PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 小林基己
  6.  > 
  7. [OnGoing Re:View]Vol.105 解像度を捨てて「S」の称号を引き継いだ4Kシネカメラの完成形「α7S III」
News

[OnGoing Re:View]Vol.105 解像度を捨てて「S」の称号を引き継いだ4Kシネカメラの完成形「α7S III」

#SONY #OnGoing Re:View

2020-10-05 掲載

txt:小林基己 構成:編集部

4K120Pという飛び抜けたスペックを掲げたα7S III登場

お待たせいたしました、お待たせし過ぎたかもしれません!

これは、ドラマ「全裸監督」のモデルにもなっている村西とおる監督の名台詞だが、α7S IIIの登場はまさしく待たされすぎたと言っても過言じゃない。α7S IIの発売から5年、他メーカーが4K60P収録可能なカメラを出してくる中、αシリーズの上限スペックは4K30Pのままだった。

それがなんと!4K120Pという一つ飛びのスペックを掲げて登場した!

形こそスチルカメラの皮を被ってはいるものの、完全にムービーを意識してつくられたカメラだ。カメラに限らず、デジタル製品の進化は機能向上+の考え方が通例だが、α7S IIIに関しては進化させなかった部分に注目すると、このカメラの本質が見えてくる。

その最たる部分が解像度だろう。同価格帯のα7R IVが約6100万画素なのに対してα7S IIIは約1210万画素、1/5の解像度なのだ。下位機種のα7 IIIでさえ2倍の約2420万画素を謳っている。

この5年前のα7S IIから進化させなかった解像度によって得られたものが4K120Pというハイフレームレートと高感度での低ノイズだ。

そしてソニーが頑なに守ってきたチルト液晶モニターを棄てて、とうとうバリアングル液晶へと踏み出した。撮影画像はレンズの光軸に近いところで見たいというのが撮影者の思いだが、それを犠牲にしてもバリアングルの自由度はムービー撮影にとって有効だ。

渋谷の街明かりそのままISO12800で撮影

さて、実際のカメラの性能は本気で使い込んでみないと分からないというのが自分の信条で、今回も4日間の試用期間をいただいたのだが、α7S IIIのボディに加えてGM24-70、GM70-200、G20f1.8という3本のレンズをお借りして、映画トレイラー風のショートムービーを作ってみた。

カメラ到着の翌日にその撮影を設定したのは少し無謀だったが、ミシェルエンターテイメントの協力で8人の若い俳優陣に出てもらい、渋谷を舞台に制作した2分強の映像を見てほしい。

「Tokyo Night Drift」

やはり「S」の称号がついたα7の新機種ということで高感度での使用状況を試すべく、日没後の18時くらいから撮影を開始し22時には撮影を終了していた。自分で言うのもなんだが、8箇所ほどのロケ地を転々とし、特に急いだわけでもないのに驚異的なスピード撮影だ。

スタッフは私をを含めて計3人。照明技師の大島洋介氏にも協力して頂いて小さなLEDでシーンの味付けをしてもらったが、基本的には渋谷の街明かりそのままでISO12800で撮影できたことが時間短縮に貢献している。

絞りはf2.8、シャッタースピードは基本的に1/100にしている。ほとんどのシーンは60Pで撮影し、一部120PとS&Qモードの120fpsを使用している時は1/125のシャッタースピードで撮影している。1/125で撮った部分はうっすらフリッカーが出ていたが、編集時にフリッカー除去をかけた。フリッカーレス機能も搭載しているのだが、それは静止画だけの機能となる(100P設定ができれば東日本でもフリッカー気にせず撮影できるので設定の中に入れてもらいたいところだ)。ガンマ設定はS-Log2を使用した(なぜS-Log3ではなくS-Log2をしたのかは後述する)。

初めて使うカメラでISO12800を常用するというのは少し不安だったが、これは巷で噂されているα7S IIIはディアルベースISOなのではないかという情報に起因している。ソニーでもシネカメラでは使用されている技術でVENICEではISO500とISO2000、FX9ではISO800とISO4000に設定されている。それによって通常使用感度の使い勝手と高感度でノイズの少ない映像の両方を得られる。それをα7S IIIにも搭載しているのではないかということがまことしやかに囁かれているのだが、メーカー側は公表していない。その高感度設定が12800?16000?などいろいろな節があったが信用できるスジの情報からISO12800で通すことに踏み切った。

ISO16000までは常用しても耐え得る画質

今回のショートムービーもISO12800とは思えない低ノイズな映像に仕上がっている。ノイズが目立ちやすいシネライクなグレーディングを施しているがノイズリダクションは一切かけていない。

このムービーの撮影前にテストできれば良かったのだが、カメラを返す直前にやっと落ち着いてISOテストをすることができた。その映像をYouTubeに公開しているのでぜひ4Kで見てほしい。カメラの名誉のためにも言っておくとノイズが出やすい被写体を選んで1.5倍の拡大、暗部のコントラストを引き伸ばすグレーディングを施しノイズが分かりやすい仕上がりにしている。ISO3200くらいからボトルの映り込みを作っているが、もともと自分しか見ないつもりで撮影していたので許してほしい。

