PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 編集部
  6.  > 
  7. [OnGoing Re:View]Vol.126 高画質と常用性を両立したシグマの交換レンズ新製品「Iシリーズ」3本を動画撮影で試す
Column

Vol.126 高画質と常用性を両立したシグマの交換レンズ新製品「Iシリーズ」3本を動画撮影で試す

2021-03-11 掲載

txt:SUMIZOON 構成:編集部

■シグマIシリーズ(フルサイズ対応レンズシリーズ)
希望小売価格:
24mm F3.5 DG DN | Contemporary:税込73,700円
35mm F2 DG DN | Contemporary:税込85,800円円
65mm F2 DG DN | Contemporary:税込97,900円
問い合わせ先:シグマ

今回はシグマの新しい「Iシリーズレンズ」3本をお借りして映像を撮影する機会をいただいた。今回お借りしたのは「24mm F3.5 DG DN | Contemporary」(以下:24mm F3.5)「35mm F2 DG DN | Contemporary」(以下:35mm F2)「65mm F2 DG DN | Contemporary」(以下:65mm F2)の3本。

昨年シグマが発表したミラーレスカメラシステムに新たな価値を提供するという、フルサイズ対応の新たなレンズシリーズ、それが「Iシリーズレンズ」だ。

シグマIシリーズ3本説明写真

この「Iシリーズレンズ」は昨今のミラーレスカメラによる小型化にマッチした非常にコンパクトなレンズであり、試用させていただいたのはLマウント仕様のものになる。このレンズはスチルユーザーの注目を多く集めていると思うが、今回は同レンズを動画で試すべく、筆者の愛機LUMIX S1HとS5で撮影を行った。

一方で、スチルの実力も探るべく、筆者の古くからの友人に協力してもらいLeica SL2(47Mピクセル)のスチル撮影も併せて行った。スチルの作例の方も紹介したい。

シグマレンズとの出会い

私が子供の頃に初めて手にしたシグマのレンズは叔父から譲り受けた安いレンズ。当時はサードバーティのレンズなんてのは写りも作りもイマイチなイメージがつきまとっていたわけだが時が流れ、社会人になり自分の働いたお金で初めて手にしたシグマのレンズが「50mm F1.4 EX DG HSM」である。

これが私を写真と映像を撮る楽しさに誘ったレンズであり、どんなことがあってもこのレンズだけは手離すまいと誓っている思い入れの深いレンズである。当時は少なくとも私はこのレンズで撮った写真が鳥肌が立つほど美しいと思っていたし、これで撮ることが至福の時であったのである。

筆者が今も大切にしているSIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM(生産終了)

偉そうなことを書ける立場にはないのは承知だが、後から思えば、この頃からシグマという会社のレンズは単なるマウント互換のレンズを作るのではなく、純正とは違う一味違う価値や面白さを提供するアイデンティティを確立するために着実に歩み始めたのだと思う。

さらに十数年時は流れ、時代はミラーレス一眼一色に。独自のアイデンティティを確立したシグマが放つ小型単焦点のIシリーズを今回は3本一気に試させて頂いた。

作例

まずはいつもの様に動画作例をご覧いただきたいと思う。

SIGMA Iシリーズ3本を一気に試す

全てのカットに撮影時のカメラ、レンズの種類とF値、ISO感度、クロップ(35mmフル画角/APS-C)、周辺光量補正のON/OFFの状態を記載している。撮影は全て10bitフォーマットかつLogプロファイルにて行った。周辺減光をリカバーしたりシャープネスを変更するなどの処理は行わず素材として素性がなるべく分かる様に極端なグレーディングは避けたつもりだ。なお、3:36から5:52までのシーンの中で一部スタビライザを使用したカットはあるが、それ以外は全て手持ち撮影である。

結論を先に書くと、この三本のレンズともコンパクトなのによく映る。スタビライザとのマッチングもよくLUMIX Sシリーズで使う限り手持ちで十分動画撮影が可能。特に24mmは単焦点として控えめな明るさではあるものの、今時のカメラであれば夜の撮影においても全く問題なく撮影ができる。ボケの柔らかさも筆者の好むところであり、開放でも躊躇なく使えるレンズだと感じた。

各レンズ概要

今回試用したレンズの仕様概要は下記の通りだ。いずれのレンズも筆者の愛機S5と組み合わせた状態のものを写真に載せているがその姿形は素直に「かっこいい」と思わせるものだ。俄然その気にさせる外観である。

