ピンマイクは静かな場所でもうるさい場所でも使える万能なマイクだが、遠く離れたものを録ることが苦手だ。ちょっと特殊なマイクなので、この連載では別途まとめて解説することにしたい。

■機構による分類
種類 製品 電源 電圧
プロ用コンデンサーマイク ショットガンマイク
ピンマイク
ステレオマイク
ファンタム(XLR端子) 48V(旧製品は12Vや24V)
民生用コンデンサーマイク ショットガンマイク
ピンマイク
ステレオマイク
プラグインパワー
(3.5mmジャック)
2V~5V程度
メーカーによってマチマチ
ダイナミックマイク ボーカルマイク
インタビューマイク
ヘッドセットマイク
なし なし

カメラとの接続方法でマイクを分類することもできる。大別すると、電源の必要なマイクと電源の要らないマイクがある。まずは、電源の要不要の違いによる分類を解説することにしたい。

大きく分けると2種類。電源が必要なマイクと不必要なマイク

マイクを構造で大きく分けると、電源が必要なマイクと電源が不必要なマイクに分かれる。何が違うかと言うと、概して言えば、

  1. 電源が必要なマイク=高感度マイク
  2. 電源が要らないマイク=低感度マイク

これを読んで、「高感度マイクの方がいい」と思うなかれ。写真と同じで高感度カメラが万能ではないのは当たり前。感度は用途によって使い分ける。マイクも同じで、高感度マイクと低感度マイクは用途が全く違うのだ。

わかりやすい例を挙げると、雑踏の中でインタビューをする場合、高感度なショットガンマイクを使うと周囲の雑踏まで入ってしまう。そんな時には低感度なインタビューマイクを使えば、周囲の雑踏が圧倒的に軽減される。音質自体は電源の要不要とは別のもので、高感度だろうと低感度だろうと、実績のあるマイクは高音質だ。

1.電源が必要なマイク2種類について

さて、電源が必要なマイクも大きく分けると2種類になる。プロ仕様のファンタム電源と一般機器向けのプラグインパワーだ。

XLRのファンタム電源はプロ仕様

プロが使っているファンタム電源タイプだ。通常はXLR端子というノイズキャンセル機能のあるケーブルで電気を供給する(ケーブルと端子だけでノイズキャンセル機能を持っている。ただし、ここでいうノイズとは「バリ」という電気ノイズで「サー」というノイズではない)。

電圧は主に48Vだ。かつては12Vや24V仕様のものもあったが、現在は概ね48Vを供給する。

大雑把だが、ファンタム電源が必要なマイクの代表はコンデンサーマイクという。ファンタム仕様のマイクには、他にもリボン式などもあるが、通常はコンデンサーマイクだと思っていい。

電源が必要な代表的なマイク、ゼンハイザーMKH 416

ゼンハイザー社のMKH 416はテレビでも映画でも定番のマイク。静かなところであれナレーションにも使える。

プロの現場としては、俗称416(ヨンイチロク)と呼ばれるゼンハイザーMKH-416が定番である。テレビでは、ピンマイクと416でほとんどの現場が成立している。弊社も20年前に買った416が未だに現役最前線である。一生物のマイクだと言える。

416がなぜいいのかというと、音に温かみがあり自然に聞こえる。また、超狭指向性マイクに分類されているが、マイクの向きが多少違っても音質の変化が少なく、失敗しにくいマイクだ。インタビューからセリフ、自然の音を録ることまでこれ一本でできる。ただし、雑踏や残響のある室内では使いにくいので、プロはピンマイクと併用して416の苦手な場面を乗り越える。

416の弟分、ゼンハイザーMKE600は電池駆動も可

MKE600は、416の音質を踏襲した比較的安価なショットガンマイクだ。乾電池でも駆動できるのが特徴で、ファンタム電源を持たない一眼レカメラにも接続可能だ。音質は416に非常に近い。画角(第1回を参照)もほとんど同じだ。ただし、画角を外すと416よりも音質が下がる(高音が一気に失われる)ので、416よりは難しいマイクと言える。

また、ローカットフィルターが内蔵されているのも特徴で、ローカットをオンにすると風切り音が軽減できるだけでなく、横方向の感度が下がるので416よりもピンポイントで音が狙える。雑踏の中では416よりも音がクリアにできる。価格も416の3分の1程度と、かなりお買い得だ。

ちょっと余談だが、マイクの性能を語る場合、どんな場所で録るかで、上記のように性能が逆転する場合がある。マイクには適材適所が顕著になるので、お持ちのマイク、もしくは購入しようとするマイクがどんな場面が得意なのかを頭に入れておくべきだろう。

