PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU
  • imgInstagram
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 江夏由洋
  6.  > 
  7. [DigitalGang!]Shoot.36 SonyシネマラインFX3が持つ可能性~α7S IIIやFX6との棲み分けはいかに?
Column

Shoot.36 SonyシネマラインFX3が持つ可能性~α7S IIIやFX6との棲み分けはいかに?

2021-03-12 掲載

txt:江夏由洋・金戸聡和(マリモレコーズ) 構成:編集部

突然のFX3登場

FX3
突如発表されたFX3。これでシネマラインは盤石に

FX3の突然の発表に驚いた人も多いと思う。私も正直ちょっと目を疑ったくらいだ。そもそもα7S IIIと同スペックのシネマカメラであるFX6が発売になってまだ間もないタイミングであったし、実際にFX3がα7S IIIと比べてまるで双子のようなカメラであるため、その違いは一体?とざわつきも見られた。

FX3とα7S III
ほぼ同じスペックのFX3とα7S III。どちらを選ぶか…大いに悩んでしまう

加えて、同タイミングでα7S IIIのファームウエアがアップデートされ、S-Cinetoneのピクチャープロファイルが追加されたことで、2台のカメラの線引きがさらに難しくなったのではないだろうか?

ただ、発表から時間が経つにつれ、シネマラインにFX3が加わることで生まれるラインナップの完成度を感じることは事実だ。決して冗長的でないFX3が持つ魅力は間違いなく多くの現場で花を咲かせることになるだろうし、その可能は無限大だ。正にラン&ガンのスタイルでフルサイズのシネマ画質を作品に活かしていける。ミラーレスという言葉から逸脱したFX3は、まぎれもなく「シネマカメラ」なのである。

そのスペックはいかに

とはいいつつも、いまだ発売前でありながら、その実力や使い勝手は大変気になるところだ。特に昨年にα7S IIIを購入した人や、FX6やFX9を現場で使っている人にとっては「一体??FX3は買いなのか?α7S IIIは売った方がいいのか?」と少なからず思っているはずだ。そして私もその一人である。

そもそもSonyのウェブページを見ると、フルサイズ、4K120p、ISO12800の世界などなど、α7S IIIやFX6と全く同じスペックが並んでいる。どうやら、センサーの性能も同じようだ…。大きな違いといえば、冷却ファンが内蔵されていることと、トップハンドルにつけられたXLRの音声入力といったところだろうか。逆にEVFがない分、α7S IIIと比べると、足し算&引き算で生まれたシネマカメラといった印象だ。

その特徴的なXLR付きのトップハンドルや、筐体にデザインされたねじ穴からもわかるように「リグなし」でも、これ一台で決定的な瞬間を撮りにいけるというのがコンセプトだろう。冷却ファンがついたことで、長回しやヒートアップも気にせず、音も同時にモニタリングしながら攻めていける。

小型ゆえにその機動力も抜群で、ドキュメンタリーやウエディング、もちろんプロダクションにおいても申し分ない。またボタンの位置や、デザインが動画撮影に特化されているのは一目瞭然だ。映像制作をする人にとってはFX3に買い替えたほうがいいのだろうか?

■フレキシブル露出モード~ボタン1つでISOのオート/マニュアルの切り替えが可能~

外装の仕様などは後述するとして、まず気になる部分はカメラの中身についてだ。センサー性能も同じようだし、S-CinetoneもFX3・α7S IIIともに搭載済み。これは外見が違うだけかも…と思っていたところ、気が付かない部分に大きなアップデートがあった。

フレキシブル露出モード
フレキシブル露出モードはこちらで行う

α7S IIIから搭載された機能の一つに、「フレキシブル露出モード」という機能がある。他のαシリーズには非搭載のモードだが、FX3には搭載された機能だ。このフレキシブル露出モードは、これまでのプログラム、絞り優先、シャッタースピード優先、マニュアルモードの一つと捉えていい。

実際にモニター左上に、P、A、S、Mと同じく「F」と表示される。この機能を簡単に説明すると、露出設定項目の各ボタンを長押しすることで、それぞれの項目をシームレスに「オート/マニュアル」切り替えができるのだ。

この有効的な機能では、露出設定を行う絞り・シャッタースピード・ISOをそれぞれ切り替えできるのだが、α7S IIIでは、絞りとシャッタースピードの「2項目」のみしか「オート/マニュアル」の切り替えができないのに対し、FX3では、絞り・シャッター・ISOの「3項目」の切り替え可能である。

