PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 鍋潤太郎
  6.  > 
  7. [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.120 SIGGRAPH2020 エレクトロニック・シアターレポート
News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.120 SIGGRAPH2020 エレクトロニック・シアターレポート

#鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線

2020-09-17 掲載

Courtesy ACM SIGGRAPH
自宅のリビングで観るエレクトロニック・シアター。なんかとっても不思議な気分である
取材&写真:鍋 潤太郎 構成:編集部

はじめに

我々VFX関係者がSIGGRAPHに参加して、絶対に外せないのがエレクトロニック・シアターである。ここでは、世界中から応募された膨大な作品の中から、審査員によって選び抜かれた作品だけが一挙上映される。まさに全世界のCG/VFX業界における「過去1年間のハイライト作品」が楽しめる場でもあるのだ。

エレクトロニック・シアターは、アカデミー賞でお馴染み米国映画芸術科学アカデミーより「アカデミー賞の選考対象となるフィルム・フェスティバルの1つ」として認可されており、1999年以降、このエレクトロニック・シアターで上映された数々の作品が、アカデミー賞の短編アニメーション部門でノミネート、もしくは受賞を果たしている。

今年の傾向

先月号の本欄でもご紹介したように、今年のエレクトロニック・シアターはバーチャルにて開催された。自宅のリビング・ルームで、リンクをクリックしてパスワードを入力すると再生が始まるという、なんとも不思議な感覚のエレクトロニック・シアターであった。

しかし、最初の鑑賞から、48時間以内であれば何回でもストリーミングできるという特典もあり、これはこれでお得感があった。では今年の傾向を、筆者独自の視点から解析してみることにしよう。

主催者側の発表によれば、今年のエレクトロニック・シアターでは、日本、オーストラリア、ドイツ、カナダ、シンガポール、イギリス、フランス、スウェーデン、アメリカ合衆国など世界中から400本近い応募があったという。そして審査の結果、昨年の上映作品数よりも4本多い、全28本が上映された。入選作品を国別に見てみると、

  • アメリカ:12(11)
  • フランス:8(8)
  • イギリス:5(0)
  • 日本:1(0)
  • スウェーデン:1(0)
  • ドイツ:1(1)
※()内は昨年度の本数。比較用に入れてみた
※複数の国に拠点があるスタジオは、本社の所在地で国をカウントした

今年もアメリカとフランスの作品が圧倒的に多い。特にフランスから印象的な短編作品が多数応募されているのは興味深く、今年も8本が入選していた。また、今年は2016年以来、4年ぶりに日本からの入選が1本あり、大変喜ばしい限りであった。入選作品をジャンル別に比較してみると、今年の傾向が見てとれる。

  • 短編アニメーション:7(5)
  • 短編アニメーション(学生作品):6(10)
  • テレビシリーズ/ハリウッド映画VFXメイキング&ブレイクダウン:5(2)
  • ゲーム・シネマティック:3(1)
  • リアルタイム:1(1)
  • サイエンティフィック・ビジュアライゼーション:3(2)
  • CM&キャンペーン映像:1(0)
  • ミュージックビデオ:1(0)
  • 博展映像:1(1)
  • 長編アニメーション:0(2)
※()内は昨年度の本数

エレクトロニック・シアターはその性格上、短編アニメーション作品の比率が多いが、今年は昨年の15本より3本少ない13本が上映された。うち学生作品の短編は昨年の10本より4本減ながらも6本が入選、学生勢が頑張っていることを伺わせると同時に、相変わらずSIGGRAPH常連校からの出展が目立つ。

テレビシリーズ/ハリウッド映画のVFXリールからの入選は昨年より3本増えて5本。VFX屋の筆者には喜ばしい限りであるが、なぜか今年はFramestore率が高く、VFXリール5本中の3本がFramestoreの作品だったのが興味深い。リアルタイムは昨年の2本から1本減の、1本であった。

サイエンティフィック・ビジュアライゼーションは、例年よりも多い3本が入選していたのも特徴と言える。また、TVコマーシャル作品と博展映像は各1本。長編アニメーションが今年は0本だったのが、意外と言えば意外であった。

総じて、今年はある意味バランスのとれたラインナップだったように思うが、これには各分野のエキスパートを審査員として迎えた結果が、功を奏したのかもしれない。

© 2020 ACM SIGGRAPH
今年のエレクトロニック・シアターの審査員の顔ぶれ

まずは、YouTube上で公開されている、今年のエレクトロニック・シアターのハイライト作品を編集した予告編から。

SIGGRAPH 2020 Computer Animation Festival Electronic Theater

それでは、今年のエレクトロニック・シアターの上映作品を、筆者のひとことコメントを添え、一挙ご紹介してみることにしよう。

※文中では、上映された映像のリンクを可能な限りご紹介しているが、映像が公開されていない作品については、類似したクリップのリンク、もしくは関連リンクをご紹介している ※リンクは2020年9月現在のものである。日数が経過するとリンクが切れる可能性もあるので、ご了承あれ
■It’s All Graavy
Laurent Wassouf / ESMA / フランス

