PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 江夏由洋
  6.  > 
  7. [DigitalGang!]Shoot.31 ミラーレス最終形α7S IIIいよいよ登場〜作例制作の最速レビュー
News

[DigitalGang!]Shoot.31 ミラーレス最終形α7S IIIいよいよ登場〜作例制作の最速レビュー

#SONY #DigitalGang! #α7S III

2020-09-15 掲載

txt:江夏由洋 構成:編集部

驚きの表現力を纏ったα7S III

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/DG_vol31_01_small.jpg ミラーレスでありながら、ミラーレスの枠を超えた一台。その表現能力は理想を超えた
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/DG_vol31_02_small.jpg ※画像をクリックすると拡大します

α7S IIIがいよいよ発表になった。世界中のクリエイターが待っていたカメラといっていい。4Kミラーレス機として人気を博したα7S IIの発売から約5年という月日が経ってしまっているものの、新型となるα7S IIIのスペックは正にミラーレス機としては理想の形といっていいのではないだろうか。

フルサイズ機のボディに詰められた圧倒的な機能の数々は、クリエイションの幅を大きく変える可能性を持っている。今回1日という短い時間、試作機で撮影をする機会を得たのだが、その小さなボディが持つ驚きの表現力をお伝えしたいと思う。まずは下記より作品をご覧いただきたい。

美しい4K120fpsに感銘

α7S IIIの一番大きなスペックの特長は、35mmフルサイズセンサーを活かした4K120fpsの撮影ができるということだ。作品ではその撮影のほとんどを4K120fpsで行った。実際はフルサイズセンサーの約10%がクロップされてしまうのだが、素晴らしい表現力を持っていると感じた。従来であれば、ミラーレス機のハイスピード撮影というのはHDにダウンサイズしなければいけなかったりするのだが、しっかりと4K画質で120fpsを捉えられるとなると作品のクオリティに直結する。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/DG_vol31_04_small.jpg 動画からの切り抜き。4K120fpsであっても、その美しさは変わらない
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/DG_vol31_05_small.jpg ※画像をクリックすると拡大します

今回のプロジェクトは24pのタイムラインを使用したため、素材は最大で5倍のスローモーションで使うことができる。まず驚いたのは4K120fpsの画質が非常に綺麗であるということだ。4Kならではの解像感はもちろんのこと、肌の質感や髪の毛のディティール、ハイライトのロールオフなど、ハイエンドシネマカメラのハイスピード映像を見ているかと思わせるほどだ。特に女性の表情や、エモーショナルな描写を演出する中で、収録される画の力は圧倒的である。ミラーレス機で撮影したとは思えないクオリティだ。

そして驚きの高感度。ISO16000で撮影

今回のプロジェクトはアイルランド民謡の「Siúil A Rún」をテーマにした。戦場に向かう愛する人との別れを歌った曲だ。気丈に振る舞う女性の姿の裏にある、悲しく、美しいストーリである。4Kという解像度だけでなく120fpsという時間をミラーレス機で演出できるのは夢のようである。

またテーマに合わせるために暗所での撮影を多く設けていた中で、撮影はISO1600をメインに行った。ポストプロダクションでデノイズの作業などは一切なく、さすが最新のα7Sシリーズ、高感度撮影でも圧倒的に高いクオリティを見せてくれた。そして驚きだったのはS-Log3、S-Gamut3.cineのISO16000の撮影だ。私にとっても未知の領域であることに加え、このISO16000の画が常用として使えると言っても誰も信じてはくれないだろう。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/DG_vol31_06_small.jpg ISO16000の切り抜き。信じられるだろうか?デノイズはしていない
※画像をクリックすると拡大します

ISOを上げていけばノイズレベルがどんどん上がるが、ISO12800に到達した瞬間、一気にノイズレベルが落ちた。シャッタースピードとの関係でさらにISOを上げて16000で撮影したが、現場で確認したISO16000の画が、なんとISO1600とほぼ変わらないことが確認できたので、作品でもあえてISO16000の画を混ぜることにした。ここに切り抜きを付けておくので、デノイズ処理をしていないISO16000の画を見て頂きたい。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/DG_vol31_07_small.jpg とにかく高感度。α7Sシリーズの進化は素晴らしい
※画像をクリックすると拡大します

なにせ、実際にこのカットを撮影している時、目の前にいるモデルがあまりにも暗くて「本当に撮れているのか?」と心配になるほどであった。おそらく他のカメラであれば、カラーノイズで全く使えない画になるところだが、この暗所での描写能力は新しい可能性を我々に与えてくれると実感した。撮影のスタイル、照明のシステム、あらゆる意味で今までできなかった領域の撮影を可能にしてくれる性能をα7S IIIは持っている。

内部収録で4:2:2 10bit、なんとMP4で記録可能

そして新しいα7S IIIは4:2:2 10bitの収録を内部記録できる。新しい高速メディアであるCFexpress Type Aメモリーカードもα7S IIIに採用されることになった。フルサイズの4K映像を高画質に記録できるとなると、今までのαシリーズではなし得なかった撮影を行えるということになる。従来のαシリーズであれば内部は8bitという制約があったが、4:2:2 10bitとなればもはや外部収録の必要性はなくなるだろう。

またLog撮影も積極的に行って、15Stop以上はあるといわれるS-Log3のカメラの性能を最大限に活かしたワークフローを組むことができる。今回の撮影でもS-Log3のガンマでS-Gmaut3.cineの色域の撮影を行い、ポストでシネマルックのカラーグレーディングを行った。驚きなのは、MP4の形式で4:2:2 10bitの素材を記録できることだ。おかげでAdobe Premiere Proで驚くほど軽快に4K120fpsの画を編集できる。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/DG_vol31_08_small.jpg ※画像をクリックすると拡大します https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2020/08/DG_vol31_09_small.jpg カラーグレーディングの様子。諧調破綻が起きないので、面白いように編集が進む
※画像をクリックすると拡大します