■24mm F3.5 DG DN | Contemporary

特殊低分散ガラス一枚を含む8群10枚構成、絞り羽根7枚(円形絞り)、最短撮影距離10.8cm、フィルタ径55mm、重量225g(Lマウント仕様)230g(Eマウント仕様)

シグマIシリーズ3本説明写真
LUMIX S5とのマッチング
■35mm F2 DG DN | Contemporary

特殊低分散ガラス一枚を含む9群10枚構成、絞り羽根9枚(円形絞り)、最短撮影距離27cm、フィルタ径58mm、重量325g(L/Eマウント仕様)

シグマIシリーズ3本説明写真
LUMIX S5とのマッチング
■65m F2 DG DN | Contemporary

特殊低分散ガラス一枚を含む9群12枚構成、絞り羽根9枚(円形絞り)、最短撮影距離55cm、フィルタ径62mm、重量405g(L/Eマウント仕様)

LUMIX S5とのマッチング

フードを含めてメタル外装を採用

まずは外観から見てみると先に発売されている45mmF2.8 DG DNと共通した外観となっている。フードを含めてメタル外装であり非常に質感が高く所有欲を沸き立たせる作りとなっている。

フォーカスリングはバイワイヤ方式ながら適度にトルク感があり感触が良い。絞りリングはクリック感があるものなので、動画撮影で使いにくいと感じる人もいるかも知れないが、筆者の撮影スタイルでは特に問題はない。それどころかクリック感が心地よく無駄に絞り操作をさせてしまいたくなる一面がある。

シグマIシリーズ3本説明写真

シグマのHPを見てもレンズボディのつくりに関しては山木CEOの「正直、やり過ぎました」という文言が記載されている。フォーカスリングも絞りの作りもまさにその通り。この文言をみて「なるほどな」と感じずにはいられない。

3本のレンズともほぼ同じ色味を実現

一般には複数のレンズを使用して撮影した際、レンズごとの微妙な色の違いがあるとカットの繋ぎで違和感が生じるケースがあると思う。それを極力なくすためにカット毎にいったんニュートラルにするカラーコレクションを行うのが一般であるが、これは重要な作業であるものの非常に地味であり面倒だ。

一方で、今回の作例では3つのパートに分けてカラーコレクション、カラーグレーディングを行っているが、パート内の同じシチュエーションではレンズが異なっても、基本的に同じパラメータを適用してカラーコレクション&グレーディングを行っている。

これが意図するところは今回の3本のレンズともほぼ同じ色が出るということである。若干NDフィルタ起因と思われる色転びを補正したカットはあるものの、基本的にそれぞれが共通した発色傾向にあると思う。

これは定量的な計測を行っているわけではないので筆者の感覚的な話だが、3本のレンズを取っ替え引っ替えして撮影をしても、ポスト処理に手間をかけることなく楽にグレーディング作業が行える点は非常にありがたい。

また、全体の色味に関しては基本的にニュートラルで色には癖がなく、適正なホワイトバランスで撮影してさえいれば、いきなりカラーグレーディングを初めても何ら問題はないと感じた。

逆光耐性

3本のレンズ共に太陽の位置を気にせず撮れる安心感がある。作例をご覧いただいた方はご納得いただけると思うが、意図的に太陽を構図に入れて撮影しているカットが多い。嫌なゴーストが発生することなくむしろ太陽を入れるような構図で撮影することが楽しくなるレンズである。

また、ゴーストが出にくい特性と併せて逆光で撮影した際の光が柔らかく映る傾向にあると感じた。適度に光が拡散されて美しいトーンを醸し出す。この光の柔らかさはS5/S1Hの10bit Logの階調性の高さも相まってより豊かなトーンを醸し出している。このレンズで動画を撮影するなら是非10bitで撮るべきだと思わせるカットだ。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_10.jpg

※画像をクリックすると拡大します
24mmの逆光シーン

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_11.jpg

※画像をクリックすると拡大します
35mmの逆光シーン

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_09.jpg

※画像をクリックすると拡大します
65mmの逆光シーン

ただし、使用しているNDフィルタなどの使用によってはゴーストが発生することがあるのでその点は注意してほしい。

美しいボケ

3本は焦点距離も開放F値も異なるため当然ボケの大きさは異なる。だが、それぞれ共通したボケの柔らかさを感じる。ボケのエッジが滑らかであり非常に美しいと感じる。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_12.jpg