SIGGRAPH常連校の1つ、フランスのCGスクールESMAの学生作品。コーヒーショップで働く若い女性が、厨房に積み重なった食器を洗い始める。ふと、流し台の排水管の向う側からテンポ良くリズムを刻む音が。ワイングラスを手にとると、今度は向こう側からグラス・ハープの音が。排水管を介していつしかジャム・セッションが始まり、気がついたらお皿は綺麗に片付いていた、というお話。ストーリーテリングに長けた1本であった。

Avec le Do de la Cuillère


■Overwatch 2: Zero Hour
Ben Dai / Blizzard Entertainment / アメリカ

ハイエンドなゲーム・シネマティックで定評のある、Blizzard EntertainmentによるOverwatch 2: Zero Hourのシネマティック。


■Worlds Beyond Earth
Carter Emmart / American Museum of Natural History / アメリカ

NYのアメリカ自然史博物館にて、8Kのデジタル・プラネタリウムで上映されている博展用ドーム映像である。太陽系と、そしてその中にある青い惑星、地球。生命体の生活を可能にするダイナミックで独特の条件を持つ地球について、アカデミー助演女優賞で受賞歴のある女優ルピタ・ニョンゴのナレーションでご紹介。

Worlds Beyond Earth


■The VFX of ‘Terminator: Dark Fate’
Jeff White / Industrial Light & Magic / アメリカ

ILMバンクーバーとサンフランシスコが手掛けた、「ターミネーター:ニュー・フェイト」のVFXメイキング。「ターミネーター2」(1991)当時の若きジョン・コナーをフル・デジタルで再現、デジタルヒューマンのターミネーターなど。


■Undone
Hisko Hulsing / Amazon Studios and Tornante / アメリカ

Amazonプライムビデオのオリジナルアニメ「アンダン~時を超える者~」より。実写をベースにした“ロトスコープ・アニメーション”と呼ばれる、2.5D的な独特の映像が印象的である。


■O28
Otalia Caussé / Supinfocom Rubika / フランス
予告編

エレクトロニック・シアター常連校、Supinfocom Rubikaの学生作品。リスボンの有名な観光名所、トラム28に乗り込んだドイツ人夫婦が体験するドタバタを描いたコメディ。「そんな訳ないだろう」という展開の連続で、笑える(余談だが、フランスの学生作品は、昔からこういうドタバタ劇風の演出が多い。もしかしたら、学校側も学生に推奨しているのかも?)。


■Visual ASMR
Onesal Studio / 日本

日本のOnesal Studioによる作品。土、カビ、苔、胞子、水晶などの自然物が成長していく様子を、コマ撮り風&連続カットで魅せた、印象的かつ不思議なインパクトのある作品である。


■Purdey’s ‘Hummingbird’
Murray Butler / Framestore Pictures / イギリス

Framestore Picturesによる、フル・デジタルのフォトリアルなコマーシャル・フィルム。ドリンク・ブランドPurdey製品に含まれる天然成分をイメージした、「自然と野生生物のドキュメンタリーへのオマージュ」がコンセプトだそう。メイキングも見ることができる。


■Shibuya
Olivier Lescot / Eddy / フランス

クリスチャン・リッチのミュージック・ビデオで、ヴィック・メンサ、ジェイデン・スミス、ベリーとのコラボによる最新作「渋谷ゴーストII」から。SFアニメ&アメコミ風にスタイライズされた、サイケデリックな近未来の渋谷の街が登場する。


■Gunpowder
Romane Faure / Supinfocom Rubika / フランス
予告編

今年のエレクトリック・シアター・アワードで最優秀学生作品賞(Best Student Project)に輝いた作品。エレクトロニック・シアター常連校、Supinfocom Rubikaの学生作品。舞台はロンドン。ヒゲの紳士のティータイム。しかしお茶の葉を切らしてしまい、中国まで調達に出掛けるというお話。全編を通して人形劇風なデザインでありながら見せ方が上手く、部分的に2Dアニメも織り交ぜながら、お話は展開していく。


■Maestro
Illogic / Bloom Pictures / フランス

月夜をバックに小鳥がオペラを唄い始めると、どこからともなくリスが出て来て指揮を執り始める。そしてハリネズミ、カメ、ガマガエル等が加わって大合唱。しかし、唄が終わると全員、何事もなかったかのように、全く普通に去っていく。


