PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 渡邊聡
  6.  > 
  7. [渡邊聡の映像業界、この人が氣になる]Vol.03 撮影現場で人気のオリジナル特機を手掛けるMETAL WORK、桝井正美氏に聞く
News

[渡邊聡の映像業界、この人が氣になる]Vol.03 撮影現場で人気のオリジナル特機を手掛けるMETAL WORK、桝井正美氏に聞く

#渡邊聡の映像業界、この人が氣になる

2020-12-23 掲載

取材:渡邊聡 構成:編集部

オリジナル特機の制作、販売やレンタル行うMETAL WORK

第3回は、テクニカルファームの片岡会長からご紹介頂いたMETAL WORKの桝井正美さんを紹介いたします。METAL WORKには、自社サービス紹介のWebページは存在しません。サービスや取り扱い商品の告知はInter BEEのブース出展(Metal Toysとして出展)のみのブランドです。しかし、オリジナルドリーや箱馬を撮影現場で見たことがある方は多いのではないでしょうか。

METAL WORKの桝井正美氏

METAL WORKは、クレーンやドリーのオペレートやオリジナル特機の設計、製造を行っています。特に数々のオリジナル特機で話題の桝井さんですが、いったいどんな方なのでしょうか?事務所にお邪魔して話を聞いてみました。

まずは、METAL WORKのレンタルや取り扱い製品を写真で紹介します。

METAL WORKでレンタル取り扱いのエクステンション式リモートヘッド用クレーン。分割できるので、オフィス内の撮影も可能。レールもMETAL WORK自社製品で、耐荷重3,000kgの「プロフェッサートラック」 エクステンション式クレーンは、4段階の拡張が可能 METAL WORKブランドの少し大きめのドリー「スマートボーイ」8輪タイプ

桝井氏自作の組み立て式クレーンを実演

渡邊:早速ですが、自己紹介も兼ねて自作の組み立て式クレーンを見せて頂くことは可能ですか?

長いモジュラーを使わない最小限の状態を紹介しましょう。クレーンは分解して搬入可能で、エレベーターやオフィスの中に運べます。バラせば一つ一つのアームは基本的に一人で運べる重量になります。

まずクレーンのベースをセットアップし、エクステンションアームに取り付けて、安全ピンでアームを固定します。基本的に、一箇所も工具を使用しません。いかに現場で楽に作業を行うか、“横着精神”が大事です。

渡邊:ロック機構が凄い。本当に工具を使わないで、組み立てられるのですね。

今は、工具を使わない組み立てが主流です。ドイツメーカーをヒントにしています。通常は先端に遠隔操作のリモートヘッドを付けますが、短くすれば人が乗ることも可能です。せっかくなので今日は人乗りの状態にします。

渡邊:カメラマンがクレーンアームの先端に乗る需要はまだありますか?

あります。年配のカメラマンは、遠隔操作を好まない方がいらっしゃいます。そういう方は、自分で乗って操作したい希望が多いようです。

カメラマンが乗ると、極端に高くしたり、地面すれすれの低いアングルができないなど、カメラワークに制限が出ます。カメラリモートの時は、8メートルぐらいまで上げることができます。また本来でしたら、レールを併用して移動しながら上げ下げが可能です。

渡邊:このクレーンを全部、桝井さんが作られたのですか?

リモートヘッド以外はそうですね。電子機器が絡む場合は他人の力を借りています。

渡邊:凄すぎる!ちなみに、こちらのクレーンの売価はどのぐらいになりますか?

当時は、300万円ぐらいで販売しました。レールをセットにすると約400万円になります。ヨーロッパ製は700万円ぐらいですので、その約半額ですね。

短時間で車輪交換できるオリジナルドリーが話題

渡邊:METAL WORKさんはドリーやレールの設計・製造でも有名ですが、改めてご紹介いただけますか?

