PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 萩原正喜 > [コロラド紀行]Vol.7 2008年 International Consumer Electronics Show開催!

News

[コロラド紀行]Vol.7 2008年 International Consumer Electronics Show開催!

2008-01-07 掲載

新年明けましてお目出度うございます。昨年10月21日にスタートした「コロラド紀行」ですが、今年の最初の第7号をお送りします。 こちらでは、クリスマスの賑わいと違って、あまり日本での正月という気分の少ないアメリカの新年ですが、本年も「アメリカのハイテク田舎」のコロラドから最近の状況を皆さんのお話の種となる様継続して行きたいと思います。 よろしくお付き合いの程お願い致します。

1月5日の我が家の前の通りの雪景色
私の家の前の通りRacine Streetの1月4日の降雪の後、翌日朝の様子です。家の前の歩道の部分の除雪はオローラ市の条例でその家に除雪の責任があります。雪がやんでから24時間以内に除雪してその歩行者達が滑って転倒などすると、その家の過失と言う事になって罰せられる事になっています。前の午後から何度か私が除雪を行ったのですが、朝起きてみましたら、また歩道に少し雪が積もっていましたので、箒で雪かきをしました。朝方の気温が摂氏零下10度以下となって雪は軽い乾燥粉雪でしたので箒で掃き寄せるだけで充分です。

昨年の12月25日のクリスマスデイはデンバー地区では前日迄は大変良い天気だったのですが、未明から雪が降って朝起きてみて一面の雪景色で30cm程積もっていたのでびっくりさせられました。文字通りのホワイトクリスマスとなりましたが、翌日は一日快晴となりましたが翌々日12月27日には再び終日の降雪で、夕方になっても降り止みませんでしたので、今度は本格的な積雪となりました。気温が毎晩、最低気温で摂氏零下10度となり、快晴の日中でも摂氏零下5度以下で冷え込んでいますので乾燥粉雪で積雪量としてはたいした事が無かったのですが小型エンジン付きの除雪車を今シーズンの練習の為に引き出して朝の除雪を行いました。

1月6日(日)になってやっと日中の気温も上昇して道路の雪は急速に溶けて消えましたが、現在でも裏庭にはXmasの時の雪がそのまま凍り付いて積もったままになっています。ロッキーの山々は大雪となって各スキー場は全部のリフトがフル運転となっており、昨年11月の中旬迄は雪不足で今年は商売にならないかと嘆いていた各スキー場ではこの例年以上の大雪でニッコリと言う状態になっています。

Winter CES(Consumer Electronics Show) 開催

毎年恒例の家電業界の年頭を飾る冬期コンスーマーエレクトロニクスショー(2008 International Consumer Electronics Show)がネバダ州ラスベガスのコンベンシヨンセンターを中心に周辺のホテルの催事場も使用して1月6日(日)の前夜祭を皮切りに10日(木)の間開催されています。

世界の各コンスーマーエレクトロニクス商品の展示と商談が主体となっている一大イベントで、特に各社からの画期的な新商品などで賑わしていますが、毎年会場ではその時々の業界のリーダーシップをとっている各社の経営責任者が順次Keynote Speechとして業界の見通しや分析結果などをショーの参加者に対して行っており、注目されています。

今年はその多くの講演のうちで開催期間中に特に注目される基調講演として注目されるものをピックアップしてみると下記の様なものが目につきます。

1月6日(日) Bill Gates氏(マイクロソフト社会長)- 今回のWCESの開幕初頭を飾るKeynote Speech
1月7日(月) Charlie Ergen氏(エコースター/Dish Network社会長)
Paul Otellini氏(インテル社社長)
1月8日(火) Brian Roberts氏(コムキャスト社CEO)
Kevin Martin氏(FCCの議長)
Gary Shapiro氏(Consumer Electronics AssociationのPresident / CEO)
1月9日(水) Nicholas Negroponte氏(MIT Media Lab.の創設者/「One Laptop per Child」プロジェクトの推進者)
1月10日(木) 閉会日

これらの講演の他に各メーカーや業界のリーダーの人達のセミナーが数多く行われて、これからのコンスーマーエレクトロニクス業界の方向が示される機会となっています。

かってはコンスーマーエレクトロニクスと言えば日本の各メーカーの独壇場と言う感のショーとなっていた時期が長らく続いていましたが、最近ではパソコン業界や通信業界の家電業界との融合が進展して、例えばアップルコンピューター社が同社のiPod と iTune Store による音楽配信事業で大きく業績を伸ばしている事から、同社の社名から「コンピューター」を除いて「アップル社」と変更した事がその近年の情勢を象徴していると言えます。アップル社では、同社の株主へのレポートの中で「もはやコンスーマーエレクトロニクスは日本メーカーの独壇場では無くなった。」と宣言しており、同社の意気込みが強く感じられます。