■Cyberpunk 2077
Henrik Eklundh / Goodbye Kansas Studio / スウェーデン

スウェーデンにある、「さよなら、カンザス」という一風変わった社名のVFXスタジオの作品からの出展で、ゲーム「Cyberpunk 2077」の、2019年のE3 Cinematic Trailerから。異様に完成度の高いキャラクターの描写が話題を呼び、今年のVESアワードでも、Dexというキャラクターが最優秀キャラクター・アニメーション賞「コマーシャル部門」を受賞している。最後に何故か俳優キアヌ・リーヴスがデジタル・キャラクターとして一瞬登場し、「なぜキアヌが?」と話題を呼んだ作品でもある。


■MAVEN Explores Mars to Understand Radio Interference at Earth
Bailee DesRocher / Conceptual Image Lab / NASA Goddard Space Flight Center / アメリカ

アメコミ風のルックで始まるこの作品、実はれっきとしたNASAのサイエンティフィック・ビジュアライゼーションある。NASAの火星探査船「メイヴン」は、火星の上層大気(電離層)の帯電部分に「層」と「リフト」を発見。この現象は地球でも一般的ながら、大気圏で探査船が弾かれてしまうことなどから探査が困難で、実はまだ解明されていないことも多かったという。メイヴンによる火星での発見事例は、これを理解できるうってつけの実験室である…というナレーションに沿って展開していく。


■Avengers: Endgame
Simon Stanley-Clamp / Cinesite / イギリス

Cinesiteによる「アベンジャーズ/エンドゲーム」のVFXメイキング・リールから。デジタル・エンバイロメントやセット・エクステンション、そして様々なVFXショットのBefore/Afterを見ることができる。


■The Beauty
Pascal Schelbli / Filmakademie Baden-Württemberg GmbH, Animationsinstitu / ドイツ
予告編

今年のエレクトリック・シアター・アワードで審査員特別賞(Jury’s Choice)に輝いた作品。SIGGRAPH常連校、ドイツのFilmakademie Baden-Wuerttrembergの作品。環境問題に焦点を当て、海中に投棄されたプラスチック・ゴミをモチーフに、「神秘的な海の深さの中に、罪悪感が溶け込む世界」を表現した印象的な作品。


■World of Warcraft: Shadowlands
Brian Horn / Blizzard Entertainment / アメリカ

ブリザードから今回2本目のゲーム・シネマティックス。「ワールドオブウォークラフト:シャドウランズ」から。


■Oeil Pour Oeil
Thomas Boileau / ESMA / フランス
予告編

今年数本が入選しているフランスのESMAの学生作品2本目で、短編コメディ。海賊が酒場で仲間を集め、宝を手に入れるために出航するが、失敗して撃沈。そして懲りずに仲間を集めてまた出航するが爆沈。何度失敗しても懲りない、おバカな海賊のお話。


■For a Fistful of Toffees
Nghia Bui Trung / ESMA / フランス

同じくフランスのESMAの学生作品3本目である。老人ホームの食堂で、こわーい看護婦さんが秘密裏に隠したお菓子トフィーを狙うお年寄りカップル。2人は自分達が「若くてカッコ良い、冷酷なギャングのカップル」であるという妄想を抱きながら、トフィー争奪戦を繰り広げる…というコメディ。

Pour une poignée de Caramels


■His Dark Materials
Russell Dodgson / Framestore / イギリス

今年3本のVFXリールが入選しているFramestoreの作品で、HBOのテレビシリーズ「ダーク・マテリアルズ/黄金の羅針盤」のVFX制作事例のケーススタディから。

His Dark Materials


■Stem Cells: The Heroes in Crohn’s Perianal Fistula Treatment
Alan Smith / MadMicrobe Studios / イギリス

クローン病患者の治療において、幹細胞がどのように役立つかを可視化したMOAアニメーション(Mechanism of action Animation:顕微鏡レベルでの人間の体と薬剤等の反応を、視覚的に表現したもの)だそう。冒頭に「Takeda」と出たので、調べてみたところ、どうやらこの作品のクライアントはスイスの武田薬品らしい。

Stem Cells: The Heroes in Crohn’s Perianal Fistula Treatment


■Windup
Yibing Jiang / Unity Technologies / アメリカ
予告編

Unity Technologiesによる、今年唯一のリアルタイム系作品。病院のベットで昏睡状態にある少女と、父親の絆を描いた作品である。


■The Visual Effects of ‘Star Wars: The Rise of Skywalker’
Roger Guyett / Industrial Light & Magic / アメリカ