筆者の独断で言えば、416を持っていればプロとしてお金が取れる。しかし、416の苦手な場面もあるので、もう一本違うマイクを持つというのがベターだ。

ビデオグラファーの場合では、MKE600は救世主だと思う。ファンタム電源のことを気にせず使えるからだ。ただし、MKE600は電池駆動よりもファンタム電源で使った方が若干だが音質が上がる。しかし、それは映画館のような理想的な音響で聞かないと判別できない。通常の使い方では416と聞き分けはできないと思う。

相性問題があるのがプラグインパワー

もう1つの電源はプラグインパワー。これは民生用の音響機器の分野で発展した。ヘッドホン端子と同じ3.5mmのステレオプラグで接続する。ステレオ端子なのだが、片方が電源、もう片方が音声になっている。ステレオ音声仕様のプラグインパワーマイクもあって、こちらは音声信号と電源を共用している。このプラグインパワーに接続するマイクもコンデンサーマイクという種類になる。ファンタム仕様もコンデンサーマイク、こちらもコンデンサーマイク、同じように見えて、実は全く別物なので注意が必要だ。

このプラグインパワーは非常に難しい。最近の一眼レフカメラにはプラグインパワー対応のマイク端子が付いていて、電源が必要なプラグインパワーのマイクが簡単に接続できる。そう思うと、プラグインパワーがマイクの主流のように思えるが、プロの世界ではほとんど使われないのがプラグインパワー仕様のマイクだということも付記しておく。

なぜかというと、実はプラグインパワーには統一の規格が存在せず、電源電圧も2〜5V程度とメーカーや機種や時代によってまちまちなのだ。端的に言えば、マイクとカメラをつないでみて、マイクが本来持っている性能が100%出せればラッキー。酷いと全く音が出なかったり、音が出ても「サー」というノイズだらけだったり、音が割れてしまったりする。

まぁ、最近はマイクを作っているメーカーもここに対応して、どんなプラグインパワーであっても接続できるような構造にしているようだ。何れにせよ、プラグインパワーのマイクは相性があると思った方が無難だ。

我々プロの録音部は、プラグインパワーのマイクをほとんど使っていないとだけ書いておこう。ただし、カメラとプラグインマイクのドンピシャな組み合わせであれば、ファンタム仕様のマイクに匹敵する性能になるはずだ。

さて、この電源についてYouTubeで間違った解説をしているものが散見されるので注意が必要だ。プラグインパワーとファンタム電源は全く別規格であり、そのまま接続することが絶対にできない。ファンタムは比較的高電圧なので、プラグインパワー仕様のマイクをつなぐと、最悪、火を吹いてマイクが焼けてしまう。逆に、変換プラグを使ってプラグインパワーのマイク端子にファンタム仕様のマイクをつないでも音は出ない。

いずれにせよ、プラグインパワーのマイクを使う場合には、メーカーサイトで動作確認が取れているものを選ぶべきだ。

2.電源不必要なマイク(ダイナミックマイク)

さて、一方の電源を必要としないマイクは、ダイナミックマイクという。音を受けて振動する振動板にコイルを付けて、磁石の前に配置する。音で振動板が揺れると電気が生じて、それを音声信号として出力する。自分で発電しているので、電源が不必要なのだ。

ダイナミックマイクの代表はボーカルマイクだ。ダイナミックマイクの使い方は、口元に配置するということだ。先ほどの電源が必要なマイクは、電源を使って音声信号を作り出すアンプが内蔵されているので高感度だ。一方、音量に応じて発電するダイナミックマイクは、先ほどの電源が必要なマイクに比べると低感度になる。

低感度の利点は、遠くの音を拾わないことにある。だから、口元へ近づけて、その周辺だけの音を収録することができる。ボーカルマイクというのは、すぐ近くで大音量の楽器が鳴っていても、ボーカルの音だけを拾えるのが特徴だ。この特徴を使えば、雑踏の中でもインタビューの声を明瞭に録音できることがわかるだろう。

ファンタム電源には事故がつきもの

さて、プロ仕様のファンタム電源だが、48Vと高電圧なので誤接続の事故もよくある。

1つは、古い仕様の12Vのマイクに48Vファンタムをつないでしまって、マイクを壊してしまう事故がよくある。中のアンプが焼けてしまうのだ。また、電源が必要ないダイナミックマイクにファンタム電源を供給してマイクを壊してしまう事故もよくある。ファンタム電源を使うには最新の注意が必要なのだ。