前回のこのレポートでお伝えしましたが、アメリカでの地上波TV放送のデジタル化への全面切り替え期日が、13ヶ月後と迫って来ており、今回のWCESでもHDTVセットを主体とするデジタルTVセットがショーでの中心商品となっていますが、アメリカのテレビ放送事業での主体を占めているケーブルTV(Comcast社)と衛星TV(EchoStar / Dish Network社)の責任者が、それぞれ講演を行うと言う事で、アメリカTV放送業界の今後の情勢を推測する上で大変有効なイベントとなっていると言えます。

特に今回初めてケーブルTV放送のComcast社では、その子会社のComcast Media Center社が会場に広いスペースを確保して参加しており、同社が運営しているニューヨークとロサンゼルスに在るTV放送プログラミングスタジオの紹介と宣伝を行っているのが注目されます。また、ケーブルTV業界でトップの会社の責任者がCESで講演するのは今回が初めての事となっています。更に衛星放送のDish Network社の会長のCharlie Ergen氏は今回のWCESの講演では同社の衛星放送サービスに於けるプログラム商品とその運用計画について紹介する事となっています。TV放送サービスのメデイアの新しい一つとして電話会社によるインターネットプロトコルベースのビデオプログラムの配信サービスが始まったばかりですが、特にAT&T やVerison社を先頭にコロラドでも中西部13州で地方電話サービス事業を展開しているQwest社が強力な視聴者獲得戦略を展開しており、次のSummer CESまたは次回のWinter CESでは主力電話サービス会社の経営責任者の講演が行われる事となるかもしれません。

2008年は高精細画像に対応するデジタルTVセットがアメリカの多数の家庭に設置されることになる事から、それを対象としたビデオプログラムのサービスが事業として大きく進展する切っ掛けの年となるものと思われます。地上波TV、ケーブルTV、衛星TV、IPTV,そして高精細ビデオデイスクシステムといったプログラムサービスが今後アメリカの家庭へどのようなペースで浸透して行くか、非常に重要な2008年となると思われます。

コロラドの地元新聞が取り上げている今年のWCESでの注目商品カテゴリー

地元新聞のDenver Post紙では今回の2008 International Consumer Electronics Showでの注目される商品カテゴリーとして次の様なものとなるとしています。

  • HDTV, HD-DVR, Blu-ray/HD-DVD
  • Digital Content – Music, Movie, TV Program
  • Game – Console, Computer, Software, Accessory
  • Mobile Electronics and Entertainment
  • In-vehicle Technology
  • Green Technology Practice
  • High-end Home Theater System

今回のWCESの基礎数字

  • 14万人以上の参加者数
  • 2700社が出展
  • 会期中に開かれるコンフェレンスの数200
  • Bill Gates氏の基調講演を始めとして300名の講演者数
  • コロラド州からの出展社数 24社

コロラド州からの出展会社の一覧(アルファベット順)

会社名 所在地 出展商品カテゴリー
Audio Imports Parker ハイエンドオーデイオのデイストリビューター
Able Planet Inc. Fort Collins 難聴者用の補聴器
ARC Wireless Solutions Inc. Wheat Ridge ワイヤレスネットワーク用部品とサービス
Avalon Acoustics Boulder ハイエンドオーデイオスピーカー
Ayre Acoustics Inc. Boulder 高性能オーデイオ&ビデオ機器
Boulder Amplifiers Boulder ハイエンドオーデイオ&ホームシアター機器
Case Logic Inc. Longmont オーデイオ&コンピューターアクセサリー
Comcast Media Center Douglas郡 デジタルメデイアプログラミング
Dali Loudspeakers Bloomfield デンマーク製高性能拡声スピーカーのデイストリビューター
EchoStar Communications Douglas郡 衛星TV放送サービス
Epilog Laser Golden 卓上レーザー彫刻システム
Etilize Inc. Denver 製品情報管理システム
Grand Prix Audio Durango 高性能オーデイオ&ビデオシステム用の防振台
Hopscotch Technology Boulder 電子機器のペアレンタルコントロールシステム
ITI
(Imaging Technology International)
Boulder 産業用のインクジェット技術
Jeff Rowland Design Group Colorado Springs 高性能ステレオ装置
Music Wizard Group
(Allegro Multimedia Inc.)
Longmont 音楽/ビデオゲーム/教育ソフトウエア
Nite Ize Inc. Boulder 懐中電灯、携帯電話機用アクセサリー
Otter Products Inc. Fort Collins カメラ機器
PS Audio International Boulder ホームオーデイオ&ビデオ機器
Subliminal Entertainment Inc. Lakewood オーデイオビデオ機器用の硬質木材家具
World Communication Denver Cricket社のアクセサリーのオンライン販売
YG Acoustics LLC Arvada ハイエンド拡声スピーカー