※画像をクリックすると拡大します
65mm開放のボケ

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_13.jpg

※画像をクリックすると拡大します
24mm開放のボケ

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_14.jpg

※画像をクリックすると拡大します
35mm開放のボケ

逆説的だがボケの美しさはピント面のシャープさを表現する立役者の様な働きをしていると思う。特にボケを必要としないシーンでも開放を無意識に多用してしまっているのは撮影しているうちに、この美しいボケに魅了されてしまっていたからかも知れない。

十分な解像力

解像力に関しては3本の中で65mmは際立って高いものを感じた。65mmに比べると35mm/24mmは若干線が太いと感じる面もあるがそれでも4K映像を撮影する上において解像度が問題になることは全くないと感じた。下の写真は友人に協力してもらい撮ってもらったLeica SL2(4700万画素)での写真であるが四隅まで解像感が高い。昔のレンズの様に絞ると共に急激に解像力が立ち上がってくる印象はなく、開放から解像力は高いと感じた。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_15.jpg

※画像をクリックすると拡大します
24mmのスチル/絞りF10

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_16.jpg

※画像をクリックすると拡大します
24mmのスチル/絞りF10

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/ong127_SIGMAISeries_17.jpg

※画像をクリックすると拡大します
65mmのスチル/絞りF5.6

いずれも遠景よりも近景描写の方が得意な印象を受けたが3本とも4K撮影において遠景も近景も十分な解像力で映像を映し出すことが可能だと感じた。

運用面での感想

■3本とも持っても全く苦にならない重さと大きさ

先に示した通り、それぞれ24mm/35mm/65mmのそれぞれの重量は230g/325g/405gであり、合計でも960gである。3本持ち歩いたとしても1kg程度しかないのである。この感覚は筆者が愛用してきたマイクロフォーサーズのレンズ群を持ち歩く感覚に近いものがあり機動力高く撮影することができる。リグを組まない状態のミラーレスカメラ、そしてこの3本のレンズを気軽に小さなカメラバックに入れて一日中撮り歩く、ということができるのがありがたい。

■異なるフィルタ径

この3本のレンズのフィルタ径は異なっている。24mmF3.5/35mmF2/65mmF2のフィルタ径はそれぞれ55mm/58mm/62mmとなっている(なお、同じIシリーズの45mmF2.8 DG DNは24mmと同じ55mm)。当然焦点距離もF値も異なるためサイズが異なってしまうことは致し方ないと思うのだが、3本を同時に持ち歩くことを考えると、これらレンズのフィルタ径が同じだったら利便性が高いのに、と感じなくもない。

それぞれ異なるフィルタを用意するのも手ではあるが筆者の場合は使い慣れている77mmのフィルタに揃えるため全てのレンズ径に併せてステップアップリングを用意した。

シグマIシリーズ3本説明写真

これにマンフロットから発売されているXumeを使い簡単にフィルタを脱着できるようにして運用した。NDフィルタの径とレンズのフィルタにはかなりの差が出てしまい不恰好ではあるのだが、便利さには変えられない。

■マグネット式メタルキャップ

今回のIシリーズではマグネット式メタルキャップを付属している。このキャップはレンズ全面にピタッと磁力で収まる様になっている。

キャップ裏面には起毛加工が施されており、キャップ装着時にレンズ本体側に傷が付かないよう対策されている様だ。

また、専用のレンズキャップホルダ(CH-11)を使えばベルトやリュックなど自分の気に入った場所にキャップを装着することができる。

工業製品として美しく、そしてすごく面白いギミックではあるのだが、動画撮影の場合は日中撮影ではNDフィルタを使うことがほぼ必須である。スチルの際には便利と思われるが、日中の動画撮影ではこの恩恵を受けることはなかった。

一方、夜間の撮影やスチル撮影ではほぼフィルタが不要なので、このレンズキャップとホルダの組み合わせを運用した時の感想を述べたいと思う。

少々辛口になってしまうが、このキャップはメタルフードをした状態での取り外しは難しく利便性という意味では改善を望む点が多い。表面に取手部があればフードを取り付けた状態でのキャップ取り外しが可能と思われるが、何らかの理由があってのことかそういった形状にはなっていない。

