Obsidian Proは、8基のAPS-Cイメージセンサーと、F2.8のフィッシュアイレンズを搭載。8つのレンズの絞りやフォーカスを、一括でコントロール可能とした超ハイエンド~シネマティック12K360°3DVRカメラだ。4月に中国・北京でローンチイベントが開催され、その後7月に日本にわずか数台が入荷した。筆者はこの希少な実機に触れることが出来たので、今回はまず開封レポートをお届けする。

日本に上陸したKandao Obsidian Pro

Kandao社の概要

同連載でも度々取り上げてきた中国・深圳のKandao Technology社は、2016年の創立以来、VRイメージング製品やAIデジタル画像をはじめとする最先端の次世代映像技術の研究・開発に注力してきたスタートアップ企業だ。

Kandao社は、プロシューマー向けのVRカメラObsidianシリーズ、5G+8K VRライブストリーミングシステム、そして、コンシューマー向けVRカメラQooCamシリーズを発売。さらに360°ビデオ会議システムとして、Kandao MeetingとKandao Meeting Proをリリース。9月には新製品Kandao Meeting Sのローンチを予定している。

これまで開発した製品は、「CES Best of Innovation Awards」、「Red Dot Award」、「iF Product Design Award」などの数多くの国際的な権威ある賞を受賞している。

Kandao社は、中国のエンターテインメント企業ALPHAグループ、深圳のカメラ製造会社SKY LIGHT、台湾のIT企業Foxconn(鴻海科技集団 / 富士康科技集団)から継続的に投資を受けている他、この8月、CDF-CapitalとSHENZHEN Guaranteeが主導する新しい資金調達ラウンドにおいて、数百万ドルの調達に成功している。

同社のCEOであるChen Dan氏は、「Kandao社は、5G時代のVR / ARにおける画像技術と製品の市場について楽観的です。未来はメタバースの時代であり、オンラインとオフラインのサービスはさらに統合され、仮想世界と現実世界はより密接に接続され、イメージングは最も重要な部分の1つでなければなりません。将来的には、ビデオを見たり、リモートミーティングをおこなうにしても、イメージングの形式は間違いなく平面だけではありません。画像のキャプチャと画像処理に注力し、努力することで、新しいイメージングの革新に参加し、主導できることを願っています」と語っている。

CEOのChen Dan氏

ObsidianシリーズとObsidian Proの登場

Obsidianは、火山岩の一種である「黒曜石」を意味するネーミングが施されたKandaoのプロシューマー向け360°VRカメラシリーズだ。これまでにObsidian R、S、GOの3機種がリリースされてきた。

Obsidian R(レゾリューション)は、最大8K×8K 30fpsの解像度優先の動画性能を持つ。S(スピード)は、4K×4K 120fpsのフレームレート優先の性能。GOは、4K×4K 30fpsのスペックの初心者向けプロ機としての位置付けであった。

これまで発売されてきたプロ向けハイエンド機Obsidianシリーズのラインナップ

その中でObsidian Proは、今年満を持して登場したObsidianシリーズのフラッグシップ機だ。4月15日、北京の商業の中心地である朝陽区のSONY Academy of Imaging Technologyを会場として開催されたローンチイベントにおいて発表された。新型コロナウイルス感染予防のため、招待客の人数は制限されたが、このイベントには80~100人ほどのジャーナリスト、ディストリビューター、エージェント、KOL、そして、パートナーが参加した。

2021年4月15日、北京にて、現地時間の14時から開催されたObsidian Proのローンチイベントの模様

Obsidian Proのスペック

次に、Obsidian Proの仕様を見てみよう。筐体の大きさは369.2mm×236.8mm。重さは、11.16kg。

8つの2400万画素のAPS-Cサイズのイメージセンサーを配した360°3DVRカメラだ。ISO感度は最高12800で、14ストップのダイナミックレンジを持ち、輝度差が激しい環境や低照度において、ディテールの再現性が期待できる。8つのレンズを搭載しており、すべてのアングルについて、3つのレンズで撮影ができるので、オーバラップが十分とれ、ステッチの精度と立体視の効果を両立する設計が成されている。

F2.8~F16まで16段の絞りを電子制御方式で変更できるため、被写界深度をコントロールして、表現に反映できることは、画期的である。また、電子フォーカス制御により一体型VRカメラとしては初めて、「近距離」と「通常」の2つの焦点距離の選択を実現している。

Kandao Obsidian Proレポート説明写真
Kandao Obsidian Proレポート説明写真
Obsidian Proの俯瞰と正面から見た状態

Obsidian Proは、最大12Kx12K 30fpsの360°3D動画を撮影することができ、下記のメーカー公式サイトの仕様表には記載がないが、実はソフトウェアのAI画像処理を介せば、12K 60fpsの360°3D動画もサポートする。