実はα7S IIIでISOの切り替えができないため、ISO切り替えができるFX3の方が断然オペレーションに差が出るのである。例えば、屋内から屋外へワンカットで移動するような撮影の場合、まず屋内用の設定で、シャッタースピードはフリッカーを気にして1/50か1/100、絞りも開け気味、ただし少し部屋が暗かったため、ISOは3200くらいでマニュアル撮影していたとする。

そしてそのまま、晴天の屋外へ被写体が移動した場合、被写体を追いかけるが、残念ながら全てマニュアル設定だったので、「あっ!」と、思った時には、露出オーバー…という、悲しいことが現場では多々ある。

FX6
FX6では3項目を変更可能。ISOが最も変えたい項目であろう
α7S III
α7S IIIでは2項目だけ
ISOボタン
カメラ上部のISOボタン。ここの長押しでISOのオート/マニュアルを切り替えできる

そんな時に、ISOボタンを長押しするだけで、ISOの項目だけシームレスにオートになるのだ!そうすると、屋外に出てもスムーズにISO値が適正露出に下がって行くのである。これまででは、ISOのパラメーターを急いて下げてしまい、その勢いにカメラが揺れてしまう、ということもあったが、ボタンを長押ししただけでISOが自然に調整されるのは実にありがたい。

それでも露出オーバーであれば、絞りかシャッタースピードのボタンを長押しすれば、いずれかの項目が瞬時にオートになり、適性露出に合わせてくれるのである。残念ながらα7S IIIにはISO切り替えはできず、この2台の大きな違いだ。内蔵NDが非搭載のFX3では、このISOオート/マニュアル切り替えは代替案として現場で活躍してくれる機能だろう。

■S-CinetoneによるCinema Lineの完成

SonyがCinema Lineシリーズで重要視しているのが、S-Cinetoneというピクチャープロファイルだ。ハイライト側が粘る特性を持っており、Rec.709の色域で撮って出しでも使用できる綺麗さを持つ優れもの。

FX3・α7S III・FX6にて検証
FX3・α7S III・FX6にて検証。左の2台はFX6より1段明るく収録された

FX6もこれまでSonyのカムコーダーで培われたHyperGammaなどのRec.709のピクチャープロファイルを取り払い、「S-Cinetone」「Still」「Standard」「ITU709」の4つのルックに限定して来たほどに、「S-Cinetone」はSonyの自信が伺えるルックだ。しかもα7S IIIは先日のファームアップによりαシリーズで唯一S-Cinetoneが使用できるようになったため、FX6ユーザーはFX3だけではなく、α7S IIIもサブカメとして選択できるようになったのである。

https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/DG_vol36_08.jpg
FX3で撮影。F4.0、SS1/100、ISO1250
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/DG_vol36_09.jpg
α7S IIIで撮影。F4.0、SS1/100、ISO1250
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/DG_vol36_10.jpg
FX6で撮影。F4.0、SS1/100、ISO1250。FX6だと少しアンダーに撮れている
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/DG_vol36_11.jpg
FX6で撮影。F4.0、SS1/50、ISO1250。FX6のシャッタースピードを1/50にすると、FX3・α7S IIIと同じになった
※画像をクリックすると拡大します

では実際問題、FX3とα7S IIIでS-Cinetoneの違いはあるのか?という疑問があったため、検証を行った。同じレンズ、同じ露出設定、同照明下でFX6を含めた3台で同時に撮影をしたところ、画の違いは一切見られなかった。同じセンサーを使用していれば当然のことではあるが、もはやFX3かα7S IIIかという悩みをより一層深める検証にしかならなかった。

しかし、同条件での撮影の中、FX6は2台と比べて1段暗く収録されていた。絞り4.0、シャッタースピード1/100、ISO1250で撮影であったが、FX6が暗かったため、シャッタースピードを1段遅い1/50にすると3台の画がマッチした。

モニター上では、FX3とα7S IIIのハイライトが明るく、適正露出はFX6の方だろう。同じ検証をS-Log3で行ったが、違いは一切見られなかったため、S-Cinetoneの使用時に発生するもののようだ。マルチカムで撮影を行う際は注意が必要だ。