するとISO500や640は細かいノイズが発生しているがISO1600でそれがほとんどないツルッとした映像になる(この微細なノイズの違いはHDで見ると分からない程度なのでGoogle Chromeで4K再生で見てほしい)。それから順当にノイズが混じってきてISO10000ぐらいからかなりの粘りを見せて12800と16000でもほとんど変わらず20000ぐらいから急激に高感度特有のノイズが増していく印象だ。

そして結果的にデュアルベースISOなのかどうかということについては正直分からなかった。ただ、自分の中の判断ではISO16000までは常用しても耐え得る画質に思えた。そして特質すべきはISO1600のクリア感だ。その周辺感度をもっと細く撮っておくべきだったと悔やまれる。

被写体をタッチしてフォーカスを自動追尾させるタッチトラッキングに対応

そして、今回の撮影スピードに貢献したのは高感度だけではない。AFとタッチパネルの組み合わせが実に使いやすかった。撮影部が自分一人だった今回のような状況では大変助かる。

もともとソニーのAFは評価が高かったが、今回のような登場人物が多いケースは顔認識や瞳認識も混乱を極める。グループショットだとしてもフルサイズでf2.8ともなると、この中の誰にピントが来ているかというのははっきり分かってしまう。そんな時に狙いの人物をタッチするだけで、その人にフォーカスを合わせ続けてくれる。その解除も背面のコントロールホイールのセンターボタンを押すだけだ。顔が写っていない背後からのショットでも威力を発揮してくれた。

さすがに全速力で走る人を200mm f2.8で正面から狙った時は途中で追えなくなってしまった。このムービーに使用しているカットは追えてるところまでを使ったが、120fpsだと使える尺は十分満たしていた。というわけで今回のショートムービーでは、マニュアルフォーカスは全く出番がなかった。

AFはカメラとの対話だと思っている。α7S IIIもコンティニュアスAFで、AFトランジッション速度(7段階)とAF乗移り感度(5段階)の2つの項目で調整が効く。これに関しては実際手にして調整しながら被写体のタイプ毎に自分で掴んでいくしかない。でも、何より撮影が順調に進んだのは出演者たちの理解度の高さだろう、自分の曖昧な演出に対して、それぞれ役柄を汲み取って演技してくれた8人には感謝している。

嬉しいHDMI Type A端子の採用

さて、カメラのハードウェア的な側面から見ると自分が一番歓迎しているポイントはHDMI Type Aコネクタの採用だ。多くのカメラが採用しているマイクロHDMI接続はかなり心細い。実際、端子の故障やケーブルの不具合などが多発し、マイクロHDMIのカメラに関しては、まずカメラリグを用意してケーブル接続部分の保護を施した後でないと危なっかしくて使いづらい。それがHDMI Type Aだと、なんだろうこの安心感!しかもHDMIケーブルとマイク端子に関してはバリアングルを回転させても何の問題もない位置に端子が配置されている。

バリアングルを上向きに回転

ただし、ヘッドフォンなどでモニタリングする時は、ジャックの位置がモニターの回転に干渉するので注意が必要だ(Bluetoothなどでヘッドホンはつなぐことはできない)。

α7S IIIにもケーブルプロテクターが同梱されているが、それを付けた場合はバリアングルを開いた状態だと回転ができず、バリアングルの利点が全く発揮できない

ちなみに外部モニターに撮影情報を表示を選ぶと背面液晶の画像は出なくなる。今回は外部モニターで画面情報有りの映像の収録もしたので困ったが、通常はLCDに情報ありで出し、外部モニターには映像のスルーアウトを出すのが使いやすい。

あと、バリアングルの利点はRoninなどのジンバル撮影だろう。今までのチルトタイプのLCDだとジンバルのモーターの位置が干渉してかなり見難かった。それがバリアングルで横に張り出す形になりクリアに確認できる。今回は時間がなくジンバルに載せることはできなかったが、20mm f1.8のレンズはジンバルとの相性良さそうだ。

惜しむらくは、EVFを覗き忘れていたことである。αシリーズ最高となる944万ドットのOLEDがどんなものだったか確認したかったが、それをし忘れるほど動画撮影においてはファインダーを覗く機会は少ない。しかも今回のようにナイターや室内のLCDが見やすい状況なら尚更だ。

そしてもう一つ残念だったことは、CFexpress Type Aのカードを借りることができずにV90のSDカードしか使えなかったことだ。α7S IIIはスロットを2つ有していて、どちらのスロットもSDカードでもCFexpress Type Aでも使用することが可能だ。ただ、最高画質のAll-Intra撮影に関してはCFexpress Type Aしか対応していない。4K120PはCFexpress Type Aでないと収録できないのでは?という心配があったがSDカードでもLong GOPなら4K120Pで収録できた。そのため今回はAll-IntraではなくLong GOPのXAVC-HS4K(H.265)の60Pと120Pで撮影している。