このスタイルは非常に魅力的なので利便性の向上を今後期待したい。

まとめ

■どこかノスタルジックな描写に惹かれる

シグマといえばとにかくシャープに映る印象のレンズが多い。もちろんこのレンズも例に漏れずピント面はシャープに映るのだが、前述の様にボケが非常に柔かい印象を受けた。個人的な感覚的な感想を書かせていただくなら、柔らかい逆光描写も相まって、どことなくノスタルジックに映るレンズという印象を受けた。今までのシグマのイメージだと有機質というよりはどことなく無機質、人間的よりは少し機械的なイメージを持っていたのだが、このレンズは有機質、人間的なイメージを感じる。

■スローに撮りたくなる

仕事での撮影の場合は限られた時間の中で撮れ高を優先する必要がある。そのためズームレンズ(バリフォーカルレンズ)を使うことがなんだかんだ便利である。だが、そういった利便性を置いておきゆっくりと美しいボケと柔らかい光を感じる描写に身を任せ、身も心も軽くスローに撮りたいと感じさせるレンズの魔力がこのIシリーズの3本にはあると感じた次第である。

■最後に

今回は24mmF3.5/35mmF2/65mmF2の3本全てを贅沢にも同時に試させていただいたが、実際には、この3本のレンズを同時に揃えることを考えている方は少ないと思う。撮影用途に応じてレンズを選ぶのが当然といえば当然であるし、撮影機材を揃えるための優先順位もあるだろう。広角の24mm、汎用性の高い35mm、ポートレートや被写体を引き寄せたい場合に便利な65mm、いずれも映りも作りも満足度の高いレンズであり導入すればきっと満足いく結果になると思う。

だが、このIシリーズをいずれか一本手にすると、他の焦点距離のレンズもきっと欲しくなってしまう「Iシリーズ沼」が待ち受けていると思うのだ。これだけ作りが良くてコンパクトなIシリーズをコンプリートしてしまう人は少なくないだろう。

SUMIZOON
2011年よりサラリーマンの傍ら風景、人物、MV、レビュー動画等ジャンルを問わず映像制作を行う。機材メーカーへの映像提供、レビュー執筆等。現在Youtube「STUDIO SUMIZOON」チャンネル登録者は1万人以上。Facebookグループ「一眼動画部」主宰「とあるビデオグラファーの備忘録的ブログ」更新中。


WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2021-03-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

Vol.135 8K30PやATOMOS NINJA Vを使ったProRes RAW収録にも対応するソニーαシリーズ最上位機種「α1」レビュー[OnGoing Re:View]

txt:松本和巳 構成:編集部 ■デジタル一眼カメラ α1 ソニーストアの価格:税込880,000円(希望小売価格はオープン) 問い合わせ先:ソニー ... 続きを読む

Vol.134 手軽にFPVが楽しめるDJI FPV登場。ゴーグルを使用したドローンの操縦やマニュアルモードを検証[OnGoing Re:View]

txt:藤本拓磨 構成:編集部 ■DJI FPV DJI FPV コンボ 税込154,000円 DJI FPV Fly Moreキット 税込33,... 続きを読む

記事のタイトル

Vol.133 使い勝手が劇的に向上したBMPCCシリーズ最新カメラ「Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K Pro」[OnGoing Re:View]

txt:伊納達也 構成:編集部 ■Blackmagic Pocket Cinema Camera 6K Pro Blackmagic Pocket Cinema Camer... 続きを読む

Vol.132 ハッセルブラッドHシステムのレンズ焦点距離を縮小し、Xシステムで使用可能な「XHコンバーター 0,8」検証[OnGoing Re:View]

txt:新田みのる 構成:編集部 ■XHコンバーター 0,8 発売日:2021年3月27日 価格:税込122,100円 問い合わせ先:ハッセルブラッドジャパン X... 続きを読む

Vol.131 エンコーダーの決定版。Blackmagic Web Presenter HDを検証[OnGoing Re:View]

txt:尾上泰夫 構成:編集部 ■Blackmagic Web Presenter HD 価格:税込62,678円 問い合わせ先:Blackmagic Design ... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所代表。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 編集部
  6.  > 
  7. [OnGoing Re:View]Vol.126 高画質と常用性を両立したシグマの交換レンズ新製品「Iシリーズ」3本を動画撮影で試す