ドリーの自重は40、50kgのものが多く、2人で運ぶのが一般的です。しかし「BEETLE」は、カメラ限定ドリーとすることによって一人で運べるのが特徴です。TBSのテレビドラマ「下町ロケット」や「半沢直樹」の撮影でも使われました。車の中など狭い場所でも、移動撮影が可能です。

上下無段階調整式カメラマウント搭載で、カメラは好きな高さに調整できます。ボールヘッド雲台にカメラヘッドを乗せて、好きなとこで止めるだけです。人が乗っても耐荷重的には問題ありません。

ドリーとレールのセット「BEETLE」

ミニマムな国内の建築様式に対応しやすいように幅50cmのドリーとレールのトラックシステムを開発しました。軽量アルミレールの「LT NEO」を発売中です。LT NEOは片手で上がるほど軽量です。軽量なのは現場で好まれます。鉄だと重すぎて誰も手伝いにきてくれませんが、LT NEOだと楽なのでみんな手伝ってくれますし、女性でもすぐに運べます。

レールは折りたたみ式を採用し、長さもご希望に沿って作ることが可能ですので、常用車に入れて運ぶことも可能です。ジョイントは共通のバックルを採用しており、なくしても供給しやすい仕様です。

METAL WORKの中でも、もっとも軽いレールタイプ。片手でレールを上げられるし、一人で2~3本運ぶことが可能 一瞬で折りたためる
渡邊:セットアップがめちゃめちゃ早い。折り畳めるのはいいですね。

あともう1つは、人乗りタイプの「Oh!dolly」です。これが私の横着精神を本領発揮した商品です。通常、タイヤとレール兼用タイプのドリーは、車輪を変える際にはいったん箱馬に乗せないと交換できませんでした。

しかしOh!dollyはタイヤを8個搭載しており、交換中も常に内側4個は残っています。つまり、浮かす必要がありません。また、Oh!dollyも車輪交換に工具は必要ありません。タイヤ交換は、六角レンチでネジを外す作業が必要な機種が多いですが、Oh!dollyはピンを抜いてタイヤを交換し、抜いたピンを戻すだけです。箱馬に乗せずに、4ヶ所を約30秒で交換できます。こちらもテレビドラマなど、時間のない現場で使われています。

円形レール不要で滑らかな円形移動を実現するSPIN CAM

渡邊:ドリーやクレーン以外のサービスではどのようなものがありますか?

実は、ほかの特機屋さんでできないのものがこちらに回ってくることがたまにあります。例えば、現在公開中のボートレースのCMシリーズの中で、水上を走るレーサーの周りをカメラが回った少し変わったカットがあります。

SPIN CAMを使って撮影した例。22秒以降のカットでSPIN CAMが使われてる

ドローンは、人に近づいて撮影はできません。ましてや、時速80kmで走行するボートをドローンで回り込みながら撮るのは困難です。それでもゴールのカットはレーサーを回り込むアングルを要望されました。そこで、SPIN CAMを使ってこちらのカットを実現しました。

カメラはGoProを使っています。このカットが業界的に「どのように撮ったか?」みんなで謎を解くのが流行ったみたいです。実は、それを撮影したのは私たちなんです。からくりを明かすと、ヘルメットの先端は画面から切れています。その先には巨大な竹とんぼの形をした長い棒が付いており、その両側にGoProをつけています。

当初、モーターが入っていない空回りをするバージョンでうまくいくと思っていました。しかし、実験をしたらまったく駄目でした。私は電気工作には強くないので、モーターを仕込んで竹とんぼの調整を他の人に協力して頂き、ゆっくり回転するものを作りました。何回かテストを行って、スタート2週間ぐらいでようやくOKを頂くものができました。

ヘルメットに巨大な竹とんぼを搭載。「頭のこのへんで周ります」と桝井氏。撮影に使ったSPIN CAMは解体していたため、その残りのパーツを使って再現していただいた
SPIN CAMを紹介した映像

市販品より、自分で手掛けたほうがいいものができる

渡邊:桝井さんは最初から特機オペレーションだったのですか?