ILMによる「スターウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のVFXリール。


■Automaton
Krzysztof Rost / Pixar / アメリカ

ピクサーによる短編作品。草原をかすめる、つむじ風。稲妻による自然火災によって草原は燃えさしと化し、雨によって鎮火。そして、水が流れ、再び新しい植物が生い茂る。大自然の生命のサイクルを描いた作品。

Automaton


■Apollo 13 Views of the Moon in 4K
Ernie Wright / NASA Scientific Visualization Studio / アメリカ

映画「アポロ13」でもお馴染み、ミッション途中の事故により月面着陸が果たせなかったアポロ13号の、船内から宇宙飛行士が見たであろう月の裏側の様子を、月面偵察オービター宇宙船から得られたデータによって、4Kのデジタル映像で再現。詳細は下記のサイトをご参照あれ。

Apollo 13 Views of the Moon in 4K


■Sous la glace
Milan Baulard / Ecole des Nouvelles Images / フランス
予告編

冬の凍った湖の上で、サギが魚を追っている。雪景色や大自然、雪煙や雲、空の色、大気のアトモスフィア等の描写が美しい1本。


■Spider-Man: Far From Home
Alexis Wajsbrot / Framestore / イギリス

Framestoreの3本目のVFXリール。マーベルの「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」における、「幻想の戦い」シーケンスからのVFXケーススタディ。


■Loop
Erica Milsom / Pixar / アメリカ

今年のエレクトリック・シアター・アワードで最優秀作品賞(Best In Show)に輝いた、Pixarの短編作品。カヌー・キャンプに来ている、2人の子供たち。言語障害のある自閉症の女の子と、彼女と意思疎通を図ろうとする少年との、心の繋がりを描いた作品。Pixarらしい、自然の描写が美しい1本である。


■To: Gerard
Taylor Meacham / DreamWorks Animation / アメリカ

今年のエレクトリック・シアター・アワードで最優秀観客賞(AUDIENCE CHOICE)に輝いた、DreamWorks Animationの短編作品。今年のエレクトロリック・シアターで、筆者が最も好きな作品であり、ストーリーテリングに優れた秀作である。

幼少の頃に有名な魔術師に出合い、インスパイアされたジェラード。いつの日かマジシャンになる夢を捨てきれないまま、郵便局の仕分け部で働く日々を送っていた。ある時、仕分け部に紛れ込んで来た小さな女のコは、ジェラードが見せてくれた即興マジックを見て釘付けに。この瞬間、2人は無意識のうちに、お互いの人生を永遠に変えることに…というお話。


以上が、今年上映された全28作品のご紹介である。SIGGRAPH2020に参加されなかった方は、当レポートで、エレクトロニック・シアターの楽しさや雰囲気を、少しでも感じ取って頂ければ幸いである。

ちなみに、シーグラフ東京では、この秋に開催予定のセミナーで、「SIGGRAPH Traveling CAF」のバーチャル上映会を予定しているという。エレクトロニック・シアターをご覧になりたい方は、ぜひオフィシャルサイトをチェック!


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2020-09-17 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.119 SIGGRAPH 2020の見どころ

昨年のSIGGRAPH 2019にて(筆者撮影)取材:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに さて、夏である。夏と言えばSIGGRAPHである。今年のSIGGRAPH ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.118 バンクーバー在住のVFXアーティストに聞く、現地の動向&新型コロナウイルスの影響について

取材:鍋 潤太郎 写真提供:井崎 崇光 構成:編集部 はじめに 前回は、コロナ禍のモントリオールVFX業界の動向をお伝えしたが、「バンクーバーの動向も知りたいです」とい... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.117 モントリオール在住のVFXアーティストに聞く、現地VFX業界の動向

オールドポートにて(鈴木氏提供) 取材:鍋 潤太郎 写真提供:鈴木 睦英 構成:編集部 はじめに ハリウッドの「VFXハブ」が、カナダのバンクーバーからモントリオ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.116 ビバリーセンターに登場した巨大LEDパネルとインスタレーション映像

© Refik Anadol 高さ11メートルの巨大LEDパネルに、印象的なデジタルアート・インスタレーション映像が表示されている。この動画は見事な立体感とディテールを... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.115 ハリウッドにおける新型コロナウイルスの影響

txt:鍋 潤太郎 構成:編集部 はじめに 今月は別の内容を予定していたのだが、昨今の新型コロナウイルスの影響を鑑み、予定を変更し筆者独自の視点から、北米やハリウッドにおけ... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。 うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 鍋潤太郎
  6.  > 
  7. [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.120 SIGGRAPH2020 エレクトロニック・シアターレポート