しかもカラーグレーディングをする中で、諧調の破綻もおこることなく面白いように作業を進めることができ、ミラーレス機で撮影した素材とは全く思えないほどのクオリティであった。見た目はαシリーズそのものの、いつもと同じ筐体なのだが、中身は全く別物の脅威のカメラである。

次世代のAFワークフロー。確実で正確なフォローフォーカス

そして更にα7S IIIの新しい性能に驚かされた。それがオートフォーカスだ。αシリーズはその代を重ねる度にAFの機能を進化させてきている。顔検出だけでなく、瞳AFも大きな特長だ。そしてα7S IIIはファストハイブリッドAFという更に優れたAF性能を実装している。今回の撮影では、ほとんどのカットがAFによるフォーカシングだ。

正直信じられないほどの精度でグイグイとフォーカスが合う。そしてなんとフォーカスを合わせたいところに、背面液晶をタッチすればいい。4Kであっても、その合焦性能はばっちりだ。カメラマンはフォーカスリングを触るのではなく、フォーカスを合わせたいところに指でタッチするだけだ。

タブレットでタッチフォーカス。リモートでフォローフォーカスが軽快に行える。信じられない

さらにタブレットに入れた専用のアプリ「Imaging Edge Mobile」を使えば、リモートでライブビューができるだけでなく、様々なカメラコントロールができるのだが、なんとライブビューの画面でタッチフォーカスができるのだ。カメラマンはカメラワークに集中して、ディレクターがRECを開始し、フォーカスをリモートで行うことができる。多少のレイテンシーはあるものの、慣れれば操作も実に簡単だ。これからはタッチフォーカスの時代がやってくる―あまりにも直感的で簡単、そして正確なフォーカシングは誰もが望んでいた、正に次世代の形であると感じる。

フルサイズで単焦点。これ以上ない極上のシステム

α7S IIIでしか捉えられない世界がある。そう実感した撮影であった

ちなみに撮影では単焦点レンズを積極的に使って、AF性能に頼って、迷うことなく絞りは開放で攻めていった。フルサイズの美しいボケ味を作品に活かすことで、立体的な4K120fpsの世界を演出するのが狙いだ。24mm、35mm、50mm、85mmに加えて、135mmのEマウントの単焦点レンズを使った。特にFE 135mm F1.8 GMの描写力は素晴らしく、ボケ味や空気感など、シネマレンズを彷彿とさせる描写力を持っている。

とにかくどのレンズであってもフルサイズの単焦点が紡ぎだす様々な世界は非日常で、どれも息を飲む美しさがある。これが4K120fpsという解像度によって新しい表現をα7S IIIで作り出すことができる。これは様々なハイエンドのシネマカメラでもなし得ないことだ。もはやこのカメラでないと映すことのできないものがあると感じる。

クリエイティブにさらなる可能性を

懸念である熱問題は全くなかった。終日の撮影でトラブルは一つもなく、4K120fps撮影を断続的、外部給電も使用しながらとはなるものの、計5時間以上の撮影を続けることができた。光学の5軸ボディ内手ブレ補正も頼もしかった。ミラーレスならではの少人数での効率的な撮影が行える。そして正確で確実なワークフローは撮影のスピードを一気に上げてくれる。

今回の撮影では、ほとんどのカットが一発でOKになるため、驚くスピードで収録が進み、クリエイションに集中できる環境が一気に整った。クルーも少ない、機材も軽い、システムもシンプル、それでいてハイエンドの映像を手にできるとなれば「次は何に挑戦しよう」というマインドが自然に現場で生まれるのだ。2台のα7S IIIで撮影を進めたのだが、どの素材も美しく、予定より遥かにクオリティの高い粒ぞろいのものが揃った。

一方で無駄な「失敗カット」が全くないので編集に迷いが生じないのも素晴らしい。ポストプロダクションの作業のスピードも速く、今回の編集は実質1日で終了した。デノイズや破綻の修正などもないので、「思った通りのことが、思ったように進む」という理想のワークフローが撮影時から立てられる。クリエイティブが加速する一台、ぜひ皆さんも体験してほしい。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2020-09-15 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.105 解像度を捨てて「S」の称号を引き継いだ4Kシネカメラの完成形「α7S III」

txt:小林基己 構成:編集部 4K120Pという飛び抜けたスペックを掲げたα7S III登場 お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません! これは、ド... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.33 ラージフォーマットセンサー搭載、GFX100で実現する異次元の4Kデジタルシネマ。GFXレビュー初公開!

txt:江夏由洋 構成:編集部 ラージフォーマットセンサー・有効画素数1億以上。GFX100登場 いよいよベールを脱いだ100M機のGFX100 2019... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.34 さらなる映像美へ。進化した4Kハンディカムフラッグシップモデル「Sony FDR-AX700」

txt:井上晃 構成:編集部 1.0型積層型CMOSイメージセンサー搭載「FDR-AX700」 2014年3月に登場した4KハンディカムSony FDR-AX100は、... 続きを読む

[Back UP↑]Vol.03 ポータブルストレージが支える4Kワークフロー

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kのワークフローを支えるのは「ストレージ」 4Kや8Kの撮影はデータサイズとの闘いといっていい。一日の撮影量が1TBを超えることは... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 江夏由洋
  6.  > 
  7. [DigitalGang!]Shoot.31 ミラーレス最終形α7S IIIいよいよ登場〜作例制作の最速レビュー