動画のフォーマットとしては、10bitのApple ProRes 422 HQビデオ、12bitのRAWビデオ等に対応。フレームレートは、23.976、24、25、29.97、30、50、59.94、60となっている。

静止画においては、QooCam 8Kでもお馴染みの同社が誇るDNG8モードを搭載。14bit RAW写真を8枚連続で撮影し、アプリ「 Kandao Raw + 」 を介して、低ノイズの高品質な16bit RAW写真を生成することが可能だ。

ストレージは、4TB、8TB、16TBの専用のSSDがオプションで用意されていて、8つのレンズから得られたデータを一括で記録できる。カメラ内部でステッチされた4Kプロキシファイルは、microSDカードに保存され、編集時に利用することができる。

マイクは本体の下部と外側のパネルの後ろに、8つ内蔵されており、空間音声に対応。その他、底面にある3.5mm接続端子は、外部の標準オーディオのステレオ音声入力をサポートしていて、マイク入力とライン入力を選択することが可能だ。USB Type-Cのポートからもオーディオ入力が出来、マルチオーディオ入力チャンネルをサポートしている。

カメラ内部で8K 30fpsや6K 60fpsの360°VRライブ配信を処理。RTSP、RTMP、RTMPS、SRTの複数のストリーミング・プロトコルをサポートしており、HDMI出力の最大は、8K 30Hzとなっている(現時点では、ライブ機能は実装されておらず、9月頃、アップデート予定だ)。

ブレ補正のためには、9軸ジャイロスコープが内蔵。また、ストリートビュー撮影のために最適化されたGPSが内蔵されている。内蔵バッテリーは搭載していないので、給電は、AC/DCアダプターによるか、Vマウントバッテリー2台を、専用のバッテリーホルダーに装着して、使用する。

放熱対策としては、超高解像度の録画を安定的におこなえるように、新開発の熱放散システムである4mm 16ヒートパイプの液体冷却および120mm空冷が採用されている。

Obsidian Proの仕様

主な仕様 センサーサイズ APS-Cx8
レンズ 195°高解像度の魚眼レンズx8
F値 F2.8〜F16、1/3 EV
焦点距離 近距離、通常
焦点距離 6.6mm
ISO感度 100~12800
静止画 静止画のモード スタンダード、 DNG8、タイムラプス
静止画のフォーマット 14ビットDNG、8ビットJPEG、JPEG+DNG
動画 動画のフォーマット 12bit KDRaw
10-bit Apple ProRes 422 HQ
10-bit Apple ProRes 422
10-bit Apple ProRes 422 LT
8bit / 10bit H.265
動画の解像度 11520×11520 @ 30fps (12K 3D)
11520×5760 @ 30fps (12K パノラマ)
5760×5760 @ 60fps (6K 3D)
5760×2880 @ 60fps (6K パノラマ)
ライブ配信 ライブのプロトコル RTSP、RTMP、RTMPS、SRT
ライブ配信のモード カメラ内側ステッチング
ライブ配信の解像度 7680×3840 30fps (8K 30fpsパノラマ)
5760×2880 60fps (6K 60fps パノラマ)
ハードウェア HDMI最大出力 8K@30Hz
Wi-Fi Wi-Fi 6(802.11.ax)
Bluetooth Bluetooth 5.0
内蔵センサー 9軸ジャイロセンサー、GPS内蔵
ストレージ 8-in-1の一体化SSDモジュールx1(オプション)
マイクロSDx1(プロキシファイル用のストレージ)
接続 3.5mmオーディオ入力
USB Type-C
HDMI 2.0 Type-A
10Gbイーサネットポート
電源入力 プッシュプルセルフロックコネクタx1
XLR 4-Pin & 航空コネクタ 4-Pin 2B ケーブル
最大入力電力 160W
給電方式 Vマウントバッテリー電源(オプション)x 2
110~220V AC / DCアダプター
入力電圧:20V
ネジ穴 1/4、3/8、マルチ穴
外観 重量 11.16kg
サイズ 369.2mm×236.8mm

いよいよ、Obsidian Proを開封

今回、いち早くObsidian Proを導入したジュエ株式会社、三友株式会社のお誘いのもと、筆者は両社での開封の儀に立ち合うことが出来た。また筆者には、Obsidian Proのアンバサダープログラムにより、後日実機が提供されたので、ここにObsidian Proの本体や付属物を紹介する。

