毎年恒例のAdobe MAXが2020年10月21日から23日まで(米国時間:10月20日から22日まで)の3日間、オンラインで開催される。PRONEWS編集部視点で、見所などを「Adobe MAX 2020の歩き方」と題してお送りしよう。

Adobe MAXとは?

2019年に開催された「Adobe MAX Japan」の様子

アドビ主催のクリエイティブの祭典「Adobe MAX」は、Adobe Creative Cloudのアップデート内容の紹介や、多数のセッション、ワークショップが行われるクリエイティブカンファレンス。

Adobe Maxは、日本国内だけでなく、クリエイティブ分野で世界の第一線で活躍するエキスパートによるライブデモンストレーション、講演、SNEAKS(未公開テクノロジーの選考発表)や、著名人の出演やミュージックパフォーマンスなど、クリエイティブの楽しさを届けるイベントだ。今秋には日本で開催予定だった「Adobe MAX Japan 2020」のほか、本年開催予定の他国/他地域のすべての「Adobe MAX」イベントを一つに統合し、全世界同時に開催する。

2019年に開催された「Adobe MAX Japan」の様子

Adobe MAX 2019レポート

アドビ、クリエイティブイベント「Adobe MAX Japan 2019」。iPad版アプリやAR(拡張現実)アプリ「Adobe Aero」の動向に注目

[Adobe MAX 2019 参加レポ!]〜大学生がロサンゼルスで感じた最先端のクリエイティブツール〜

Adobe MAX 2020はオンライン開催!

​今年の「Adobe MAX 2020」はオンライン開催。2020年10月21日から23日まで(米国時間:10月20日から22日まで)の3日間で開催する。Adobe MAX 2020の日本オリジナルセッションには、Vlogの第一人者である小嶋陽菜氏、有名CMを手掛ける映像ディレクター柳沢翔氏、日本のみならず海外のメディアでも注目されるフォトグラファーRK氏など、多彩なゲストを招き、幅広いオーディエンスに向けたコンテンツを発表する。

日本からの参加者向けには、日本語で行われるセッションをはじめ、英語でのブレイクアウトセッションも字幕で視聴できるようになり、これまで以上に海外の最新のデザイントレンドなど、多くのコンテンツを視聴できる。

また、Adobe Creative Cloudの製品のノウハウを学ぶテクニカルカンファレンスのストリーミング視聴というだけに留まらない、インスピレーションやクリエイティブ思考を刺激するようなセッションも多数用意されている。

なお、毎年恒例のロゴデザインコンテスト「MAX Challenge」は今年も実施予定。

Adobe MAX 2020見どころ

■見どころその1「多種多様なセッション」

生配信またはオンデマンド配信のセッションで学べる。デザイン、写真、イラストなど、様々な分野のエキスパートが登壇予定で、新しいテクニックを発見できるだろう。ミュージシャンやスペシャルゲストを招いたお楽しみも。


■見どころその2「いつでもどこからでも。」

いつでもどこからでも。著名なデザイナーから学んだり、新たな刺激を得たり。MAX 2020はすべてのクリエイターに無料で参加できる。オンライン開催のため、これまで横浜会場に足を運ぶことが難しかった地方在住の方も、気軽にいつでもどこからでも参加できる。


■見どころその3「バーチャルで繋がる」

スピーカーやアドビの製品エキスパートとライブチャットで繋がろう!共同プロジェクトに参加して世界中のクリエイターと繋がることもできる。


■見どころその4「楽しく学ぶ」

キャリアアップやスキルの向上に役立つセッションにも注目だ。最新ツールの情報や活用事例から、制作や協業のためのアイデアまでさまざまな学びが得られる。


■見どころその5「MAX Challenge」

Adobe MAX のロゴデザインコンテスト「MAX Challenge」が今年も開催!グラフィック部門やモーション部門に加え、あなたのデザインがMAX Storeで商品化されるフェリシモ部門も登場する。


注目すべきセッション3選

Adobe MAX 2020では、日本語の40を超えるセッションを含む、350以上のセッションを自由に選んで参加可能。英語のセッションでは、日本語字幕表示も選択できる。その中でもPRONEWS読者の皆さんが注目すべきセッションを紹介しよう。

■22日14:00-15:30
ビデオ – ソーシャルからコマーシャルまで、広がり続ける映像制作の世界(映像・動画)

ビデオ-ソーシャルからコマーシャルまで、広がり続ける映像制作の世界と題してビデオ製品の製品デモ、そしてスペシャルゲストに小嶋陽菜氏、柳沢翔氏ほかを迎えトップクリエイターの映像論が語られる。

数々の話題CMを手掛ける映像ディレクター/油彩画家の柳沢翔氏は、『「ずっと見ちゃう映像の方程式」なんて本当にあるのかな?』と題して、映像制作におけるアイデアの源や30秒と2時間の映像表現における考え方の違い、移り変わりの早い時代の表現において変えるべきこと、変えないべきことについてトークショーを実施。

日本におけるVlogのパイオニアである小嶋陽菜氏には、人を魅了する「伝え方」について紹介。これからVlogを始めたい方、伝え方のコツを学びたい方必見。

スピーカー:柳沢翔、小嶋陽菜ほか

■21日15:30-16:00
After Effectsでモーショングラフィック始めよう!モーションに意味をもたせて映像のクオリティを向上する(映像・動画)

モーションやアニメーションの入れ方を理解した上で、基本的な機能のみを使って意味のあるテキストアニメーションの作り方を紹介!

スピーカー:ダストマン
映像教育/YouTuber

▶セッションページはこちら

■21日14:30-15:00
これを知るだけで効率アップ!、初めに知っておくべきPremiere Proの時短術(映像・動画)

「動画編集を始めたけど、想像以上に時間がかかる」そんな人のために、まず初めに知りたい時短TIPSを紹介!Premiere Proを使用する上で欠かせないショートカットキー、その中から厳選したおすすめのショートカットを紹介。そして、現代の動画に欠かせないテロップをPremiere Proの中で作れるエッセンシャルグラフィックステキスト、そのテキストのフォント・スタイルを保存し一括で変更できる凄技などを紹介する。

スピーカー:市井 義彦
Command C

▶セッションページはこちら

アドビが語るAdobe MAX 2020

今回、アドビの田中玲子氏と久手堅幸恵氏にAdobe MAXの見どころ・魅力についてコメントをいただいた。

田中氏:世の中が目まぐるしく変化し、ニューノーマルな時代になった今、映像業界においても新たな制作環境が求められるようになりました。そんな時代だからこその映像の必要性やちょっとしたヒントを学び、共有し、インスピレーションを得られる場となっていただけたら嬉しいです。

映像に携わる全ての方々が楽しめるコンテンツとなっておりますのでぜひご参加ください!


久手堅氏:今年はMAX史上初、グローバルで一つのMAXを実施するという事で、これまでにない大規模なオンラインイベントとなります。海外セッションも字幕付きで視聴する事ができますので、海外の最新のクリエイティブや映像制作のトレンドを掴むことができます。

また、これまで横浜のMAX Japanの会場に足を運ぶことができなかった方も、どこにいてもセッションを視聴することができます。ぜひご登録頂いて、MAXでクリエイティブのインスピレーションを感じてください。


Adobe MAX 2020開催概要

Adobe MAX 2020

開催日:2020年10月21日から23日まで(米国時間:10月20日22日まで)
無料オンラインイベント

日本はもちろん、世界中からアイデアやテクニックが集まる 誰でもどこからでも参加できる56時間イベント、世界同時開催! 参加登録して最新情報を入手しよう。

Adobe MAX 2020

WRITER PROFILE

編集部

PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。