衛星放送のEchoStar社の視聴者用機器事業部門が分社化

アメリカの衛星TV放送でDirecTV社と視聴者数で業界を2分しているEchoStar社は先に同社の視聴者への供給機器を扱っている部門を分社化する計画を発表していましたが、今年年初から公式に分社化し社名をDish Network Corp.としたと発表しています。したがって、今後は持ち株会社のEchoStar Holding Corporationが衛星TV放送の事業を行い、Dish Netwrok Corporationが衛星放送のカストマー対象機器を扱う事業を手がけて行く事となりました。

この事を受けて、今年年初めのNASDAQでのEchoStar Holdings社の株価は73%も一気に上昇して、この2社の株式の合計市場価値は186億ドルとなりました。毎年雑誌Foebusが掲載している昨年のコロラドの億万長者番付けでトップとなっている同社のCharlie Ergen会長とその奥さんは主要株主の筆頭でもあり、今回の分社化で一段と株式の市場価値が上昇しましたので、今年もコロラドのトップ億万長者となることは間違い有りません。

あとがき

1月5日の我が家の前庭の雪景色
乾燥粉雪なので風が強いと吹きだまりが出来て大変ですが、今シーズンは幸い降雪時の風が弱く、快晴となって日中の気温が上がると融けかかった雪が夜に凍ってそのまま長い期日残っています。手で雪を握っても固まらないので、雪だるまなどを作る事は出来ません。それでも、家の屋根の雪は吹き飛ばされてあまり残っていませんが、1月下旬になると、明け方の最低気温が摂氏零下20度以下になりますので軒下には大きな雪庇が出来て下を通る時は注意が必要です。

毎年CESが開催されているラスベガスはネバダ州の南端に在り、ギャンブルであまりにも有名な町ですが、現在ではいろいろなハイテク企業が多く事業所を設ける様になり、その従業員や関係業務に携わる人口が近年急増して来ました。

まだ、依然としてギャンブル場やホテルでの働く人の数は多くを占めていますが、その町の状況はハイテクタウンと変化しつつあります。

コロラドからはデンバー空港やコロラドスプリングス空港から距離も近く、ラスベガス空港への直行便が頻繁に飛んでいますので非常に近くに在る町と言う印象です。 コロラドの地元新聞でもこのWCESの期間中は特別取材記事の欄を大きく割いて掲載しています。

今迄比較的規模の大きなコロラドの会社ではWCESへ出展すると言う事は無かったのですが、今回からケーブルTVのComcast Media Center、衛星TV放送のEchoStar Communications、旭光学のアメリカ事業本社のPentax Imagingと出展参加を始めましたので、今迄のオーデイオ/ビデオ/TVセットといったコンスーマーエレクトロニクスからその事業内容規模が大きく変化して来ている事を象徴している今年のWCESと言えそうです。


WRITER PROFILE

萩原正喜 米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。


[ Writer : 萩原正喜 ]
[ DATE : 2008-01-07 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[コロラド紀行]Vol.73 アメリカ特許商標局の分室がデンバーに新設

今年の3月11日から始まったアメリカでのDaylight Saving Time(夏時間)が11月4日で終了して、その午前2時を期して時計の針を1時間遅らせます。これによって、日... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.72 ゴールドラッシュの再現なるか?