長編1mほどの段ボールに梱包されているObsidian Proと付属物とハードケース一式
Obsidian Proの専用ハードケース。大きさは、650×540×380mm。実機と合わせると、30kgほどの重量だ。キャスターが付いているので、路面の移動は可能だが、車のトランク等に積み込む際には、持ち上げるのに、かなり気合が必要だった
ケースを開けた状態。中には、本体の他、レンズカバー×8、WiFiアンテナ×2、電源アダプター、AC電源ケーブル、10ギガビットのLANケーブル、レンズクリーニングクロス、マニュアル、保証書等が同梱されている
筐体の大きさの比較に、煙草と並べてみた
巨大なレンズ保護カバーが8つ用意されている
大口径のF2.8のレンズは、10群14枚のレンズ構成で、エッジの色分散と偽色を低減。高精度コーティングと、サファイア素材が採用され、フレアやゴースト、色収差を低減する
本体正面の状態。LCDインタラクティブタッチスクリーンは、本体からプレビューとカメラコントロールが可能
本体上面。ハンドル、3.5mm接続端子、USB Type-C端子、放熱口、WiFiアンテナのポートが配置
2本のWi-Fiアンテナ
本体にWiFIアンテナを、取り付ける
アンテナを折り畳んだ状態
固定しているロックを外して、天頂部のハンドルを上げると、SSDをスロットから抜き差しできる設計となっている
SSDには、8-in-1の4TB、8TB、16TBの3種が用意されている。16TBでRAWを記録する場合、利用可能な撮影時間は90分。16TBでPro Res422HQを記録する場合、利用可能な時間は100分とされている。別売の専用カードリーダーは、現在、生産中の模様
microSDカードのスロット。カメラ内部でステッチされた4Kプロキシファイルは、microSDカードに保存される。カメラのファームアップの際にもmicroSDカードを利用することになる
本体底面。HDMI端子、データのダウンロードやライブ配信を、高速に行える10ギガビット対応の有線LANポート。電源入力の端子(XLR4-Pin&航空コネクタ4-Pin 2Bケーブル)。3/8三脚ネジ穴。1/4ネジ穴
本体に給電するための20V(最大160W)のAC/DC電源アダプター。プッシュプル・セルフロックコネクタ(LEMOコネクタ、 2Bシリーズ、 4ピン)となっている
オプションのVマウントバッテリーホルダー。大きさは、27x21x12cm。このKandao Vマウントホルダーが、ObsidianProに電力を供給するためには、2つのバッテリーが不可欠だ(2つのバッテリーのスペックが、異なっていても、使用できる)。Vマウントホルダーは、Obisidian Proの電力消費要件に対応するために、より大きな電源となるように特別に設計されている(これが、市場の他のVマウントホルダーがObsidian Proに使用できない理由。主流のものは、約80~100Wであるのに対し、Kandao Vマウントホルダーは、最大200Wを出力できる)。ただし、Vマウントバッテリーの充電には使用できない。Kandao Vマウントホルダーは、世界市場のすべての主要なVマウントバッテリーと互換性がある。例えば、135WH/個の2個のバッテリーは、最大2時間の屋外プロジェクトで、ObisidaProをサポートすることが可能だ
数人がかりで、Obsidian Proを三脚に設置する様子。本体の重さがおよそ12kgあることに加え、筐体も大きいので、十分な耐荷重の三脚を使用することをお勧めする

まとめ

今回はObsidian Proを電源に接続する前の状態で、開封レポートをお届けした。Obsidian Proは、現存するプロシューマー機の中でも最高峰の仕様であり、APS-Cセンサーを8基搭載しているだけに、筐体は非常に大きく、重量もあるので、1人でオペレーションするとなると機動力には欠ける。

超高解像度が必要なシネマティックVR制作のモチベーションのもとで、チームでの運用が実用的と思われる。スペック表には、タイプラプスが実行可能と表記されているが、発売当初は、実装されていたものの、現在、バグ調整のため、再実装は9月以降になる見込みだ。

また撮影後のステッチ作業については、自社ソフトのKandao Studioの対応も、やはり9月以降となり、それまではサブスクリプションで使用できるスペインのSGO社のステッチ専用ソフトMistika VRでステッチ処理を行うことになる。ライブ配信機能も9月以降に実装される予定だ。

次回以降には、本格的な検証レポートをお送りしたいと考えているので、そちらもどうぞ楽しみに、お待ちいただきたい。

Obsodian Proを三脚に設置した状態。横に立つ筆者と比較していただくと、Obsidian Proの筐体の大きさの見当がつくのではないだろうか
Obsidian Proの日本国内のおける販売価格

WRITER PROFILE

染瀬直人

映像作家、写真家、VRコンテンツ・クリエイター、YouTube Space Tokyo 360ビデオインストラクター。GoogleのプロジェクトVR Creator Labメンター。VRの勉強会「VR未来塾」主宰。