4時間にわたる4K60P撮影でも熱警告はなし

4K60P撮影がスタンダードになりつつある昨今は熱停止問題もよく話題に出てくる。今回、全編4K60P以上で一部120Pを使用し4時間にわたり撮影したが、熱警告が出ることもなく、ボディが発熱することもなかった。ここでも4Kを少し上回るくらいのセンサーを使用していることでカメラ自体の負担が減っているのかもしれない。

4.2Kセンサーということで、ネイティブ4K部分を使う120p撮影時でも1.1倍のクロップで済む。この10%の拡大率は撮影時に意識する事がないくらいの差だった。加えて画素数が少ないことからローリングシャッターも軽減されている。少し前にα7R IVで撮影したのだが、ローリングシャッターの影響は大きかった。ローリングシャッターはセンサーの走査速度に依存する。センサーの画素数が少なければローリングシャッターも軽減されるというのは理にかなっている。

このフルセンサーで4.2Kという解像度はもちろん良いことばかりではない、APS-Cサイズクロップした時には4K収録はできなく、FHDのみの撮影になる。つまり、同じEマウントでもAPS-Cにしか対応していないレンズではHD収録しかできない。

シネカメラとしての完成形への道を独自に歩んでいる

さて、最後に。

後述すると言っていたS-Log2 vs S-Log3問題だが、少ないビットレートのカメラの場合、ダイナミックレンジが広いS-Log3よりも、ある程度コントラストのある(と言っても通常のガンマに比べたらかなりローコン)のS-Log2の方がグレーディング後の映像が綺麗なことが多い。

本当なら狙いのガンマ設定で撮影しあまり弄らないのが最終仕上がりが良いのは確かだが、そんなかっこいい現場は少ないので保険をとってLogで撮影することが多い。ただ、S-Log3だと保険取り過ぎな印象で、同じ情報量で撮った場合に後でコントラスト付けていく時、破綻する可能性も秘めているように感じる。

VENICEやFX9にはS-Log2がないのに対して、αシリーズにはS-Log2を残してくれているのは、そう言った意味も薄々感じる。CFexpress Type AがあってAll-Intraで撮影する事ができたらS-Log3を選んでいたかもしれない。

後で知ったのだがα7S IIIになってS-Log3がVENICEとかと共通のカラーサイエンスに変わったと聞いて、試しておけば良かったと思っている。

それ以外にもATOMOS NINJA Vなどで外部収録して16bit RAW撮影も検証してみたかったし、ジンバル撮影もしたかった。4日間では使い切れない奥の深いカメラだった。

このα7S IIIは約1210万画素というα7S初代から続く解像度を維持する事でα7Sの「S」の由来にもなるSensibility(高感度)を突き詰め、成熟した使い勝手を持って、ワンマンオペレートできるシネカメラとしての完成形への道を独自に歩んでいる印象を受けた。

■α7S III
価格:オープン。同社オンラインストアでの販売価格税別409,000円
発売日:2020年10月9日
ソニー
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。

WRITER PROFILE

小林基己 MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。


[ Writer : 小林基己 ]
[ DATE : 2020-10-05 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.116 ソニーCinema Lineのニュースター「FX6」登場!ついにシネマカメラを所有する時代へ

txt:猿田守一 構成:編集部 VENICEの表現力、FS5の機動・操作性、αの高速AF機能・ハイフレームレート撮影などを踏襲した「FX6」 編集部よりFX6の... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.115 BenQ「SW321C」ハイブリッドフォトグラファーのベストチョイスモニター

Photo&txt:竹本宗一郎(ZERO CORPORATION) 構成:編集部 制作用モニターは映像品質を監視する測定機器 フリーで映像制作をしている友人が「新しく買... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.114 4つのHDMI入力すべてにスケーラーを搭載したコンパクトで低価格なスイッチャー「RGBlink mini」

txt:西村俊一 構成:編集部 協力:ヴィーナスレーザー株式会社 時代のニーズにマッチしたコンパクトな低価格スイッチャー 2020年に入り新型コロナウイルス感染拡大に... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.113 DJIから片手ジンバル「RSC 2」登場。RavenEyeがRSC 2の魅力を最大限に引き出す

txt:小林基己 構成:編集部 折りたたみ機構や1インチ液晶を搭載して使い勝手を改善 DJIからRonin-SとRonin-SCの後継機種として、それぞれ「RS 2」「... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.112 LUMIX Sシリーズに小型・軽量モデル誕生!デジタルカメラ「LUMIX DC-S5」

txt:SUMIZOON 構成:編集部 S1H/S1ユーザーがS5購入に至ったポイント 9月25日に発売になったLUMIX S5だが、今回は発売にあわせてカメラをお借り... 続きを読む

WRITER PROFILE

小林基己 MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。