■高感度撮影も3台の画は完璧にマッチ

α7S IIIの驚異的な性能の一つである、高感度時の低ノイズ。実際、ISO800とISO12800のノイズが同じだったということを知った時は非常に驚かされた。FX6もFX3も基本的にはα7S IIIと同じセンサーとプロセッサーを搭載しており、低照度の検証をしたところ、3台に違いは全く見られなかった。今回の検証では、ISO12800で行い、絞り4.0、シャッタースピード1/100。ただし前述したFX6だけは1段暗いことは変わらなかったため、検証の際はFX6のみシャッタースピードを1/50で行った。

暗闇でノイズ検証
暗闇でノイズ検証。FX3に搭載されたタリーランプにより、REC忘れは減るだろう
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/DG_vol36_13.jpg
FX3。F4.0、SS1/100、ISO12800で撮影
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/DG_vol36_14.jpg
α7S III。F4.0、SS1/100、ISO12800で撮影
※画像をクリックすると拡大します
https://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2021/03/DG_vol36_15.jpg
FX6。F4.0、SS1/50、ISO12800。シャッタースピードで1段明るく撮影。3台のカメラにノイズ感の違いはなかった
※画像をクリックすると拡大します
■FX3の導入を迷わせるXLRハンドルユニット

そして、FX3の導入を最も左右するポイントである「XLRハンドルユニット」だ。FX3はハンドルユニットに重きを置き、EVFを非搭載にした。たしかにカメラにトップハンドルがあると、ムービー撮影は楽になるし、トップハンドルのためにリグを組む場合はマストだと思っている。

そのトップハンドルに4chの音声入力がついたXLRモジュールを用意したFX3は、より撮影を効率的に行える良い流れだろう。ただし、ここでポイントとなるのが、ハンドルユニットのXLRモジュールが取り外し不可な点である。XLRを挿さないのであれば、音声モジュールは必要としない。

むしろ、取り外せないのであればカメラが大きくなってしまう分、ハンドルユニットではなく、普通のトップハンドルでいいだろう。ガンマイクを取り付けた現場や、音声を生かしたドキュメンタリー撮影であればXLRハンドルユニットは間違いなくベストな選択であるが、音声モジュールが不要な撮影の際は、逆に撮影がやりにくくなりかねないため、音声を使用しない撮影を想定するとこのハンドルユニットはつけないだろう。

そうなった場合、結果的にFX3でもリグをつけてトップハンドルは必要になってくる。もし、音声モジュールがなく、RECのON/OFFボタンがついたトップハンドルを純正で発売してくれれば、FX3の値打ちはさらに上がるだろう。

FX3
ハンドルユニットにあるON/OFFスイッチ。これによりハンドルユニットがあっても、カメラの内蔵マイクが活きてくる。しかし、ハンドルユニットをONにすると内蔵マイクは選択できないため注意が必要だ

また、FX3の外装は、動画撮影用に変更がいくつもされている。モード切替ダイヤルを無くし、耐熱性を高めるためにファンを内蔵など、細かい点をあげるといくつもある。個人的には、シャッターボタンの角度が変更されている点に、FX3が動画撮影機だという意識が強いことに気付かされた。

EVFがついていないFX3では、EVFを覗かずに、モニターをチルトさせ、お腹の前でカメラを構えることが多く想定されている。そのため、カメラを構えた時に、シャッターボタンに指をかけやすいように、α7S IIIと比べてシャッターボタンの角度がほんの少しだけきつくなっているのだ。

これまでのαシリーズでは、ハンドヘルドでお腹の前でカメラを構えた時に、指を置いておくシャッターボタンの角度がなんとなく手にマッチせず、少し違和感があったが、ムービーカメラのFX3では指をかけておくことに億劫さを感じず、指馴染みがとても良いのである。

FX3
FX3の方が若干だが、角度がついているのがわかる

一つ、注意点としては、FX3にスチル機能が「ない」と思う人が多いようだが、スチル機能は付いている。さらに、他のαシリーズにはなく、FX3とα7S IIIのみの機能としては、「スチル」「ムービー」設定を独立して設定できる機能が備わっている。

簡単に言えば、スチルとムービーモードを切り替えた場合、それぞれの設定が引き継がれずに、スチルはスチルの設定のまま、ムービーの設定に切り替わるので、わざわざピクチャープロファイルやシャッタースピードを切り替えるごとに変更する必要がないのだ。FX3、α7S IIIともにこの機能を持っているため、設定で有効にしておくことをオススメする。