ファンタム電源を使うには専用機器が必要だ

ファンタム仕様のマイクは、概ね、高音質でプロの現場では主流であると言える。ただし、一眼レフカメラに直接つなぐことが難しい。業務用ビデオカメラであればファンタム対応のXLR端子があるのでそのまま繋げられるのだが、一眼レフカメラの場合には、別途にファンタム対応のミキサーなどを使う必要がある。パナソニックのGHシリーズには専用のXLR接続機器がある。

一眼レフ用のミキサーはこれ

TASCAM社のDR-701Dは、プロ用のレコーダーでミキサーとしても使える。カメラからHDMIケーブル(映像ケーブル)をつなぐと、録音のオンオフがカメラの録画に連動する。ちょっと高価だが、これさえあれば映画まで対応可能である。ミキサー機能だけなら、同じTASCAM社の製品が低価格でおすすめだ。

ビデオカメラに搭載されているショットガンマイク

用途別のマイクの種類

上記はカメラとのつなぎ方によるマイクの分類だった。次に、用途別にマイクを分類してみよう。まず、マイクは大別すると、手で持てるハンドマイクと、直接手で持てないマイクに分かれる。

■ハンドマイクの代表はボーカル・インタビューマイク

手で持てるマイクをハンドマイクという。これ以外のマイクは、手で直接持ってはいけない。

ハンドマイクは、集音部がマイクケースの中で音を通しにくい素材で浮かせてある。マイクケースを手で触った時のノイズをハンドリングノイズと呼ぶが、ハンドマイクはこれを軽減する機構が内蔵されているのだ。

また、口元で使うので、息が直接当たった時の「ボソ」という音(ポップノイズ)を軽減するための機構も入っている。マイク先端の網の中に特殊なスポンジが入っているのだ。ポップガードと呼ぶ。

ハンドマイクでプロがよく使う機種

映像で使うハンドマイクで定番なのが、ナレーションからインタビューまで万能なSHURE社のSM58、もしくはBETA58Aだ。もともとボーカル用マイクなのだが、FMラジオの放送品質にも達する。SM58は比較的広範囲(いい加減な角度)で使えるマイクで、低音まで艶やかに拾ってくれるため、重厚なナレーションを収録するのにも使える。マイクの向きをあまり気にしなくていいので、扱いやすい。

一方、BETA58AはSM58の指向性を強くしたバージョン。指向性が非常に強い。マイク前方の音だけを拾う。周囲がうるさい場所で録音するのに適している。普通の部屋でもスタジオのような音で録る事ができる。ただし、マイク角度がずれると一気に音が痩せる。扱いが難しいマイクでもある。故に、SM58とBETA58Aは用途に応じて使い分けるのだ。どちらか一方を買うということであればBETA58Aならうるさい場所でも使えるのでオススメだ(ただしセッティングが面倒)。

インタビュー用マイクの定番SHURE SM63(L)も非常に優秀なマイクだ。テレビのインタビューで見かける長細いマイクがSM63である。パチンコ屋のようなうるさい場所でも的確に明瞭な声が録れる。ただし、前述のSM58、BETA58Aに比べると低音が少なく、軽い声になる。ナレーションに使うとちょっと安っぽくなる。屋外でのインタビュー専用だと思った方がいい。

■ショットガンマイクは手で持てないマイク
ショットガンマイクMKH-416にショックマウント付きグリップを付けた状態。風防であるウインドジャマー(俗称ソフタイ)も付けられている。この状態で、プロレベルの音質になる

ハンドマイク以外は手で直接持つことは厳禁だ。通常はショックマウントと呼ばれるノイズ軽減の機器を使うか、マイクスタンドの載せて触らないようにする。

撮影で使うマイクは、ショットガンマイクという指向性の強いマイクがほとんどだ。長細いマイクである。俗に「望遠マイク」として売られているが、第1回でも書いたように、カメラレンズのような望遠なんてマイクの世界には存在しない(パラボラ集音器というものはある)。

手で持てないマイクでショットガン以外では、無指向性のバウンダリーマイク(据え置きマイク)などがあるが、特殊用途だと思っていい。無線のピンマイクも手で持てないマイクの1つで、テレビ収録では定番の機材だ。

さて、ショットガンマイクというのは、前方の音が高音質で録れるマイクのことで、左右や後方の音は高音が下がった状態で収録される。つまり、高音質のエリアが狭いマイクがショットガンマイクなのだ。