僕は東京・赤坂にあった東京映像芸術学院という映像学校を卒業してすぐに制作会社に入り、番組のネタをリサーチしたりするテレビ情報番組の番組ADに携わりました。しかし、10ヶ月続きませんでした。性に合わないし、あと私はいっぱい寝ないと駄目。寝られないじゃないですか?制作会社って(笑)。業界向きではありませんでした。

その後、アルバイトをしながら、東京映像芸術学院の同期だちと空き時間に自習を行う機会がありました。ホームセンターで売っている安いパイプにドアを開け閉めする滑車みたいなのをつけて、特機を作りました。知識もまったくない中で、最初は簡単なレール上で移動車が動くものでした。しかもパイプはタオルハンガー程度のもので、とても弱かったです。一回の撮影でパイプは潰れてしまい、ワンテイクしか撮れないようなものでした。

インチキクレーンとかも作りました。角材をトラス型に組んで、上下はできるけれどもその場から動けない。そんなのもありましたね。

しかし、後輩が卒業して制作会社の現場で活躍し始めると、「インチキでもいいから貸してくれ」と連絡をもらうようになりました。貸し出しをすると、金額はわずかですが支払もありました。

1円でも支払われるのならば、もっときちんとしたものを提供したいと思い始めました。三和映材社さんの前を通り掛かる時に、道路からレールを眺めて「こうなってなければいけないのか?」と研究したこともありました。

最初は当然、レールのジョイント部分のつなぎ目の状態は良くありませんでした。でも、徐々に理解し、改善できました。思考錯誤を繰り返し、低価格で金属製を使い、何十回でも使えるレールを実現できました。すると、コンサートやCMに少しずつ呼んでもらえるようになりました。

これまで、特機は個人所有しない、個人で持つ人もいない、レンタルが当たり前でした。その常識を問い直して、特機を個人で買える値段で提供を開始しました。推測の域ですが、自分で所有する人は増えていると思います。それは僕にとってはいいことですが、今までレンタルで貸していたところは厳しくなっているのかもしれません。

渡邊:桝井さんが、市販の特機を購入しなかった理由はなぜでしょうか?

特機業界は大手会社会社が4~5社、あとは中小企業で成り立っています。中小企業といっても、個人社長みたいな人たちが40~50人ぐらいいるかもしれません。

基本的に、皆さん機材を購入します。中には、1,000万円ぐらいする機材を買う方もいらっしゃいます。そうしなければ、現場から声がかからないからです。そのため、個人事業主ですが法人化して銀行から資金を借りて購入というパターンが多いようです。

僕の場合、お金を借りて機材購入するのを惜しみました。自分で作ったほうがまだ上がりもいいからです。既製品を使うと「これいいんだけれども惜しい」「なんでこんな手間のかかる」「こうしたほうがみんな楽ではないか?」と思うことが多かったです。とにかくいかに現場を楽にやるか。こんなことで時間がかかっていたらもったいない、と思うことがあり自社開発に至りました。

渡邊:最近、オーダーが多い商品はどちらになりますか?

一番多いのは軽量レールですね。やっぱり皆さんいままで鉄製を使っていて、大変な思いをしてきたと思います。特機業界は独立する方が結構多く、「他の会社でこういうの見たけど」「どこで買ったの」みたいなのを聞いて、問い合わせをよくいただきます。

小型ドリーの図面。BEETLEを元にして何ヵ所かカスタマイズしたもの
渡邊:思い入れがある自社機材を挙げて頂くとしたら、何になりますか?

みなさんに喜んでいただいたのは、もっとも重いレールの「プロフェッサートラック」でした。「軽い」「安い」を特徴としたトラックシステムを発売している中でも、プロフェッサートラックは値段もかなり跳ね上がります。しかし、ドイツ製しか発売していなかったアルミニウムを材料としたトラックシステムを日本で発売すると、「いろんなところ探して、ようやくみつけたよ」みたいな感激の声を多数いただけました。

「マイスタートラック」というシリーズの耐荷重は1.3トンですが、プロフェッサートラックはアルミニウム製で2トンの耐荷重を超えることができます。実はそこまでの荷重がかかる重い特機は国内にはないので必要ないですが、安定感がぜんぜん違います。本当に口うるさい人が、喜んでくれました。

普通のドラマレベルの撮影には、こんなスペックはまったく求められていません。オーバーなんですよ。ではなくて、CM撮影とか、むしろマニアに近いです。切断時に切り刃から火が出るぐらい硬いコーティングがしてあります。通常高額になるのでやりませんが…(笑)。

だから、数もそんなに出るものでもありません。でも安いです。やはり値段でも勝負しないといといけないですね。弊社は有名ではないので。

事務所には、切断前のマイスタートラックがずらりと並んでいた
渡邊:レールの加工、切断も桝井さんご自身で行っているのですか?