FX3の外装にはいくつか変更があるものの、ハンドルユニットを使用しないのであればFX3もリグを組むことになるだろう。そうなると、α7S IIIとの違いがそこまで無くなってくる。むしろ、晴天の屋外での使用ではEVFが欲しくなり、EVFのないFX3よりもα7S IIIを選択することになると感じた。

もちろん炎天下の元、α7S IIIの耐熱性には当然限界はあるため、ファン付きのFX3の方が長回しができるだろう。もし自身の撮影が、音声を生かした撮影が多ければ、FX3がオススメで、音声は使わない撮影がメインであれば、α7S IIIでも十分事足りるかもしれない。このカメラ選びには正解がないため、「これだ!」と言い切れないところがもどかしい。

α7S IIIユーザーでは、手放してでもFX3にした方が良いとは言えず、新規のαユーザーであればFX3が絶対だ!とも言えず、各々の撮影スタイルに合わせて選ぶといいだろう。ただし、カメラの中身で考えてみると、「フレキシブル露出設定」の3項目が調整できることはやはり大きな魅力であることは間違いない。

これからシネマスタイルを導入したい人に最高の一台

どうやら、α7S IIIを持っている人にとってFX3の登場はそこまで悲報ではなさそうである。実際に手にできる映像は全く変わらないと言っていいし、α7S IIIをFX3のサブカメラとして使っているパターンであればXLRの入力もそこまで必須ではないのが現状だろう。

ただ、これからシネマスタイルで撮影を始めたいと思う人や、ミラーレス機の導入を検討している人にとっては、大きなチャンスが到来したと言っていいかもしれない。特に強力なAF機能や手振れ補正を武器に、ドキュメンタリー撮影では間違いのない一台と言えるだろう。またインタビュー撮影やステージ撮影など、4chの音声入力は大きな力を発揮してくれるはずだ。

冷却ファンが内蔵されていることで、ミラーレス機からシネマカメラへと見事な昇華を遂げたFX3は従来の撮影スタイルを大きく変えることになるだろう。そして、S-Cinetoneによりソニーのシネマラインが盤石なものになり、ユーザーはFX9/FX6/FX3と自身の撮影スタイルにマッチしたカメラを好きに選択できるようになり、高性能AF・高感度撮影という2つを武器に、さらなる映像を撮影できるだろう。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2021-03-12 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

Vol.135 8K30PやATOMOS NINJA Vを使ったProRes RAW収録にも対応するソニーαシリーズ最上位機種「α1」レビュー[OnGoing Re:View]

txt:松本和巳 構成:編集部 ■デジタル一眼カメラ α1 ソニーストアの価格:税込880,000円(希望小売価格はオープン) 問い合わせ先:ソニー ... 続きを読む

小林基己の視点メイン写真

Vol.02 民放キー局深夜ドラマ撮影にソニーα7S IIIを選んだ理由[シネマトグラファー小林基己の視点]

txt:小林基己 構成:編集部 ソニーα7S IIIの魅力を開発者に聞く 2020年11月の話になりますが、民放キー局オンエアの深夜ドラマをソニーα7S IIIで撮... 続きを読む

Vol.129 ソニーα1が導く写真と動画の交差の彼方(2)〜動画機能編[OnGoing Re:View]

txt:鈴木佑介 構成:編集部 Sony α1レビュー前半の連写編に続いて、後半は動画機能のレビューをしていきたい。果たしてソニーのフラッグシップカメラは動画カメラとしてはど... 続きを読む

Vol.128 ソニーα1が導く写真と動画の交差の彼方(1)〜連写編[OnGoing Re:View]

txt:鈴木佑介 構成:編集部 This is The Special One. 2021年1月末、ソニー初の「α」のフラッグシップ機として華々しく発表された「α1」。... 続きを読む