高音質のエリアのことを「マイクの芯」と呼んでいる。芯の中にある音を「オン」と呼び、外した音を「オフ」と言っている。オンの音の良し悪しがマイクの音質なのだが、映画では、オンとオフの音をうまく使って臨場感を作り出している。オフの混じり具合で部屋の大きさ様子がわかるのだ。

またオンに比べるとオフの音は小さめになる。静かな場所なら、オンの音だけに聞こえる。しかし、周囲がうるさい場所でショットガンマイクを使うと、マイクを向けた先のオンはもちろん綺麗に聞こえるが、オフの位置にある雑踏も聞こえる。それ故、撮りたい被写体の声は入るものの、雑踏も入ってしまいって不明瞭な音になってしまう(第1回の音のボケ)。

つまり、ショットガンマイクを望遠レンズのように狙った被写体だけを切り取れると思うのは禁物で、第1回でも書いたようにマイクは被写体から離れてはダメなのだ。

まとめ

構造と用途別にマイクを解説してきたが、ここでビデオグラファーが持つべきマイクを考えてみる。あらゆる場面に対応するには、三種の神器ではないが、最低でも3種類が必要だ。

1つは雰囲気からセリフまで録るショットガンマイク(MKH-416やMKE600など)、2つ目はインタビュー・ナレーション用マイク(SM58やBETA58A)、そして3つ目は次回以降で解説する無線ピンマイクがオススメである。

正直言えば、録音の面白さにはまってしまうとマイクがどんどん増えてゆく。カメラマンがレンズを増やすのと似ている。マイクというのは、被写体(音源)数だけ種類があると思ってもいいくらい多種多様だ。鉄道用に最適なマイクであるとか、自然の音を録るのにいいとか、女優の声をセクシーに録音するにはこれだとか、映画に最適なのはこれというようなものだ。マイクが一本増えるごとに楽しさが増すのである。

しかも、カメラレンズと違って、コネクターは2種類(XLRかミニジャック)しかない。XLRに関して言えば、メーカーが違っても刺せば使える(ただし、ファンタム電源の電圧に注意)。1950年代のJAZZに使われていたマイクでさえ、現役で使えるものがある。また、マイクの寿命は長く、私の416は20年間も使っているが、古びていないし現役最前線。後から出たマイクに負けることもない。

などと、録音が楽しくなると「マイク沼」にはまってしまう。どうか皆さんもこの魅惑のマイク沼にはまってみてほしい。

いずにせよ、どんなマイクを購入するべきか非常に難しいことである。今回の内容だけでは、まだなんだか分からないのではないかと思う。単に種類の違いがわかっただけだからだ。そこで、次回は、マイクの性能を理解するための技術的な解説をしてみたいと思う。


WRITER PROFILE

渡辺健一 映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」


[ Writer : 渡辺健一 ]
[ DATE : 2020-05-27 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.07 デジタルフィールドレコーダーを手に入れよ

txt:渡辺健一 構成:編集部 マイクワークの基本は、これまでの連載でご理解いただけたと思う。そこで、今回は更なる音質向上のためにレコーダーの解説をしたい。 なぜ、... 続きを読む

[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.06 ビデオグラファーのための最小システムへの挑戦

txt:渡辺健一 構成:編集部 本連載も半年目となり、1つの区切りとしてビデオグラファーのための最小システムをご提案したいと思う。今回は、小さく軽く、そしてプロの音質のための... 続きを読む

[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.05 雑踏の中での録音技術

txt:渡辺健一 イラスト:渡辺あやね 構成:編集部 雑踏の中でクリアな音声を撮る必要がある場合、どうしたら良いだろうか。マイクワークの基本は、とにかく近付く、マイクの画角に... 続きを読む

[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.04 雑踏の中で明瞭な声を録る

txt:渡辺健一 イラスト:渡辺あやね 構成:編集部 映像において人の声は非常に重要である。だが、撮影場所によっては声を明瞭に録音することが難しい場面もある。そこで今回は雑踏... 続きを読む

[映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.03 秘伝の音量設定でクリアな録音を実現しよう

txt:渡辺健一 構成:編集部 この連載では、これまでにマイクには画角とピントがあって、とにかく離れずに録音することが重要だということを説明した(第1回)。さらに、マイクは用... 続きを読む

WRITER PROFILE

渡辺健一 映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 渡辺健一
  6.  > 
  7. [映像クリエイターが知るべき録音術]Vol.02 誤解が多いマイクの種類と用途について考える