アメリカで最も標高の高い所まで自動車で上れる舗装された道路であるコロラドロッキーのMount Evans Highwayは、冬期は多くの積雪の為閉鎖となっていますが、毎年5月下旬... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.71 映画「Jiro Dreams of Sushi」がデンバーで上映

今年の3月はとうとうデンバー地区では降雨、降雪が見られず記録的にも異常な暖かい気候の日が継続しました。そして、4月に入っても1日だけ気温が急激に下がり、一面が真っ白になるほどの降... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.70 創業100周年を迎えるデンバーのGates Corporation

3月11日(日)の午前2時を期して時計を1時間進めるDay Light Saving Time(夏時間)が始まりました。 これにより冬の間日本とコロラドの間の時差は16時間であっ... 続きを読む

[コロラド紀行]Vol.69 アメリカの郵便制度の台所事情

コロラドのデンバーの町の1月のメインイベントで、全米から畜産業者、カウボーイ、そして食肉業者などを集めて開かれる家畜の取引市、それに付帯したロデオ競技会などを含む各種競技でその年... 続きを読む

WRITER PROFILE

萩原正喜 米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
栁下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
宏哉
タイムコード・ラボ代表。Next-Zero.com管理人。バラエティーから報道や空撮まで幅広い番組撮影をこなすTVカメラマンであり、ダンスイベントからe-ラーニング収録まで請け負う街のビデオ屋さん。2017年度の振り幅はイージス艦CICから幼稚園のおゆうぎ会。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
高信行秀
ターミガンデザインズ代表。メーカーや代理店などの依頼でトレーニングや技術解説、マニュアルなどのドキュメント作成など、テクニカルに関しての裏方を務める。知られていない製品の魅力を伝えることが好きで、色々と仕掛けることを趣味にする。
小島真也
写真家、撮影監督。赤坂スタジオを経て、篠山紀信氏に師事。1990年に独立後は雑誌、広告界にて人物、ドキュメンタリーを中心に写真家活動。動画へのきっかけはFinal Cut Studio 5.1を導入し映像編集を始めたこと。商業映画や自主映画では撮影監督として撮影・照明・カラーグレーディングを担当し、TVドラマでは撮影部として参加。
照山明
株式会社ガイプロモーション代表。企業VP制作や撮影業務に力を入れつつ、自社Facebookページでは不定期にコアな映像ネタを発信中。
山下大輔
フリーランスの映像講師。Adobe Community Evangelist。アドビ製品でビデオ編集をどのようにやっていくか日々模索中。FacebookではAfter Effects User Groupの管理人として勉強会なども随時行なっている。
柏原一仁
日本大学芸術学部写真学科卒、銀一株式会社海外商品部勤務。 銀一が世界中から輸入する写真・映像用品ブランドのマーケティング担当。静止画・動画・音声と様々な技術に翻弄される日々。好きな食べ物はからあげ。
曽我浩太郎
未来予報株式会社 代表取締役・プロジェクトデザイナー。新ビジネスに特化したリサーチ・コンセプトデザイン・コンサルティングを専門に行う。SXSW LLC.公式コンサルタント。著書『10年後の働き方「こんな仕事、聞いたことない!」からイノベーションの予兆をつかむ』が好評発売中。
山本加奈
山本加奈 KANA YAMAMOTO デジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経てウェブマガジンwhite-screen.jpの編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。2018年は Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、ILMのDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
石多未知行
クリエイティブディレクター、映像クリエイター、空間演出家。PMAJ代表、東京芸大 非常勤講師。空間演出やプロジェクションマッピングを中心に様々なメディアを使った企画演出を手掛ける。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。のびしろラボ管理人。
小林譲
イギリスにて大学卒業後、現地の会社にて映像編集を学ぶ。2006年に帰国。大手ポスプロIMAGICAにてテレビ番組を中心に日本のキャリアをスタート。後にドラマ、音楽系、CM系へと活躍の幅を広げる。2017年に独立。オフラインからアートデザインまで、作品の全体パッケージを監修することも多い。
染瀬直人
写真家、映像作家、360°VRコンテンツ・クリエイター。日本大学芸術学部写真学科卒。勉強会「VR未来塾」を主宰し、360°VR動画のセミナー、ワークショップなどを開催。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
駿河由知
中央区築地出身。マルチカメラ収録&配信ユニット「LiveNinja」メンバー。2006年より株式会社スタートライン設立。外務省、国連機関、国際NGOなどの国際会議やシンポジウム、企業イベントなどのライブ配信を担当
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
河尻亨一
1974年大阪生まれ。雑誌「広告批評」を経て現在は実験型の編集レーベル「銀河ライター」を主宰、企業コンテンツの企画制作なども行う。デザイナー石岡瑛子の伝記「TIMELESS」(http://eiko-timeless.com/)をウェブ連載中。
茂出木謙太郎
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
小池拓
(有)PST 代表取締役。1994年より Avid、Autodesk、Apple、Adobeなどの映像系ソフトのデモ、トレーニンングを行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 萩原正喜 > [コロラド紀行]Vol.7 2008年 International Consumer Electronics Show開催!