Vol.127 MF+AFを実現したソニーのハイブリットシネマレンズ「FE C 16-35mm T3.1 G」を検証[OnGoing Re:View]

txt:松本和巳 構成:編集部 ■FE C 16-35mm T3.1 G SELC1635G 価格:税別700,000円 問い合わせ先:ソニー α7シリーズよりもC... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
株式会社フロンティア 映像事業室 室長 プロデューサー・ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所代表。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
猿田守一
企業向け動画、番組制作、CM、動画配信、各種ステージ記録など撮影から編集まで行い、地域に根ざした映像制作活動を行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。専門分野は「人を描く」事 。広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。イージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会まで、フィールドは問わない。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。修士(芸術) 博士課程芸術専攻
荒木泰晴
東京綜合写真専門学校報道写真科卒業後、日本シネセル株式会社撮影部に入社。1983年につくば国際科学技術博覧会のためにプロデューサー就任。以来、大型特殊映像の制作に従事。現在、バンリ映像代表、16mmフィルムトライアルルーム代表。フィルム映画撮影機材を動態保存し、アマチュアに16mmフィルム撮影を無償で教えている。
ノダタケオ
ソーシャルメディアとライブ配信・動画メディアが専門のクリエイター。2010年よりスマホから業務機器(Tricasterなど)まで、さまざまな機材を活用したライブ配信とマルチカメラ収録現場をこなす。
山本遊子
山本遊子(やまもとゆうこ) フリーランスの映像ディレクター。1999年からテレビ、WEBなど様々なメディアで映像を作り続けている。うぐいすプロ
渡辺健一
映画録音技師/テクニカルライター(ペンネーム:桜風涼)著書「YouTuber/ビデオグラファーのための『完全録音マニュアル』」
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
千葉孝
収録が3/4テープの撮像管カメラ時代から長きにわたり映像に携わる。カメラマン歴33年。ドキュメンタリーからMV、ドラマ、映画、CMまで様々なジャンルで活動している。最近ではカラリストとしても数々の広告作品に参加。趣味はゲームとバイクと車。日本人で最初のiPhone購入者というのが自慢。
VISIONGRAPH Inc.
イノベーションリサーチに基づいて未来像 {HOPE} をつくる専門会社。様々な領域の未来を予報します。 SXSW Japan Officeも担っています。著書『10年後の働き方』発売中!
小島真也
Blackmagic Design認定トレーナー、写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
ダストマン
ド田舎暮らしの映像屋。本業はフリーのオンラインエディター、CM多め。趣味で色んな映像の作り方の YouTube【ダストマンTips】を配信している。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
西村真里子
株式会社HEART CATCH代表取締役。国際基督教大学卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。ビジネス・クリエイティブ・テクノロジーをつなぐ“分野を越境するプロデューサー”として自社、スタートアップ、企業、官公庁プロジェクトを生み出している。
長谷川朋子
テレビ業界ジャーナリスト、コラムニスト コンテンツビジネスの仕組みについて独自の視点で解説した執筆記事多数。最も得意とする分野は海外流通事情。カンヌのTV見本市MIP現地取材を約10年にわたって重ね、この分野におけるオーソリティとして活動中。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
柏原一仁
リリーヒルワークス代表。銀一株式会社にて映像機器・写真用品のセールス・マーケティングを経て独立。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。2019年6月SXSW Japan Officeを設立。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
小林基己
MVの撮影監督としてキャリアをスタートし、スピッツ、ウルフルズ、椎名林檎、リップスライム、SEKAI NO OWARI、欅坂46、などを手掛ける。映画「夜のピクニック」「パンドラの匣」他、ドラマ「素敵な選TAXI」他、2017年NHK紅白歌合戦のグランドオープニングの撮影などジャンルを超えて活躍。noteで不定期にコラム掲載。
染瀬直人
映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター。2014年、ソニーイメージングギャラリー銀座にて、VRコンテンツの作品展「TOKYO VIRTUAL REALITY」を開催。YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。Google × YouTube × VR SCOUTの世界的プロジェクト"VR CREATOR LAB”でメンターを、また、デジタルハリウッド大学オンラインスクール「実写VR講座」で講師を勤める。著書に「360度VR動画メイキングワークフロー」(玄光社)など。VRの勉強会「VR未来塾」を主宰。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
映像制作会社勤務を経て、2002年よりMVライターとして独立。映像サロン『スナック永子』主催。日本初監督別MVストリーミングサイト『TOKYO VIDEO MAGAZINE VIS』の編集長。2016年初エッセイ集『女の解体』を上梓。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
20年以上にわたり映像系ジャーナリスト/アドバイザー/プランナーとして活動、2016年よりHOT SHOTを創刊、同編集長としても活動中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。
  1. トップ
  2.  > 
  3. コラム
  4.  > 
  5. 江夏由洋
  6.  > 
  7. [DigitalGang!]Shoot.36 SonyシネマラインFX3が持つ可能性~α7S IIIやFX6との棲み分けはいかに?