材料は何個でも正確に同じものを作る会社が近所にあります。そこで私が納得いくまで何回も作り直しをしてもらい、何百という単位で注文します。それを段差がでないように、工業用接着剤であるべき位置につけるのが私の仕事です。

ただ、その作業は大変なため失敗もします。冬と夏で全然仕上がりが変わるため、その差が出ないようにするまで何年もかかりました。

高速移動に対応した移動車を開発

渡邊:長い間特機業界で活躍されてきて、業界の変化を感じることはありますか?

ちょっと早いかもしれないですが、クレーンなど不必要になる時代がいずれくるかもしれません。高さの問題とかありますが、MoVIとかでかなりいいワークができています。「あ、これはMoVIで行けるので今回いいです」と言われることもあります。CM撮影ではレールとちょっとしたクレーンなどで結構まかなえるようになってきたなと感じています。

特機はたまには必要でしょうが、ずっと続くものではないと思っています。数は減っていくと思います。

渡邊:それでも若い人たちが特機を目指したいと希望するなら、どうしたらよいでしょうか?

希望するなら、有名な会社に入ったほうがいいでしょう。仕事の種類も多いでしょうし。ただし、怖い人もいっぱいいると思います。そもそも私は怖い人がまったく駄目です。ここにある特機は、どれも現場で怒られないように作ったものです(笑)。

渡邊:METAL WORKの今後の展開が楽しみです。すでに考えているアイデアとかあるのでしょうか?

実は、動き始めています。僕と別の電子制御のエキスパートのチームが一緒になって、電子制御系で動く大型ジンバルを開発しており、時速80kmぐらいで走れるレールを使った移動車を組み合わせたものを開発中です。

こちらはお客様からのオーダーで、開発しているわけではありません。「やってみたいね」という話で盛り上がったので「やりましょう」と決まった感じです。トップアスリートの100m競争を楽に追い越せるぐらいの移動車になる予定です。

公開できる時がきたら報告させていただきます。


WRITER PROFILE

渡邊聡 1960年5月8日生まれ。東京都世田谷区出身。東放学園専門学校放送広告科卒。スチール、ムービー、テレビの撮影現場を渡り歩き、たどりついた先のポスプロでマネージャーを務めるが、無駄な作業の多さに嫌気がさし、ノンリニアオンリーのポスプロを新たに立ち上げ、番組編集作業の効率化を図り、エバンジェリストとして活躍する。MPTE 日本映画テレビ技術協会会員。


[ Writer : 渡邊聡 ]
[ DATE : 2020-12-23 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[渡邊聡の映像業界、この人が氣になる]Vol.02 放送業界、映像業界を影で支えるテクニカルファーム、片岡幹貴会長に聞く

取材:渡邊聡 構成:編集部 映像機器メンテナンスとオリジナル製品製作の裏側を聞く 筆者が気になる映像業界で活躍しているメーカーやクリエイターにお話を聞く連載。第2回目は... 続きを読む

[渡邊聡の映像業界、この人が氣になる]Vol.01 中古中継車販売オンリーワンのVIVID社の中川賢司社長に聞く

取材:渡邊聡 構成:編集部 話題のサービスを提供する社長や技術者に聞く 筆者は専門学校卒業後、スチール、ムービー、テレビの撮影現場を渡り歩き、リニアのポスプロのマネージ... 続きを読む

WRITER PROFILE

渡邊聡 1960年5月8日生まれ。東京都世田谷区出身。東放学園専門学校放送広告科卒。スチール、ムービー、テレビの撮影現場を渡り歩き、たどりついた先のポスプロでマネージャーを務めるが、無駄な作業の多さに嫌気がさし、ノンリニアオンリーのポスプロを新たに立ち上げ、番組編集作業の効率化を図り、エバンジェリストとして活躍する。MPTE 日本映画テレビ技術協会会員。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 渡邊聡
  6.  > 
  7. [渡邊聡の映像業界、この人が氣になる]Vol.03 撮影現場で人気のオリジナル特機を手掛けるMETAL WORK、桝井正美氏に聞く